知能情報工学演習I
第12回(C言語第6回)
岩村雅一
[email protected]
C言語の予定
7.
8.
9.
5月31日
6月 7日
6月14日
12.
6月21日
6月28日
7月 5日
13.
7月12日
10.
11.
プログラミング環境(テキスト1,2章)
変数とデータ型(3章) 、演算子(4章)
コンソール入出力(6章) 、配列(3章)、
数学処理の標準ライブラリ(11章)
制御文1 (テキスト5章)
制御文2(テキスト5章)
関数1(テキスト7章) 、
プリプロセッサ(テキスト10章)
応用プログラム
本日のメニュー

関数
 関数とは何か
引数や戻り値が無い関数
 return文
 配列を関数に渡す方法

 ローカル変数とグローバル変数
 プロトタイプ宣言
 プリプロセッサ
関数とは

引数を取り、処理の後、戻り値を返すもの
 数学の関数(”y=f(x)”)のようなもの
 printf()やscanf()は関数
 main()も関数
関数の例(定義)

関数waは、2つの引数xとyを元にzの値を計算し、
戻り値として返す
戻り値の型
関数名
引数の型
int wa(int x, int y) {
int z;
z=x+y;
return z;
戻り値
}
サンプルプログラム
サンプルプログラム
引数や戻り値が無い関数

引数が無い関数
int func(void) {
…
}

戻り値が無い関数
void func(int a) {
…
}
return文の役割

return文があると、関数の処理を打ち切って
呼び出し元に戻る
int waru(int x, int y) {
int z;
if (y==0) {
yが0ならば-999を返して
return -999;
関数の計算は終了
}
z=x/y;
return z;
}
配列を関数に渡す方法

サンプルプログラムの前に、配列の初期化に
ついて
配列の初期化(テキストP.67)

変数は宣言するときに値を設定できる
int a=10;

配列は宣言するときに値を設定できる
int a[3]={10,20,30};
int a[]={10,20,30};
省略可能
等価
int a[3];
a[0] = 10;
a[1] = 20;
a[2] = 30;
配列を関数に渡す方法の
サンプルプログラム
配列の初期化
配列の大きさは(最後の1つだけ)省略可能
#include<stdio.h>
int wa2(int num, int x[]) {
int i;
int sum=0;
for(i=0; i<num; i++) {
sum+= x[i];
配列の和
}
return sum;
}
int main(void){
int a[]={1,3,5,7,9};
int sum;
sum = wa2(5,a);
printf("sum = %d\n",sum);
return 0;
}
ローカル変数とグローバル変数
#include <stdio.h>
int global;
int func1(int x, int y) {
int local;
…
}
int func2(void) {
int local, global;
…
}
グローバル変数
ローカル変数
ローカル変数とグローバル変数
#include <stdio.h>
int global;
int func1(int x, int y) {
int local;
…
}
int func2(void) {
int local, global;
…
}
変数が有効な範囲
global
local
local
global
優先
プロトタイプ宣言

関数の「定義」を先にできない場合は「宣言」
だけを先に書く
プロトタイプ宣言
プロトタイプ宣言
プリプロセッサ(テキストP.247)

コンパイルする前にソースコードを変更する
 #include
…ファイルの挿入
 #define … 文字の置き換え
#include …ファイルの挿入
ファイル名:何でもいい
※通常はヘッダファイルと呼
ばれるプロトタイプ宣言が書
かれたファイルを読み込む
ファイル名:wa.c
int wa(int x, int y) {
int z;
z=x+y;
return z;
}
#include <stdio.h>
#include "wa.c"
int main(void) {
int a, b, sum;
printf("a: "); scanf("%d", &a);
printf("b: "); scanf("%d", &b);
sum=wa(a,b);
printf("a + b = %d\n", sum);
return 0;
}
#define … 文字の置き換え

記号定数
 単なる文字列の置き換え
# define M_PI 3.14159265358979323846

関数形式マクロ
 関数のように働く
#define wa(a,b) a+b
関数形式マクロの例
include <stdio.h>
#define wa(a,b) a+b
コンパイル前に
置き換える
int main(void) {
int a, b, sum;
printf("a: "); scanf("%d", &a);
printf("b: "); scanf("%d", &b);
sum=wa(a,b);
printf("a + b = %d\n", sum);
sum=a+b;
return 0;
}
マクロの長所、短所
例:#define wa(a,b) a+b
 長所

 変数の型を気にする必要がない

int型でもfloat型でも同じように動作する
 関数を呼ぶより速い

短所
 予期せぬ動作をするときがある
は、関数だったら(a+b)/2になったはず
なのに、マクロだとa+b/2になる
 wa(a,b)/2
ダウンロード

授業内容(PowerPoint)