ジェンダーと文明
1848年の共時性
フランス、アメリカ、ドイツ、イギリス
フェミニズムの発明者、フーリエ


Charles Fourier(1772-1837)
『四運動の理論』1806
 「時代の進歩と変化は、女性の自由への進歩に比例し、社
会秩序の衰退は、女性の自由の減少に比例してなされる。
(中略)女性の特権の拡大は、あらゆる社会進歩の普遍的
原則である。」
 空想的社会主義者(ほかにサン・シモン、しかしサン・シモン
自身は女性解放に言及しない)
 農業中心の共産共同生活体ファランステール(810または
1620人の単位、男女は平等、共同食堂、託児所、結婚を
否定、恋愛の自由)
 フェミニズムという単語は、1837
最初のフェミニスト新聞










フランス 『ラ・ファム・リーブル(自由な女)』、1832
サン・シモン(1760-1825)とシャルル・フーリエ
(1772-1837)の影響
「女性が民衆階層と特権階層の二派に分かれること
をやめて、団結しよう」
売春:女性の隷属の象徴として弾劾
経済的自立
賃金の平等
教育の権利
結婚制度の改革
離婚権
ナポレオン民法典の改革
1848年2月革命(第2共和制)
フランス
民主的な社会共和国を追求
 男子普通選挙制
 植民地における奴隷制度の廃止
 報道・集会・結社の自由⇒『女性の声』紙(18
48.3.6)、洗濯女は14時間の労働時間を
2時間短縮に成功
 政治犯の死刑廃止
 礼状なき身柄拘束の禁止

フローラ・トリスタン Flora Tristan
(1803-44)









画家ゴーギャンの祖母
社会主義者
私生児(父親はペルーの貴族)
フーリエの影響、労働者解放と女性解放(フェミニズ
ムと革命的社会主義との理論的結合)
離婚の自由
女性の家長権
平等な教育
労働権、労働者の団結を呼びかけた『労働者連合』
(1843)
(マルクス「第1インターナショナル」1864以前) 参
考 マルクス、エンゲルス『共産党宣言』1848
トリスタン、社会革命
イギリス国会傍聴のためにトルコ人の男性に変装す
る
 イギリスの産業革命に希望を託す社会革命


「機械の力、あらゆることに機械を応用するということは、
想像を絶するほどの衝撃的なことである。人間の科学が
多様な形態に合体されて、知性の機能に取って代わる。
機械力と分業をもってすれば、人間に必要とされるのは
発動力のみとなる。だが推理も考察も無用である。私は
現に500馬力の蒸気機関を見たのだ。(中略)最初は人
間が無視されて、人間ではなく単に機械としての機能しか
果たしていないのを見て、屈辱感を味わった。
トリスタン、社会革命(続き)

だが程なくして、私はこれらの科学の発見物
からいつの日か生まれ出るであろう多大な改
良を予見したのである。腕力は不要となり、
肉体労働の時間は短縮され、知性の開発に
あてることのできるさらに多くの余暇が人間に
残される。しかし、このような恩恵が現実のも
のとなるためには、社会革命が必要である。
革命を起こすのだ。」
女性作家、ジャーナリストの登場
男装して国会に入ったジョルジュ・サンド『アンディア
ナ』『ヴァランチーヌ』
 ダニエル・ステルン(本名マりー・グー)1801-79
『道徳素描』
 男性の名前で作品を書く
 女性の発言の場としての新聞

『ジュールナル・デ・ファム(女性新聞)』1832-38
 『ル・コンセイエ・デ・ファム(女性の助言者)』(ウージェ
ニー・ニボワイエ主宰)1833-34
 『女性ガゼット』第1次1836-38,第2次1841-43
 『ラ・ヴォア・デ・ファム(女性の声)』(ニボワイエ)1848

組合の結成
「女性解放協会」、1848年3月、マラティエ、
ジャンヌ・ドロワン、デジレ・ゲイ→「女性の相
互教育協会」1848年8月
 『女性の声』紙→女中友愛組合
 1848年4月10日、下着女工友愛組合(労働
は出来高払い、利益は組合員に4分の1、援
助基金に4分の1、組合資本の増資に2分の
1)
 助産婦共済組合

アメリカ

セネカ・フォールズ(ニューヨーク州)のメソディスト教
会「女性の権利のための大会」→「女性の所信宣
言」1848(ルクレシア・モット、エリザベス・ケイディ・
スタントンが中心、宣言はスタントンが起草)、長い
宣言文(資料および竹村和子『フェミニズム』)
カリフォルニアの金鉱発見
綿花プランテーション、黒人奴隷
 「ローウェルの女工たち」(中流家庭の女性のあこが
れの職場、織物工場)、イギリスでは機械打ち壊し
運動があったのと対照的
 1808,国際奴隷貿易禁止


セネカ・フォールズ大会の意義

僅差ではあるが、参政権要求決議案が採択
されたこと(19世紀の女性運動は参政権だ
けでなく、男女の社会的意味づけの不均衡解
消であった)→19世紀は、「近代国家におい
て新しい形態の性差別が巧妙に配備されて
いった時代である。」(竹村「フェミニズム」、7
ページ)
 男女のカテゴリー分離に対する根本的な問題提
起
第二の意義
大会企画者(ルクレシア・モットとエリザベス・
ケイディ・スタントン)は奴隷制反対運動で知
り合ったこと←ロンドン「奴隷制反対大会」18
40では女性代表は出席拒否された。
 人種と性の問題をめぐる二つの立場

 「アメリカ女性参政権協会AWSA」(保守的な中
流・上流階級の女性が中心で参政権要求)
 「全国女性参政権協会NWSA」(結婚制度の改革、
女性の社会進出を目指す)→1890年に前者に
吸収された「全米女性参政権協会NAWSA」

第2編「現代の婦人」
 女性は市民社会において二番目の地位
 結婚は強制婚、金銭婚「婚姻はブルジョワ社会の
性生活の一面、売春はその他面」(第12章)
 第13章「婦人の職業上の地位」
長時間労働と
低賃金の職業(「婦人は家事を通じて、時間の限
度もなしに労働に従事するくせがついている」→
ヴェールホフ「主婦化」概念)
第3編 「未来は・・・労働者と婦人のものである」
ミルの主張 ~ リベラル・フェミニズムの理
論の原型(個人の自由と法の下の平等こそ
社会=国家の大原則とするリベラリズム)
 女性の解放には男性の理解と共闘が必要
 =女性の解放:人間全体の幸福の増進

ダウンロード

フランス二月革命、ドイツ三月革命、イギリス、アメリカなど