「知識の泉」における
情報共有の活用
深澤 未来
篠原 紀幸
(山口大学医学部保健学科)
はじめに
知識の泉とは・・・
・対象:主に臨床検査技師国家試験取得を目指す
方
・内容:日頃の学習から国家試験本番までに使える
ように自分たちが学んだ専門科目の内容を記載。
動機・目的
・動機:自主的に自分の勉強を進めるようなツール
を制作したい。
・目的:「利用者参加型」-学びあいの利用
⇨「知識の泉」の開発・運営へ
今年度の活動動機
・自己学習の促進
→情報共有サービス
・利用者環境の改善
→デザイン改良
今年度の制作目的
回答システム等における
正解率表示の追加
情報共有を
利用したサービス
模擬試験システムの新規導入
外観・形式などの
デザイン
レスポンシブWebデザインの作成
(進行中)
材料
•知識の泉pukiwiki
開発用
•Eclipse(統合開発環境)
•Linux(fedora)
•PHP言語
•Webブラウザ
•アパッチ(Webサーバプロ
グラム)
•GIMP(画像処理プログラ
ム)
→ソフトウェアはすべて無償利用。
Wikiとは
• HTMLの知識がなくても編集が簡単にできるWeb
システム。
• 閲覧者が簡単にページを修正したり、新しいペー
ジを追加したりできる
• ページ間にハイパーリンクをつなげることができる。
プログラミング
方法
・Eclipse統合開発環境
・ローカルマシーンで開発
http://www.soarer.hoken.med.yamaguchi-u.ac.jp/Wiki/
今年度の制作活動
1.回答システム等における正解率表示の追加
今年度の制作活動
2.模擬試験システムの新規導入
今年度の制作活動
3.レスポンシブWebデザインの作成(進行中)
PC、スマートフォンなど、
あらゆるデバイスに
最適化したWebデザインを、
(単一の)HTMLで
提供する制作手法。
パソコン画面と携帯画面のデザイン(現在)
実際の 利用者
2013 年 4 月 1 日 ~ 7 月 31 日 訪問者数
60000
53385
53036
48851
50000
訪問者数 ( 人 )
40000
39465
38075
ス マ ート フ ォ ン
32737
29460
30000
21741
20000
10000
0
4
5
6
月
PC( タ ブ レ ッ ト も 含む )
7
解像度からみた利用者(パソコン、スマートフォン)
1366×768
1280×800
1280×1024
まとめ
・回答システム等における正解率表示の追加
→利用者個人の回答を集積し利用者全体の正解率
を算出して視覚化。
・模擬試験システムの新規導入
→国家試験問題の中から問題を集めた模擬試験形
式。利用者全体の集計結果の表示。
まとめ
・レスポンシブWebデザインの作成(制作中)
→PCや携帯でもそれぞれの画面の大きさと機能に見合っ
た情報を提供できる。
ダウンロード

No8.Fukazawa