危機管理シナリオ・
シュミレーションの開発
慶應義塾大学商学部 吉川肇子
NPO法人東京いのちのポータルサイト 中橋徹也
国土技術政策総合研究所 伊藤英之
静岡大学 小山真人
秋田大学 林信太郎
まえちゃんねっと 前嶋美紀
本年度進行状況
• 危機管理対応シナリオシミュレーションの制
作
– 火山ごとの典型的なシナリオを作って、災害対応
のシミュレーション(トレーニング)をする
• 昨年度の試作版を改良(複数制作)
• 上記シミュレーションの一部実施
– 富士山噴火版
– 学生、研究者、地方自治体関係者のデータを収
集、分析(進行中)
災害対応シミュレーション
• 時間の経過に沿ってではなく、テーマ別に判
断を設定
– 今回実施の富士山噴火版については、時系列を
考慮
• 入手できる情報を制限
– 必要な情報を要求するスタイル
• 時間の切迫性は判断時間を制限することで
再現
状況設定
• あなたは御殿場市の防災担当責任者です.平成18年2月1
日の午前11時,御殿場市役所の防災司令室にいます.天
候は小雨.
• 富士山に噴火の徴候は今日まで見られないとされてきま
した.ハザードマップは準備されていますが,それにも
とづいた防災計画の策定には至っていません.
• これから起きる状況をよく把握し,ときおり出される質
問に対する回答を,講義で身につけた知識や経験にもと
づいて考え,まとめてください.
臨時火山情報第1号
(平成18年2月1日 11:10)
• 富士山では,本日9時以降,身体に感じる地震が多
数発生し始めています.震源は,東山腹直下で深さ
数km程度です.11時までに20回発生しています.傾
斜計やGPS観測では,地殻変動は観測されていませ
ん.
• 富士山では,地震活動が活発化しており,地下数km
でマグマ活動が活発化していると考えられます.今後
の火山活動に注意してください.
質問1
• 今できること、すべきこと、さらには考えてお
かなければならないことは何でしょうか?
できるだけ多くあげてください。
• 上記の中で重要と思うことを3つ選んでくださ
い。
• 市民に何と言いますか? 3行でまとめてくだ
さい。
実施の様子(1)
実施の様子(2)
実施の様子(3)
評価
• 山梨県、静岡県、神奈川県3県合同訓練にお
ける評価(アンケート回収107票)
記 述 統計 量
楽しさ
有意義さ
理解の深まり
異なる 意見を 意識
正解の必要性
次回参加
年齢
有効なケースの数 (リストごと)
度数
106
107
107
107
107
106
99
97
平均値
3.2830
3.5327
3.4766
3.0093
2.7009
3.2453
41.1818
標準偏差
.61342
.51976
.52026
.89543
.91337
.64456
7.64568
4点尺度(点数が高いほど評価が高い)
防災担当者の評価
防災担当職員は「異なる意見がある」と意識
そのほかの評価では担当経験による差はなかった
グ ル ー プ 統 計量
防災職員
楽しさ
防災職員
防災担当でない
有意義さ
防災職員
防災担当でない
理解の深まり
防災職員
防災担当でない
異なる 意見を 意識 防災職員
防災担当でない
正解の必要性
防災職員
防災担当でない
次回参加
防災職員
防災担当でない
N
61
35
61
35
61
35
61
35
61
35
60
35
平均値
3.3279
3.2000
3.4754
3.6000
3.4098
3.5429
3.1148
2.6857
2.7049
2.6286
3.3167
3.1714
標準偏差
.59781
.58410
.50354
.55307
.52843
.50543
.87747
.90005
.80300
1.11370
.65073
.51368
平均値の
標準誤差
.07654
.09873
.06447
.09349
.06766
.08543
.11235
.15214
.10281
.18825
.08401
.08683
展開の方向
• 評価
– 参加者の評価はおおむね好意的
– 学生の記述データ、研究者の言語データとの比較
• 時系列ではなく、さらにテーマ別のセッション設定に
よるシミュレーションの検討
• サーバー上での運用
• 2つの方向
– 類型化:災害対応シミュレーションの一般化
– 個別化:火山の個別の性質を考慮したシミュレーション
ダウンロード

Document