XSPAセミナー
~投稿審査システムとXML組版~
2014年12月15日
株式会社アトラス
Copyright ©ATLAS
©Atlas
2010Co.,
All Ltd.
Rights Reserved.
目次
1
2
投稿審査システムとは?
1.1
投稿審査システムとは何か?
1.2
投稿審査システムの現状
投稿審査システムとXML
2.1
XMLを使ったメタデータの交換
2.2 システムからのXMLメタデータの出力
2.3
XMLを使った投稿審査の未来
©Atlas Co., Ltd.
1
1. 投稿審査システムとは?
Copyright ©ATLAS
©Atlas
2010Co.,
All Ltd.
Rights Reserved.
2
1.1 投稿審査システムとは何か?
学術研究のライフサイクル
テーマ選択
資金調達
成果公開
研究実施
Loughborough University http://www.lboro.ac.uk/services/library/research/
©Atlas Co., Ltd.
3
1.1 投稿審査システムとは何か?
学術研究のライフサイクル
研究実施
計画立案
保存と公開
出版
University of Central Florida Libraries Research Lifecycle Committee. (2012). The research lifecycle at UCF [Online
Graphic]. Retrieved (Dec. 9, 2014) from library.ucf.edu/ScholarlyCommunication/ResearchLifecycleUCF.php
©Atlas Co., Ltd.
4
1.1 投稿審査システムとは何か?
論文の投稿審査(Peer Review)
冊子体
出版
査読
著者
ジャーナル
投稿
編集者
査読者
オンライン
ジャーナルの質を担保するための
仕組み
©Atlas Co., Ltd.
5
1.1 投稿審査システムとは何か?
論文の投稿審査
論文の投稿審査(Peer
Review)
投稿者
事務局
委員長
エディタ
査読者
投稿
受付
エディタ選定
査読依頼
査読
修正
修正投稿
審査
採択
不採択
メール通知
ディスカッション
投稿料/掲載料徴収
レポート作成
©Atlas Co., Ltd.
6
1.1 投稿審査システムとは何か?
投稿審査システム
画面設定
審査フロー設定
各誌に合わせた審査フローを設定
投稿者
事務局
委員長
エディタ
査読者
投稿
受付
エディタ選定
査読依頼
査読
修正投稿
修正
審査
最終投稿
採択
投稿票、審査票、査読シートなど、
各誌に合わせて設定
投稿者
事務局
委員長
画面
画面
画面
・・・
不採択
履歴管理
投稿データ、ファイル、
査読結果、操作履歴や
コメント等の情報
定型メール設定
ユーザ情報管理
投稿者、事務局、編集委員長、
エディタ、査読者などのユーザ情報
は常時更新可能
姓
名
所属
メール
田中
一郎
○大学
××@××
鈴木
花子
▲大学
××@××
操作完了時や依頼時に送信される
定型のメール
××先生
ABCジャーナル編集室です。
・・・
©Atlas Co., Ltd.
この度は投稿ありがとうござい
ました。
7
1.1 投稿審査システムとは何か?
外部システムとの連携
著者による所
属機関の揺ら
ぎ解消
投稿
著者情報の同定
論文剽窃検知サービス
Cross Checkで剽窃
チェック
受付
※Editorial Managerの例
タイトルや抄録からProQuest内の
350万人の研究者をマッチングして、
候補者選定
査読者
選定
査読
判定
関連論文検索
研究助成金情報の登録
©Atlas Co., Ltd.
8
1.1 投稿審査システムとは何か?
#
1
2
3
4
5
サービス名称
内容
参考
Ringgold
著者による所属機関名の入力の揺ら
ぎを解消
http://ringgold.com/index.html
ORCID
著者情報の同定プロジェクト
研究者がORCIDから付与されたID
を入力するだけで著者情報を自動入
力できる
FundRef
特定機関の助成研究論文を容易に特
定することができる、助成金に関す
る情報収集・公開をするシステム
CrossCheck
論文剽窃検知サービスCross Check
で剽窃チェック
希望するタイミング(初回投稿時、
修正投稿時、採択時)で自動的に
チェックが可能
ProQuest
タイトルや抄録からProQuest内の
350万人の研究者をマッチングして
候補者選定
©Atlas Co., Ltd.
http://www.atlas.jp/orcid/
※アトラスはORCIDのメンバーです。
日本ではJSTとアトラスのみ
http://bit.ly/1nYzwgq
http://www.ithenticate.com/pr
oducts/crosscheck
http://www.proquest.com/
9
1.1 投稿審査システムとは何か?
・CCC(Copyright Clearance Center)が提供する論
文掲載料(APC)の徴収システム
・Editorial Managerからシームレスに著者支払が可能
・「Science」を発行するアメリカ科学振興協会
(AAAS)が同協会初のOA誌「Science Advances」で
の導入を決定
©Atlas Co., Ltd.
10
1.2 投稿審査システムの現状
現在の投稿システムに求められるもの
日進月歩の、”IT技術“、”学術界のト
レンド“、その双方に、後れを取らず
更に新しいものを提供するために、
機能拡張を続ける必要がある
学術界
トレンド
拡張
投稿審査
システム
カスタマー
要望
©Atlas Co., Ltd.
IT技術
トレンド
11
1.2 投稿審査システムの現状
現在の投稿システムに求められるもの 研究ライフサイクルの前後
工程とのシームレスな連携
研究実施
計画立案
・助成金情報
・データセット
・所属機関情報
・コンプライアンス
・研究者ID
・投稿前サービス
保存と公開
・メタデータ
出版
・査読データ
・タクソノミー
University of Central Florida Libraries Research Lifecycle Committee. (2012). The research lifecycle at UCF [Online
Graphic]. Retrieved (Dec. 9, 2014) from library.ucf.edu/ScholarlyCommunication/ResearchLifecycleUCF.php
©Atlas Co., Ltd.
12
1.2 投稿審査システムの現状
現在の投稿システムに求められるもの
・投稿前査読
・ジャーナル選択
サービス
投稿前
サービス
研究成果の出版における
前後工程とのシームレス
な連携
投稿審査
システム
©Atlas Co., Ltd.
・製作工程管理システム
・組版
・著者校正
・印刷
製作工程
13
2. 投稿審査システムとXML
Copyright ©ATLAS
©Atlas
2010Co.,
All Ltd.
Rights Reserved.
14
2. 投稿審査システムとXML
そもそも…
なぜ投稿システムにとって
XML(JATS)が重要なのか?
©Atlas Co., Ltd.
15
2. 投稿審査システムとXML
XML=標準化データ
複数のシステムが会話す
るための“共通言語”
©Atlas Co., Ltd.
16
2. 投稿審査システムとXML
20世紀~
学術コミュニケーションの共通言語
英語
©Atlas Co., Ltd.
17
2. 投稿審査システムとXML
21世紀~
学術流通の共通言語
JATS XML
©Atlas Co., Ltd.
18
2. 投稿審査システムとXML
決済
システム
他の
投稿審査
システム
“共通言語=XML”によって
システム間の連携が可能
になる。
製作管理
システム
投稿審査
システム
投稿前査読
システム
組版
ソフト
タクソノミー
マッチング
システム
データ
リポジトリ
©Atlas Co., Ltd.
19
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
データのインポート
 投稿前査読サービス
 ジャーナル選択サービス
 英文校閲サービス
投稿審査
投稿前
サービス
システム
©Atlas Co., Ltd.
20
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
投稿前査読/ジャーナル選択サービス
Rubriq
 ジャーナルとは独立した査読
サービス
 著者向け有料サービス
 3人の査読者によるレビュー
 査読が完了した時点で推薦
ジャーナルレポートを発行
©Atlas Co., Ltd.
21
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
投稿前査読/ジャーナル選択サービス
Peerage of Science
 ジャーナルとは独立した査読
サービス
 著者は無料
 査読プロセスは提携ジャーナル
がモニタリング
 査読が完了した時点でジャーナ
ルが投稿オファーを出す
 著者が自分で投稿先を選ぶこと
もできる
©Atlas Co., Ltd.
22
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
データのエクスポート
 出版社へのデータおよびファイル転送(製作工程)
 外部サービスへのデータ転送(論文評価、マッチング)
 他ジャーナルへの論文メタデータの転送
製作工程
投稿審査
品質評価
システム
他ジャーナル
©Atlas Co., Ltd.
23
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
製作管理システムへのデータ転送
 原稿採択後から印刷まで
の工程管理
 著者、編集部、出版者、
校閲者のやりとりをオン
ラインで行う
製作管理システム
投稿審査
システム
©Atlas Co., Ltd.
24
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
査読の品質評価サービス
PRE
読者
?
製作工程
投稿・査読
この論文の審査に
出版
おけるクオリティは
プラットフォーム どうなっているんだ?
読者は、ジャーナルによって
保障された査読・審査プロセスの
質を知ることができる
査読・審査におけるデータと
査読コメント
©Atlas Co., Ltd.
25
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
査読の品質評価サービス
PRE
©Atlas Co., Ltd.
26
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
査読の品質評価サービス
PRE
査読工程に関する情報:
•査読のタイプ
•査読回数
•査読審査に関わった役割
査読の品質情報:
•COPEメンバー?
•剽窃チェック?
•撤回のポリシー?
その他の情報:
•査読者
•査読コメント
©Atlas Co., Ltd.
27
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
論文タクソノミー(分類情報)による
査読者/編集者マッチング
 論文のメタデータを解析して査読者/編集者
データベースとマッチングし、適切な査読者/
編集者を選択する
 選択された査読者/編集者のデータを投稿審査
システムに戻す
査読者/編集者DB
A
P
I
投稿審査
システム
©Atlas Co., Ltd.
28
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
論文のジャーナル間転送
スライドモデル
 ある出版社の特定のジャーナルで出版できない論文も、系列の他ジャーナル
で出版することで、論文の囲い込みを行う
不採択になった論文を系列
の別ジャーナルで再査読す
る仕組み
Bジャーナル
Aジャーナル
©Atlas Co., Ltd.
Cジャーナル
29
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
論文のジャーナル間転送
カスケードモデル
Aジャーナル
A’ジャーナル
A’’ジャーナル
メインジャーナルで不採択
になった論文を系列の下位
ジャーナルで再査読する仕
組み
A’ジャーナル
A’’ジャーナル
A’’ジャーナル
©Atlas Co., Ltd.
A’’ジャーナル
30
2.1 XMLを使ったメタデータの交換
論文のジャーナル間転送
 Aジャーナルで不採択になった論文を、
著者の意向を確認してBジャーナルに転
送する
Aジャーナル
投稿審査システム
転送の際には論文のメタデータお
よび論文ファイル(Word,PDF)
だけでなく、査読の履歴、査読コ
メント、また投稿の際の質問票な
ども含めることができる。
Bジャーナル
投稿審査システム
©Atlas Co., Ltd.
31
2.2 システムからのXMLメタデータの出力
Editorial Managerから出力される書誌XML
出力のタイミング
 審査が終了し、論文の採択が決定
 審査が終了し、論文の不採択と他誌への転送が決定
含まれるデータ
 書誌情報








論文タイトル
著者名
著者ID
所属
助成情報
抄録
分類
キーワード
 製作用備考




ページ数
図版、表などの数
DOI
投稿質問票
 査読情報






投稿日
審査日
修正投稿日
編集者コメント
査読者情報※
査読者コメント※
 その他のカスタムフィールド
※論文のジャーナル間転送の場合のみ
©Atlas Co., Ltd.
32
2.2 システムからのXMLメタデータの出力
メタデータ転送の流れ
転送用フォーム
① 査読、審査が終了し採択が決定(または論文
の他誌への転送が決定)
② 管理者がシステムで論文の採択処理を行う
③ 転送用フォーム(転送するメタデータの最終
確認と編集を行うためのフォーム【左図参
照】)を設定
④ システムで転送処理を行うと原稿ファイル
(Word,PDF)とXMLメタデータが指定され
たFTPサーバに転送される
投稿審査
システム
©Atlas Co., Ltd.
FTP
制作管理シ
ステム、他
ジャーナル
のサーバ
33
2.2 システムからのXMLメタデータの出力
メタデータ転送の流れ
XMLメタデータ
©Atlas Co., Ltd.
34
2.3 XMLを使った投稿審査の未来
現在の投稿・出版フロー
著者
原稿をWordなどで作成
し、PDF化して投稿、査
読・審査にもそのファイ
ルを使用
製作工程
採択後にWord原稿を
XML編集ソフトで変換し
組版データを作成
変
換
投稿
採択
投稿審査システム
組版・印刷
出版・公開
©Atlas Co., Ltd.
35
2.3 XMLを使った投稿審査の未来
未来の投稿・出版フロー
著者
投稿
投稿時にWordファイ
ルをXMLに変換。
査読・審査はHTML
ベースで行う。
製作工程
投稿システムから転送
されたXMLデータを元
に著者校正、校閲、組
版を行う
変
換
採択
投稿審査システム
組版・印刷
採択原稿は全文
XMLで製作工程へ
出版・公開
©Atlas Co., Ltd.
36
2.3 XMLを使った投稿審査の未来
査読の効率化
現在の査読
未来の査読
投稿審査
投稿審査
システム
システム
修正コメントを
書き込んでファ
イルをアップ
ロード
原稿をダウン
ロードして、
端末で閲覧、
または印刷
査読コメントを
リアルタイムで
反映
オンライン上
で論文を閲覧
査読者
査読者
©Atlas Co., Ltd.
37
2.3 XMLを使った投稿審査の未来
XMLベースの査読
・XMLデータをもとにHTMLを作成
・引用リンクなど査読を便利にするリッチなインターフェース
・編集者や複数の査読者、著者による同一インターフェース上で
のインタラクティブな査読
・投稿規定への遵守を自動チェック
・引用文献の自動チェック・修正
査読のスピードアップ!
©Atlas Co., Ltd.
38
2.3 XMLを使った投稿審査の未来
投稿出版フローの効率化
投稿システム
製作工程
現在の
ワーク
フロー
投稿 査読
採択
原稿
校閲
著者
修正
編集
組版
未来の
ワーク
フロー
投稿 査読
採択
原稿
校閲
XML
校正
組版
公開
著者
校正
修正
公開
ファイ
ル作成
XML校正では、組版後の内容
とほぼと同じ状態で確認でき
るため、組版後の著者校正が
不要となる。
XMLで編集・校正を行うこと
で、レファレンスの自動
チェックや修正も可能となる。
©Atlas Co., Ltd.
39
おわりに
研究成果の出版プロセスにおけるXMLの重要性
 システム間の連携における共通言語
 ワンソース・マルチユースによる出版プロセスの効率化
 すべてを機械可読(マシーンリーダブル)に!!
©Atlas Co., Ltd.
40
ダウンロード

査読の品質情報 - Figshare