SPSSによるHosmerLemeshow検定について
データ例
• データは,http://www.hs.hirosakiu.ac.jp/~pteiki/research/stat2/data_set.zip
からダウンロードしたデータのうち,出産デー
タ.savである
SPSS12.0.1Jの結果
H o s m er と Le me s h o w の 検 定の 分 割表
H os m e r と Le m es h ow の 検 定
ステップ
1
2
カイ 2 乗
5.193
6.012
自由度
8
8
有意確率
.737
.646
ステッ
プ 1
ステッ
プ 2
•
•
•
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
児の性別 = 女
観測値
期待値
83
87.843
82
79.297
86
76.610
74
73.050
68
70.174
66
67.483
70
66.046
62
62.670
58
60.008
46
51.819
102
95.231
88
85.176
76
80.153
65
74.957
71
71.444
65
67.392
64
63.555
65
59.703
55
54.027
44
43.362
児の性別 = 男
観測値
期待値
60
55.157
60
62.703
58
67.390
69
69.950
74
71.826
75
73.517
73
76.954
79
78.330
84
81.992
93
87.181
40
46.769
54
56.824
67
62.847
77
67.043
72
71.556
77
74.608
78
78.445
77
82.297
87
87.973
96
96.638
合計
143
142
144
143
142
141
143
141
142
139
142
142
143
142
143
142
142
142
142
140
ロジスティック回帰分析の[オプション]ダイアログで,[表示]を[最後のステップ]にした結果,
上記の表が出力される.
12.0J以前では(13~15では確認していない),最後のステップを選んでも,全てのステップ
が出力される.
この例で,最終モデルのステップ2は独立変数が出生体重と在胎週数である.だとすると,
Hosmer-Lemeshow検定の結果は,ステップ2のp=0.646である.
SPSS16.0J&17.0Jの結果
•
•
•
•
16以降では,最終ステップのみの結果が出力されるようである…
先の例と同じ手順で行っている.
しかし,有意確率はp=0.737で,先の例のステップ1(出生体重のみのモデル)と同じ値に
なっている!
しかもステップ3となっている!
もう一度SPSS16.0J&17.0Jの結果
• [オプション]ダイアログで,
[表示]を[ステップごと]に
して出力すると…
• 今度は,ステップ2が出
力され,p=0.646となる
• 他のデータ例で照合して
みたが,どうも,SPSS16
以降(13~15では未確
認)では,最終ステップの
みの出力とすると値がお
かしくなるようである
結論
• 現状では,ロジスティック回帰分析を行うとき
は[ステップごと]にした方が良いようである.
• Hosmer-Lemeshow
検定以外は,同じ値
で出力される.
ダウンロード

Hosmer-Lemeshow検定がおかしい?!