1
医療ガス研修会
日本医療ガス学会 作成
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
2
研修会内容
医療ガス総論
酸素ボンベの取り扱い
酸素流量計とシャットオフバルブ
吸引
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
3
医療ガス総論
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
4
到達目標
病院内で使用されている医療ガスの種類を 理
解できる。
医療ガスの性質・用途を理解できる。
酸素ガスと二酸化炭素ガスの区別ができる。
アウトレットから投与できる酸素は有限で あるこ
とを理解できる。
酸素ボンベへ圧力調整器を取り付ける方法を
理解できる。
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
5
医療ガスはガス性医薬品
・人工空気(酸素+窒素)・圧縮空気 ・駆動用空気 ・吸引 ・液体ヘリウム
日本薬局方医薬品
日本薬局方でない医薬品
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
6
主な医療ガスの種類
JIS
識別色
酸素
亜酸化
窒素
窒素
N2O
N2
二酸化
炭素
空気
エチレン
オキサイド
ガス
高圧ガス保安法
ボンベ色
O2
CO2
Air
C2H4O
(20%)
+
CO2
特徴
無色
無臭
無色
芳香臭
無色
無臭
無色
無臭
無色
無臭
エーテル臭
性質
支燃性
支燃性
不燃性
不燃性
支燃性
可燃性毒性
吸入
人工呼吸
高気圧酸素
手術器械
駆動用
手術機器等
の滅菌
窒素だけ
空気より軽い
比重
用途
吸入治療
麻酔
人工呼吸
高気圧酸素
麻酔
鎮痛
手術器械
駆動用
冷凍手術用
液体窒素
(添付文書効能・効
果は酸素吸入時の
呼吸中枢の刺激)
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
7
ヨーク形の二酸化炭素
ボンベでも酸素マスクを
接続できてしまうので要
注意
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
8
非使用時には圧力調整器をボンベから取り外す
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
9
医療ガスの特異性(高圧ガス・医薬品)
ボンベから直接あるいは配管を通して複数の患者へ
凡例
ONAV
麻酔ガス
アウトレット 排出設備
窒素
アウトレット
天井
アウトレット
麻酔器
酸素 O2
亜酸化窒素 N2O
圧縮空気 Air
または人工空気
吸引 VAC
シャットオフ
バルブ
メディカルボード
窒素 N2
警報回路 E
シャットオフバルブ
ウォール
ユニット
液体酸素CE
高気圧酸素
治療装置
酸素
ウォール 人工呼吸器
ユニット
亜酸化窒素
窒素
マニフォールド マニフォールド マニフォールド
監視盤
空気圧縮機供給設備
人工空気
製造設備
吸引供給設備
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
10
酸素ガス取扱い上の注意
空気中で燃えるものは、酸素が多いと更に燃え易くなる。
⇒ 支燃性
容器には、その大きさの150から200倍に圧縮された
酸素が充填されている。⇒ 高圧ガス
取り扱いに際して:使用前には必ずガス名を確認する
ボンベの色―黒(酸素ガス)
ボンベの色―緑(二酸化炭素ガス)
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
11
酸素用圧力調整器の取付方法
①ボンベの口金を清潔な布で拭く。
②静かにバルブを開けて、空吹きしてごみ
を吹き飛ばす。
③圧力調整器のパッキンを確認する。
④圧力調整器は手締めで最後までねじ込
む。もし、手締め出来なければ使用しな
い。
⑤最後に、スパナで締めこむ。
⑥静かにボンベのバルブを、反時計方向に開け、最後まで開けたら少し戻
して止める。
⑦このとき、圧力計の正面に顔を向けないこと。破裂することがある。
⑧ねじ部にシューという音がないか確認し、石鹸水等で漏れ確認をする。
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
12
取扱い上の注意まとめ
容器は丁寧に扱い、転落、転倒などの衝撃を与えない。
容器は常に40℃以下に保ち、部屋の換気に心がける。
使用する前に、ガス名の表示の確認をする。
酸素の消費場所での火気(煙草、ライター、カイロ等)と引
火性物質は厳禁。
また、近くには消火
器の用意をする。
バルブ、圧力調整器に油脂類は絶対に付着させない。
バルブ開閉は静かに、急激な操作は発火のもと。
ガス漏れはないかと、用具の始業点検が大切である。
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
13
酸素ボンベの取り扱い
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
14
到達目標
酸素ボンベを確認できる
酸素ボンベの残量を計算できる
酸素ボンベの交換ができる
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
15
Q:ボンベは酸素?
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
医療ガスボンベと
配管(アウトレット含む)の色の違い
ガス名
ボンベの塗色
院内配管の塗色
酸素
黒色
緑色
亜酸化窒素
ねずみ色(一部青)
青色
治療用空気
ねずみ色
黄色
吸引
該当なし
黒色
炭酸ガス
緑色
橙色
窒素
ねずみ色
灰色
駆動用空気
ねずみ色
褐色
麻酔ガス排除
該当なし
赤色
その他混合ガスのボンベの色はねずみ色です
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
16
17
酸素ガスボンベの色は緑じゃない!
~使用をはじめるとき~
〝医療用酸素〟である事を確認する。
酸素
亜酸化窒素(笑気)
[ボンベの色]
酸素ガス=黒
二酸化炭素ガス=緑
[ラベルのガス名]
空気
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
吸引
18
ガス取違い(酸素と二酸化炭素)
事故例
~新聞報道~
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
19
Q:病棟までもつかな?
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
20
医療用酸素ボンベについて
ボンベの種類とガス量の計算方法を学びましょう
ボンベの種類
容積
充填量
重量
外形
3.4 L
500 L
5㎏
φ10㎝×65㎝
10 L
1500 L
12㎏
φ14㎝×95㎝
47 L
7000 L
53㎏
φ23㎝×140㎝
ボンベの充填圧力は14.7MPa(約150kg/cm2)
(対比:スプレー缶は0.9MPa以下です)
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
21
ボンベの刻印
①
②
容器所有者 充填するガス
番号
の種類
⑤
内容積(L)
⑥
③
④
容器検査
年月
(耐圧試験)
容器の
記号番号
⑦
⑧
最高充填圧力
耐圧試験圧力
質量(Kg)
(圧縮ガス)
単位:MPa
単位:MPa
容積の3.4Lなどの表記は、容器に刻印されています
容器にはV 3.4などと刻印されていますが、一部3.5Lと表記されて
いるものもあります
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
22
何リットル残っていますか?
ボンベ容積は3.4Lです
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
23
医療用酸素ボンベの残量目安
ボンベ容積3.4L(通称500リットル容器)の場合
計算方法 : ボンベ容積(3.4L)×圧力計指示値×10=酸素ガス残量
指示値 10 (MPa)
残量 約 340 L
指示値 15 (MPa)
残量 約 500 L
指示値 5 (MPa)
残量 約 170 L
(交換目安)
指示値 2~3 (MPa)
残量
約 70 L
(使用不可)
※ 3.4 L容器の場合
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
24
Q:交換できる?
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
25
様々な医療用酸素ガス流量調整器
通常口金(W22-14山)
+
フロート式流量計
ヨーク形バルブ
+
ダイヤル流量計
バルブ・流量計
一体型
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
26
酸素ボンベの交換方法
①使用済みの酸素ボンベの元栓を閉める
②圧力調整器を取り外す
③使用済みの酸素ボンベを取り出し、スタンドに新しい
酸素ボンベを立てる
④使用済みの酸素ボンベに『使用済み』『空』などの表記をする
⑤新しい酸素ボンベの防塵フィルム(防塵テープ)をはがす
⑥ボンベの口金部分にある塵を空吹かしで飛ばす
⑦圧力調整器を取り付ける(パッキンの欠損劣化をチェックす
る)
⑧元弁をゆっくり左回りに開けて全開にし、右回りに半回転戻す
⑨接続部から漏れがないか、圧力計の表示値が
満
タン(15MPa)かを確認する
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
セッティング済
酸素ボンベの交換方法
①圧力計の正面に立たないようにして、酸素ボンベの元栓を
ゆっくり左回りに開ける
②元栓を全開にして、右回りに半回転戻す
③接続部から漏れがないこと、圧力計の表示値を確認する
④酸素流量を設定、投与する
⑤流量と残圧を使用中も頻繁に確認する
⑥酸素投与が終了したら、流量計を操作して酸素を止める
⑦元栓を閉める(右に回す)
⑧流量計を操作して、圧力調整器の圧力計を『0』にする
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
27
28
酸素ボンベのヒヤリハット
経験施設(%)
0
2
4
6
8
10
12
14
ボンベが倒れた
接続部で漏れを生じた
使用中、空になった
圧力計が故障した
圧力調節弁の取り付けを
間違えた
他のボンベと間違えた
発火や爆発を起こした
その他
ただし、発火・爆発はアクシデント
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
16
29
酸素ボンベ保管上の注意
①充填容器と空容器、ガス種は区分して保管する
②置き場の周囲2m以内は火気厳禁とする
③容器は常時40℃以下に保つ
④転倒防止の措置を講ずる
※重量があるので、取扱いの時、落下・転倒事故に注意する!
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
30
Q:よくあるトラブル
もう一度復習!
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
31
事故防止のために (ボンベ取扱い)
ガス切れ防止
ボンベ交換時の操作管理の徹底
予備の確保と緊急処置の確認
ガス取り違え防止
ボンベの薬品ラベルで確認
ボンベ受け渡し時にお互いガス名を呼唱、確
認復唱
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
32
酸素流量計とシャットオフバルブ
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
33
到達目標
酸素流量計を使用する際の
始業点検を確実にできる
シャットオフバルブの役割と操
作を行える
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
34
Q:酸素流量計の取り扱いは?
①外観チェック
②アウトレットとの接続
③動作確認
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
35
外観チェック
流量計にヒビはないか?
ボトルキャップはボトルに
正しくねじ込まれている
か?
酸素ボトル(コルベン)に割
れやヒビがないか?
外観チェックで異常が見られたら酸素漏れの原因になります
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
36
外観チェック
定期点検で消耗部品もチェック
Oリングは
経年劣化により
流量計接続部漏れの
原因になる
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
37
外観チェック
定期点検で消耗部品もチェック
ボトルパッキンの
経年劣化も漏れの原因
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
38
酸素流量計とアウトレットの接続
①正しいピン位置に接続
③フロートボールの動きを確認
②調整ハンドルを回転
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
アウトレットのガス別特定(1)
ピン方式
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
39
40
ピン方式アダプタプラグの使用上注意点
酸素
吸引
(正面)
(正面)
酸素(横面)
酸素(横面)
ピン折れ
ピンが折れているプラグは、誤接続の原因になるため絶対に使用
しない。
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
アウトレットのガス別特定(2)
シュレーダ方式
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
41
流量計を酸素ボンベに
取り付ける際には垂直に!
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
42
43
動作確認
流量設定時の漏れの確認
流量設定時の気泡状態確認
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
44
Q:シャットオフバルブの役割?
手術室や病棟など、バルブよりも下流の
一定区画へのガスの供給を
緊急時・保守・修理時に止めるもの
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
45
シャットオフバルブ
廊下などの壁面に
通常は設置
カバーに制御する
ガスの名称を表示
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
46
シャットオフバルブの操作方法
①ガス表示カバーを外す。
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
47
シャットオフバルブの操作方法
②赤のレバー(バルブ)を手前に引く。
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
48
吸
引
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
49
到達目標
吸引トラブルの原因がわかり、 対応
できる
吸引器の始業前後の点検を行える
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
50
Q:吸引が止まった。原因は?
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
51
どこが原因?
吸引器
吸引ポンプ
配管
患者さんへ→
アウトレット
壁から吸引ポンプまで
チューブ、
カテーテル
アウトレットから患者まで
壁
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
52
どこが原因?
吸引器
吸引ポンプ
故 障
パッキン不良
・取り付け不良
・付け忘れ
・損傷、劣化
吸引圧の設定忘れ
配管
閉塞
患者さんへ→
アウトレット
接続不良
壁から吸引ポンプまで
チューブ、
カテーテル
の閉塞
アウトレットから患者まで
壁
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
53
Q:吸引が止まった。どうする?
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
54
①アウトレットから患者までを確認する
②アウトレットから患者までに問題がない時には、
担当部署に連絡する
③他のアウトレットを使用する
④病棟全部のアウトレットが使用できない時には
携帯型の吸引器を使用する
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
55
吸引とは
吸引は、医療ガス配管設備(JIS T 7101)で規定
されているガスの中で、唯一ボンベで供給できな
い陰圧医療ガスである
他のガスと異なり、故障時にはすぐに対応するこ
とが難しい
酸素の次に重要な医療ガスである
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
56
吸引器の始業点検、使用方法
①アウトレットに吸引器のアダプターを差し込む
アダプターを軽くひっぱり、抜けないことを確認する
②設定圧を上げる
気管吸引時 -100 ~ -150 mmHg
③カテーテルを閉塞して、圧が上昇することを確認す
る
圧が上昇しない→パッキンの取り付け不良、取り付け忘れ、
損傷、劣化を確認する
④吸引瓶が満杯でないことを確認する
内容物が8割以上の時、吸引瓶、ライナーを交換する
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
57
吸引器の使用後点検
①使用後、吸引瓶が満杯でないことを確認する
内容物が8割以上の時は吸引瓶又はライナーを交換する
②吸引圧を下げる
③アダプターをアウトレットよりはずす
④キャップをする
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
58
日本医療ガス学会 医療ガス研修会
委員会 研修会資材作成部会
武田 純三
小板橋 俊哉◎
斉藤 繁○
西野 京子○
加藤 尚嗣○
◎スライド作成責任者
○スライド作成者
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
59
もっと勉強したい方は…
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
60
http://medical-gas.gr.jp/
Copyright © 日本医療ガス学会(Japanese Society for Medical Gases)
ダウンロード

ボンベ容積(3.4L)