ロード、プロット、GUIなど、
TDASの基本的な使い方
地上多点観測データの総合解析による
超高層大気研究会
@名古屋大学(2012年2月24日)
宮下幸長(名大STE研)
入門編後半の内容
 基本操作(GUIを使ってプロット)
 基本操作(コマンドラインによるプ
ロット)
 リファレンス
基本操作(GUI)1
メインウィンドウ
IDL> thm_gui
または
IDL> thm_gui_new
で、まずGUIを起動。
File→Load Data
を選択。
Load Dataウィンドウ
を開く。
or
このアイコン
をクリック
基本操作(GUI)2
Load Dataウィンドウ
UDASをインストールしていれば
IUGONET Dataタブが現れる。
①日時を設定
②観測装置を選択
基本操作(GUI)3
Load Dataウィンドウ
④矢印を
クリック
⑤ロードされた
データが表示される。
③パラメータ
を選択
⑥最後にDoneをクリックして
ウィンドウを閉じる
基本操作(GUI)4
メインウィンドウ
Plot/Layout Options
ウィンドウを開く。
Graph
↓
Plot/Layout Options
を選択。
or このアイコン
をクリック
基本操作(GUI)5
Plot/Layout Optionsウィンドウ
②ラインプロットの
場合はLineをクリック。
③選択されたデータ
が表示される。
①プロットする
データを選択。
基本操作(GUI)6
Plot/Layout Optionsウィンドウ
④パネルを追加(削除)する
場合はここをクリック。
⑦追加されたデータ
が表示される。
⑥ラインプロットの
⑤さらにデータを選択。 場合はLineをクリック。
⑧OKを押してウィンドウを閉じる。
基本操作(GUI)7
メインウィンドウ
プロットされた。
拡大・縮小
表示
解析してみる。
Analysis
↓
Data Processing
を選択。
基本操作(GUI)8
Data Processingウィンドウ
③選択されたデータ
が表示される。
①解析するデータ
を選択。
② ⇒をクリック。
④解析方法を選択。
基本操作(GUI)9
⑤パラメータを選択。
⑥OKでウィンドウを閉じる。
基本操作(GUI)10
Data Processingウィンドウ
⑦計算されたデータ
が表示される。
⑧Doneをクリックして
ウィンドウを閉じる
基本操作(GUI)11
再び、Plot/Layout Optionsウィンドウを開く。
①パネルを追加(削除)する
場合はここをクリック。
④追加されたデータ
が表示される。
②プロットする
データを選択。
③スペクトル表示の場合
はSpecをクリック。
⑤OKを押してウィンドウを閉じる。
基本操作(GUI)12
メインウィンドウ
ダイナミックスペクトル
がプロットされた。
Y軸を変更する。
Graph
↓
Y Axis Options
を選択。
基本操作(GUI)13
①Labelsタブを
選択。
②Panelを選択。
③Labelを変更。
④OKを押して
設定終了。
Y Axis Options ウィンドウ
基本操作(GUI)14
メインウィンドウ
Y軸が変更された。
基本操作(コマンドラインによるプロット)1
1. IDL> thm_init
2. THEMIS> timespan, '2012-01-22', 2
3. THEMIS> erg_load_gmag_mm210, site='kag', datatype='1min'
3’ THEMIS> iug_load_gmag_mm210, site='kag', datatype='1min'
4. THEMIS> tplot_names
1 mm210_mag_kag_1min_hdz
5. THEMIS> tplot, ['mm210_mag_kag_1min_hdz']
① TDASを初期化。
プロンプトがTHEMISに変わる。
② 日時の設定。
2012年1月22日から2日間。
③ データをロード
210 MM(鹿児島kag)の地磁気1分値を
ロード。(どちらを実行してもよい。3’は
UDASをインストールしている場合。)
④ ロードされたデータを確認。
ここで表示されているものは、
tplot変数と呼ばれる。
⑤ プロット。
基本操作(コマンドラインによるプロット)2
6. THEMIS> ace_mfi_load, datatype='k0'
7. THEMIS> tplot_names
1 mm210_mag_kag_1min_hdz
2 ace_k0_mfi_BGSEc
8. THEMIS> tplot, [2, 1]
⑥ ACE衛星の磁場データをロード。
⑦ ロードされたデータを確認。
tplot変数が増えた。
⑧ ACEの磁場と鹿児島の磁場を
上下に並べてプロット。
左の通し番号でもtplot変数を
指定できる。
おまけ:
THEMIS> tplot_options, 'region', [0.05, 0, 1, 1]
でプロット範囲を変えて、ラベルが見えるようにする。
基本操作(コマンドラインによるプロット)3
9. THEMIS> thm_load_fgm, probe='d', level=2, datatype='fgs', coord='gsm'
10. THEMIS> tplot_names
1 mm210_mag_kag_1min_hdz
2 ace_k0_mfi_BGSEc
3 thd_fgs_gsm
11. THEMIS> tplot, ['ace_k0_mfi_BGSEc', 'thd_fgs_gsm', 'mm210_mag_kag_1min_hdz']
⑨ THEMIS D衛星、レベル2、
スピン(3秒)平均、GSM座標系の
磁場データをロード。
⑩ ロードされたデータを確認。
⑪ ACE、THEMIS、鹿児島の磁場を
並べてプロット。
基本操作(コマンドラインによるプロット)4
12. THEMIS> tlimit, '2012-01-22', '2012-01-23'
13. THEMIS> ylim, ' thd_fgs_gsm', -100, 100
14. THEMIS> tplot
⑫ 時間軸を変更。
⑬ THEMIS Dの磁場の
縦軸の範囲を変更。
⑭ プロット。
縦軸の変更が反映される。
基本操作(コマンドラインによるプロット)5
15. THEMIS> split_vec, 'ace_k0_mfi_BGSEc'
16. THEMIS> split_vec, 'mm210_mag_kag_1min_hdz'
17. THEMIS> tplot_names
省略
18. THEMIS> tplot, ['ace_k0_mfi_BGSEc_z', 'mm210_mag_kag_1min_hdz_x']
⑮ ACEの磁場を3成分に分解。
⑯ 鹿児島の磁場を3成分に分解。
⑰ ロードされたデータを確認。
tplot変数が増えた。
⑱ IMF-BZと鹿児島の磁場H成分を
スタックプロット。
基本操作(コマンドラインによるプロット)6
19. THEMIS> calc, '"mm210_mag_kag_1min_hdz_x"="mm210_mag_kag_1min_hdz_x"+500'
20. THEMIS> tplot, ['ace_k0_mfi_BGSEc_z', 'mm210_mag_kag_1min_hdz_x']
⑲ calcを使って、鹿児島の
磁場H成分に500を足して、
同じtplot変数に入れる。
⑳ プロット。
基本操作(コマンドラインによるプロット)7
21. THEMIS> get_data, 'mm210_mag_kag_1min_hdz_x', data=d
22. THEMIS> help, d, /struct
** Structure <40d5210>, 2 tags, length=46080, data length=46080, refs=1:
X
DOUBLE Array[2880]
Y
DOUBLE Array[2880]
23. THEMIS> d.y=d.y-mean(d.y, /NaN)
24. THEMIS> store_data, 'mm210_mag_kag_1min_hdz_x_new', data=d
25. THEMIS> tplot, ['ace_k0_mfi_BGSEc_z', 'mm210_mag_kag_1min_hdz_x_new']
21. get_dataで、tplot変数を
IDLの通常の変数に代入する。
22. helpでdがd.x, d.yの要素を持つ
構造体であることを確認。
23. 計算。
d.yから平均値を引く。
(NaNは使わない)
24. store_dataで、
IDLの通常の変数からtplot変数
mm210_mag_kag_1min_hdz_x_newを
生成する。
25. プロット。
基本操作(コマンドラインによるプロット)8
26. THEMIS> tplot_options, 'title', 'Test Plot'
27. THEMIS> tplot, ['ace_k0_mfi_BGSEc_z', 'mm210_mag_kag_1min_hdz_x_new']
28. THEMIS> makepng, 'fig_test'
26. 図にタイトルを付ける。
27. プロット。
28. エクスポート。
PNGファイルができる。
(他にも、makejpg、makegif、
popen/pclose、plot_ascii
などで画像ファイルや
アスキーファイルができる。
ただし、makepsはobsolete。)
Crib Sheet
• Crib Sheetとは、 用途毎にTDASのコマンドの例が書かれ
ているスクリプト。
• コピー&ペーストして実行するか、 thm_crib_asi.proの例
; Load keograms for 2008-02-10
THEMIS> .run Crib_Sheet_名
thm_init
timespan,'2008-02-10',1,/day
thm_load_ask,/verbose
で実行する。
print,' '
• 以下に置かれている。
tdas_x_xx/idl/themis/examples
tdas_x_xx/idl/erg/examples
tdas_x_xx/idl/ssl_general/examples
udas_x_xx_x/iugonet/examples
print,'Data exist for the following stations: '
tplot_names,'*ask*'
stop
; set up some options for tplot and plot full day
window,0
loadct,0
YLIM,'*ask*',0,255
ZLIM,'thg_ask_fykn',0,1.e4
ZLIM,'thg_ask_inuv',0,8.e3
ZLIM,'thg_ask_fsim',0,6.e3
ZLIM,'thg_ask_fsmi',0,1.e4
tplot_options, 'title', 'THEMIS ASI Examples'
TPLOT,['thg_ask_fykn','thg_ask_inuv','thg_ask_fsim','t
hg_ask_fsmi']
stop
リファレンス
• http://themis.ssl.berkeley.edu/software.shtml
TDASの詳しいUsers’ Guideがあります。
• TDAS、UDASのコマンドリファレンス:
tdas_6_00/idl/_tdas_doc.html
udas_1_00_b1/_udas_doc.html
• http://search.iugonet.org/iugonet/
IUGONET関連のデータの情報(観測日時、場所、コンタクト
パーソン等)が検索できます。
• http://www.iugonet.org/ IUGONETウェブページ
• http://gemsissc.stelab.nagoya-u.ac.jp/erg_ja/ ERG-SC
ウェブページ
26
ERG サイエンスセンターによるTDASプラグイン
ERG Science Center
ERGサイエンスセンターでは、以下のデータのCDFファイルとTDAS用プラグインを公開している。
詳細: http://gemsissc.stelab.nagoya-u.ac.jp/erg_socware/bleeding_edge/note_ERG-SC_procedures_jp.pdf
TDAS正式版(6.00)に実装済みのプロシージャ
•
210度地磁気1分値、NIPR地磁気1秒値
•
http://gemsissc.stelab.nagoya-u.ac.jp/erg_socware/erg_plgin_1_00/
でもergsc_plugin_01.zipとして公開している。
次のTDAS正式版に実装予定のプロシージャ
•
STEL 誘導磁力計データ、SuperDARN Radar(STEL, NIPR, NICT)
•
TDAS開発版(bleeding edge)には実装済み。
•
最新版は、ERG plugin-tool開発版として国内向けに、
http://gemsissc.stelab.nagoya-u.ac.jp/erg_socware/bleeding_edge/ で公開。
•
TDASディレクトリにコピーするだけで使用可能。crib sheetも用意。
•
質問・連絡先:ERGサイエンスセンター
erg-sc-help (at) st4a.stelab.nagoya-u.ac.jp
今後、他の国内の地磁気、全天カメラ、リオメータ、VLF、LF電波のデータ
についてもCDFファイルとTDAS用プラグインを整備、公開する予定である。
ダウンロード

ロード、プロット、GUIなどTDASの基本的な使い方

ppt

ppt