ユニバーサルデザイン
design for all
教員研修用テキスト
Study of Universal Design
for teachers
1
•
「ユニバーサル・デザイン」という言葉を知っていますか? 「最近、聞いたことがある」とか、「ああ、万人
のためのデザインのことだろう」とか、中には「知っているよ、7つの原則があるはずだ」とか言う人もおら
れると思います。
•
ユニバーサルデザインの考え方は、これからの国際化・情報化の時代を創造していくための、本質的な
考え方の一つだと私たちは考えています。ですから、小学校の子どもたちにも、その考え方を体得してほ
しいのです。しかし、それは、知識として、考え方を説明したり、原則を述べたりすることを求めているの
ではありません。子どもたちが、この考え方を体得して、具体的な成果をあげていくのは、彼らが大人に
なって、建物や商品を設計したり、社会のために具体的な活動をはじめるころです。しかし、「三つ子の
魂、百まで」のたとえのあるように、小さいときに気づき、感じた感覚は、大人になってもずっと生き残って
いきます。ですから、ユニバーサルデザインについても、その言葉の意味を理解するより、さまざまな人
の立場にたって、物事をとらえ、もし誰かのためにものを作り出すなら、あらゆる場面や利用者を想定し
て、デザインするという、根本的な態度の育成が重要なのです。
•
ユニバーサルデザインの考え方の入り口に子どもたちを導くためには、「ユニバーサルデザイン」を扱っ
た授業を、総合的な学習の時間などで構成するのもひとつの方法です。しかし、それ以上に、日常的な
学習活動のあらゆる場面で、物事のとらえかたとして、「ユニバーサルデザイン」の心を感じさせることは
可能です。そのためには、先生方ひとり一人が、「ユニバーサルデザイン」の心に気づき、感じる感性を
研ぎ澄まさなければなりません。子どもたちに感じさせる感性を、先生自身が体得しなければならないの
です。
2
•
この教材は、ユニバーサルデザインの考え方を、小学校の授業で取り入れる教
師のための研修テキストになっています。しかし、普通のテキストと違って、順に
読んで、理解していけばよいという形式にはなっていません。
•
章によっては、自分で町を探索し調査するとか、他の先生方と討論するとかの演
習もあります。ここでは、「ユニバーサルデザイン」に流れている基本的な考え方
に、先生方自身が気づいていくプロセスを大切に考えているからです。どうぞ、十
分な時間をかけて演習をすすめ、子どもたちのこころに響く実践を展開できるよう
になってください。
監修 永野和男(聖心女子大学)
編者 小田和美(東京女子体育大学)
3
このワークシートの内容
◆知識として理解する(予備知識)
◆世界の現状を知る
1.人間の歴史、道具の歴史
2.人間の歴史、建物・街の歴史
3.デザインの歴史と現在
4.ユニバーサルデザインという考え方
5.なん%? 「もしも世界が100人の村だったら」
12.ユニバーサルデザインの街づくり
13.生活の中のユニバーサルデザイン
14.教育のユニバーサルデザイン
15.ユニバーサルデザインの標準化
16.世界の街かどのユニバーサルデザイン
◆視点をかえる(比べる・考える)
◆メッセージ
6.いろいろな視点の意識化
7.ユニバーサルな視点で、生活を見直す
8.考えてみよう(グループ討論)
・「より多くの人のため」
・答えは、ひとつではない
・事例1:黄色い道路標識
・事例2:階段の手すり
・事例3:スルーのエレベータ
・事例4:子供用トイレ
◆行動する・知恵を出す
9.家の中で暮らしてみると
10.街の中を見てみると
11.街の中を歩いてみると
(常に存在する、more better)
◆指導教材の作成について
◆児童指導にあたっての留意点
4
知識として理解する(予備知識)
1.人間の歴史、道具の歴史
人間と道具の歴史を振り返ってみましょう
1.右の図で、それぞれの時代には
どのような道具が使われていたでしょう
2.それぞれの道具は、
誰のために、何のために、作られたのでしょう
道具は、広がっていきました
原始:村社会
中世:街・国社会
西はりま天文台公園の自然学校
http://www.nhao.go.jp/~shizen/hiokosi.html
道具は、自分や家族の生活を支えるために生まれました
やがて一人の知恵が、
村の仲間の「便利」のために広がっていきます
人の交流が、知恵の交流を生み出し、
村から村へと広がっていきます
文明が生まれます
大府市歴史民俗資料館:館内のご案内
http://www.city.obu.aichi.jp/rekimin/main.htm
近世:文明社会
現代:高度情報社会
道具は、変化していきました
機能を追及していくうちに、機能美が生まれ備わります
美しさ(アート)という視点も芽生えます
一人のために手作りをしていた道具は、
多くの人のために量産されるようになります(鋳型)
個への対応から 汎用性へ
より多くの人の便利のため…
これは、自然の流れでした
5
知識として理解する(予備知識)
2.人間の歴史、建物・街の歴史
道具だけではありません
住まい、町、街、建物、機械・・・
自分あるいは自分たちのために生まれた知恵は、
他(自分以外のもの)のため という方向を持ち始めます
原始:村社会
中世:街・国社会
近世:文明社会
現代:高度情報社会
明治村:http://www.meijimura.com/
ふるいたてものずかん:
※街へ出て、取材をしてみましょう
建物・街を見てみましょう。
自分、家族、仲間の「便利」のために作られた建物・街
時代の流れの中で、
神秘あるいは富と権力のための建物も生まれます
一方、庶民のための建物の歴史も作られていきました
機能を追及していくうちに、機能美を獲得しました
やがて美しさ(アート)という視点も持ち始めます
1.右の図で、それぞれの時代にはどのような建物が建て
られていたでしょう
2.それぞれの建物は、誰のために、何のために、作られた
のでしょう
道具、建物、街、衣服 生活を支える多くのものが、
http://www.geocities.co.jp/B
erkeley-Labo/1926/
個への対応から 汎用性へ
と、変化していきました。その流れの中で、
職業としての「デザイン」が誕生します
3.現在、デザインと呼ばれているものには、
どのようなものがあるでしょうか?
いろいろなデザイン
6
知識として理解する(予備知識)
3.デザインの歴史と現在
デザインの視点の変化
個 ~ 汎用性 ~ 画一性
個に対応して生み出されていた「知恵」は、社会と共に変化し、
やがて、「汎用性」を追及し始めます
それは、力のあるもの、富を持つもの、社会的に優位なもの
のためのデザイン、の芽生えでもありました
デザインの変遷:
気づいたことを、メモしておきましょう
参照URL:
http://www.japandesign.ne.jp/KUWASAWAJYUKU/index.html
http://www.udit-jp.com/ud/index.html
機械による大量生産が可能になってから、
「汎用性」は「画一性」という面を持ち始めました
・便利さ(より多くの人に共通の便利さとは・・・)
・美しさ(より多くの人の好み、好みによるステータス・・・)
・機能性(より多くの機能、より高度な機能・・・)
・価格 (経済的効率の追求、採算性・・・)
多くのものを「標準化」「規格化」の中でとらえるようになりました
しかし、社会(知恵)は常に、成長し続けます。
今、デザインについても、いくつもの新しい視点が生まれてきています
1.次の用語について、調べてましょう。
ユーザビリティ
ノーマライゼーション
バリアフリー
共用品
ユニバーサルデザイン
7
知識として理解する(予備知
識)
4.ユニバーサルデザインという考え方
知恵の進化と気づき
個への対応から 汎用性へ(より多くの人の便利のため…)
これは、自然な流れでしょう
実際使ってみると「もっと便利」があることに気づきます
多くの人が気づく不便・不都合は、
より、多くの人が納得行く方向へと、 改良されていきます
知恵が富と結びつくようになると、
知恵は純粋な「便利」「使いやすさ」「美しさ」だけではなく、
「ビジネスとしての成立」といいう要件も含んで働き始めます
次のキーワードから、
ユニバーサルという考え方の歴史を、調べましょう
ユニバーサルデザインの7原則
ロナルド・L・メイス
標準化」「規格化」「経済的効率」
そのような流れの中で、少数の人(社会的マイノリティ)にとっての 「困難」「不便」が取り残されていきました
取り残された背景には、大きくわけて、2つの理由 が考えられます
1:取り残していることに、気づかない ⇒ 自分を中心に物事を見る傾向は、誰にもあります。
しかしそういう自分に気づき、グローバルな視点を持つよう意識することは、「共生する社会」の一員として必要です
2:気づいているけど、考慮しない ⇒ 理由は、いろいろつけられるでしょう。経済効率、マジョリティ優先、技術的困難…
しかし、それらを認めては、前進しません。そのような事情を超えて、いかに「共生する社会」実現への「知恵」をだせるか
それが、いま、私たちに問われています。 同時にそれは、意識・無意識に潜んでいる、差別の意識との戦いでもあります
あなたは、ユニバーサルデザインという考え方を、きちんと知っていましたか?
ユニバーサル
と
バリアフリー
の考え方の違いが、理解できましたか?
8
知識として理解する(予備知識)
5.なん%? 「もしも世界が100人の村だったら?」
あなたは自分を、普通(一般的)と思っていますか?
作業1URL:
普通って、どういうことでしょうか?
自分が、どのような人間か、考えて見ましょう。
国籍、性別、年齢、職業、年収、家庭、趣味 こだわり 人生観…
1.「もしも世界が100人の村だったら」というキーワードで検索してみましょう。
いろいろに少しずつアレンジしてありますが、
作業2
確かなデータで書かれたサイトのURLを記録しましょう。
2.子どもに伝えたい内容と数字を記録しておきましょう。
平均的な子どもたち、平均的な家庭、平均的な学校…
無意識のうちに私たちは、自分なりの平均像に当てはめています
しかし実際には、
いろいろな環境、いろいろな姿、いろいろな想いがあります
もしも@@@が、100人の村だったら
3.あなたの「もしも」を作ってみましょう(例:もしも学校が100人の村だったら、もしもこの街が…、もしも日本が…
作業3
9
視点を変える(比べる・考える)
6.いろいろな視点の意識化
ユニバーサルデザインという視点で、身のまわりを見てみましょう
いろいろな視点があります。例えば…
A.高さが違ったら、どうなるか
B.この速さは、適当だろうか
C.標識の大きさや色は、見やすいだろうか
D.性別による施設や社会システムの違い・制限は、
適切だろうか
E.その他(年齢、国籍、 場所、回数、時間、形…
事例を挙げながら、次のように考えて見ましょう
1.こういう「不便・不都合」を、実際、感じたことがある
2. もし別の人だったら、
どんな「不便・不都合」があるだろうか
3.実際の社会では、どのような工夫をしてるだろうか
4.もっとこうすれば…
という建設的な提案ができないだろうか
事例:
1.
2.
3.
4.
事例:
1.
事例:
1.
2.
2.
3.
3.
4.
4.
10
視点を変える(比べる・考える)
7.ユニバーサルな視点で生活を見直す
既に私たちの社会は、少しずつ、
気づいた「不便」を解決する知恵を出し始めています
例えば…
事例1:いろいろな高さ(阪急伊丹駅にて)
事例1:いろいろな高さ
事例2:国を超えて
事例3:利き手なんて!
事例4:いろいろ人たち
写真を見ながら、それぞれの工夫が、
1.どのような不便を解決するために
2.どのような部分を工夫しているか
考えてみましょう
事例4:いろいろな人たち(足立区役所にて)
事例2:国を超えて(マルチ電源アダプター)
事例3:利き手なんて!(注ぎ口、両側つき)
11
視点を変える(比べる・考える)
8ー1.考えてみよう(グループ討論)
現実にまだまだ、改善点はたくさんあります。
しかし、社会は単純ではありません。
ひとつの解決方法が、新たな「不便」を生み出すこともあります。
ユニバーサルデザインという考え方を実際に実現させようとする
ときには、とても大きな知恵と決断が必要になります。
事例1:黄色い道路標識
★街の美観
★凸で危険
★雨の日すべる
次の事例のうちの、いくつかについて、
A.どのような改善の余地があるか?
B.その改善方法に、新しい問題点はないか?
C.どうして、実社会で、そのような改善方法がとられていないのか?
など、意見を出し合ってみましょう。
事例2:階段の手すり
★冷たい
★不連続で不便
事例3:駅のエレベータ
★高さが合わない
事例4:子供用トイレ
★女児を連れた父親は? ★男児を連れた母親は?
★遠い
★狭い
事例5:その他(グループの中で、見つけてきたもの)
12
視点を変える(比べる・考え
る)
8ー2 .考えてみよう(討論結果の発表)
事例1:
自分たちの討論の結果を、発表しあいましょう。
自分たちの選んだ事例以外の事例について、
他のグループ討論の結果を聞いて、記録してお
きましょう。
事例2:
事例4:
事例3:
事例5:
13
行動する・知恵を出す
9ー1家の中で暮らしてみると(活動)
次の休日、家の中で一日、耳栓、手袋、近視矯正メガネなどをつけて、生活してみましょう。
朝、装着したものは、一日中、途中ではずさずに、過ごしてみてください。
その他、「一日中、膝をついて生活する(視点を低くする)」「誰とも口を利かない」など、
いつもと違う自分になって生活してみましょう。
活動3:その「不便」「危険」を解決するには、
どうすればよいでしょうか?
活動1:あなたは、何をつけましたか?
耳栓、
手首の錘
その他(
軍手
ゴム手袋
近視矯正メガネ
足首の錘
膝のサポーター
)
その他に、どのような、「いつもと違う」
生活をしてみましたか?
(
)
活動2:生活してみてわかった家の中の「不便」「危険」を、
リストアップしてみましょう
活動記録をデジカメ
で撮影して、
貼っておきましょう
14
行動する・知恵を出す
9ー2家の中で暮らしてみると(活動報告と発表)
一日、家の中で過ごしたレポートを、グループ内で報告しあいましょう
グループごとに、報告をまとめ、発表をして、意見交換してみましょう
実際に、家の中のユニバーサルデザインとして、どのようなものがあるか、調べてみましょう
報告:
実際の、家の中のユニバーサルデザイン:
発表:
15
行動する・知恵を出す
10ー1 街の中を見てみると(活動)
街の中を歩いて、見つけましょう。
見つけたユニバーサルデザインを、デジカメで撮影しておきましょう
1.街の中にある、ユニバーサルなデザインを探してみましょう
2.そのデザインは、どういう点がユニバーサルですか?
3.ユニバーサルとはいえないデザインを探してみましょう
4.どういう点で、ユニバーサルではないと思いますか?
5.どう改良すれば、よりユニバーサルになるでしょうか?
活動1:見つけたユニバーサルなデザイン
活動3:よりユニバーサルにするための提案
活動2:見つけたユニバーサルでないデザイン
16
行動する・知恵を出す
10ー2 街の中を見てみると(まとめと発表)
活動2:見つけたユニバーサルでないデザイン
◆活動の報告と提案を、班ごとにまとめ、発表しましょう
発表に対しては、相互評価を行ってみましょう
※相互評価の際、意識すること
1.相手の活動の「よい部分」と「改善が望まれる部分」を、
両方指摘できるようになる
2.「改善点」「問題点」は、指摘するだけではなく、
「どのように」という、問題解決策も、提示できるようになる
1.見つけたユニバーサルなデザイン
活動3:よりユニバーサルにするための提案
17
行動する・知恵を出す
11-1 街の中を歩いてみると(グループ活動)①
◆町の中を、歩いて見ましょう
ただ歩くのではなく、いつもと違う自分になって、歩いてみましょう。
・歩き方1:アイマスクをつけて、歩いてみる
・歩き方2:車椅子に乗って、歩いてみる
・歩き方3:両手両足に錘、耳栓、近視矯正メガネをつけて、歩いてみる
◆あなたは、どのような歩き方をしましたか?
◆歩いて気づいた不便や便利を、記録しておきましょう
・街の「どこがどう不便か」を体験し、記録しましょう
・街の「どこに工夫があるか」を感じ取り、記録しましょぅ
・不便マップ を作成しましょう
・便利マップ を作成しましょう
◆街の不便 の記録
◆歩いて気づいた不便を、「解決する知恵」 を出しましょう
・より、すみやすい街への提案を、しましょう
・改良マップ を作成しましょう
◆すみやすい街への提案 の記録
◆街の便利 の記録
18
行動する・知恵を出す
11-1 街の中を歩いてみると(グループ活動)②
◆不便マップ を作成しましょう
◆便利マップ を作成しましょう
19
行動する・知恵を出す
11-1 街の中を歩いてみると(グループ活動)③
◆改良マップ を作成しましょう
◆改良マップ で、工夫しているところを、
記述しておきましょう。
20
行動する・知恵を出す
11-2街の中を歩いてみると(まとめと発表)①
◆グループごとに、自分たちの活動や提案をまとめましょう。
発表用マップ:
不便マップ、便利マップ、改良マップを、取りまとめましょう。
自分たちの提案を、どう主張するか考えながら、まとめましょう。
発表内容の構成:
21
行動する・知恵を出す
11-2街の中を歩いてみると(まとめと発表)②
◆班ごとに、発表しましょう。
その発表を、相互評価してみましょう。
発表を聞いて気づいたメモ:
どのような観点で評価をするか、あらかじめクラスで話し合いましょう。
評価シートを作って、それに沿って、評価をしてみましょう。
※相互評価シート作成の際の観点の例
1.発表の資料の出来具合
A~D
2.発表のときの話し方、聞きやすさ A~D
3.内容のまとめ方、わかりやすさ
A~D
4.説得力ある内容だったか
A~D
評価シート
22
世界の現状を知る
12.ユニバーサルデザインの街づくり
ユニバーサルデザインを、最初に提唱したのは、
アメリカの、ロナルド・メイス(1941-1998)です。
•
彼自身が車いす使用者であったこと
•
戦争を背景とした国内の戦傷者保護対策や障害に
対する意識
•
既に浸透を始めていたバリアフリーの考え方
などを背景に、バリアフリーを超える概念として、
受け入れられました。
事例1:人間中心の町作り(オレゴン州ポートランド広域圏)
より広範囲のすべての人に使いやすいデザイン
その考えに基づき、世界の多くの街が、
街全体で、街づくりを始めています。
事例3:ユージーン(オレゴン州)
事例2:フライブルク市(ドイツ南部)
23
世界の現状を知る
13.生活の中のユニバーサルデザイン
私たちの暮らしを、ユニバーサルデザインの観点で見直すと、
住人の違いによって、いろいろな不便が見えてきます。
事例1:ユニバーサルデザインの道具
道具、食事、衣類、住まい、遊び…
不便を解消する知恵が、今、いろいろ出されています。
例:
•
•
•
•
•
•
カラースティックのり⇒のりが付いているところが分かりやすい
TVベビーモニタ⇒離れていても様子が分かる・介護にも便利
簡単リモコン⇒てれびやビデオの切り替えや調節がしやすい
左右両用カッター⇒利き手に関係なく切りやすい
ペットボトルオープナー⇒非力でも、硬い口が開けやすい
ステンレスミルクパン⇒左右両方に流し口がある
事例2:ユニバーサルデザインの遊び道具
作業:あなたが左利きだったとしたら…?
1.どのような不便があるでしょう。
2.それはどのような工夫で、解決できるでしょう?
3.実際の知恵を、Web上から、捜してみましょう。
事例3:ユニバーサルデザインの衣服
24
世界の現状を知る
14.教育のユニバーサルデザイン
学校教育は、それぞれの国ごと、
その歴史や価値観を背景に、行われています。
日本の学校教育は、明治になってから始まりました。
文部科学省が設置されたのは、明治4年。
早い時期から、義務教育を掲げてきましたが、
制度や実態の歴史を見てみると、
男女・貧富・障害者の差別なく、
すべての児童・生徒が義務教育を受けられるようになったのは、
昭和54年からです。(学制百二十年史:
http://wwwwp.mext.go.jp/v120nen/index.html#toc3.1.3)
事例:建物・教室のユニバーサルデザイン
現状、利点、問題点、改良点を考えてみましょう
例:オープンスペース、階段、屋内プール、地域開放…
いま、学校現場にも、ユニバーサルデザインの流れがやってきています。
ユニバーサルデザインの視点で、教育を見なおして見ましょう。
よりよい学習環境つくりへの、ヒントも見えてきます。
事例:学習環境・学習チャンスのユニバーサルデザイン
現状、利点、問題点、改良点を考えてみましょう
例:インターネット、ネット大学、情報メディア…
事例:学習方法のユニバーサルデザイン
現状、利点、問題点、改良点を考えてみましょう
例:課題解決型学習、交流学習、個別学習、グループ学習…
25
世界の現状を知る
15.ユニバーサルデザインによる標準化
あらゆる国の、あらゆる人に使いやすいデザイン は、
簡単に実現できるものではありません。
1980年に、ユニバーサルデザインが提唱されてから以後、
立場、状況、習慣… それらの違いを熟慮した上で、
JIS、ISO などの規格の標準化が、進められています。
アメリカ国内では、戦傷者保護という社会問題とも絡み、
多くの法制化が行われてきました。
日本でも、いま、新しい制度が生まれようとしています。
●日本
1999年11月~ 5回のユニバーサルデザイン懇談会
2000年4月 第1次取りまとめの発表
ユバーサルデザインに関する現状分析、
問題点と対応の方向性等が報告された
2001年5月 第2次取りまとめの発表
問題点の把握と対応の方向性について検討・整理
2002年6月 e-Japan重点計画2002
デジタルディバイドの是正
●標準化の動き
・ ISO13407 (Human-centered Design Processes for
Interactive System)
・ ISO/COPOLCO
・ JISC9102 (家電製品の操作性に関する設計指針)
・ JISX6310 (プリペイドカード一般通則)
●アメリカ
1950年代 バリアフリー運動
1961年米国基準協会
(ANSI , American National Standard Institute)
アクセス権保護の基準(身体障害者にアクセスしやすい施
設設備に関するアメリカ基準仕様書)発表
1968年「建築バリア法」
1973年「リハビリテーション法」
1975年のEducation for Handicapped Children Act
Individuals with Disabilities Education Act(IDEA)
障害を持った子供に自由で適切な教育を保証
1988年「適正住宅供給法(Fair Housing Amendments)」
1990年「ADA法(American with Disabilities Act)」
1996年「Telecommunications Act 」
26
世界の現状を知る
16.世界の街かどのユニバーサルデザイン
世界では今、いろいろな生活の場面に、いろいろな
考え方で、ユニバーサルデザインの理念をとりいれ
ています。
それぞれを事例が、
どのような不便を便利に変えようとしているのか、
どのようなマイノリティが恩恵をうけるのか、
考えてみましょう。
事例:ユニバーサルデザインの住まいづくり
(レバーハンドル)
参照URL:
http://www.universal-design.co.jp/what_ud/what_ud.html
事例:階段のないマーケット(オーストラリア)
事例:誰にでも使いやすいバリアフリー型自動販売機 (日本)
27
メッセージ
一人ひとりの、存在の違いに、気づこう
いろいろな制限を、それぞれを取り巻く条件、あるいは環境 と考えよう
高さ、色、形、スピード、大きさ、場所、回数、時間…
いろいろな環境にいる、すべての人に、使いやすいデザインを考えてみよう
いろいろな環境にいる、より多くの人に、使いやすいデザインを考えてみよう
常に
答えは、ひとつではない
その環境に合った回答 が存在する
28
指導教材の作成について
この教師用教材の姉妹品として、小学校の総合的な学習の時間でユニバーサルデザインを学ぶための、教材レ
シピが、開発されています。その教材は、導入としてまず、
教室内で、ユニバーサルにデザインされた身近な生活小物(ハサミ、ホチキスなど)を体験する
という体験活動から始まります。明らかに使いかっての違う、いつも使っていた生活小物を実際に体験した驚き
をもとに、
なぜ、そのようなものが作られているのか、 それはどのような人たちに使いやすいものになっているか
を考えていきます。
より多くの一人にとって使いやすい(快適な)ものは、作る人がそれを意識して知恵を出せば、作ることが可能
なのだ
ということを前提に、
いろいろな知恵を、実際の生活から探す
不便な場所・ものを見つけ、それに対して、自分たちの知恵を出し、より快適なものを提案する
というような活動に、つなげていくことが出来ます。
その他にも、トライアルの方法はいろいろ考えられるでしょう。
たとえば、スーパーマーケット、駅、図書館、役所など、多くの人が集まる場所に行き、
どういうところが便利か、
どういうところが不便か、
このような改良があれば使いやすいと思いますか
などというアンケートをとり、そのデータを自分たちでまとめてみると、実際の社会の多様性が見えてくるでしょう。
そのときに意識して気をつけたいことは、次のようなものです。
29
児童指導にあたっての留意点
☆異質なものへの畏怖 これは、自然な心
☆異質でも、安心な存在である とわかったとき、生まれながらの心に、
平均、規格、区別、差別 という意識はない
☆バリアーという概念は、これまでの大人社会がもっている価値観であり、
そのような価値観を内面に作り出すのは、大人社会の教育の成果
☆障害に特化しない形で、自然にユニバーサルデザインになじむよう配慮する
☆子どもたちには、ユニバーサルデザインという言葉や価値観を、先に教えない
⇒ 身近なものの中から、いろいろな不便や、工夫を探す活動から入る
☆自分たちのための工夫が、ユニバーサルデザインにつながる
⇒ 自分たちの感覚の中に、いろいろな立場の人間が網羅されるような教育が必要
☆「いろいろ探し」が「違い探し」あるいは「小さなグループの形成」につながらない配
慮(気配り)が必要 ⇒ まず、教員の側の意識を確立すること
30
ダウンロード

ユニバーサルデザインパワーポイント(PPT:1262KB)