国際金融市場
•
•
•
•
•
国際金融市場
伝統的金融市場
オフショア市場
ユーロ市場
デリバティブ市場
1
国際金融市場の意義
• 資金過剰部門から資金不足部門への,国
際的な資金の調達や運用が行われる場
• 個別経済次元 ①再生産に関わる資本の
節約や有給貨幣資本の動員 ②ヘッジ,
投機,裁定のための取引 ③手数料稼ぎ
• 国民経済次元 国際収支のファイナンス
2
国際金融市場の構成
• 市場機能から見た分類
①伝統的市場:ロンドン,NY,東京など
②ユーロ市場:本国以外で当該国通貨取
引
• 取引対象から見た分類
①現物市場ないし原資産市場
②デリバティブ(金融派生商品)市場
3
伝統的市場の体系
• 短期金融市場
①コール市場
②手形市場
③公共債市場
• 長期金融市場(証券市場)
①株式市場 ②債券市場
①発行市場 ②流通市場
4
伝統的市場の展開過程
• ロンドン市場
・・英の経常黒字・資本輸出国化を背景
・・短期:ロンドン宛為替手形,BA手形
・・ロンドン・バランス
・・ユーロ市場
・・ウィンブルドン現象
5
ユーロ市場
• 発生:ドル建て預金のロンドンへの預換え
• 定期預金であって,ユーロ取引の決済は
アメリカで行われる
• 金利規制と準備率規制がなかった
• 「最後の貸手」Lender of Last Resort 不在
• ユーロ市場の拡大
6
ニューヨーク,東京市場
• ニューヨーク市場
・・第2次大戦後,ドルの国際化
・・ドル・バランス
・・アメリカ国債市場
・・広告塔 ADR(アメリカ預託証券)
• 東京市場
・・最大の資本供給国から空洞化へ
7
オフショア市場
• 内外分離型:国外から資金を調達しても,
国内に流入させず,国外で運用 NY,東京
• 内外一体型:国内ーオフショア市場の資金
交流が自由 ロンドン,香港,バンコク
• タックスヘイブン(租税逃避地)型
90年代国際資本取引の回転台
バハマ,ケイマンなど,カリブ海
8
金融グローバリゼーション
• 1972年5月,シカゴ 通貨先物開始
債券,金利,株価指数などに先物拡大
• デリバティブ市場 オプション,スワップ
• アメリカ 情報通信革命⇒比較優位産業
• IMF,世界銀行,国際決済銀行(BIS:
Bank for International Settlements)による
地球規模での金融自由化・国際化
• IMF8条国移行による経常取引自由化
9
1990年代国際資本移動
• 先進国内ではアメリカ1極集中
・・日欧による対米証券投資・直接投資
・・アメリカの資本流入>経常収支赤字
・・株高・社債ブーム⇒「ニューエコノミー」
• エマージング(Emerging)市場向け還流の
復活
• 新興市場流入資金>経常赤字⇒外貨準
備増大&資本逃避⇒アメリカへ還流
10
1990年代国際金融危機
• 1992年英ポンドのEMSからの離脱
ドイツ統一⇒巨額財政支出⇒金利引上
• 1994-95年メキシコ危機
対銀行債務のブレイディ債への置換
「21世紀型金融危機」
• 1997-98年アジア危機
• 1998年ロシア危機
11
アメリカ基準の国際標準化
• 金融業におけるアメリカ基準
①公的規制ではなく市場原理主義
②銀行中心ではなく証券市場の優位
③リスクを「商品」にする投資銀行業
• アメリカ基準の持つ問題点
①リスクと収益の確率による利益至上主義
②格付け会社の役割増大
③「ワシントン・コンセンサス」とウォール街の結合
12
ダウンロード

国際金融市場