CALS/ECの最新動向
ITを経営改革のキッカケに・・。
1.CALS/ECの目指す姿
2.最近の動向(他機関等の取り組み状況について)
3.三重県では
4.最後に(今、取組んで欲しいこと)
平成16年8月
主催:三重県各CALS/EC地域研究会
後援:財団法人 三重県建設技術センター
まず、はじめに
• 今、日本国内ではIT化が積極的に進められて
います。
• これは、単なるブームではなく、国家的な戦略
(e-japan戦略)に基づくものです。
• e-japan戦略とは、情報通信技術(I
T)の活用により世界的規模で生じている急激
かつ大幅な社会経済構造の変化に適確に対応す
し、すべての国民が情報通信技術(IT)を積極
的に活用し、その恩恵を最大限に享受できる知
識創発型社会の実現を目指すものとして策定さ
れました。
1.CALS/ECの目指す姿
(1)CALS/ECとは・・。
CALS/ECとは、公共事業の情報を
電子化すると共に、インターネットを利用
し、県民・企業・行政が情報共有を図ろう
とする仕組みです。
具体的には・・・。
•情報の電子化・・・・・・・電子納品
•ネットワークの利用・・・・電子入札・電子申請
•情報の共有・・・・・・・・公共事業情報の提供(入札情報サー
ビス、三重県GIS、三重県HP)
(2)目指す姿・・・・・。
①情報提供
公共事業に関する情報の電子化が進めば、インターネットを利用した
情報提供の内容・範囲がどんどん増えていきます。
今は、入札情報のみ
ですが、
詳細な計画も
画像も
詳しい
工事内容も
より詳細な公共事業
情報も提供できます。
(2)目指す姿・・・・・。
②どんな利用が
例えば地図に・・。
– 従来地図は本やパンフレットなど、紙で利用されていまし
たが、今はカーナビ、GPS携帯電話など電子データでも
利用されています。
– 工事竣工情報を基に、地図修正を行うなどCALS納品
データは多方面でも期待されています。
カーナビ
橋梁・標識・トンネル等
道路施設
図面・写真
GPS携帯
台帳
電子納品
成果品
データ利用
個別台帳
調査
みなさんもご
利用いただい
てますね・・。
(2)目指す姿・・・・・。
③電子納品データの具他的な利用例
もとの
地図に
改変箇所を
修正する
竣工情報を
重ね合わせ
電子納品
のイン
デックス
情報の位
置座標を
基に・・。
座標調整
を行って
このような電子データが、GIS・GPS・カーナビの地図にも利用されます。
(2)目指す姿・・・・・。
④建設関係企業の経営改革に
2.最近の動向
(他機関の取組み状況について)
中部圏内では...。
• 中部圏の他機関の状況(中部整備局まとめ)
– 国の状況
• 電子入札(H15~)及び電子納品(H16~)が既に全面運用と
なっています。
– 他県では
• 岐阜県では電子入札(H16~)及び電子納品(H16~)が全面運
用となっており、他県も三重県とほぼ同時期の全面運用を目指し
ています。
• 県内市町村の取組み状況
– 松阪市・・・・2004年(平成16年)4月から電子入札運用
開始
– 四日市市等3市・・電子入札の導入を検討中
3.三重県では
(1)導入基本方針
• 平成13年度に「三重県版CALS/EC基本
構想」を策定するとともに、具体的な活動方
針である「三重県CALS/ECアクショ
ンプログラム」を策定し、段階的な導入をす
すめることとしています。
• この中で2010年度(平成22年度)には、県
内の市町村でも、CALS/ECの導入を行っ
ていただくよう、県が支援していくこととしてい
ます。
三重県CALS/ECアクションプログラム
1)フェーズ1 2002 ~2004年
実証期
2)フェーズ2 2005 ~2007年
県普及期
フェーズ3 2008 ~2010年
市町村普及期
「実証フィールド実験の展開と電子入札・電子納品の一部運用」
三重県にて実施中の実証フィールド実験を広範囲に拡充し、より多く
のケースで実施することにより、CALS/EC 導入を支援する他、問題
点や課題を洗い出し、解決策を検討する。
特に電子入札と電子納品については、実証フィールド実験を踏まえ
て県レベルにおいて一部本運用を開始する。
データベースを構築し、発注情報等に加え、受発注者間で業務遂行
上共有すべきデータの共有化や業務成果物のGIS との連携を実現
させる。
電子入札、電子納品については、県レベルにおいて全面運用となる
よう施策を展開する。
「県CALS/EC の充実と市町村CALS/EC の実現」
県レベルでのCALS/EC 導入の効果を波及させ、県内の全域におい
て、円滑にCALS/ECが導入され、効率的かつ透明性の確保された
公共事業の執行を目指す。
(2)三重県の状況
電子入札の一部本運用開始に伴い、IC認証カードの取得も進んでいます。
4.最後に
(今、取組んで欲しいこと)
(1)便利なものを、便利に使う
例えば、
• 手書きから、ワープロ等のソフトを利用。
• インターネットへの接続、利用。
• デジタル機器の積極使用。
効果として、
• 過去に作成した資料などが再利用でき、効率UP。
• 24時間情報収集が可能。電子メールの利用など、情報
収集、伝達機能がUP。
• デジタルカメラ、スキャナ、PDA、メモリカードなど、
使えば便利(業務効率UP)なものが沢山あります。
(2)利用すること(スキルUP)によって
経営改革・業務効率の向上を
例ですが、IT利用によって、以下の経営改革・業務効率の向上が考えられ
ます。
• 資材調達の業務効率をUP。
取引先との連絡を電子メール・受発注サイトで行う。
取引決済を電子商取引で・・。
• 現場指示・管理の業務効率をUP。
現場への指示を電子メールで一斉送信。
メーカーからの設計計算書やカタログを電子メールで入手。
簡易な構造計算が行える便利なHPサイトもあります。
• 経営情報の管理を効率化
受注情報をデータベース化したり、経営管理ソフトを利用することによって、経営情
報の管理の効率化が図ることも可能です。
(3)経営者の方に
ぜひ、ITを積極的に利用頂き、経営改革
につなげる意識をお持ちください!
まずは、
• 電子入札
• 電子納品
のご準備、対応をキッカケに、社内の業務改善
に取り組んでいただいてはどうでしょう?
(3)参考:インターネットを利用した
情報収集
•三重県や国の基準を入手する。
•三重県の導入スケジュールを確認する。
•民間企業の取り組み状況を知る。
•便利サイト(設計計算などのフリーソフ
ト)を利用する。
•三重県や国の基準を入手する。
①インターネットから、「三重県電子納品運用マニュア
ル(案)」を入手する方法
http://www.pref.mie.jp/jigyos/gyousei/cals/
クリック
•三重県や国の基準を入手する。
②国の基準をインターネットから入手する方法
(国土交通省所管の例)
http://www.mlit.go.jp/tec/it/cals/index.html
•三重県の導入スケジュールを確認する。
• スケジュールは
– 試験的に実施する試行期間を設定し、格付基準
別に段階的に導入していきます。
•民間企業の取り組み状況を知る。
民間企業の立場でCALS/ECを見つめているホームページサイトもございます。
土工協CALS/EC部会HP
http://cals.dokokyo.com/
•便利サイト(設計計算などのフリーソ
フト)を利用する。
民間企業で構造計算等のフリーソフトを紹介しているホームページサイトもございま
す。
http://www2.odn.ne.jp/fukadasoft/FreeLink.html
ご清聴ありがとうございました。
ご質問等は
県土整備部
公共事業情報化Pまで。
電話:059-224-2208
メール:[email protected]
ダウンロード

PowerPoint形式