読書課題
 R. Penroseの『皇帝の新しい心』 の第1章 「コ
ンピュータは心をもちうるか」
 G. H. ミードの「自我の発生と社会的コントロー
ル」pp.58-69
人間のコミュニケーション
 コミュニケーションの当事者に「心がある」点が、
人間以外のコミュニケーションと違うと考えること
もできるが、「心」は見えない。機械にも「心」があ
るかのようにみえる。
 人間の心も「あるかのように」見える存在(仮想
的な存在)かもしれない。
 では、何が人間ならではの特徴なのか?
Genie
 0~13歳まで父親に監禁された。
 「社会化されておらず、未発達で人間らしいとこ
ろはほとんどない」
 言語などの複雑な技能の学習には「限界期」が
あり、この時期を過ぎると習得できない。
人間の人間らしさとは
 Genieの例でわかるように、人間は生まれただけ
では「人間らしく」はならない。
 生まれつき・もともと「心」を持った人
間がコミュニケーションするのではなく、
コミュニケーションすることで、「心」を
持つかのような「人間の人間らしさ」が
成立する。
人間のコミュニケーション
 コミュニケーションを学習する・実行する機会がな
かったら、人間は人間になれない。
 したがって、人間にかんしては、コミュニケーショ
ンはたんなる情報の伝達ではない。
 人間にとってコミュニケーションは「個人」や「社
会」を作り出す創造的な過程である。
幼児の初期発達
 生まれたばかりの段階では視覚は未発達。30
センチ以上さきはあまりよく見えない
 無地のものより模様があるものや人の顔のよう
な絵を頻繁にみるようになる。
 笑う?…微妙。生後1ヶ月くらいから。
 でもまだ自分の体の感覚などはない。
笑うこと
 微笑みは学習されるものではない。 もって生ま
れた反応と考えられている。
 盲目で生まれた子どもたち…他の人が微笑むの
を見てまねる機会はないが、目の見える子どもと
同じ年齢で微笑み始める。
 しかし、どのようなとき、どのような場面に微笑む
ことが適当かは学習しないといけない。
e.g. アメリカの挨拶
幼児と介護者
 生後3ヶ月で主たる介護者を区別することができ
るようになる。
 介護者にたいする愛着が確立するのは生後7ヶ
月。
 目の前にいなくても母親が存在することがわかる
ようになる。
愛着と喪失
 人生の初期段階の安定した情緒的関係の経験
はとても大事。言語、知能、自己の意識などにか
かわる。
 「隔離されたサル」の実験…隔離されて育つと、
他の猿と交流できない。交尾できない。人為的に
妊娠させた隔離された猿は子どもが生まれても
育てられない。
母性愛剥奪maternal deprivation
 「乳幼児には母親との安定した断絶のない愛情
関係が必要である。母性愛剥奪、つまりそのよう
な関係の欠如は、精神疾患や非行を引き起こ
す」という考え方がある。
 この考え方は、女性は子供と一緒に家にいるべ
き、ということを示唆する。
 最近の研究では否定されている。広い範囲の大
人との安定した関係が重要であるらしい。
基本的信頼から存在論的安心へ
 潜在空間…幼児と養育者を関係づけながらも引
き離す時間-空間のこと
 潜在空間の形成によって幼児は全能感から現実
原則へ移行する
 潜在空間で習慣や基本的信頼が形成される。
ふつうの生活、という感覚:存在論的
安心 ontological security
 これがないと、人間は不安におしつぶされる。
 存在論的安心は基本的信頼(basic trust)から確
立される。安心感、秩序感、規則感。安定したア
イデンティティという形で経験される。
 早期の養育者との関係から生まれる。
存在論的安心ontological security
 個人の直接の知覚環境にないものをも含むでき
ごとに対する連続性や秩序の感覚
 わからないことはとりあえず「括弧に入れて」人
間は自然に・ふつうに生きている。
 しかしこの普通という感覚は作り出されたもの
自己アイデンティティとは
 個人の特性の集合ではない
 生活史という観点から自分自身によって再帰的
に理解された自己である。
 自己の感覚、個人的特性の感覚、自分がどんな
人物であるかということの感覚
Twenty Statement Test
 私は~です。という文章を20個書く。
 内面的な特徴にかんする文章
「内気」「幸せ」「不安定」
 外面的な特徴にかんする文章
「長男」「会社員」「キリスト教徒」
アイデンティティの獲得
 第一次的アイデンティティ:ジェンダーやエスニシ
ティなど。子供時代に獲得される。
 転職や転居も、自分がどんな人間であるかという
個人の感覚に変更を引き起こす。
 アイデンティティの獲得や変更は「自己と外部の
行為者との間の交渉の過程」(コミュニケーショ
ン)で起きる。
G.H. Meadの自己の理論
 コミュニケーションをつうじて、個人は自分に対す
る対象として現れる。
 コミュニケーションがあってはじめて自己が成立
する。
 はじめから「自己」があってその間に情報伝達を
するのではない。←人間の特徴
幼児の遊び
 大人がすることをまねする
 自分で自分にはたらきかける。自分で自分に手
紙を書いたり、自分で自分を逮捕したり、自分で
自分にモノを売ったりする
 自分を「外側から」みること、他者の役割を取るこ
と(role-taking)を覚える。「他人」として自分にた
いしてあらわれる。
Play とGame
 Play ひとつの役割を果たすだけ
 Game 他人の役割も全体的にわかっていないと
自分の役割が果たせない e.g.野球。
 重要な他者significant other 親、友人、恋人
 一般化された他者generalized other
第一次集団と第二次集団
 第一次集団 primary group 家族、友人集団、
職場集団など。サイズが小さく、対面的相互行為
face-to-face interactionを特徴とする。
 第二次集団 secondary group サイズが大きく、
それぞれの成員は他のすべての成員と直接的
な相互行為をするわけではない。
内的会話internal communication
 行為者はシンボルを用いたコミュニケーションに
おいて、そのコミュニケーションが他の行為者に
及ぼす影響を想像することができる。
 行為者は自分自身と内的会話internal
communicationをおこない、他者の反応を推し
はかる。
主我Iと客我me
 子どもは、他者の目を通して自分自身をみること
で、別個の行為主体として--「客我」--としての自
分自身の理解を達成する。
 「客我」と「主我」の区別ができるようになるとき、
われわれは自己認識を達成する。
 主我…社会化されなかった面。自然な願望
客我…社会的自我
象徴的相互作用論 symbolic
interactionism
 反省的能力つまり、自分自身との内面での会話
を通じて他者の社会的役割を演じている自分を
想像することができるという能力は、社会現象と
しての自己にとって決定的である。
 SIは、社会の行為者間の象徴的コミュニケーショ
ン過程としての自己—社会関係の研究である。
役割 role
 ある個人が特定の社会的地位を占める場合、そ
の人の行動は、その人特有の性格よりは、地位
に付随する期待によって決められることが多い。
 役割とは、社会的地位に付随する、社会的に定
義された属性と期待の集合体である。
社会的地位(社会的位置)
 人々が集団や社会のなかで抱く社会的アイデン
ティティ。
 ジェンダーのように一般的なものもあるし、職業
上の地位の場合のように、特殊なものもある。
役割と制度
 役割は社会的制度の構成要素である。
 たとえば、学校という制度には、教師と生徒役割
がある。
 「教師」という社会的地位を占める人には、授業
を教える、成績をつける、など、期待される行動
がある。
ダウンロード

人間のコミュニケーション