小松市x金沢大学x地元企業による浮島プロジェクト
水と環境:浮島の可能性を探る
主催:金沢大学「知(地)の拠点整備事業」・小松市
後援:小松市教育委員会、小松精練株式会社、株式会社トーケン
東亜電機工業株式会社、こまつ水郷2020ネット
日時
平成 27 年 10 月 31 日 (土) 13:00~16:00
場所
サイエンスヒルズこまつ ひととものづくり科学館
第一部 講 演
講演1 木場潟の水環境の昔と今
金沢大学教授 長尾誠也
講演2 化学物質吸着材による水質浄化の可能性:
浮島を使った水質浄化
小松精練株式会社役員 奥谷晃宏
講演3 水辺と水中に育つ植物と水質改善
木場潟再生プロジェクトリーダー 土田 準
第二部 パネルディスカッション
講師3氏+竹村信一小松市副市長+木綿隆弘金沢大学教授
どなたでもご参加いただけます
参加費無料 事前申込制
【定員200名】
サイエンスヒルズこまつHPにて受け付け中
科学館には無料駐車場
はございません。科学館
周辺の駐車場(有料)を
お使い下さい。
小松市x金沢大学x地元企業による浮島プロジェクト
水と環境:浮島の可能性を探る
12:30~
13:00~
13:10~
受付
第一部 講演会
開会挨拶 向智里 (金沢大学理事・副学長・COC 本部ニーズ・シーズ部門長)
講演1 「木場潟の水環境の昔と今」
講師 長尾誠也 (金沢大学環日本海域環境研究センター教授)
河川、湖沼、内湾などの水環境における物質の動きに関する研究を
重ねている。今回は、環境王国こまつの水環境の象徴・憩いの場とし
て活用されている木場潟流域の水環境の変遷を紹介します。
13:40~
休憩
13:50~
講演2 「化学物質吸着材による水質浄化の可能性:浮島を使った水質浄化」
講師
奥谷晃宏 (小松精練株式会社取締役・技術開発本部長)
工場から発生するゴミを活用した多孔セラミックス。間伐材で作った
浮島と組み合わせ、水質浄化に挑戦しています。
14:20~
講演3 「水辺と水中に育つ植物と水質改善」
講師
土田準 (木場潟再生プロジェクトリーダー)
ヨシやアサザ等の水草の浄化能力を活用し、木塲潟の水質浄化に取
り組む、木塲潟再生プロジェクトの活動について、豊富な話題と写真
を取り混ぜて紹介します。
15:00~
第二部 パネルディスカッション
モデレーター
長尾誠也金沢大学教授
パネラー
奥谷晃宏小松精練株式会社役員
土田準木場潟再生プロジェクトリーダー
竹村信一小松市副市長
木綿隆弘金沢大学理工研究域機械工学系教授
竹村、木綿両氏から数分の問題提起に続いて、木場潟と石川県及び全国
の湖沼の比較、今世紀の世界の水資源環境などに渡る広い視野に立った
討論を予定しています。
16:00~
閉会
会場後部には木場潟浮島プロジェクト、同プロジェクト参画企業、こまつ水郷2020ネットの
これまでの活動を示すパネル及び浮島の模型などを展示します。
〔お問合わせ〕サイエンスヒルズこまつ ひととものづくり科学館
TEL: 0761-22-8610 ホームページ http://science-hills-komatsu.jp/
ダウンロード

「水と環境:浮島の可能性を探る」ちらし