特集
「実践の人類学 パート II
アクションから見える調査の未来」
第56回現代人類学研究会
2008年9月27日
東京大学駒場キャンパス
特集の趣旨
「調査して民族誌を書く」ことを旨とする伝統的な
人類学のあり方から、「調査で得られた知見を問
題解決に役立てる」ことを旨とする実践的な人類
学のあり方まで、文化人類学は将来的な選択肢
を複数化しつつある。
 本特集では、この二極の間にあってフィールドへ
の応答の可能性を模索する研究者らのさまざま
な営みを「アクション」として抽出し、記述と実践
のいずれにも回収されえないフィールドワーカー
の多様なあり方を示したい。

背景的関心
「だれしも手を染めてきた」?

近年の応用/実践人類学への関心の高揚
•
•
•
•

ノラン, R. 2002=2007.『開発人類学: 基本と実践』
小泉潤二/志水宏吉編. 2007.『実践的研究のすすめ』
佐藤寛ほか. 2008.「特集・開発援助と人類学」(アジ研)
松園万亀雄ほか編. 2008.『みんぱく実践人類学シリーズ』
しかし、「だれしも昔から、多かれ少なかれ実践
に手を染めてきた」というのもまた事実である
•
•
•
•
宮本常一. 1972=2008.「調査地被害」
川喜田二郎. 1974=1997.「海外協力の哲学」
和崎洋一. 1977.『スワヒリの世界にて』
宮本常一・安渓遊地. 2008.『調査されるという迷惑』
第40回 「実践の人類学」特集
2006年7月23日
亀井伸孝
「ろう者の人類学の二つの使
命」
 佐川佳之
「学校・不登校経験の「隠蔽」
と相互行為秩序−不登校
者の支援グループ・フリー
スクールAを事例に−」
 コメンテータ: 猪瀬浩平

http://anthrop.c.u-tokyo.ac.jp/2006/0723c.html
「二つの使命」に込めた意味
「ろう者の研究」=「障害」=「問題」=「解決が必
要」=「あなたの研究は実践系なんですね!」と
いうステレオタイプへの反発
 世界各地に分布する自然言語である手話言語
の記載や、各手話言語集団の文化の記述は、い
わばふつうの言語学、文化人類学のテーマであ
りうる
 まずは、通常の言語・文化研究を振興すべきで
ある(一つ目の使命)
 しかし、それだけでよいのだろうか

手話言語研究をめぐって





「手話は言語だ」という認識が広まると…
手話を話せない研究者が、分析対象としてのみ
手話とろう者をあつかうケースが増える
学術的な行事の使用言語として、手話が尊重さ
れないことも
「手話を学術の使用言語に!」の理想と現実
手話を扱う研究者たるもの、だれしも実践に身を
投じるべきだという確信(二つ目の使命)
(to be continued…
> 「少数言語と研究者」2008年10月, 福岡)
実践の二つの入口
「『実践性』を旨とする、専門性の高い人類
学の新領域を設ける必要がある」のか
 それとも「個々の人類学者が、いわば基礎
的なリテラシーのひとつとして、だれしもあ
るていどの実践のノウハウを身に付けてお
くことが望ましい」のか

ワークショップ「多文化と幸せ」
(2004〜2008)





関西学院大COE「『人類の幸福に資する社会調査』の研
究」の一環として開催
フィールドワーカーらによる共同研究(のべ30件の報告)
【キーワード】文化の多様性、フィールド、同時代、応用人
類学/実践人類学、幸福追求
人類学、社会学、社会福祉学、言語学などの出身
同時代における幸/不幸のテーマを、領域を背負わずに
個人の調査体験の中から語る
成果刊行
『アクション別フィールドワーク入門』
武田丈/亀井伸孝編,
2008年, 世界思想社
 調査者の個人的技芸の多
様性と有用性をテーマとし
た論集
 「ふみだす」から「行き来す
る」までの8章構成
 322項目のアクション別さく
いんつき
(挨拶をする〜笑われる)

8つのアクション
ふみだす まきこまれる
創る
手伝う
分かちあう
教える
のぞむ
行き来する
今日の構成
趣旨
亀井伸孝(東京外国語大学)
 服部志帆(京都大学)
「カメルーンで森と人の共存の道をさぐる−これまで
の研究をもとに私が実践できること」
 内藤順子(日本女子大学; 学振)
「人類学的営為の未知数性:開発援助の現場で暗
中模索する」
 飯嶋秀治(九州大学)
「施設という生活世界で—人間共生システムコース
の実践」

総じて…





統一された実践のマニュアルはない
それを目的とした分野が確立されているわけでも
ない
しかし、このような個人技の集積(「研究/実践」
の両極のあいだに広がるグレーゾーンとしての
細かい個人的アクションの積み重ね)こそが、じ
つはおもしろい領域である
インフォーマルな「武勇伝」にとどめず、技芸を共
有し蓄積することに道をひらきたい
フィールドワークの特性解明、未来を探る鍵?
謝辞
ワークショップ「多文化と幸せ」開催ならびに
『アクション別フィールドワーク入門』刊行は、
関西学院大学21世紀COEプログラム
「『人類の幸福に資する社会調査』の研究:
文化的多様性を尊重する社会の構築」
(2003-2007年度)
の一環として行われました。
 現代人類学研究会企画運営の各位(中空萌様;
田中孝枝様)
 ご来場の各位

権利と引用について
(c) KAMEI Nobutaka 2008.
All rights reserved.
ピクトグラムデザイン: 亀井伸孝
スライドの一部を引用することは自由です。
引用する時は出所を明示してください。
亀井伸孝. 2008.
「特集の趣旨『実践の人類学 パート II:
アクションから見える調査の未来』」
第56回現代人類学研究会
(2008年9月27日, 東京都目黒区, 東京大学).
ダウンロード

特集の趣旨 - Laboratory of KAMEI Nobutaka