1
アジア開発銀行
Asian Development Bank
- 組織・業務と採用プログラム2009年12月
アジア開発銀行駐日代表事務所
日向 俊一
アウトライン
アジア開発銀行(ADB)の概要・組織・業務
ADBの役割・新長期戦略(Strategy 2020)
ADBの職員
ADBの日本人職員
採用について
3
国際開発金融機関(MDBs)
財務省HPより
4
アジア開発銀行の概要
 設立: 1966年12月(業務開始)
 所在地: マニラ(本部)、駐在員事務所 、代表事務所、研究所
 加盟国: 67カ国(域内国48、域外国19)
 資本金: 約1,650億ドル(約15.8兆円)※2009年4月末
 出資比率: 日本、米国各15.6%、中国6.4%、インド6.3%、
豪州5.8%、インドネシア5.4%、カナダ5.2%など
 職員数: 2,506人(専門職員874人、一般職員1,627人)
57カ国
※2008年末現在
5
アジア開発銀行域内加盟国(48ヶ国)
アゼルバイジャン
カザフスタン
ウズベキスタン
アルメニア
モンゴル
キルギス
グルジア
先進国又は卒業国
韓国
タジキスタン
トルクメニスタン
ネパール
アフガニスタン
パキスタン
バングラデシュ
スリランカ
ブータン
インド
中国
ミャンマー
タイ
カンボジア
日本
香港
ラオス
台湾
ベトナム
ブルネイ
パラオ
マレーシア
モルディブ
マーシャル諸島
フィリピン
ミクロネシア
ナウル
パプアニューギニア
ソロモン諸島
シンガポール
インドネシア
キリバス
ツバル
東ティモール
バヌアツ
域外加盟国(19ヶ国)
オーストリア、ベルギー、カナダ、デンマーク、フィンランド、
フィジー
オーストラリア
クック諸島
フランス、ドイツ、イタリア、アイルランド、ルクセンブルク、
サモア
オランダ、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、
スイス、トルコ、英国、米国
トンガ
ニュージーランド
6
組 織 図
総務会(Board of Governors)
理事会(Board of Directors)
アジア開発銀行研究所
事務総長
副総裁(知識管理)
副総裁(業務1)
地域・持続的開発局
南アジア局
総裁
独立評価局
副総裁(業務2)
中央・西アジア局
協調融資業務部
民間部門業務局
戦略・政策局
欧州代表事務所
リスク管理ユニット
広報局
総務部
会計局
太平洋局
財務局
情報システム技術部
地域経済統合室
特別案件促進部
法務局
予算・人事・経営システム局
東南アジア局
監査部
副総裁(財務・管理)
官房
東アジア局
経済調査局
監察審査部
駐日代表事務所
北米代表事務所
中央業務サービス部
7
支援業務の財源・規模
 貸付・グラントおよび技術協力(TA)の財源
–
–
–
–
通常資本財源(OCR):市場調達・準商業的条件
アジア開発基金(ADF):拠出金・譲許性の高い条件
グラント用基金(JFPR等):拠出金・無償
技術協力用基金(TASF、JSF等):拠出金・無償(融資)
 貸付・グラントおよびTA業務の推移(単位:百万ドル)
19662008
2005
2006
2007
2008
OCR
107,176
4,398
5,992
8,073
8,705
ADF
36,352
1,362
1,272
1,893
1,790
4,085
1,152
534
673
811
3,546
197
240
253
275
グラント
TA
8
支援国
 上位支援国(2008年承認ベース)
国名
融資
(ソブリン)
融資
(非ソブリン)
(単位:百万ドル)
TA
無償
合計
インド
1,808.3
1,068.6
27.4
-
2,904.3
中国
1,526.0
224.1
19.5
5.7
1,775.2
パキスタン
1,171.0
-
7.9
-
1,178.9
インドネシア
1,010.0
75.0
13.0
-
1,098.0
フィリピン
620.0
320.0
9.4
1.0
950.4
ベトナム
764.7
25.0
26.9
5.2
821.8
バングラデシュ
592.0
-
4.5
18.5
615.0
カザフスタン
340.0
-
0.3
-
340.3
-
60.0
3.0
266.0
329.0
215.4
-
1.2
-
216.6
-
-
116.8
-
116.8
666.7
7.5
44.8
515.0
1,234.0
8,714.0
1,780.2
274.5
811.4
11,580.1
アフガニスタン
アゼルバイジャン
地域
その他のDMC
合計
9
支援セクター
 セクター別支援状況(承認ベース)
セクター
2007
(貸付)
2007
(グラント)
(単位:百万ドル)
2008
(貸付)
2008
(グラント)
農業・天然資源
146.3
22.8
443.2
85.1
教育
145.0
61.0
130.0
27.8
エネルギー
1,403.7
25.4
2,462.5
259.9
金融
1,063.0
2.0
117.8
1.0
保健・栄養・社会保障
50.0
31.0
210.6
15.7
工業・貿易
50.0
17.0
167.5
10.0
司法・公共政策
1,179.5
16.5
1,945.0
122.4
運輸・通信
3,925.8
319.9
2,734.1
169.1
408.2
7.5
401.6
59.9
マルチセクター
1,594.1
169.7
1,882.0
60.5
合 計
9,965.6
672.7
10,494.3
811.4
給水・衛生・廃棄物処理
10
国際機関としてのADBの役割
ベスト・プラクティスの提供
開発資金の提供
Knowledge Bank(調査)
触媒的役割(民間セクター投融資促進)
Honest Broker(地域協力・統合)
政策対話 (アドバイス)
11
地域開発銀行としてのADBの特色
アジア・太平洋地域に特化
- 資本・職員の6割以上
- 本部はフィリピンのマニラ
- 支援対象は域内開発途上加盟国のみ
小加盟国への特別の配慮
地域協力及び地域統合の促進
12
アジア太平洋地域 – 成長と貧困
•急速な経済成
長を続けるアジ
ア太平洋地域
には、1日2ドル
未満の生活を
余儀なくされて
いる世界の貧
困層の65%に
あたる、17億人
が暮らしている。
13
アジア開発銀行の新長期戦略
「ストラテジー2020」2008年5月公表
1.
2.
3.
4.
5.
「貧困のないアジア・太平洋地域」のビジョンの下、3つの中心戦略を選択
-
全てのアジアの人々に成長の恩恵が行き渡る政策
環境に調和した持続可能な経済成長
地域協力・統合の促進
業務効果を高める取組み(5つの横断的分野)
-
民間セクター開発
グッド・ガバナンス、能力開発
ジェンダー平等
ナレッジ・プロダクトとサービス
パートナーシップの強化
2012年までに貸付業務の8割を5つの優先分野に集中
インフラ開発
環境対策
金融セクター開発
地域協力・統合
教育拡充
2020年までに貸付業務の5割を民間部門の支援に充てる
2020年までに年間活動の3割を地域協力・地域統合とする
詳しくは下記をご参照ください
http://www.adb.org/Documents/Policies/Strategy2020/Strategy2020-print.pdf
14
専門職員の構成
年
1995
2000
2005
2009
専門職員の総数
656
728
883
881
内女性職員の比率
12%
25.30%
29.30%
28.60%
1000
900
800
700
600
500
Women
400
Men
300
200
100
0
1995
*経営陣(総裁、副総裁)を除く
2000
2005
2009
15
専門職員の最終学歴
学歴による構成
経営修士号(MBA)
修士号
博士号
学士号
138
349
270
124
16
入行の動機(職業的な理由)
開発の業務、国際機関における職務に対す
る関心
アジア・大洋州地域に対する関心
開発途上国であるフィリピンでの生活から、
開発途上国の直面している課題、可能性等
を、直接的に、また、日常的に体験
様々な経験、バックグラウンドを有した人々と
共に働くことに対する喜び
17
入行の動機(その他)
他の国際機関と比較して、勤務地が出身国
に近接している(域内出身者)。
家事補助のサービス等が経済的に入手し易
く、仕事とプライベートの両立がはかりやすい。
通勤時間が短くてすむこと。
帰国休暇等の福利厚生面の充実
18
ADBにおける日本人職員
日本人の専門職員は126人
ADB全体の専門職員に占める比率は14%
Total PS
Staff
Male
*経営陣(総裁、副総裁)を除く
19
日本人の専門職員
•126人
入行時の年齢
25-28
29 - 32
33 - 36
37-41
42-46
47歳以上
女性
ポジション
P2-P4
P5 - P6
P7 and P8
P9 to P10
女性
15
10
3
男性
48
33
9
8
婚姻の状況
独身
結婚
女性
17
11
男性
2
96
10
13
5
男性
4
14
24
27
18
11
勤続年数
女性
男性
平均勤続年数
7年
7.05年
最短勤続年数
最長勤続年数
0.59年
16年
0.17年
26.95年
業務内容の種別
財務・内部管理
地域局 (オペレーション)
総裁室、知識管理
特別休暇中の職員
女性
3
12
12
1
20
男性
14
57
24
3
日本人の専門職員
126人
業務内容
組織運営
予算、企画、人事
コミュニケーション
経済
社会開発
金融、投資
インフラ、エネルギー
プロジェクト管理
ヤング・プロフェッショナル
環境
教育
業務効率化
運輸
都市開発
水資源
法務、監査
地域協力・統合
評価
女性
3
4
1
4
7
2
3
2
1
1
男性
20
2
4
8
16
7
6
1
5
3
2
9
5
5
2
1
2
21
採用について
職員形態:専門職員
一般職員(事務担当官、事務職員)
採用形態:空ポストを公募(定期的採用なし)
http://www.adb.org/Employment/default.asp
大半が中途採用者
ヤング・プロフェショナル制度
-狭き門、32歳以下、3年間の就業経験
22
求められる能力(専門性)







インフラ(運輸、エネルギー、水管理、衛生等)
環境(気候変動、インフラ関連、環境保護、天然資源等)
金融セクター(銀行業、資本市場、金融インフラ、法規制等)
教育(小学校教育、高等教育、職業訓練、公共管理、
人材育成等)
地域協力・統合
その他プロジェクト関連(経済運営、公共支出、工業・貿易、
保健、農業等)
組織運営(企画、広報、予算・支出管理、財務・リスク管理、
調達、監査、評価、法律、IT関連、人事、研修、総務管理等)
23
ADBが求める人材像
• アジア大洋州地域
の開発への熱意(
コミットメント)が強
い人
• 変化に対する適応
性、柔軟性の高い
人
• 多様なバックグラ
ウンドの人々から
構成される職場環
境への適応性が
高い人
• 課題を解決するための
方法を編み出すことの
できる創造性の高い人
• 様々な分野で専門
性、経験、ノウハ
ウを有する人
• クライアントや関係
者と良好な関係を
保ち仕事を進めるこ
とのできる人
• 異文化コミュニケーション・
スキルの高い人
24
日本における問い合わせ先:
アジア開発銀行駐日代表事務所
千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル8階
電話:03-3504-3160
Email:[email protected]
ホームページ:http://www.adb.org/JRO/
25
ダウンロード

資料6