「アジアの歴史」第2回
木戸孝允・岩倉具視・明治天皇:
明治維新とアジア近代
化の発端
中華帝国の危機と日本への衝撃
齋藤竹堂『阿片始末』
坂原雄也『阿片乱記』
横山巻『乍浦詩鈔』
伊藤錦巣『表忠詩鈔』 『乍川記事詩』
松浦子重『陳元成劉国標表崇義集』など
広瀬旭荘『九桂草堂随筆』
佐藤信淵『海防余論』
杉田成卿『地学正宗』
中国で冷遇されたが日本で大好評だった『海国図志』
原著者は魏源。アジア最初の世界大百科全書
主旨は「師夷之長技以制夷」(外国の特技を学んで
外国を制す)
中国で早くも絶版
日本では佐久間象山・吉田松陰・西郷隆盛ら
の愛読書
ペリーの来航と日本の「開国」
嘉永6年6月(1853年7月)
修好通商を要求
幕府の回答と日米和親条約の調
印(1854年3月)
あっさり開国した背景
1)幕府の弱体化
2)中華帝国の危機からの影響
「明治維新」とは
江戸幕府による幕藩体制から、明治政府
による天皇親政体制の転換と、それに伴う
一連の改革をいう。英文名称は"Meiji
Restoration"または"Meiji Revolution"。その範
囲は、中央官制・法制・宮廷・身分制・地方
行政・金融・流通・産業・経済・教育・外交・
宗教政策など多岐に及ぶ。
改革の方針
徳川幕府による大政奉還を受け、王政復古
によって発足した明治新政府の方針は、天
皇親政(旧来の幕府・摂関などの廃止)を基
本とし、諸外国(主に欧米列強国を指す)に
追いつくための改革を模索することであった。
その方針は、翌1868年の五箇条の御誓文で
具体的に明文化されることになる。合議体制、
官民一体での国家形成、旧習の打破、世界
列国と伍する実力の涵養などである。
改革の内容(その一)
中央行政:政体書官制の確立、帝
国議会の開設、大日本帝国憲法の
発布→立憲君主制・議会制民主主
義国家
地方行政:版籍奉還、廃藩置県、
琉球処分→府県制度の樹立
改革の内容(その二)
諸制度の改革:旧武士階級を士族、それ
以外を平民とし、「四民平等」を歌う。
文明開化:学制改革、地租改正、徴兵令、
太陽暦の採用、司法制度の整備、断髪令
など。
経済分野:富国強兵・殖産興業の方針、資
本主義的金融制度、流通制度などの導入
明治政府の外交政策
不平等条約の改正
日清修好条約の締
結(1871年)
征韓論の勃興(1873
年)
台湾出兵(1874年)
江華島事件(1876年)
明治維新の光と影
アジア諸国近代化の模範
近代的科学(合理)精神を受け入れる
素地・教養
やがて、帝国主義的な領土・権益獲
得のプレイヤーとなり、抑圧された国
から抑圧国へ
ダウンロード

第2回授業資料(簡易版)