建築構法 第6回(15.05.25)
・課題の説明
・木造軸組住宅の床と屋根
・住宅の断熱と設備
1
建築構法 課題の説明
 身近な木造2階建住宅の調査
 提出期限:7月20日(月) 授業日
 提出方法:印刷したものを授業中(後)に手渡し
 返却予定:7月27日(月) 授業日
 目的
・実際に建っている「身近な木造2階建住宅」を例にして
構法を調査することで授業内容の理解を深める
・ 4分割法で耐力壁の充足率やバランスをチェックする
ことで,対象住宅の耐震性を検討する
2
(1)建物概要と全体写真
 木造住宅の種類
(例)在来軸組構法
 竣工年
(例)平成9年1月
 建築面積
(例) 70.20㎡
 延べ床面積
(例) 116.35㎡
全体写真
3
建物の重要事項説明書
① 外部仕上表
② 内部仕上表
③ 主要設備
④ 基本仕様
4
建物の外部仕上表
5
建物の内部仕上表
6
建物の主要設備
7
建物の基本仕様
8
(2)各階平面図(必須)
9
(3)柱と耐力壁
 通し柱の種類と断面
(例) ヒノキ
120×120
和室は真壁で,見え掛かりは上小節
 管柱の種類と断面
(例) 米ツガ 105×105(隅柱は通し柱と同じ)
 耐力壁の種類
(例) 45×90 たすき掛け,片側
10
(4)矩形図(省略可)
11
(5)基礎伏図(省略可)
 基礎の種類
(例)べた基礎
厚さ:200mm
鉄筋 D10
@200 ダブル
 床束の間隔(材料)
(例) @910
鋼性束
12
(6)土台と1階床根太
 土台の樹種と断面
(例) ヒノキ,
105×105
 1階床根太の断面
と間隔
(例) 45×60
間隔 @330
13
(7)2階梁伏図と小屋伏図(省略可)
14
(8)2階の大梁と床根太
 2階床根太の断面と間隔
(例) 45×60 @910
 2階大梁の最大スパン
とその断面
(例) 3640mm
105×360
15
(9)小屋梁と母屋・垂木
 小屋組の大梁の
最大スパンとその断面
(例) 3185mm
105×210
 母屋の断面と間隔
(例) 90×90 @910
 垂木の断面と間隔
(例) 45×45 @455
16
(10)屋根
 屋根の種類
(例)切妻
 屋根の材料
(例) 平板瓦
下地は耐水合板+アスファルト
4
 屋根の勾配
(例) 4寸勾配
10
17
(11) 2階東西方向の耐力壁の検討
N
南側:
▽91cm×1
▼91cm×1
中央:
▽91cm×4
北側:
▽91cm×3
18
(15) 4分割法による耐力壁の検討
▽45×90(2倍)
方向
▼45×90たすき(4倍)
領域
個数
壁長(cm) 有効壁量
個数
壁長(cm) 有効壁量
存在壁量
(cm)
床面積
(㎡)
北側
3
273
546
0
0
0
546
13.04
中央
4
364
728
0
0
0
728
28.15
南側
1
91
182
1
91
364
546
合計
8
728
1456
1
91
364
西側
2
182
364
0
0
中央
2
182
364
0
東側
3
273
546
合計
7
637
北側
4
中央
必要壁量 必要壁量
の係数
(cm)
壁量
充足率
判定
>1
21
273.8
1.99
OK
13.42
21
281.8
1.94
OK
1820
54.61
21
1146.8
1.59
OK
0
364
15.47
21
324.9
1.12
OK
0
0
364
30.10
0
0
0
546
9.04
21
189.8
2.88
OK
1274
0
0
0
1274
54.61
21
1146.8
1.11
OK
409
818
0
0
0
818
18.20
33
600.6
1.36
OK
3
273
546
3
363
1452
1998
33.78
南側
0
0
0
2
226
904
904
15.93
33
525.7
1.72
OK
合計
7
682
1364
5
589
2356
3720
67.91
33
2241.0
1.66
OK
西側
6
546
1092
0
0
0
1092
18.22
33
601.3
1.82
OK
中央
3
273
546
0
0
0
546
36.44
東側
6
546
1092
0
0
0
1092
13.25
33
437.3
2.50
OK
合計
15
1365
2730
0
0
0
2730
67.91
33
2241.0
1.22
OK
壁率比
小/大
判定
>0.5
東西
0.97
南北
0.39
東西
0.79
南北
0.73
19
(12) 2階南北方向の耐力壁の検討
N
西側:
▽91cm×2
中央:
▽91cm×2
東側:
▽91cm×3
20
(15) 4分割法による耐力壁の検討
▽45×90(2倍)
方向
▼45×90たすき(4倍)
領域
個数
壁長(cm) 有効壁量
個数
壁長(cm) 有効壁量
存在壁量
(cm)
床面積
(㎡)
北側
3
273
546
0
0
0
546
13.04
中央
4
364
728
0
0
0
728
28.15
南側
1
91
182
1
91
364
546
合計
8
728
1456
1
91
364
西側
2
182
364
0
0
中央
2
182
364
0
東側
3
273
546
合計
7
637
北側
4
中央
必要壁量 必要壁量
の係数
(cm)
壁量
充足率
判定
>1
21
273.8
1.99
OK
13.42
21
281.8
1.94
OK
1820
54.61
21
1146.8
1.59
OK
0
364
15.47
21
324.9
1.12
OK
0
0
364
30.10
0
0
0
546
9.04
21
189.8
2.88
OK
1274
0
0
0
1274
54.61
21
1146.8
1.11
OK
409
818
0
0
0
818
18.20
33
600.6
1.36
OK
3
273
546
3
363
1452
1998
33.78
南側
0
0
0
2
226
904
904
15.93
33
525.7
1.72
OK
合計
7
682
1364
5
589
2356
3720
67.91
33
2241.0
1.66
OK
西側
6
546
1092
0
0
0
1092
18.22
33
601.3
1.82
OK
中央
3
273
546
0
0
0
546
36.44
東側
6
546
1092
0
0
0
1092
13.25
33
437.3
2.50
OK
合計
15
1365
2730
0
0
0
2730
67.91
33
2241.0
1.22
OK
壁率比
小/大
判定
>0.5
東西
0.97
南北
0.39
東西
0.79
南北
0.73
21
(13) 1階東西方向の耐力壁の検討
南側:
▼91cm×2
中央:
▽91cm×3
▼91cm×1
▼136cm×2
N
北側:
▽91cm×3
▽136cm×1
合計
409cm
22
(15) 4分割法による耐力壁の検討
▽45×90(2倍)
方向
▼45×90たすき(4倍)
領域
個数
壁長(cm) 有効壁量
個数
壁長(cm) 有効壁量
存在壁量
(cm)
床面積
(㎡)
北側
3
273
546
0
0
0
546
13.04
中央
4
364
728
0
0
0
728
28.15
南側
1
91
182
1
91
364
546
合計
8
728
1456
1
91
364
西側
2
182
364
0
0
中央
2
182
364
0
東側
3
273
546
合計
7
637
北側
4
中央
必要壁量 必要壁量
の係数
(cm)
壁量
充足率
判定
>1
21
273.8
1.99
OK
13.42
21
281.8
1.94
OK
1820
54.61
21
1146.8
1.59
OK
0
364
15.47
21
324.9
1.12
OK
0
0
364
30.10
0
0
0
546
9.04
21
189.8
2.88
OK
1274
0
0
0
1274
54.61
21
1146.8
1.11
OK
409
818
0
0
0
818
18.20
33
600.6
1.36
OK
3
273
546
3
363
1452
1998
33.78
南側
0
0
0
2
226
904
904
15.93
33
525.7
1.72
OK
合計
7
682
1364
5
589
2356
3720
67.91
33
2241.0
1.66
OK
西側
6
546
1092
0
0
0
1092
18.22
33
601.3
1.82
OK
中央
3
273
546
0
0
0
546
36.44
東側
6
546
1092
0
0
0
1092
13.25
33
437.3
2.50
OK
合計
15
1365
2730
0
0
0
2730
67.91
33
2241.0
1.22
OK
壁率比
小/大
判定
>0.5
東西
0.97
南北
0.39
東西
0.79
南北
0.73
23
(14) 1階南北方向の耐力壁の検討
西側:
▽91cm×6
中央:
▽91cm×3
東側:
▽91cm×6
24
(15) 4分割法による耐力壁の検討
▽45×90(2倍)
方向
▼45×90たすき(4倍)
領域
個数
壁長(cm) 有効壁量
個数
壁長(cm) 有効壁量
存在壁量
(cm)
床面積
(㎡)
北側
3
273
546
0
0
0
546
13.04
中央
4
364
728
0
0
0
728
28.15
南側
1
91
182
1
91
364
546
合計
8
728
1456
1
91
364
西側
2
182
364
0
0
中央
2
182
364
0
東側
3
273
546
合計
7
637
北側
4
中央
必要壁量 必要壁量
の係数
(cm)
壁量
充足率
判定
>1
21
273.8
1.99
OK
13.42
21
281.8
1.94
OK
1820
54.61
21
1146.8
1.59
OK
0
364
15.47
21
324.9
1.12
OK
0
0
364
30.10
0
0
0
546
9.04
21
189.8
2.88
OK
1274
0
0
0
1274
54.61
21
1146.8
1.11
OK
409
818
0
0
0
818
18.20
33
600.6
1.36
OK
3
273
546
3
363
1452
1998
33.78
南側
0
0
0
2
226
904
904
15.93
33
525.7
1.72
OK
合計
7
682
1364
5
589
2356
3720
67.91
33
2241.0
1.66
OK
西側
6
546
1092
0
0
0
1092
18.22
33
601.3
1.82
OK
中央
3
273
546
0
0
0
546
36.44
東側
6
546
1092
0
0
0
1092
13.25
33
437.3
2.50
OK
合計
15
1365
2730
0
0
0
2730
67.91
33
2241.0
1.22
OK
壁率比
小/大
判定
>0.5
東西
0.97
南北
0.39
東西
0.79
南北
0.73
25
ダウンロード

タイトル6と課題説明