大学における労働安全衛生マネジメン
トシステム(OSHMS)の一例:
医学部におけるホルムアルデヒド対策
大和 浩1)、永渕祥大1)、西賢一郎1)、角谷 力1)
江口将史1)、瀧上知恵子1)、太田雅規1)、茅島康太郎2)
亀田高志2)、森晃爾2)、明星敏彦1)、田中勇武1)
産業医科大学
1)産業生態科学研究所、2)産業医実務研修センター
産業医大の労働安全衛生活動
 1995年〜:職場巡視(1回/月)
 2004年:OHSMSを導入
作業環境測定にて
第3管理区分
職場巡視
ホルムアルデヒドの曝露を指摘
作業環境測定にて
第1管理区分
効果確認
作業環境改善
産業医大の安全衛生活動
中央安全衛生委員会(年2回)
大学病院
安全衛生委員会
(毎月)
大学等
安全衛生委員会
(毎月)
委員長:森副学長
産業医:亀田高志
衛生管理者:大和
事務局本部等
安全衛生委員会
(毎月)
2007年4月
第146回委員会
●職場巡視:毎月3研究室、約50の研究室を3年で1巡
●作業環境測定(有機則、電離則、事務所則)
呈示
巡視→指摘→測定→優先順位決定→改善→評価
●安全衛生委員会(毎月):労災事故の原因分析・予防
過重労働対策
復職面談
産医大におけるOHSMS:
作業環境管理上の問題点と対策の状況
2004~5年
 有機溶剤:ホルムアルデヒド
 解剖学実習室
 解剖学処置室
 病理学研究室
 病理学所見検討室
 法医学解剖室
 解剖学保管庫

第3管理区分
第3管理区分
第3管理区分
第3管理区分
第3管理区分
第3管理区分
2007年
第1
第1
第1
第1→呈示
第1
保護具
その他
 建物周囲の鳩対策
検討中
病理学所見検討室:対策前の状況

作業環境測定:ホルムアルデヒド第3管理区分
保管庫の
天井排気
12m3/分
検討室の
天井排気
17m3/分
廊
下
廊下から見えないように
ドアを閉めて作業を行う
→メイクアップ・エアなし
(新鮮空気の供給がないと排気されない)
病理学所見検討室、第3管理区分
B測定:3300 ppb
保管庫
900 ppb
ホルマリン
の調整
5.0m
740 ppb
2600 ppb
臓器の水洗
650 ppb
1500 ppb
5.4m
廊下
病理学所見検討室:改善の内容
 天井排気(全体換気)を水洗作業と作業台用
の局所排気として利用
天井排気:17m3/分
→
流し :3.4m3/分
作業台:3.8m3/分
メイクアップ・エアを利用したプッシュプル
廊下から入った空気は部屋の中央
を通り、奥の保管庫へ流れ込む
保管庫入口にスクリーン
で漏斗型の吸引口を作り
効率アップ
ワンタッチで設置可能
0.5m/s
廊下側の出入口に目隠
しとなり、かつ、メイ
クアップ・エアが確保
可能なカーテンを設置
メイクアップ・エアを
利用したプッシュプル
床上作業は、保管庫入口に限定
風速: 0.5~0.6 m/s
B測定:3300 ppb
→ 25 ppb以下
保管庫
900→25 ppb
740→ <25 ppb
5.0m
2600→ <25 ppb
1500→26 ppb
第3管理区分から
第1管理区分に改善
廊下
5.4m
650→29 ppb
結語:研究組織(医学部)におい
てもOSHMS活動は有用であった
システム文書がダウンロード
ダウンロード

他人の煙は迷惑 - 産業医科大学