[日本知財学会2007大会発表用]
サービス・イノベーションの
ための知的財産権の在り方
に関する考察と提案
2007年7月1日
幡鎌 博
文教大学 情報学部
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
発表の構成
1. 自己紹介
2. サービスサイエンスとサービスイノベーションの研究動向
3. ビジネス方法特許の動向
4. サービスの知的財産の必要性
5. サービスイノベーションを促進する知的財産権とは?
6. 元祖権の提案
7. おわりに
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
1.自己紹介
著書=「eビジネスの教科書」など。
自分のWebサイトに、次のような情報を公開中。ブログも。
http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/~hatakama/
または、幡鎌 博
と検索してください。
「eビジネス/eコマースの動向と技術」(リンク+簡単な解説)
・事業動向と技術面の工夫(特にビジネス方法特許)を継続的
に調査。 ビジネス方法特許と実際の事業とを対応付け。
「戦略的情報システムの事例集」(Excel形式をHTML化)
・雑誌やベンダーの事例紹介から、各企業の戦略とIT活用とが
深く結びついた最新事例を継続的に調査。 (300以上)
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
2. サービスサイエンスとサービス
イノベーションの研究動向
サービスサイエンス・サービスイノベーション関連の動き
IBM --- 産官学一体となったサービスイノベーション推進へ。
研究者 --- OR学会誌と一橋ビジネスレビューに特集 (昨年)。
「サービス・イノベーション研究会」の報告書
経済産業省の委託調査事業
「サービス・サイエンス」
サービスイノベーションを主なテーマとした書籍。
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
3. ビジネス方法特許の状況
特許庁「ビジネス関連発明の最近の動向について」
(2006年9月版) によると、
・2000年をピークに出願数が減り続けている。
・特許査定率は8%。
サービス業の企業からの出願
・金融や広告は多いが、他の業界は少ない。
ネットベンチャーからの出願が少ない。
・しらけている?
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
ビジネス関連発明の出願数の推移
特許庁の資料より
ネット広告のイノベーション = 新市場型 (破壊型)
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
4. サービスの知的財産の必要性
アートコーポレーションの逸話
千代乃はアート独自のサービスに特許権を与えるか、商標登録が
できないものかと特許庁を訪れて相談を持ちかけた。
「当社が考えて始めたサービスなのに、他社が黙ってうちと同じ
サービスをするようになったのです。私どものサービスに特許権
を与えてもらえないですか」と、真剣に相談をもちかけた。しかし、
知的財産権の概念が確立していなかった当時のこと。
「サービスのような無形のものに特許権を与えることはできません
よ」と言われて、千代乃は悔しさを飲み込んだ。
新たな知的財産権が望ましい?
サービスではテクノロジープッシュは有効ではない。顧客視点へ。
イノベーションのための補助金政策は非効率・不平等。
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
5.サービスイノベーションを促進する
知的財産権?
「サービス・イノベーション研究会」の報告書では、
サービスのアイデアは ~、そもそもIPの定義が難しく、
また、特許は~、サービスの場合には馴染まないとの
意見が出された。それよりは、商標やブランドのような
総合評価を保証する仕組みのほうが適切であるとい
うことで一致した。
しかし、
サービスを始めてすぐに真似られると、ブランドが確立
する前に事業に敗れてしまう危険性があるはず。
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
サービス関連の特許は
サービス産業での知的財産は課題
利用者
利用者
利用者
2007.6.17
すべてシステム/IT化
人による
接客
特許化可能
例:ディズニーのファストパス(特許
3700833)
スーパーホテルの自動チェックイン機
(特許3000437)
シ ス テ ム 部分的に特許化可能
支 /IT
裏側のシステム/ITの部分のみ
援
すべて人による接客
特許化は不可能
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
サービスの権利化の必要性
・今日、サービス/流通のイノベーションを促進する制度と
して、特許では保護できる範囲が狭く不十分。
・特許制度では、技術の面が伴わない仕組みやビジネスモ
デルは、いかに革新的であっても権利化できないため。
・しかし、サービス/流通では「独占」は望ましくないため、
特許のように独占するのではなく営業的な優位をもたら
す制度を考えるべき。
・Wikinomicsの考え方を取り入れるべき。著作権ではオー
プンソースやCreative Commonsといった新たな考え方
あり。
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
5.サービスイノベーションを促進する知的
財産権の提案
要件
・独占しない権利。
・自然法則利用(IT・システムなど)が必須でない。
元祖権(イノベーション25に提案)
・一部のみ自然法則利用(IT・システムなど)
・元祖登録されたサービスを真似した企業は、HPやカタ
ログに元祖企業の情報を表示義務。
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
6.「元祖権」の提案
権利の特徴
・サービスに関する非独占の権利。営業的な優位のみ。
・権利のみの譲渡/売買は不可。
・権利存続期間 = 6年程度 (実用新案程度でいいか?)
・先発明主義 (または先実施主義?)。
・発明者には、職務発明としての権利。
審査
・一部のみ自然法則利用(IT・システムなど)でいい。
・サービス実施が前提 (審査を受けるためには実施が条件)
・新規性だけでなく、ビジネスモデル等の進歩性も必要。
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
「元祖権」の権利内容
• 「自分が元祖」と正式に主張できる。
• 他社が真似して同じサービスを実施する場合(抵触時)
– 元祖権を持つ会社が「元祖」であることとその問合せ先/リンクを、
真似した会社のカタログやWebページ上に表示することを義務
付ける。
→ 他社が真似した場合に、必ず営業的な効果を得られる。
• 同時に商標登録している場合
– 第三者に対しても、商標表示の際に元祖の表示も義務付ける。
例えば、「○○はA社の登録商標(△△サービスでは元祖)」。
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
元祖権にふさわしいサービス例
往復宅急便 --- 利用者には、安く、手間が少なくなる。ビジネスモデル
としては、他社の市場を切り崩せるし、復路便の需要予測可。
QBハウス --- 待たせない床屋の市場を開拓。駅の近くで安い床屋。
何分待ちかが分かる仕組み。
About.com のサービス (日本ではオールアバウト) --- ガイドを教育し
て汎用的な専門サイトを構築。広告費はガイドに分配 (貢献したガ
イドに多く分配する仕組みのみ、米国で特許化)。
オークションのエスクローサービス
2007.6.17
などなど
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
7. おわりに
サービスイノベーション
サービスにもイノベーションが必要。
サービスイノベーションを促進する知的財産権とは?
広くサービスを権利化できるようにするべき。
特許でなく、独占しない権利を考えるべき。
元祖権の提案
あくまでも一例。多くの人に考えていただきたい。
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
ご静聴ありがとうございました.
2007.6.17
JASMIN春全国大会 : 幡鎌
ダウンロード

経営情報学会 2007年春発表