厚木市立病院 脳神経外科
平成24年手術実績
平成24年手術内訳
分類n
Jan
Feb
腫瘍
2
0
脳血管障害
4
2
外傷
0
脊髄・末梢
神経
Mar
Apr
May
1
1
5
4
3
2
7
1
その他
5
合計
18
June
July
Aug
Sep
Oct
Nov
Dec
0
0
1
0
3
0
0
8
3
1
3
3
2
5
4
4
40
6
1
5
2
3
3
2
2
2
31
8
13
7
3
7
6
6
5
4
9
76
4
0
0
2
8
1
3
5
1
2
31
10
15
24
14
17
13
16
20
11
17
186
11
H24年手術件数は186件
気管切開13件を加えると199件
Total
主な手術内訳
血管障害
H24(H23)
動脈瘤クリッピング(未破裂)
2
(6)
動脈瘤クリッピング(破裂)
10
(8)
動静脈奇形AVM
1
(1)
CEA
5
(4)
脳血管吻合術
5
(1)
末梢神経
胸郭出口症候群
手根管症候群
3
(5)
20 (12)
足根管症候群
0
(1)
脊髄刺激療法
7
(9)
診断的治療目的のインターベンション件数
H24
(H23)
・腰椎神経根ブロック
7
(17)
・腕神経叢ブロック
32
(33)
2
(0)
・腰椎後枝内側枝高周波熱凝固術
15
(22)
・仙腸関節ブロック
13
(5)
・仙腸関節痛に対する高周波熱凝固術
13
(11)
・脊髄ミエログラフィー
6
(16)
・梨状筋ブロック
3
(7)
・ボトックス筋肉注射(痙性斜頸)
3
(7)
・ボトックス筋肉注射(傍脊柱筋)
0
(6)
・上殿皮神経ブロック
合計
95 (126)
当科で施行している神経ブロック代表例
腕神経叢ブロック
上殿皮神経ブロック
S1神経根ブロック
梨状筋ブロック
椎間関節ブロック
仙腸関節ブロック
パーキンソン病を始めとした神経筋疾患を有する難治性腰痛に対する腰椎神経根後枝
内側枝の高周波熱凝固術代表例。68歳、女性でパーキンソニズムを呈する。難治性腰
痛で当院を受診。重度の側彎、後彎変形および圧迫骨折を伴う。
L1
L1-S1
angle
L2
L1
L1
L3
L2
L2
L3
Th12-L5
L3
L4
L4
L4
L3-S1
angle
L5
L5
S1
後彎変形
右凸側彎20°
L3-S1:25° L1-S1:-5°
L5
パーキンソン病を始めとした神経筋疾患を有する腰痛患者に対する
腰椎神経根後枝に対する高周波熱凝固術
*
L2/3
L3/4
L4/5
テスト刺激で良好な位置を確認後、 1%カルボカイン1mlで神経麻酔、
後枝内側枝の熱凝固を開始。
4mm
後枝内側枝の凝固温度は90度,90秒x3times/1facet
腰椎神経根後枝内側枝術後。腰痛の軽減で体幹が起き上がってきた。
難治性頸肩腕部痛を呈する胸郭出口症候群の左腕神経叢ブロック
MSM
Plexus
brachialis
MSM
ASM
*
1Ri
(a)
1Ri
ASM
2Ri
A.subclavia
*
(b)
左腕神経叢ブロック。(a)第一肋骨-第二肋骨交点(*)に向けて23ゲージ,23mm長の針を挿入.肋骨に当たっ
たところで造影剤(イオヘキソール注) 3mlを注入し斜角筋造影を行う。斜角筋間隙を確認後、2%
mepivacaine hydrochloride (carbocain:R) 4mlを生理食塩水11mlと混合し注入する。 (b)前、中斜角筋と腕神
経叢および鎖骨下動脈との位置関係の模式図。 1Ri; first rib, 2Ri; second rib, ASM: anterior scalene muscle,
MSM; middle scalene muscle, A subclavia; subclavian artery
難治性頸肩腕部痛を呈する右胸郭出口症候群の手術 (前・中斜角筋切断+第一肋骨切除術)
腕神経叢
前斜角筋
腕神経叢
鎖骨下動脈
腕神経叢
鎖骨下動脈
横隔神経
前・中斜角筋切断前の状態。腕神経叢および鎖
骨下動脈が斜角筋間隙で圧迫を受けている。
鎖骨下動脈
壁側胸膜
前・中斜角筋切断+第一肋骨切除後腕神経叢および鎖骨
下動脈が斜角筋間隙で圧迫が解除されている。
左胸郭出口症候群の手術 (前・中斜角筋切断+第一肋骨切除術)後の3DCT。
矢印の範囲(第一胸椎横突起基部から肋鎖間隙まで)で第一肋骨が削除されている。
術後、上肢の痛みが消失し上肢の運動域が拡がった。
ダウンロード

スライド タイトルなし