事例研究
水球のまち柏崎
事例研究
水球のまち柏崎
~まぼろしに終わった国体から受け継がれる歴史 新潟県柏崎市~
新潟県柏崎市の水球の歴史は、1964年の新潟国体水
球競技の地元開催に際して、柏崎高校に水球チームがつ
くられたことに始まる。その後、同校水球チームの活躍
によって、水球が「まちのスポーツ」として浸透し、小・
中のジュニア世代、さらには大学、社会人へと広がり、
現在、柏崎は「水球のまち」を標榜している。
とりわけ、生徒数の減少と指導者確保の問題により地
域の中学校の水泳部が廃部となったことを契機として、
小・中・高校生を地域で一貫して育成するシステムとし
てつくられた「柏崎アクアクラブ」の活動は特筆すべき
である。
1.柏崎市の概要
柏崎市は、新潟県の海岸沿いのほぼ真中に位置し、三
3.柏崎市の水球の歴史
「創世期」
階節で名高い米山をはじめ、黒姫山、八石山、西山連邦
柏崎市は、1964年開催予定の新潟国体の水球会場に
の山々に代表される自然豊かな人口約9万人のまちであ
選ばれた。しかし水球会場として内定した1960年当時、
る。また、市の一部が佐渡弥彦米山国定公園に指定され
柏崎には水球チームが無く、早急にチームを作ることと
ており、観光資源豊富である。
なった。
「地元チームがなくては市民意識が盛り上がら
アクセスは、JR 柏崎駅(最寄りの新幹線駅は長岡駅)
、
ない」との考えで、市内の中学校の水泳選手を柏崎高校
北陸自動車道柏崎 IC がある。
に集中入学させ、1962年、柏崎高校水泳部に水球チー
ムが編成された。コーチに当時、東京教育大学(現筑波
2.競技種目の説明
大学)水球部キャプテン(大学4年生)の内田力氏を招聘。
水球とは、水深2m 以上のプールに 縦(ゴールライ
内田氏は翌年から柏崎高校の体育教師として着任した。
ン間)30m 幅(サイドライン間)20m をフィールドロー
プによって区画し作られている。1チーム7人ずつの2
チームで行い、高さ0.9m×幅3mの相手ゴールにボー
ルを投げ入れて、より多く得点したチームが勝ちとなる
シンプルな競技である。体のほとんどが水中にあるため
に反則は分かりにくく、掴む、蹴るといった行為が日常
的に発生する事から「水中の格闘技」と言われる。日本
では、1932年ロサンゼルス大会でオリンピック初出場
を果たすが、1984年2度目のロサンゼルス大会を最後
にオリンピック出場から遠ざかっている。
28
2012 No.1 調査研究情報誌
事例研究
水球のまち柏崎
内田氏の指導の下、練習環境を整え集中的なチーム強
柏崎アクアクラブの特徴は次のとおりである。
化が行われた結果、チームはメキメキ力を付け、全国制
①地域で一貫した「強化システム」を構築
覇目前まできていた。
アクアクラブは、柏崎水泳連盟が中心となり、
「水泳」
「水球」の「普及→発掘→育成→強化」を地域で一貫し
「まぼろしの新潟国体とその後」
て行う「単一型地域ジュニア競技スポーツクラブ」とし
大会を目前に控えた1964年6月16日、マグニチュー
て発足。個人(小中高)
、中学校部活、高校部活など様々
ド7.5の地震が新潟県を襲った(新潟地震)
。
「夏季国体」
な所属の選手が地域で自由に練習できる環境を整備し、
はやむなく中止された。
育成・強化を図っている。
選手達の失意の中、柏崎市は市主催の全国選抜高校水
また、競泳と水球の育成を連携して実施。クラブの中
球大会を同年8月2日、柏崎市営総合プールで開催。柏
で練習段階から練習会場や指導者のシェアが可能となり、
崎高校チームは全勝優勝を成し遂げた。さらに、同年の
有効かつ効率的に練習を実施している。
日本高等学校水泳競技大会水球の部(インターハイ)で
②クラブの指導者=水泳連盟+小中高教員+地域の指導者
念願の初優勝、翌1965年開催の大分国体でも優勝する
学校の部活では、顧問の先生の異動で、活動ができな
など、柏崎高等学校の黄金時代が築かれた。その後も柏
くなるという問題が生じる。アクアクラブでは、地域の
崎高校は強豪校として活躍している。
指導者と部活動の顧問が一緒に指導に当たる。指導でき
る顧問がいなくなっても、アクアクラブで継続して練習
ができる。
③小・中学生の可能性を広げ、選択肢を確保
小・中学校で競泳をしている選手は、高校では男子は
水球しか選択肢がなく、高校で競泳をする場合は市外の
高校へ転出していたが、クラブの設立により競泳の部活
動がない地元高校に進学しても、継続して練習できる環
境が整った。
また、担当する指導者も選手を囲い込むのではなく、
選手の「競泳・水球」の選択に際しては、
「地域の宝」
として選手を育てるという観点から指導・助言している。
2004年(平成16年)のクラブ員は小学生から高校生
4.「柏崎アクアクラブ」の取り組み
まで約20名だったが、徐々に増加し近年ではコンスタ
1991年、柏崎水球の更なる普及と強化を見据えて、
ントに60から70名を維持している。
「柏崎 Jr. 水球クラブ」が活動を開始。市内中学の水泳
部を中心に参加を呼びかけ練習会を開催、大会にも出場
を果たした。
しかし、少子化によるジュニア世代の減少とそれに伴
う中学校の部活削減等により水泳人口の減少に歯止めが
かからない状況となった。そこで、ジュニア選手の確
保と一貫指導を目指し、2000年に「競泳」選手育成を
目的とした「柏崎アクアクラブ」を立ち上げた。また、
2004年に「水球」が加わり、
現在、
「小学生(男女)
」
「中
学生」
「中学女子」
「高校男子」
「高校女子」の5つのカ
テゴリーで活動している。
2012 No.1 調査研究情報誌
29
事例研究
水球のまち柏崎
(強化システム)
柏崎水泳連盟
強化目的クラブ(柏崎アクアクラブ)
水球
①既存の中・高水泳部
競泳
②水泳連盟主催水泳
③アクアパーク(公共)
教室(普及・発掘)
水泳教室
(発掘・育成)
近年、各カテゴリーの柏崎アクアクラブ出身の選手に
コンスタントに入賞している。
は、男女ともに日本代表を輩出しており、この強化シス
そして、悲願の地元開催となった2009年の「トキめ
テムの一つの結果と言えるだろう。
き新潟国体」では、選手全員が地元の高校生(アクアク
ラブ所属)で、45年ぶりの国体に市民一体となって応
5. 悲願の国体へ向けて
援した。その結果、新潟県チームで4位という成績を残
2009年新潟国体水球競技が柏崎市で開催されるのを
した。
契機に、その選手強化を目的に小学校・中学校から選手
を募集した。2006年の春季全国ジュニアオリンピック
6.「うねりはその先へ」
に小学生が初出場してからは常連チームとなっている。
1998年、 地 元 の 新 潟 産 業 大 学 で 水 球 部 が 発 足。
2007年には夏季大会(岡山)で小学生が優勝。春季
2010年から日本代表選手の青柳勧氏が監督に就任。全
大会(千葉)で中学男子が準優勝、
2009年夏季大会(京
国から選手を集め、2011年には女子チームもメンバー
都)で中学生4位、春季大会(千葉)で中学女子準優勝、
がそろい、現在30名を越える部員が、水球だけでなく
小学生4位、2010年夏季大会(広島)で中学男子3位と
地元交流や社会貢献も活発に活動している。
また、青柳勧氏を中心とした社会人チーム「ブルボン
KZ」が、地元企業である(株)ブルボンをはじめとす
る多くの企業スポンサーやサポーター会員の支援を受け
て結成され、現役日本代表や国内トップレベルの選手を
集め日本一を目指し、
さらに日本代表として
「オリンピッ
ク」に出場するためにここ柏崎で日々練習をかさねて
いる。
また、2010年からは新潟県体育協会の「地域の核と
なるスポーツ振興事業」の指定を受け、柏崎市内の小
学校をブルボン KZ、新潟産業大学の選手などが出向き、
水球の指導を行い、8月には8校12チームによる第1
30
2012 No.1 調査研究情報誌
事例研究
水球のまち柏崎
回柏崎市小学生水球交流会を開催している。
こうして今、柏崎では水球の普及から始まり、選手の
発掘・強化の柏崎アクアクラブを底辺に、全国制覇を目
指す高校・大学に水球日本一及び世界(オリンピック)
を目指すブルボン KZ の大きなピラミッドの形が形成さ
れた。全国でもまれに見る水球の全カテゴリーのチーム
を有する「水球のまち柏崎」となっている。
このレポートは、関係者へのヒアリング、資料提供等を
受け、
(公財)えひめ地域政策研究センターにおいて取
りまとめました。
2012 No.1 調査研究情報誌
31
ダウンロード

水球のまち柏崎 - えひめ地域政策研究センター