乗用トラクターの事故を防止するために
路肩に気をつけよう
転倒、転落による死亡事故の殆どがほ場や農道で
発生しており、路肩は危険がいっぱいです。
1.路肩が分るように、草刈りをしたり、目印を立て
たりします。
2.前後輪の内輪差を考えて、カーブを曲がります。
3.ほ場の出入口の傾斜方向に対し平行に進入します。
路肩が分るように、常時草刈り実施
道路走行時の左右ブレーキ連結
トラクターのブレーキは、左右別々に利くので小回
りができ便利ですが、連結操作を忘れるとほ場の出入
りや道路走行時に、片ブレーキを誤操作して転倒する
事故が多く発生しています。
下記の前には左右ブレーキを忘れずに連結しましょう。
1.圃場へ出入りする。
2.道路走行する。
3.傾斜地作業する。
4.畔を乗り越える。
5.トラック等へ積み込む。
作業機の下は危険
トラクター運転作業中に作業機から異音がする
と、慌てて機械の中や下をのぞきこみたくなりま
すが、非常に危険です。安全な状態にして点検調
整を行いましょう。
点検調整の前には、必ず以下の操作をします。
1.作業機を上げます。
2.昇降部の油圧ロックを掛けます。
3.駐車ブレーキを掛けます。
4.エンジンを切ります。
5.ブロック等を作業機の下に入れ支えにします。
《追加のヒント》
1.一部のトラクターは、エンジンを止めると自然に油圧が下がる構造になっています。注意が必要です。
2.傾斜や段差があるとトラクターが勝手に走り出すことがあり前後にも注意が必要です。
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)
〒331-8537 埼玉県さいたま市北区日進町1丁目40番地2
TEL 048-654-7000 URL http://www.naro.affrc.go.jp/brain/iam/index.html
ダウンロード

A0サイズ、版(412KB)