平成 27 年度まちづくり大学
平成 27 年 9 月 19 日(土)
大阪狭山市の歴史と魅力
大阪狭山市教育委員会
学芸員
藤井 貴之
はじめに ―歴史と地名―
地域の歴史…地域に残る文書や地名が雄弁に物語る。
・狭 山:泉北丘陵と羽曳野丘陵の低い山の間の広い谷間で、一方が小高く、遠望
のきくさわやかな土地から。
・半 田:
『日本書紀』に「埴田」とあり、それが訛ったものか?
・池 尻:「池の尻」=狭山池の下流域の意味に由来する。池築造後にできた地名。
・今 熊:金蔵寺の鎮守「今熊野」に由来する。
・茱萸木:弘長 3 年(1263)の太政官符にある「佐志久美岡(さしくみのおか)
」か
ら転じる。
→半田・池尻・茱萸木を通る高野街道を中心にみてみたい。
1、大阪狭山市内の歴史街道
市内を通る歴史街道
・西高野街道…堺旧市街~高野山金剛峰寺。
・下高野街道…四天王寺~高野山金剛峰寺。
・中高野街道…四天王寺~平野大念仏寺~高野山金剛峰寺。
河内長野市楠木町で西高野街道と合流。
・伊勢道………泉大津市~伊勢神宮。東野を経由し、竹内街道に合流。太子町付近では、
西行き方向の伊勢道は「大津道」とも呼ばれる。
・天野街道……今熊~天野山金剛寺。
高野街道の歴史
古代
東野廃寺(現在の蓮光寺。現在は寺格を持たない)が建立され、その復原した寺
の範囲が中高野街道に沿うようになっている。
→古代から高野街道は重要な道路として利用されていたか?
中世
高野街道周辺で城(→砦のようなもの)が築かれる
→下高野街道筋:野田城・池尻城・半田城(中高野街道筋)
史料から、狭山での合戦がみえる
「楠木合戦注文」 元弘 3 年・正慶 2 年(1333 年)
楠木正成が鎌倉幕府軍と戦い、
「池尻」地頭を追い落とす。
「高木遠盛軍忠状案」 延元 3 年・暦応元年(1338 年)
鎌倉幕府軍の最前線の池尻・半田が、延元 3 年 9 月 29 日に戦場となる。
「和田助氏軍忠状」 正平 2 年・貞和 3 年(1347 年)
和田助氏が楠木正行に従い、正平 2 年 8 月 24 日に「河州池尻」で戦う。
これら3つの城は、等間隔に配置され、ともに西除川の段丘面にある。
→密接につながっている?
池尻城…東側の谷底平野に池尻遺跡(集落跡、古墳~中世)
半田城…南側の氾濫原に東村遺跡(集落跡、縄文~近世)
→城郭・集落・街道・河川が密接にかかわっている。
近世
江戸時代になると、街道が整備され、高野参詣が流行する。
▼街道の変化
中世までの街道:国・郡の境界にあたる尾根筋を通る。
cf)天野街道(→古代の陶山の薪争いが関係する?)
近世以降の街道:宿場の整備が行われ、街道沿いに集落ができる。
西高野街道…茱萸木を通過し、尾根筋を通らず耕作地や集落を直進する。
→寛永 15 年(1638)の茱萸木新田の開発後にルートが成立。
→街道は、時代とともにルートを変え、人びとに利用され続けるもの。
▼現代の高野街道と今も残る道標(道しるべ)
里程標…近世の道標は、旧街道の一里ごとに置かれている。
→大阪狭山市内には十里と十一里の2つ。
2、狭山藩と陣屋
狭山藩とは
狭山に陣屋を置いた譜代藩。藩主は北条氏(後北条氏の
末裔)。石高は 1 万石。初代藩主氏盛の後は、氏信から氏
恭まで 12 代 280 余年にわたって治める。7 代氏彦のとき、
改革を望む中・下級藩士によって宝暦 10 年(1760)に家中
騒動が起こる。氏昉は軍用方を設けて一揆に対処し、上米
や倹約令により藩政の立て直しを図り、11 代氏燕は特産の
凍豆腐を藩営専売としたほか、藩校の簡修館を再興して、
藩士に武芸・学問を奨励したが、藩財政は好転しないまま
明治 2 年(1869)版籍を奉還、廃藩置県を待たず、堺県に
編入。
▼後北条氏…関東の戦国大名北条氏のこと。鎌倉幕府の執権北条氏と区別して後北条
氏という。
初代伊勢新九郎(北条早雲)
…伊豆国を奪取し、韮山城を拠点に戦国
大名になる。
2 代北条氏綱
…伊勢から北条へ改姓。本拠地を小田原
城(神奈川県小田原市)へ移す。
北条早雲
北条氏綱
▼小田原第5代 北条氏直(永禄 5 年〔1562〕~天正 19 年〔1591〕
)
豊臣秀吉と対立し、小田原城での籠城戦を経て、天正 18 年
(1590)降伏。氏直の妻・督姫の父である徳川家康が秀吉へ助
命嘆願。高野山高室院に謹慎。翌年、赦され、関東 9 千石、近
江 1 千石を与えられたが、同年 11 月に病没。
▼狭山藩歴代外藩祖 北条氏規(天文 14 年〔1545〕~慶長 5 年〔1600〕
)
小田原 3 代北条氏康の五男。伊豆国韮山城主。小田原落城で高野山高室院に謹慎
後、秀吉に召し出され、大坂城下に居住。
天正 19 年(1591) 河内国檗村(日置庄周辺)で所領 2000 石をもらう。
文禄 3 年(1594) 丹南郡・錦部郡で 6,980 石余(池尻村・今熊村・岩室村等)を支配。
▼狭山藩初代 北条氏盛(天正 5 年〔1577〕~慶長 13 年〔1608〕。氏規の子)
天正 17 年(1589)
従兄の氏直と養子縁組し、跡を継ぐ。
天正 18 年(1590)
小田原落城後、父氏規と親交があった徳川家康に召し出さ
れ、秀吉の死後、家康に属する。
慶長 5 年(1600)
氏規没後、遺領 6980 石余を相続。4 千石と合わせ 1 万 1 千石
を領する。
▼狭山藩2代 北条氏信(慶長 6 年〔1601〕~寛永 2 年〔1625〕
。氏盛の子)
元和元年(1615)
池尻村の池守田中家に仮住まい。
元和 2 年(1616)
池尻村で陣屋の構築を始める。狭山藩の誕生。
狭山藩陣屋
狭山藩は 1 万石の小藩→築城が許可されず、藩領に陣屋を設ける。藩主の御殿・政庁を
中核に、その周囲を武家屋敷が取り囲む。
寛永 20 年(1643) 上屋敷完成。
延宝 5 年(1677)
下屋敷を半田村の明神山で取り立てる。
天明 2 年(1782)
上屋敷で大火があり、ほぼ全焼。
▼絵図にみる空間構成
『狭山池惣絵図』
上屋敷…大手筋に家臣屋敷が建ち並ぶ。藁葺き屋根。大手門の外に枡形。
下屋敷…家数がまばら。藁葺き。
『狭山藩陣屋 上屋敷図・下屋敷図』
上屋敷図
防御…西側の崖と濠(上池・下池)
、南側の水路(東除川)
、砲台。
施設…御殿、米蔵、太鼓櫓、武道場(撃剣道場・槍術稽古場・弓術場・馬場)、藩校
(「簡修館」
)
。
下屋敷図
施設…御殿・御馬場・的場。
特徴…芝地・山(明神山)・ハタ(畑)・渕(小規模ため池)
3、大阪狭山市内の指定文化財と埋蔵文化財包蔵地
→別紙参照
おわりに ―自治体史編纂の意味―
住民……自らが住むまちのことを知りたい。
→住民として当然の欲求。
自治体…現代や未来だけでなく、過去にも責任を負うべき。
→市の歴史を調べ、住民に提供することは、自治体の責務。
私見……“歴史とは、自らの存在の証明”→“なぜ自分はここにいるのか”
→自治体史とは、その自治体の“履歴書”
☆大阪狭山市の歴史がもっとわかる参考文献・資料☆
▼『大阪狭山市史』全8巻 【価格:各巻5,000円】
大阪狭山市の歴史を、最先端の研究成果をもとに詳細に記しています。
第1巻
本文編通史
第5巻
史料編狭山池
第2巻
史料編古代中世
第7巻
石造物編
第3巻
史料編近世
第9巻
民俗編
地名編
第4巻
史料編近現代
第12巻
▼『大阪狭山市の歴史』 【価格:500円】
『大阪狭山市史』の概要版。全8巻を、わかりやすく1冊に再編集しました。
▼『おおさかさやまの歴史』 【価格:500円】
『大阪狭山市史』の子ども向け版。市内小学校の社会科の先生方にご協力をいただ
き、作成しました。市内小学校で副読本としても使われています。
▼『重源と東大寺―鎌倉時代の復興を支えた人びと―』 【価格:800円】
平成 25 年に重源狭山池改修碑の重要文化財指定を記念して開催した特別展の図録。
「重源狭山池改修碑」や「絹本著色釈迦如来及四菩薩像」等を紹介しています。
▼『狭山と北条氏―秀吉から明治維新まで―』 【価格:700円】
平成8年に開催した特別展の図録。狭山藩北条氏ゆかりの品々を紹介しています。
平成 25 年に再版しました。
▼『狭山を変えた鉄道―おおさかさやま交通ものがたり―』 【価格:700円】
平成 14 年に開催した特別展の図録。明治の高野鉄道から現代の南海高野線に至るま
での歴史を紹介しています。平成 26 年に再版しました。
▼大阪狭山市埋蔵文化財包蔵地図 【価格:300円】
大阪狭山市内の埋蔵文化財包蔵地(遺跡)を地図で表しています。
★販売場所★
・市役所3階 歴史文化グループ窓口
・市史編さん所窓口
・狭山池博物館受付
平成27年9月19日 まちづくり大学
大阪狭山市教育委員会
学芸員 藤井 貴之
西高野街道
 下高野街道
 中高野街道
 伊勢道
 天野街道

東野廃寺の寺域
池尻城跡
池尻城跡で見つかった兜金
西高野街道の十里道標
西高野街道の十一里道標
西高野街道と天野街道
の分岐道標
高倉寺への道標
(西高野街道)
小田原初代
北条早雲
小田原2代
北条氏綱
小田原第5代
北条氏直
狭山藩第12代
北条氏恭
狭山池惣絵図
(陣屋部分拡大)
狭山藩陣屋 上屋敷図
(市指定文化財候補)
狭山藩陣屋 下屋敷図
(市指定文化財候補)
西本願寺堺別院「御成門」
(旧・狭山藩陣屋大手門)
重源狭山池改修碑
(重要文化財・大阪府/本市蔵)
絹本著色釈迦如来及四菩薩像
(重要文化財・風輪寺蔵)
十一面観音菩薩立像
(市指定文化財・東池尻地区蔵)
『岩室村年代記』(中林家本)
(市指定文化財・個人蔵)
大野惣絵図 (市指定文化財・帝塚山学院大学蔵)
狭 山 池
(国指定史跡)
ダウンロード

パワーポイント(PPT)資料を使っての説明をPDFにて閲覧ください。