「統計的モデルに基づく地球科学における
逆問題解析手法」
年次研究計画
平成17年度:
遺伝統計学的手法による広帯域地震波形インバージョンにより、南極域の定常
基地周辺の地殻及び最上部マントルの速度構造を求める。
南極プレート周辺の地震の統計学的な時空間分布を導出し、広域応力場との関
連を検討する。
平成18年度:
遠地地震波形インバージョンや波形の自己相関手法により、昭和基地周辺の野
外観測点について、地殻及び上部マントルの速度構造や異方性の解析を行う。
平成19年度:
1998年3月のバレニー諸島付近の大地震域について、発生前後の地震活動の
推移を統計モデルで考察する。
平成20年度:
南極大陸上の他国の野外臨時観測点について、地震波形のインバージョンによ
り、周辺域の地殻及び最上部マントル構造を求める。
平成21年度:
北極海の周辺域についても、南極プレートと同様な地震活動度の解析を行う。ま
た北極域の国際デジタル地震観測網の定常点について、地震波形のインバー
ジョンにより、周辺部の地殻及び最上部マントル構造を求める。
「統計的モデルに基づく地球科学における
逆問題解析手法」
極域で観測された遠地地震波形データの遺伝統計学的
インバージョンによる、極域下の地球内部速度構造の推定
Flow chart of GA for RF inversion
What are receiver functions (RF) ?
Creating receiver functions
「統計的モデルに基づく地球科学における
逆問題解析手法」
極域で観測された遠地地震波形データの遺伝統計学的
インバージョンによる、極域下の地球内部速度構造の推定
DRV
VNDA
Inversed modes
MAW
SYO
PMSA
- Searched all 10,000 models:
light gray shaded area
- The best 1,000 models:
yellow to green area
-The best model:
blue line
-The averaged model:
red line
-The averaged Vp/Vs:
light blue line
「統計的モデルに基づく地球科学における
逆問題解析手法」
SKS波を用いた上部マントルにおける地震
波速度異方性について、その異方性パラ
メータ (f, dt)をインバージョンにより求める
異方性媒質中をS波が伝播すると、S波の分
化(shear wave splitting)がおこる
震源-観測点分布
●:震源、▲:観測点
「統計的モデルに基づく地球科学における
逆問題解析手法」
波形解析例:SKS波のtransverse成
分の振幅を最小にする(f, dt)を決め
る。fは1˚、dtは0.1秒間隔でグリッド
サーチにより求める。
「統計的モデルに基づく地球科学における
逆問題解析手法」
昭和基地周辺下における上部マントル異方性
異方性の時間差(dt)は、大陸地殻の平均値
(1.0s)と同程度
fについて、この地域でのプレート絶対運動の
方向(APM)とは一致せず、アセノスフェアの異
方性が混じっている可能性は低い
この地域の異方性は、リソスフェア内にあって、
5~6億年前のパンアフリカン造山運動に伴う圧
縮応力によって、形成された可能性が高い
ダウンロード

2006`†ŠÔƒŒƒrƒ… [[1].‹à”ö.‰Pˆä