接触物の役割による
可搬行動パターン
Mobile Behavioral Patterns
Based on Role of Touched Objects
立命館大学
◎近藤 明宏
島川 博光
発表内容

研究背景
TaggedWorld
 行動パターン
 目的


提案手法


ロールによるオブジェクトの抽象化
手法比較

2つの手法の比較
TaggedWorld
ユーザのふるまいに応じて
適切なサービスを提供するプロジェクト
ユーザの触れる物の種類や順序からふるまいを認識
 ユーザはRFIDリーダとポケットアシスタントを持つ
 物にはRFIDタグが貼ってありユーザが触れる物を識別可能

オブジェクト
TaggedWorld



ふるまいを検知するためには行動パターンが必要
行動パターンは各ふるまい毎に生成され
オブジェクトの組み合わせや順序関係が記されている
行動パターンは触れた物の履歴(行動ログ)から作成
accessTime,オブジェクト
accessTime,オブジェクト
accessTime,オブジェクト
.
.
行動ログ
外出の行動パターン
行動パターン
行動パターン

BayesianNetwork、順序対集合からなりたつ
順序対
BayesianNetwork
ふるまい
外出
アクション
歯磨き
携帯
かばん
ひげをそる
アクト
歯ブラシ 蛇口 歯磨き粉 電動ひげそり
かばん
靴
目的



現在、TaggedWorldは環境として自宅を想定
他の環境下でも同様に行動検知をし、
サービスを提供できることが望ましい
環境に存在するオブジェクトは異なるため
環境により行動パターンは異なるものとなる
ユーザが異なる環境下に移動したときにも
同様に行動検知を行いサービスを提供する
扇風機
行動パターン
自宅
扇風機
ホテル
エアコン
提案手法


異なる環境では存在するものが異なるため
行動パターン中のアクトは異なる
異なる環境でもアクションは同じ
ふるまい
外出
アクション
歯磨き
ひげをそる
アクト
歯ブラシ 蛇口 歯磨き粉 電動ひげそり
ロールによるオブジェクトの抽象化



オブジェクトは何をするためのものかという役割をもつ
オブジェクトがもつ役割をロールと呼ぶ
同じロールをもつオブジェクトの集合をロール実体と呼ぶ
冷房機
器
冷房機
器
エアコン
食事の道具
食事の道
フォーク
具
食事の道
具
はし
ナイフ
扇風機
ロール実体
ロール実体
ロールによるオブジェクトの抽象化



必要に応じてオブジェクトをロール実体と読み替える
ロール実体に含まれるオブジェクトに触れると
ロール実体に触れたとみなす
オブジェクトをロール実体に置き換えられた行動パターンを
可搬行動パターンと呼ぶ
扇風機
冷房機
器
行動パターン
自宅
扇風機
ホテル
エアコン
ロール実体への置き換え

手法1


全てのオブジェクトをロール実体で置き換える
手法2

異なる環境に存在しないオブジェクトのみをロール実体で置き換える
扇風機
電動ひげそり
冷房機器
ひげそり道具
電動ひげそり
ホテル
エアコン 電動
ひげそり
自宅
電動
扇風機
ひげそり
手法1
手法2
行動パターン
手法比較

手法
1
外出
手法
2

: 行動
手法1ではすべて
のオブジェクトを
ロール実体と置き
換える
手法2では異なる
環境で存在しない
オブジェクトのみを
ロール実体と置き
換える
手法比較
飲用器
コップ
手法
1
外出
手法
2
: 行動
外出
飲用器
グラス
帰宅
まとめ

TaggedWorld
ユーザのふるまいに応じて適切なサービスを適用
 行動パターンを用いて行動検知


目的


環境に依存する行動パターンを異なる環境下でも利用できるようにする
ロールによるオブジェクトの抽象化
オブジェクトがもつロールに注目しオブジェクトをロール実体と置き換える
 ロール実体に置き換えた行動パターンを可搬行動パターンと呼ぶ


手法比較
存在しないオブジェクトをロール実体に置き換える
 全てのオブジェクトをロール実体に置き換える


今後の予定

可搬行動パターンと元の行動パターンの検知率の精度さの検証
ダウンロード

ユーザが異なる環境下に移動したときにも 同様に行動検知を行い