議会報告
会
可児市議会
実際の収入、支出について「結果報告」
議会は、予算の執行結果を確認
期待した行政効果は? 財源の確保は?
⇒適正と認められれば「認定」
決算=次年度予算執行の指針
決算審査~予算編成 期間を十分に取る
予算決算委員会の意見を新年度予算編成に活かす
⇒決算審査を12月から9月定例会に
一般会計と15特別会計の総決算額
歳 入
H24年度決算額
H23年度との比較
497億5,383万円 13億6,249万円 2.8%
予算との比較
▲2億8,152万円
歳 出
H24決算額
468億7,200万円
H23年度との比較
予算との比較
9億3,096万円 2.0% ▲31億6,335万円
一般会計歳入決算額
290億6,425万円
自主財源
市が自主的に収入できる財源
依存財源
国や県の意思決定に基づき収
入できる財源
一般会計歳出決算額
272億1,466万円
民生費
子ども、高齢者等の福祉サービス
や生活保護等の経費
土木費
道路、公園、建物、河川等の各種
公共施設の建設、整備、管理
総務費
選挙、戸籍、徴税、市の財産管理
教育費
学校教育、スポーツ・文化の向上
監査委員
審査意見書
市
平成24年度
長
提出
決算書
監査委員
審査意見書
議
会
平成24年度
決算書
付託
予
算
決
算
委
員
会
議長と監査委員を除く
20人の議員で構成
予算決算委員会による決算審査
1~2回目
執行部による決算状況説明
調 査
3~5回目
分科会
6 回 目
(2週間程度)
執行部に対する質疑(約80件)
提言案についての意見
常任委員会ごとに3分科会を設置
提言案の作成
討論⇒採決⇒提言のまとめ
予算決算委員会
賛成多数で全ての決算議案を認定
審査結果報告
H26年度予算
編成に活かす
5項目
の提言
議会(本会議)
賛成多数で全ての決算議案を認定
結果報告
市 長
執行部の決算説明において
H22年度(前々年度)の決算審査において、
H24年度予算編成に活かすようとりまとめた提言
1.災害対策に関する中長期計画の策定について
2.地域経済の活性化について
3.総合的な健康増進施策の取り組みについて
4.学校施設の安全対策について
5.決算資料の見直しについて
「歩こう可児302等環境整備事業」を除き・・・
概ね提言が反映された執行結果
H24年度の予算審議において議決した付帯決議
いじめ防止第三者機関運営経費について
予算特別委員会で集約した意見
1.基金積立額の目標設定について
2.地球温暖化対策の推進について
いじめ防止第三者機関運営経費についての附帯決議
○取扱に配慮が必要な個人情報を取り扱う
⇒条例・規則を早急に整備すること
○関係機関との連携を十分調整
附帯決議に対する対応
○H24年10月「子どものいじめの防止に関する条例」
⇒各地のモデル、いじめ防止対策推進法に貢献
○いじめ防止専門委員会を設置
⇒過ごしやすく学びやすい学校生活への取り組み
基金積立額の目標設定についての意見
○公共施設整備基金
大規模施設の整備計画を策定、計画的に積立
○財政調整基金など
積立の根拠を明らかにし、目標金額を示されたい
上記意見に対する対応
○公有財産マネジメントの基本方針
⇒「公有財産経営室」を設置し、具体的に取り組む
○財政調整基金は不測の事態に対応できるよう運用
地球温暖化対策についての意見
○H20年度から事業化の地球温暖化対策事業
⇒予算計上されておらず環境施策の後退が懸念
○市民全体で取り組める地球温暖化対策の推進
上記意見に対する対応
○「清流の国ぎふ森林・環境基金事業補助金」の活用
⇒森林の保全管理及び間伐材の利用
○市民参加の「環境まちづくりを考える会」を組織
○小中学校の「屋根貸し」による太陽光発電事業
予算編成および執行について
事業の計画と積算の精度を高める
需要が高い事業
⇒当初から予算措置をする
未執行とならないよう
適正に管理する
地域防災計画の運用について
各種マニュアルを早急に策定
自主防災組織の組織化
⇒ 地域の防災力に格差が生じないよう
働きかけ
地域の防災訓練
リニア中央新幹線建設に関わる情報公開につい
て
市民生活への影響がないよう長期的な
取り組みが必要
組織・体制を整える
市民への情報提供に
努める
ファシリティマネジメントについて
安定的なサービス水準を維持するため
⇒ 現状の評価
将来の変化に対応する仕組みづくり
マネジメントの方針を示す
総合会館
本 庁 舎
図 書 館
歴史文化遺産への取り組みについて
歴史的文化遺産を可児市のシンボルとして、
観光、教育、健康、地域のまちづくり等
⇒様々な分野で活用できる
グランドデザインを策定する
牟田洞古窯跡
美濃金山城跡
ダウンロード

平成24年度可児市決算審査報告