平成15年度の成果報告
&16年度の研究計画
気候物理コアモデル改良サブグループ
地球フロンティア・渡辺真吾
15年度成果報告書より抜粋
対流圏界面低温バイアスの原因究明
放射コードの更新
低温バイアスの除去と地形性重力波抵抗パ
ラメタリゼーション
地球システム統合モデルの解像度
重力波の直接シミュレーション
対流圏界面低温バイアスの原因究明
熱帯対流圏界面の温度が低く、温度の極小
が現実よりも高高度にあった
mstrn8
観測:ERA40
対流圏界面低温バイアスの原因究明
熱帯対流圏界面付近の短波放射加熱率が
他のモデルよりも小さかった
mstrn8
UM
JMA/GSM
放射コードの更新
放射コードの更新が行われた
mstrnXに更新された結果、対流圏界面付近
の加熱率が増加した
低温バイアスの除去と地形性重力波
抵抗パラメタリゼーション
○放射コードの更新により熱帯圏界面の低温
バイアスが解消された
×高緯度下部成層圏に高温バイアス
mstrn8
mstrnX
低温バイアスの除去と地形性重力波
抵抗パラメタリゼーション
○地形性重力波抵抗パラメタリゼーションをoff
にすると高緯度下部成層圏高温バイアス減少
×高緯度で海面気圧バイアスが悪化
GWDoff
SLP bias
地球システム統合モデルの解像度
成層圏や対流圏の詳細な化学反応を含むた
め計算が重くなる
100年間位のアンサンブル実験を行う必要
がある
赤道QBOの再現が可能な鉛直解像度
プログラムの並列化の都合で、鉛直層数は8
の倍数が望ましい
↓↓↓
T42L80 に決定
重力波の直接シミュレーション
T42L80モデルには非地形性重力波抵抗パ
ラメタリゼーションの導入が必要
Hines (1997)のスキームを導入済み
重力波の全球分布の気候値が入力値(境界
条件)として必要になる
十分な観測データが存在しない
↓↓↓
高解像度シミュレーションで気候値を求める
重力波の直接シミュレーション
T106L250モデルによる実験=4年間
T213L250モデルによる実験=1年間
結果を詳細に解析した
16年度の計画
大気(海洋結合)モデルの温暖化実験に向け
たチューニングとhybrid並列化への対応
対流圏界面温度バイアスの改善と地形性重
力波抵抗パラメタリゼーションのチューニング
成層圏季節進行の改良と非地形性重力波抵
抗パラメタリゼーションの改良に向けて
– 超鉛直高解像度(T213L640)モデルによる実験
– T213L256モデルによる実験と結果解析
– Hinesパラメタリゼーションのテスト
高解像度モデルの直接シミュレーション結果とHines
パラメタリゼーション結果の比較 ⇒ 論文執筆
ダウンロード

平成15年度の成果報告 &16年度の研究計画 (watanabe_04