経済学部
国際社会プログラム
2011年度 説明会
2010年10月12日(火)
1
国際社会プログラムとは


国際社会プログラム
(International Studies
Intensive Program, ISIP)
実践的な英語力と国際感覚を養成
留学希望者・国際的な分野で就職を
希望する人・海外や英語に関心のあ
る人向き
2
プログラム7つのメリット







高度で実践的なスキルが身に付く
プログラム生だけの特別授業
選抜少人数クラス
年間48単位履修
早期卒業も可能
就職に有利
プログラム修了証
3
国際社会プログラム選抜



1学年約40人の選抜プログラム
登録志願票(教務部カウンターで配
布)と1年次の成績による選抜
原則として1年生が対象
(2年生も応募可,若干名)
4
特別プログラムへの応募


国際社会と情報分析プログラムの
両方に応募することは可能
志願票にどちらが第一志望か明記
してください
5
選考と英語試験のスコア

TOEFL, TOEIC, IELTSなど
英語試験のスコアがある場合
選考に考慮されます
6
国際社会プログラム科目
全2単位 1年次
上級国
際社会
科目
2年次
3年次
Debate I, Debate II
国際社会演習 I
4年次
Debate III, 国際社会演習II
Composition A, Composition B
Current Topics,
Exploring Media Literacy,
Special Lecture on Int’l Studies
その他
海外研修A,海外研修B
指定され 海外研修C~H
た科目
International Internship
7
国際社会プログラム必修科目

Debate I・II・III
• ネイティブ・スピーカーの先生による英語の授業
• 討論の仕方や人前でのプレゼンテーション力を
養う

国際社会演習I・II
• ISIPのホームルーム的クラス
(計10単位)
8
国際社会プログラム選択科目(1)

実務的な英語力と国際的な感覚を養う
• Composition A, B:
英文ライティングのレッスン
• Current Topics:
時事トピック等を扱う
• Exploring Media Literacy:
時事英語を学ぶ
9
国際社会プログラム選択科目 (2)
Special Lecture on International Studies
 バラエティに富んだ国際科目
 文・法学部生と共同で受講
 2010年度の国際科目の例
• 英語圏ビジネスとコミュニケーション
• ナショナリズム論
• アメリカ文化論、異文化コミュニケーション
• グローバリゼーションと文化
• Developing Multicultural Topical Ideas
• Practical English Seminar, World Englishes
10
国際社会プログラム科目 公開授業(1)
曜日時限
11/8(月)
4時限
11/8(月)
5時限
11/9(火)
2時限
科目名
Special Lecture
(Practical English
Seminar IV)
Debate II(1)
Special Lecture
(Practical English
Seminar II)
担当者(教室)
佐藤明可
(1-212)
Zavislak, R.
(8-404)
谷 牧子
(8-302)
11
国際社会プログラム科目 公開授業(2)
曜日時限
11/10(水)
3時限
科目名
Special Lecture
(Developing Multicultural
Topical Ideas II)
11/11(木) Special Lecture (異
文化コミュニケーション:
4時限
文化の壁を越えて2)
Special Lecture
11/12(金)
3時限
(アメリカ文化論2)
11/12(金)
5時限
Debate III (2)
担当者(教室)
ネツ ロン
(9-503)
河内智子
(9-405)
深谷素子
(1-305)
Zavislak, R.
(8-404) 12
国際社会プログラム科目 公開授業(3)
曜日時限
科目名
担当者(教室)
Current Topics (F)
小林めぐみ
(8-404)
Special Lecture
11/17(水)
(World Englishes 2)
4時限
小林めぐみ
(8-404)
11/17(水)
3時限
13
経済学部専任教員 2010年度科目担当

Ronald Zavislak Debate I, II, III
相原 修 International Studies Seminar I

小林 めぐみ

平尾 由紀子 Media English

Current Topics (F),
Special Lecture (World Englishes 1, 2)
注) 2011年度からは科目名が一部変わります。
14
国際社会プログラム修了要件


必修科目
その他の科目
計
10単位全部
8単位
18単位修得
登録1年終了時に修得単位が4単位未満;
プログラム科目のGPAが1.2未満;
登録2年目にISIP科目履修単位が0単位
(休学・留学の場合など除く)
国際社会プログラム登録が抹消され
ます。注意してください!
15
プログラム離脱の場合の注意!


もし国際社会プログラムを途中で辞めると
その学期の選択科目は履修中止となり、
必修科目は履修中止となりません。
国際社会プログラム科目が「F」評価と
なった後にプログラムを離脱すると、
再履修する機会はありません。
16
国際社会プログラムを修了すると


プログラム修了者には卒業式で「認定証」
が授与されます(1期生卒業は1999年3
月)
早期卒業制度を利用して、
留学や大学院進学(5年間
で修士号を取得)も可能
17
留学制度と単位認定

成蹊大学の留学制度
短期協定留学
中長期協定留学
認定留学
JSAFプログラム
18
表: 成蹊大学 協定留学校
短期協定留学先
春休み
ケンブリッジ大学(イギリス),北京大学(中国)
夏休み
エディンバラ大学(イギリス),ビクトリア大学(カナダ)
チェンマイ大学(タイ)
中・長期協定留学先
オーストラリア
グリフィス大学、モナシュ大学、マードック大学
アメリカ
アメリカン大学
カナダ
ビクトリア大学
イギリス
エディンバラ大学、マンチェスター大学
ドイツ
ボン大学、ハイデルベルク大学
フランス
リヨン第三大学
タイ,韓国
チェンマイ大学,高麗大学
19
中国
同済大学、復旦大学
短期協定留学による単位認定


ケンブリッジ大学、北京大学、チェンマイ
大学へ短期留学
 計4単位まで単位認定
エディンバラ大学、ビクトリア大学へ短期
留学
 計2単位まで単位認定
20
国際社会プログラム連絡先



電子メールで質問してください
国際社会プログラム関連のメールは
[email protected]
国際社会プログラムのホームページは
http://sun.econ.seikei.ac.jp/~isiphp/
21
参考1:特別プログラム募集日程
内容
日時
場所
備考
情報分析プロ
グラム説明会
10/5(火)
5号館101
12:20 ~ 13:00
先週終了
国際社会プロ
グラム説明会
10/12(火)
5号館101
12:20 ~ 13:00
登録志願票
配布
両プログラム
出願
10/29(金) ~
12/17(金)
教務部
カウンター
登録志願票を
教務部へ
公開授業
11/8(月) ~
11/12(金)
各教室
9科目の授業
を公開
登録許可者
発表
2011年
3/10(木)
経済学部
掲示板
両プログラム
同時発表
22
参考2:英語テストと奨学金
プログラム登録の3年次以上の学生
TOEFL受験1回まで大学側が負担
日程ほか、教務部に問い合わせる
 過去一年間にTOEFLスコアが
 PBT 520点以上の学生には1万円
 CBT 190点以上の学生には1万円
 iBT 68点以上 なら1万5000円
成蹊大学清水奨学金 受給資格
 国際教育センターに申請

23
ダウンロード

平成13年度 履修ガイダンス 2001年4月4日