新氷山モデル
~医学モデルから社会モデルへ~
自己紹介デス
京都市児童福祉センター
門 眞一郎
http://www.eonet.ne.jp/~skado/
2013/1/17作成
1
「問題行動」の捉え方(新氷山モデル)
個
体
(
発
達
の
メ
リ
ハ
リ
)
環
境
(
理
解
と
支
援
)
• 氷山全体が発達の
メリハリ(特性)
• 海面上の氷が問題
行動化したメリハリ
• 理解の不適切度お
よび支援の不適切
度を海水の塩分濃
度に譬えると…
2
死海
死海
イスラエルとヨルダンの間にあり,塩分濃度30%(普通の海は3%)3
無理解・不適切な対応の場合
癇癪・自傷
攻撃・破壊
など
言われていることが理解できない
見通しがたたない
何をすればよいのか
わからない
要求や感情を
うまく伝えられない
感覚の特異性 など
障
碍
個
性
• 理解や支援の不適
切度が高いというこ
とは,海水の塩分濃
度が高いということ。
• 塩分濃度が高くなる
と,氷山は水面上に
浮き上がる。
• 問題行動が生起,
増悪する。
塩辛い対応
たとえば
言葉だけでくどくどと
4
適切な理解と支援の場合
理解できる
見通しが立つ
何をすればよいのか
わかる
個
要求や感情を
うまく伝えられる
感覚刺激が緩和される
などなど
性
• メリハリ(特性)や状
況因を理解し,適切
な支援方法を見つ
けることが,塩分濃
度を下げる。
• 塩分濃度が下がれ
ば,氷山は沈む。
• 問題行動は軽減あ
るいは消失する。
塩辛くない対応
たとえば
具体的・肯定的・視覚的に
5
予防第一!
そのためには、
コミュニケーションの
視覚的支援が欠かせない。
6
ダウンロード

新氷山モデル