野栄中学校
創 立 50 周 年
51
昭和 年4月
野 栄 町 立 野 田 中 学 校、
栄中学校を統合。統合
当初はそれぞれの校舎
を利用し授業などを実
施
昭和 年3月∼ 年7月
校 舎 竣 工︵第 1 期 ∼ 第
3期工事︶
昭和 年8月
新校舎にて授業開始
︵旧 校 舎 は 野 田、栄 両
小学校へ移管︶
昭和 年7月∼ 年6月
プールや体育館などの
付帯施設竣工
昭和 年∼ 年
文 部 省 か ら﹁格 技 指 導
推 進 校﹂に 指 定。剣 道
の指導に注力し、千葉
県表彰および全国表彰
を受賞
平成9年、 年
千 葉 県 知 事 か ら﹁環 境
学 習 推 進 拠 点 校﹂に 指
定
平成 年、 年
文 部 省 か ら﹁環 境 の た
めの地球学習観測プロ
グラム校﹂に指定
平成 年4月
新体育館竣工
平成 年1月
市 町 合 併 に 伴 い﹁匝 瑳
市 立 野 栄 中 学 校﹂に 校
名変更
平成 年 月
新校舎竣工
50
50
ら・中小企業表彰」を受賞しました。
同会が38年間続けてきた統一ポイントカー
ド(ユートリーカード)の運営や抽選会開催
などの活動を通して地域活性化に貢献したこ
とが認められてのもの。会長の岩井清さんは、
地域経済活性化に寄与
済の活性化や発展に貢献されている中小企業
月27日、県警本部から感謝状が贈られました。
同団体は、10月16日に千葉市で開かれた
「2014地域防災ボランティア県民大会」で、
匝瑳警察署員とともに寸劇を披露。感謝状を
受け取った同団体座長の越川武子さんは、
「40年、50年と続いていくように、これから
「高齢者の被害が少しでも無くなるよう呼び
寸劇で振り込め詐欺撲滅へ
右から同団体の中川さん、菅野さん、
越川さん、川島匝瑳警察署長
報啓発を行い、安全で安心なまちづくりに貢献
41
48
八日市場サービス券会が知事表彰
27
市長に受賞を報告した同会の皆さん
︵ 月 日・市役所︶
11
シニアクラブ演劇集団に警察感謝状
や商店街、従業員をたたえる「千葉のちか
したとして、匝瑳市シニアクラブ演劇集団に11
も頑張りたい」と会の展望を語りました。
かけていきたい」と意欲を見せました。
八日市場サービス券会が11月20日、地域経
振り込め詐欺撲滅に向けて寸劇を通じた広
63
10
12
12
39
40
41
42
12
周年記念式典
誓いの言葉を述べる生徒代表の椎名さん
61
11
14
18
25
50
野栄中学校体育館で 月1
日、同校在校生および関係者
約 人が参加して創立 周年
記念式典が挙行されました。
式中、式典実行委員長の石
井康彦さんが﹁校歌を通して
先輩と結ばれ、応援されてい
ることを実感する。学校のシ
ンボルである生徒の皆さんで、
さらに発展させてくれること
を 期 待 す る﹂と あ い さ つ。続
いて来賓からの祝辞がよせら
れた後、生徒代表の椎名基貴
さ ん︵3 年・同 校 生 徒 会 長︶
が 誓 い の 言 葉 の 中 で、
﹁来 年
は新入生も入り 年目の歴史
をつくっていく。先輩への感
謝を忘れずに、さらに良い学
校 に し て ほ し い﹂と 述 べ、半
世紀の節目を祝いました。
野栄中学校が、昭和39年の野田中学校と栄中学校と
の統合による創立以来50周年を迎えました。
これに合わせ、12月1日には創立50周年を祝う式典
が挙行されました。
野栄中学校の歩み
4
広報そうさ H 27. 1. 1
Sosa Topics
東総毎日駅伝大会
匝瑳高校大木さん︵4区︶からアンカー・髙橋さん︵5区︶に
タスキが渡る︵仲町中継所︶
日頃の更生保護活動をたたえる
千葉県更生保護大会
県下の更生保護関係者約900人が一堂に会して功労者の
顕彰を行う第58回千葉県更生保護大会が11月20日、千葉県
東総文化会館で開かれました。
大会では、長年にわたって刑務所慰問などを続け、法務
省特別矯正監も務める俳優で歌手の杉良太郎さんを招いて
講演を実施。続く式典では、罪を犯した人の更正・自立を
助け、犯罪の予防に努めるなどの活動に功労があった個
人・団体への表彰などが行われ、参加者は大会を通して更
生保護活動への決意を新たにしました。
匝瑳高校女子が初優勝
ちくの話 題
市役所を発着とする1周17.8㎞のコースで12月7日、第
68回東総毎日駅伝大会が開催され、大会史上最多の105
チーム・525人が参加し健脚を競いました。
当日は、肌を刺すような冷え込みの中、10時と10時30分
の号砲とともに、一般、高校、中学校、青年、女子の各部
がスタート。各チームそれぞれがタスキに思いを込めて東
総路を駆け抜け、沿道からは温かい声援が送られていまし
た。地元勢では、匝瑳高校が女子の部で初優勝に輝きまし
た(各部門の上位3チームは11ページに掲載)。
法務大臣表彰を受賞した県内の保護司ら
下塗りから入り、色付けに進む。
右下は完成したひつじ年ヒョウタン
民芸品づくりを体験
ひょうたん絵付け教室
下富谷コミュニティセンターで11月29日、下富谷ひょう
たん民芸倶楽部によるヒョウタンへの絵付け教室が行われ
ました。今回の絵付け教室は、働くことに悩みを抱える若
者をサポートする「ちば北総地域若者サポートステーショ
ン」から支援を受けている6人が参加。同倶楽部の代表・
加瀬功一さんが講師を務め、新年の干支となる羊を描きま
させる喜びや素晴らしさを経験してもらえたら」と話し絵
した。加瀬さんは「集中して絵を描くことで、作品を完成
付け作業に熱心に取り組む参加者を見守っていました。
れました。式では、川島勝治署長が「皆さんの尽力
をもって安心・安全な町をつくっていきたい」とあ
いさつ。事件・事故が起こりやすい年末年始に向け
て、改めて気を引き締めました。終了後は、車両に
新年に向け気を引き締める
など関係団体も集まっての特別警戒出動式が開催さ
年末年始特別警戒出動式
ドライバーに交通安全を呼びかけ
匝瑳警察署で12月10日、防犯協会や交通安全協会
難読地名交流から協定締結へ
兵庫県宍粟市と災害応援協定
難読地名が縁となって平成24年度から交流を深めている
し そう
兵庫県宍粟市と本市は、災害時の相互応援協定を締結しま
した。これまでの相互訪問交流を発展させるための第一歩
として結んだもので、どちらかの市が被災した場合の食料
や水、衣料品といった
生活必需品の提供をは
じめ、応急復旧の協力
や被災者の一時受け入
れなどが内容。調印式
は11月22日に、太田匝
瑳市長、福元晶三宍粟
市長の他、両市の商工
会長が出席して、宍粟
よる街頭パトロールと併せ、警察署前でのチラシ配
布などでドライバーに交通安全を呼びかけました。
5
広報そうさ H 27. 1. 1
太田匝瑳市長と福元宍粟市長(右)
市役所で行われました。
ダウンロード

ダウンロード [925KB pdfファイル]