IMAQ Vision Builderを使用して、グリッドキャリブレーションを行う方法
IMAQ Vision Builderを使用して、グリッドキャリブレーションを行う手順を以下に示します。
グリッドキャリブレーションを行うには、PCに次の要素をインストールする必要があります。
・ NI-IMAQ
・ IMAQ Vision
・ IMAQ Vision Builder
また、次の要素を準備します。
・ 画像収録ボード
・ カメラ
・ グリッド・ディストーション図表
下記ディレクトリにサンプルのPDFがあります。
C:\Program Files\National Instruments\Vision\CalibrationGrid.pdf
グリッド・ディストーション図表を収録する。
1. IMAQ Vision Builderを開き、ツールバーの画像を収録をクリックします。
2. 単一画像を収録をクリックして図表を収録し、収録画像を画像ブラウザに格納をクリックします。
戻るをクリックします。
3. ファイル>画像の保存を実行して、任意のディレクトリにテンプレート画像として保存します。
グリッドキャリブレーションを実行する。
1. 画像>グリッドキャリブレーションを実行します。
2. ステップ1において、キャリブレーションテンプレートのロードをクリックして、
先ほど保存した画像を呼び出します。
次へをクリックします。
3. ステップ2において、しきい値の範囲を調整して、グリッドのドットの画像を背景から切り離します。
次へをクリックします。
4. ステップ3において、ドット間の距離の定義を行います。
値と単位を設定します。
次へをクリックします。
5. ステップ4において、テンプレート画像の座標を指定します。
画像上のグリッドを一点クリックして、原点座標を指定します。
次に軸の基準を指定します。
次へをクリックします。
6. ステップ5において、画像補正モードの設定を行います。
テンプレート画像のひずみ具合を選択します。
次へをクリックします。
7. ステップ6において、キャリブレーションを習得します。
キャリブレーションの習得をクリックします。
線形化された画像に変換されます。
OKをクリックすると、必要なパラメータを含む画像をキャリブレーションテンプレートとして保存できます。
キャリブレーションのスクリプトを作成する。
1. 処理したい画像ファイルを開き、画像>画像ベースのキャリブレーションを実行する。
2. 画像ファイルからキャリブレーション情報をロードをクリックして、
先ほど作成したキャリブレーションテンプレートを呼び出す。
3. OKをクリックすると、キャリブレーションのスクリプトが生成される。
※ 但し、IMAQ Vision Builder上において、この補正を目視で確認することはできません。
ダウンロード

VisionBuilderCalibrationGrid