Li系化合物の結晶育成と電気的性質の測定
- LabVIEWを用いた計測制御システムの開発 -
ソ17026
矢萩研究室
佐藤 蓉子
http://www.aomori-u.ac.jp/staff/yahagi/lab/GR_2008/satou/
はじめに
1. LabVIEWとは
2. LabVIEWの特徴
3. 本研究に関して
・ MAXとGPIB
・ 結晶育成システム
4. プログラム開発
・ ブロックダイアグラム
・ フロントパネル
・フロントパネル実行例
5. 結果・考察
LabVIEWとは
• LabVIEW(Laboratory Virtual Instrument
Engineering Workbench)
– NATIONAL INSTRUMENTS(略してNI)社によって1986年に開
発されたバーチャル計測器用のソフトウェア
• フロントパネル
– 制御器や表示器などを使用して作成したプログラムのユーザイン
ターフェース
• ブロックダイアグラム
– 定数、関数、ストラクチャ、フロントパネル上の端子などを使用して視
覚的にデータフロープログラムを記述
LabVIEWの特徴
• G言語(グラフィカルプログラミング言語)
– 図形や記号を用いて視覚的な操作でプログラムを記述
– 容易にプログラム作成が可能
– データの収録、解析、表示を実現するソフトウェア
• 計測機器をパソコン(PC)で制御する自動計測システム
– GPIB、USB、TCP/IP等の様々なインターフェースを使用
従来の言語を使用したものより理解しやすいプログラム
本研究に関して
• 目的
– 「LabVIEWを用いて視覚的に明瞭なプログラムの作成」
• 計測制御プログラムの作成
– 結晶育成の際に重要な温度と圧力のパラメータを計測し、データを集
録するシステム
– 育成した結晶の電気的性質を測定し、計測器のデータを集録するシ
ステム
• システム
– PCと計測器間はNI社のGPIB-USB-HSを用いて接続
MAXとGPIB
• Measurement & Automation Explorer (MAX)
– コンピュータに接続された計測の自動検出
– 計測器ドライバーのインストールや管理
• GPIB-USB-HS
– 最大1.8 MB/秒(標準)および 7.2 MB/秒(HS488)のIEEE 488.1
規格転送速度
– Hi-Speed USB準拠、USB 1.x Full-Speedポート対応
– 計測器の接続にGPIBケーブルが不要、プラグアンドプレイでの接続
と構成が可能
結晶育成システム
7563DTM
GPIBケーブル
7551DMM
GPIB-USB-HS
MODEL SU
PC
プログラム開発
• 作成したプログラム
– 温度と圧力のデータを1分毎に測定器からデータの読み込み
– チャートを用いたデータ表示
– 無限ループを使用
• チャート
– 受信したデータを次々にプロットしていく表示器
– 縦軸には圧力と温度、横軸に時間を設定
• 読み込んだデータ
– 時間、温度、圧力の3種類で、それぞれファイルへ保存
ブロックダイアグラム
フロントパネル
フロントパネル実行例
ベーキング(左:圧力、右:温度)
結果・考察
• データ保存
– 計測器とのデータ通信
– 計測器から読み込んだデータ自動保存
• 課題
– チャートグラフの保存は手動による画像保存
– 電気的性質の測定用プログラムの作成
ダウンロード

Li系化合物の結晶育成と電気的性質の測定