製
品
案
内
株式会社RNAi
〒113-0033
東京都文京区本郷4-1-4コスモス本郷ビル10F
e-mail
[email protected]
URL
http://rnai.co.jp
効果的な遺伝子機能解析・創薬研究を実現するRNAi社製品群
基礎研究から創薬・診断マーカー探索研究において多くの研究者を悩ませてきた課題に対して
解決策を提供いたします。
∞
∞
∞
∞
∞
∞
∞
∞
∞
∞
∞
細胞実験に10nM 以上の高濃度siRNA を用いていたが、低濃度でも使いたい
非標的遺伝子へのオフターゲット効果、副作用が気になる
適切なネガティブコントロール配列を選択したい
バリデーション済みでも、siRNAのオフターゲット効果、副作用を調査していない
non-cording RNA への影響も考慮したい
siRNA のmiRNA 様挙動を検討できていない
アレル遺伝子、疾患関連遺伝子と正常遺伝子の配列が類似していて配列設計できない
siRNA では、動物実験・創薬に不十分に思う
網羅的研究にsiRNA は高価すぎる
BLAST では短鎖配列の高精度な調査ができないと聞いた
RNAi 実験の方法が分からない
課題が山積しており、RNAi研究はこれからがチャンスです!
RNAi社では、高品質な任意のRNA合成を『siPerfect®オーダーメード』として承ります。
精製グレード
容量
価格(税抜)
価格(税込)
ご注文単位
RPCグレード
10nmol
¥ 15,000
¥ 15,750
4種以上
20nmol
¥ 22,500
¥ 23,625
250nmol
¥ 83,000
¥ 87,150
400nmol
¥160,000
¥168,000
10nmol
¥ 26,750
¥ 28,088
20nmol
¥ 36,500
¥ 38,325
80nmol
¥ 64,500
¥ 67,725
10nmol
¥ 65,000
¥ 68,250
20nmol
¥ 87,750
¥ 92,137
80nmol
¥143,000
¥150,150
HPLCグレード
in vivoグレード
1種より
ご相談下さい
注:価格は変更になる可能性があります
高機能配列選択アルゴリズムによる高活性かつオフターゲット防止を考慮したsiRNA設計
商用版siDirect®は、東京大学西郷薫教授・程久美子助教授・森下真一教授等のウェット・ドライ
研究成果1,2,3を基盤として、創薬研究に必須の機能を強化したsiRNA配列設計システムです。
効果的なsiRNAを選び出す配列選択ルールと、高速な配列処理を可能にするアルゴリズムを組
み合わせることによって、オフターゲット作用を最小限に抑えつつ、効果的なsiRNAを設計できま
す。
類似の配列を持つような、複数転写産物(トランスクリプトバリアント、アイソフォーム、種間等)から
配列の異なる部分を見つけ出すことによって、目的の配列だけを標的にする、つぶし分けを可能
にする配列設計や、標的遺伝子の二次構造、non-coding RNAに対するオフターゲット作用等を
システム上で確認することが可能です。
弊社のsiRNA配列設計法は、国内特許第3839453号で権利化されています。最大の特徴は、
siDirect®を用いて網羅的にオフターゲット効果を検証してリスクの最小化を計ることができる点で
す。弊社のsiDirect®アルゴリズムは、速度、精度、拡張性に優れています。また、遺伝子データ
ベースには、日々新しい情報が追加されており随時配列情報を変更して調査する必要がありま
す。弊社のオフターゲット検索データベースは、最新のリリースに対応することによって、常に最
新の情報に基づいた配列設計が可能です。最新の情報に基づいた配列設計をすることによって、
プレデザインのsiRNAに比べて、オフターゲット作用や遺伝子配列修正に対応することが可能
です。
1. Naito Y, Yamada T, Ui-Tei K, Morishita S, Saigo K. (2004) siDirect: highly effective, target-specific siRNA
design software for mammalian RNA interference.
Nucleic Acids Res. 32, W124-W129.
2. Yamada T and Morishita S. (2005) Accelerated off-target search algorithm for siRNA, Bioinformatics,
21(8):1316-1324.
3. Ui-Tei K, Naito Y, Saigo K. (2006) Guidelines for the selection of effective short-interfering RNA
sequences for functional genomics. Methods Mol. Biol. 361, 201-216.
安定性が高く、免疫誘導性の低いキメラ型RNAiを利用可能です
東京大学理学系研究科西郷薫教授らの研究成果4であるキメラ型RNAiは、安定性が高く免疫誘
導性の低いことが確認されており、siRNAに比べて動物実験での利用に適しています。
キメラ型RNAiはsiRNAの一部を下図のようにDNAに変えたものです。
DNA
配列設計方法は、siRNAの場合もキメラ型RNAiの場合も弊社の配列設計法を変わらず適用す
ることができます。siRNAに比べてキメラ型RNAiには以下の利点があります。
(1)高い安定性
Rnaseに対する耐性が高いため、siRNAが血清中では数時間で完全に分解されてしまうのに対
して、保護剤がない場合でも血清中で約24時間検出可能であることが確認されています。このた
め動物実験において、siRNAよりも有利であると考えられます。
(2)免疫応答誘導性が低い
dsRNAではないため、細胞に対する免疫応答の誘導性が低く、物質としての細胞毒性が低くな
ると考えられています。また、特殊な修飾を施していないため代謝産物が生体由来のものになり
ます。
(3)製造コストの低減が可能
RNA合成単価に比べてDNA合成単価は安価であるため、大量合成をする段階において合成コ
ストを大きく低減できる可能性があり、現在研究が進んでいます。
(4)複雑な特許問題をクリア
キメラ型RNAiの技術は、平成18年5月に特許成立(特許3803318号)した東京大学理学系研究
科西郷教授等の研究成果であり、近々欧米、中国、インド等で成立する見込みです。
キメラ型RNAiはsiRNAの弱点を克服したものであり、動物実験と共に実験結果が安定しない感
受性の高い細胞実験で威力を発揮しています。弊社ではin vitroの実験は従来どおりのsiRNAを
in vivoやスケールアップの実験にキメラ型RNAiをお勧めしています。キメラ型RNAiはin vivo以
降にその強みを発揮する新しいRNAiツールであるといえます。もちろんオフターゲット検索等、こ
れまでの弊社の全技術がキメラ型RNAiの設計にも生かされています。
4. Ui-Tei K, Naito Y, Zenno S, Nishi K, Yamato K, Takahashi F, Juni A, Saigo K. (2008)
Functional dissection of siRNA sequence by systematic DNA substitution: modified siRNA with a DNA seed
arm is a powerful tool for mammalian gene silencing with significantly reduced off-target effect.
Nucleic Acids Res., in press.
RNAi社のsiRNAライブラリ『siPerfect®ライブラリ』は、約9000種類の遺伝子に対して弊社にて検討
を重ねて設計したsiRNAのセットです。
1プレートに80種類のsiRNAが入っており、1プレート単位で販売しています。各プレートに収録さ
れているsiRNAの対象遺伝子等の情報は、弊社のsiPerfect®ライブラリオンラインカタログより検索
することができます。現在以下の製品ラインナップがあります。
ライブラリ名
ヒトキナーゼ No.1 ライブラリ
ヒトキナーゼ No.2 ライブラリ
ヒトイオンチャンネルライブラリ
ヒト膜トランスポーターライブラリ
ヒトトランスポーターライブラリ
ヒト転写制御因子ライブラリ
核酸結合性遺伝子ライブラリ
レセプター No.1 ライブラリ
レセプター No.2 ライブラリ
ホスファターゼライブラリ
イオン結合性遺伝子ライブラリ
siPerfectライブラリラインナップ
遺伝子数
800 遺伝子
800 遺伝子
349 遺伝子
695 遺伝子
296 遺伝子
995 遺伝子
1951 遺伝子
1425 遺伝子
480 遺伝子
599 遺伝子
1471 遺伝子
siPerfectライブラリ
注:デザインは変更になる可能性があります
(1) バリアント共通に抑制
ターゲット遺伝子はシンボル名ベースで取得しています。そのため、ターゲット遺伝子座に複数
の転写産物が含まれる場合は、転写産物間の配列共通部分からsiRNAを設計し、全ての転写産
物を同時に抑制できるように設計されています。
(2) ヒト・マウス最大限共通である
ヒトバリアントを最大限共通に抑制するsiRNAの中で、マウスホモログバリアントを最大限共通に抑
制するsiRNAを選んでいます。
プレートごとに、最高80%、平均で約60%のsiRNAはヒト・マウス共通で利用できるようになっていま
す。また、ヒト・マウスで保存されている部位を利用したため、結果的に、ラットでも共通となってい
る配列も多く含まれています。このため、ヒトだけでなくマウスでも利用することができます。
(3) オフターゲット作用の最小化が図られている
オーダーメード製品におけるsiRNA配列設計法と同等の設計法が適用されているため、オフター
ゲット作用は正確に最小化が図られています。ターゲット配列以外の既知の全ヒト遺伝子に対し
て、siRNA配列のオーバーハングを含まない中央の19merが、少なくとも3ミスマッチ以上離れて
いることを保証しています。
『siPerfectScreen』はアライアンステクノロジー社と連携して開発した、細胞を播種するだけで
siRNAのトランスフェクション操作が完了するレディーメードsiRNAのプレコートプレート製品です。
ライセンシーには1プレート31,500円(税込)にて、非ライセンシーには2プレート102,900円 (税込)
に て 提 供 し て い ま す 。 ト ラ ン ス フ ェ ク シ ョ ン が 困 難 な 細 胞 に も 高 効 率 で 導 入 可 能 で す。
siDirectライセンス
siDirect®の一部の機能はアカデミックフリー版としてご登録頂いた非営利目的の学術機関へは、
無償で開放しています。ライセンシーへ提供する機能に関しては下図をご参照ください。
siDirect
フルライセンス
基礎研究
ライセンス
ライセンシー価格でのsiRNA購入
○
○
-
○
ライセンシー価格でのキメラRNAiの購入
○
○
-
○
siRNAライブラリ(siPerfectライブラリ)購入
○
○
△
○
基礎研究向けのsiRNA/キメラ配列の利用
○
○
△
○
創薬・診断向けのsiRNA/キメラ配列の利用
○
-
-
○
効果的なsiRNA配列設計
○
○
-
○
バリアントのつぶしわけ設計
○
○
-
○
遺伝子に対するオフターゲット探索
○
○
-
○
mRNA二次構造予測を考慮した
siRNA設計
○
○
-
-
ゲノムに対するオフターゲット探索
○
-
-
-
miRNA様アライメント
○
-
-
-
無償
無償
年間ライセンス料
バイオ・医薬品の売り上げ
に応じた価格設定です
siDirectシステムスナップショット
非ライセンシー
非営利目的の
学術・研究機関
株式会社RNAi
〒113-0033
東京都文京区本郷4-1-4コスモス本郷ビル10F
e-mail
[email protected]
URL
http://rnai.co.jp
ダウンロード

効果的な遺伝子機能解析・創薬研究を実現するRNAi社製品群