超高角度分解能X線望遠鏡
Xmas Project
北本俊二, 山本則正, 高野晴子, 齋藤晴江, 大川洋平, 金井
淳一, 千葉茂人, 関口宏之, 須賀一治(立教大理),幸村孝由
(工学院大), 伊藤真之(神戸大発達), 上田佳宏(JAXA)
1.Introduction:撮像
X-masで狙う領域
X-mas
X-mas
いろいろな望遠鏡の口径、
波長と回折限界分解能
チャンドラは回折限界に達していない
いろいろな天体の距離と
見かけの角度
1.Introduction:運動
Jet
Jet
天体の運動
の速さ
(km/sec)
超新星残骸の膨張
1 mas/day
1 mas/month
星の固有運動
天体までの距離(kpc)
エネルギー範囲
直入射望遠鏡では 13.5nm=0.09 keV(EUV)
斜入射望遠鏡では ~2nm =0.6 keV(軟X線)可能か?
EUV
軟X線
メリット
大面積可能
技術はほぼ既存
観測対象の多様性
酸素の輝線
デメリット
星間吸収が大きいの
大面積は難しい
で観測対象が限られる
星(晩期、早期)、激変星、
白色わい星、高緯度活動
銀河核(QSO, BL LAC).
超新星残骸
鏡は新規開発
できることからはじめる→EUV(13.5nm)
軟X線への布石
13.5nm 直入射鏡での主たる対象
近傍の星のコロナやwind の撮像
AGNや系内のJetの根元;加速機構
SNRやJetの運動;粒子加速機構
高緯度のAGN
降着円盤
 降着トーラス
 散乱X線

問題点とアイデア
必要粗さ : several Å
可能
必要形状誤差:
殆ど不可能
~1nm
大気の擾乱は考えない.大きなスケールの形
状だけ、ゆっくり修正すればよい
二つのアイデア
(1) 可視光による常時形状モニター
(2) 可変形状鏡による波面補償
X-mas Project
波面モニターと可変形状鏡の補償光学系で
超高角度分解能X線望遠鏡の開発
X-ray milli-arc-sec Project (X-mas Project)
現状の報告
コンポーネント試験をほぼ終了
 閉ループ制御の実践
 望遠鏡として組み上げ開始

2.実験室用の望遠鏡のデザイン
主鏡;80mm diameter and 2000mm focal length.
光源、可変形状鏡、波面センサー:形状測定と補償
可視光で形状測定;可視光X線分離フィルターが必要
ダウンロード

X-mas Project