スケール1/2
地図学的・方法論的スケールと地理的スケール
政治地理学におけるマルチスケールの視角
政治地理学の理論と方法論 第8週
地理学における3つの「スケール」
地図学的スケール=縮尺(地図上の解像
度)
方法論的スケール=研究者の視角(ミクロ
に見るか、マクロに見るか)
地理的スケール=空間的広がりとそうした
広がりをつくりだす現実の、社会的なプロセ
ス
地図学的スケール=地図における縮尺
方法論的スケール=研究者の視角
空間的広がりとしてのスケール
地理的スケール
特定の社会的プロセスを通して形成される
空間の単位
事例
近代化や資本主義の発展は社会生活の
空間的単位(生活圏)を小規模なコミュニ
ティから都市、都市圏、さらに国外へと拡
大する。
生活圏の拡大を可能にするもの
・交通・通信手段の発達
・可処分所得の増加
・社会的自由・許容度の増大
私の生活
大阪市住吉区に居住、大阪市を中心に仕
事をしながら、府外・国外にもしばしば出張。
非日常的行動の
就労のスケール スケール
居住のスケール
日常生活を支え
る宅地、商店街
の形成
通勤・通学を
可能とする交
通網の形成
国際交流・貿
易を支える
ネットワークの
形成
地理的スケールの重層性
社会の特定の活動(居住、就労、交易など)
が維持される空間的広がりが、階層的・重
層的に構成されている。
↓
社会はそういう風に地理的に分化している。
テイラーによる3つの地理的スケール
現 実
イデオロギー
経 験
地 方
国 民 国 家
世 界 経 済
グローバル・スケール
資本主義経済が世界大で機能する「現実」
のスケール
→物事はここから始まる(テイラー)
ローカル・スケール
私たちが日常生活として「経験」する局地
的なスケール
→「経験」は「現実」とは異なる(テイラー)
ナショナル・スケール
二つのスケールの間を媒介する国家の「イ
デオロギー」のスケール
↓
イデオロギー=社会がどのように機能し、
そしてすべきかに関する世界観。しばしば
「現実」をあいまいにするために用いられる。
国家のイデオロギーとは
・国家は社会的まとまりをもつ国民から構成さ
れる(国民国家)という考え
・単一民族国家幻想(日本?)
・国語の絶対化(訛りへの劣等感)
・人種主義(○○人至上主義)
・「国民経済」という想定
↓
世界経済の「現実」が国家の「イデオロギー」
によって歪められ、ローカルな「経験」を構成
している事例とは?
ヨーロッパにおける極右勢力の台頭
ネオナチ、ドイツ
ネオナチのデモ(ドイツ、ドレスデン 2001/12)
ロシアのネオナチとフーリガン
フランスでの反極右デモ(2002/5)
極右勢力台頭の背景
①ヨーロッパ(EC諸国)の移民政策
②移民の定住化と文化(イスラム)復興運動
→既存のヨーロッパ文化と摩擦
ベルリン
③90年代の高失業率
→ヨーロッパ域外移民の抑制、雇用不安
④1993年にEU(ヨーロッパ連合)が形成
→国家主権の一部がEUに移譲
結果(外国人排斥、ナショナリズム)
「移民が就業機会を奪う」
「自国民優先に雇用政策をとるべき」
「移民が国民文化を破壊している」
「国家を弱体化するEUに反対」
→これらのスローガンを唱える集団・政党
に支持増加(ドイツ、イギリス、オーストリア、
フランス、オランダ、ロシア)
↑
高失業は移民の流入によってはもたらされ
ていない
問題を理解する枠組み
南北の経済格差にともなう労働力流動
=グローバルな世界経済の「現実」
移民の定着と住民との関係
=ローカルな「経験」
極右勢力による移民の社会的弊害の捉え方
=ナショナルな「イデオロギー」(世界観)
↓
移民の地域社会への流入に対する住民の
反応を構成→場所をめぐる問題
日本でも?
石原都知事「三国人」発言(2000年)
新宿区歌舞伎町での外国人犯罪増加
入場拒否問題
小樽市銭湯などでのロシア人の素行不良
SARSをめぐる対応
中国系外国人の病原菌媒介
ダウンロード

第8週