(1) 2
012年
(平成24年)
4月3
0日
THE KEISAN SHINPOU
経 産 新 報
第16号
今
号
の
主
な
記
事
と
顔
ぶ
れ
2-3 面
石油連盟
専務理事
松井 英生氏
東日本大震災で証明 石油はラストリゾート(最後の砦)
一定需要の確保がサプライチェーンの維持・強化に
経産新報
− 石油連盟に聞く −
2−3面
4月3
0日 月曜日
っ兆
た円
のが
で燃
す料
。 輸
1
0
年入
前増
のだ
れ
昨ま
年す
の。
貿
易
収
支
は
今
の
円
高
を
活
か
し
、
海
︱
︱
経
済
産
業
省
で
は
、
が
政続
府い
はて
、い
今ま
年す
度。
予
算
ち7
、・
半3
分兆
以円
上増
の
4え
・た
4う
か
け
、
輸
入
額
全
体
で
さ出ら
らがで
に、す
増額。
・今
加数年
が量は
見と燃
込も料
まに輸
所
得
収
支
の
増
大
を
海
外
資
源
投
資
で
3 5 G 原 輸 % は 昨
年
一 ・ 兆 4 油 入 、
6
8
・
1
1
2
1
で
昨2円8
兆の
年兆、兆・し・円日
4
8
か円L円兆た兆で本
。
らでP、円
の
内円、
昨すG石、訳がそ輸
。
な 炭 L は 燃 の 入
年
2
に
ど ・ N 、 料3
2額
火らがし年災火
ま
力ど震ま初直力電す
がん災しめ
後 発 源 。
0 の 電 構
補 ど 直 た9
6
3の
っん後。
原%%比成
下
に
ま
て
の
げ 子
か率
8力 で ら は 占
い る2
る分%発上、、め
か、か電昇今震る
無
視
で
き
ま
せ
ん
。
収
支
に
与
え
る
影
響
は
本
の
貿
易
収
支
や
経
常
電話& FAX
FAX 04
04
(2921)
6079 e [email protected]
6079 e
ール [email protected]
な
影
響
を
与
え
て
い
ま
日
本
経
済
に
ど
の
よ
う
の
輸
入
額
は
伸
び
て
い
た
こ
と
を
考
え
る
と
、
長
輸全2
入体0
がが
0
21
84
・兆年
5円は
兆で、
円、輸
だ燃入
っ料額
九州電力の八丁原地熱発電所 日本最大の地熱発電所で 11 万発電容量
け企的外
の上所のらが定さ権エ
のけCるがし投業背
シではJ支て資の景こでに得移にり調か益ネはて業に投
ま達の確ルいいに行資
いも海にのす直収転、
ェも、
配
昨O援
ーカ年Gしま活外日円。結支を当すに時保ギ。ま呼うを
すの通利しつのはー資すびよ積
ルナ度Mてす発資本高
源が
、
じ
、
。
る向、益さな安まの・。かう極
ガダだEい国化源企を
しをOの極会すネ以年以予トト物スと
場らェ商
ク
いアやっ
を世ー業5 シ市世 ま含Gた的計るー上度上算にやの、し
や石まーイて
着界ル化年 ェ場界 しめMめにかた供で当用を出開探石て
モ炭すスンい
炭
実のガが前 ーをの たたE、活らめ給す初意1資発鉱さ、
ンも。案ドま
今
石
しすププ
す
予
機
。
に天ス始か ル変天 。法C国用の、
件
ゴ、
1
財
ら油
モ
案法会し資政能リ算ま0るロロに、
変然はまら ガえ然
がで。
ルザ
ベ
し
ま
ス
、
をのにす金投をスのた0たジジ金天
えガ北っ徐
動のト
でン
る
ガ
つス米た々
いレナ
交ビ
ス
提改、。を融強ク6。億めェェ属然
出正Jこ積資化マ倍昨円のクク鉱ガ
つ市かシに
てアム
渉ー
4で り の が 地 本 わ 上 日 発 実
ま鉱イ水の
レ
が 上 る 体 を 進 強 と を 発 が 生 定 2
0し し 時 地 、 環 眠 熱 で さ は 本 ブ は ま す 物 ド 素 鍵
ー 次 可 で 蒸 に 地 め い の 取 電 頓1
トに能発気当下ばの親りは挫年また間熱地境っのはせ地でー世ず。資レ、は
海
で、と電をて深、で和出、し前す国稼開元とて賦自て熱もム界、
源ー上、
と
陸
お
発
地
最
に
い
すメなを利、く地、性すシたに。
存然
の
がトは上
で
の
︵内働
がタり行用その上こが技ェ高実写資Oが共調り量公ま記近あは熱
握やメは
ー
かの
こ
、
進存
で
、り
す
、ンま
っ種タ地
こハすうしか高ら開非術ル温証真源Kめす和その園ね事新ま地す
て々ン熱
れイ。こてら温の発常開ガ岩試上がのばるをこ8内。で聞す熱が
いのハと
と地出岩水がに発ス体験︶誕安、形図で割に日賑紙。開、
はド
ょと可石りにま度のがが水用し剰場
し中す反気質と0約し
届地災︱
きにで︱ 石ま うい能油ま検くので日出素したがや水た心燃応中しな03ょ
まガは一 油さ 。っ性・す討使高す本来イ、水出製素。に料でのてり分う
水
国
は
せソ、方 製か
て
れ
間。
てを素がすうい。
普電電酸得、
天の
普
分にばン内素い鉄、
、
池
んリ孤、 品の
気素た然走の通
も秘産石る方C離立
及
工石
フにを
も
でン立東
ま
、
をと水ガ行充自
いめ業油必策Oさち水ラ数有
し
場油
時
し日
、
し
す
2れ 上 素 ゾ ヶ 効
も
要
て
生の素スが填動
い
て
な
で
に
産
家
た
本
の
精
た
。
を
同
が
い
み化とを可で車
で
き
ど
も
に
ー
が
な
業
庭
被
大
製
こ
所
社
た
。
しるるはあ時う純る会ンの活う余工
まを出学大改能7は
が災震
いっがPガ電クは
たドですでッいにででユ
を缶
﹂で震原にもぐすシ場燃すのーかまて、Gス力が、エ
とガ災因長ガ、。ャ合料。燃ザつすお線。。。あ3ネ
東こ
い
前。らやこ最もりつル
し
直と
うソ後思蛇ソ北れーのがた料ー2
ずパの後うまのギ
議リ、わのリ以がが心確が確に者
、イ最に1すネー
独プ
石つ。ッ
論ン﹁れ列ン外、大理保っ保よと
立で後油は1ト供
がのドまがスの震き的でてがる違
し繋だや天つワ給
あ調ラす出タ地災いプき、前独い
てがけL然はーに
り達ム。来ン域後のレな逆提力、
が経が題たのて実固ギ政
し︱いて決日のして
れにシ場が油
が様の後︱
すなに品こ確
た︱まいめ本エっの先大済高は。法、施めー策政。ら取のの保前行々方の︱ 政し先 て行ス合な製
。有すきる経ネか資行きへく、こ案今する政課府
なり供災に述わな向エこ 策て行 いうテにさ品
の
国べ前
の実 まこムもれの
題は
難。た議済ルり源実いの、そ
策
を
い組給害対しれ角性ネの
会
かれ2
・
資施 すと作対な円
確時すたて度にル夏
う
い論のギと燃施かイつだつ提にきにのを、
ま
政
こ
進
対
︶
ら
に
源対 。がり応く滑
る
い
保
﹁
対
ご
海
方︵の
ン、けの出そ
とに方ー
かつギ
の
策な
・
め料
策先
で
向
支
ま
は
ざ
考貢向政、政策すパ日緊政しの﹂行向エ2
求をでなな
課け、石援外すらいーけ
燃策
い
え献性策今策と。ク本急策またとし性ネつ
題れ早油と資が議て政、
料 と
め早きっ供
トの性課しめしてをルの
ま
てしをや後をし
ら急るた給
でば急製、源。論、策今
日
本
近
海
に
眠
る
鉱
物
資
源
の
探
査
も
本
格
化
発行所及び発行人 (株)
発行所及び発行人 経済新報社 高橋常郎 〒 359-1145 埼玉県所沢市山口
経済新報社 高橋常郎 〒
359-1145 埼玉県所沢市山口 1
1055-9
055-9
す
貿か
易。
統
計
に
よ
る
と
、
期
ト
レ
ン
ド
で
も
、
燃
料
海
外
投
資
で
安
定
調
達
と
所
得
収
支
の
向
上
を
鉱
物
・
エ
ネ
ル
ギ
ー
資
源
獲
得
の
チ
ャ
ン
ス
2
0
1
2年
(平成2
4年)
大
が
続
い
て
い
ま
す
が
、
︱
︱
燃
料
輸
入
額
の
増
因
で
は
あ
り
ま
せ
ん
が
、
り
、
燃
料
輸
入
だ
け
が
原
動
な
ど
に
因
る
分
も
あ
興
対
策
な
ど
の
財
政
出
地球温暖化問題解決の切り札は水素
石油産業は石油・水素産業になる
災害時の石油製品円滑供給できるシステムを
国
内
の
あ
る
地
域
で
石
製
品
を
供
給
で
き
る
か
。
出
し
て
い
る
。
海
外
へ
の
投
資
や
進
出
は
、
長
期
的
に
は
海
外
投
資
で
得
ら
れ
る
所
得
で
国
内
の
事
業
す
こ
と
も
発
表
。
よ
り
多
様
な
資
金
を
取
り
扱
え
る
よ
う
、
J
O
G
M
E
C
法
の
改
正
案
も
国
会
に
提
行
政
法
人
石
油
天
然
ガ
ス
・
金
属
鉱
物
資
源
機
構
︵
J
O
G
M
E
C
︶
な
ど
へ
の
財
政
的
支
援
を
増
や
エ
ネ
ル
ギ
ー
資
源
や
レ
ア
メ
タ
ル
な
ど
の
鉱
物
資
源
を
確
保
す
る
チ
ャ
ン
ス
だ
か
ら
だ
。
同
省
は
独
立
だ
と
勧
め
て
い
る
。
日
本
は
資
源
が
不
足
し
て
い
る
の
で
、
円
高
は
石
油
・
石
炭
・
天
然
ガ
ス
な
ど
の
省
で
は
日
本
企
業
に
、
円
高
の
メ
リ
ッ
ト
を
見
逃
さ
ず
海
外
投
資
や
資
源
購
入
を
積
極
的
に
行
う
べ
き
2
0
1
1
年
以
降
、
円
高
が
進
み
輸
出
企
業
は
大
き
な
打
撃
を
受
け
て
い
る
。
し
か
し
、
経
済
産
業
経
済
産
業
政 省
策 資
課 源
長
エ
ネ
ル
ギ
ー
庁
森
日
本
こ経
れ済
かの
ら鍵
のを
資握
源る
・
燃
料
政
策
い収すりなとマ
イ
ま支。9り、
1ナ
す も 今 ・ ま3
。赤年2し年ス
輸字1兆たぶ2
入と月円。り・
増
はの一に
はな、悪昨赤6
、っ経化年字兆
復て常でよと円
しプど南ドス
作れ鉱制に
るた物が依レまロ、アネ、
こ形の求存アしジ様フシマ
レ
々
とでユめしアたェなリアー
の
ー
。
ら
ク日カ
な
が調ー
シ
ト本の天ア
必達ザれいス
然
は
て
を企白ガや
要戦ーお調、
支業金スイ
と略をり達中
援のな、ン
なを入、体国
が抜日全が
てす︱
拍ロ入ン自しせ天しりゲタ持市スあ
可本本保で国いる︱ が資国 車シをかにたざ然た込ッーて場のり
能的の障き内る声国 あ源内 をア拡らト。るガしみトル
に生ま
とに輸上れでよも内 る・に かの大のルま得ス、をにはな多産す
ロ
エ
な変入はばのう大資
。
、く
た
し
け
ネも て政た天ク、な政シかL欧なく拡シ
りえのも、資でき源
ル有 い策こ然メ中く策アけN州っの大ェ
と資
ま
す
期でー
ギ望 ま変とガニ国なをは始Gを
する構よ源源がくに
た
確
期
造
こ
待北ル
の
め
変
り
ス
ス
な
更
の
タ
そ
が
ー
な
り
。
が
。
す
そとを、安保
っ待
。に、輸タ独ま更のま売ーカを米ガ
まが眠ク床し嶺海分
札暖でタ
イす済いな石
し成トはしプ東
現
ンか的たり油
て
、
て
野
さ
と化すー最すいるラやま﹂
沖
ロ
の
功
洋
︵
言問。ト後。よ鉱スコし写鉱でらいさ連メおジ合在トがにめ、や
タ
、自
で
い物トバた真物はにませ続ンりェで、
っ題水すに
渥す技地如ら天
。
な
素
る
、
、
、
、
す
ル海下探今鉱
よ資
て解
術上何は然
た掘ハ来ク海美
こ
本源どト底︶査年物。い削イ年ト洋半。開にに自ガ
も決はのれ
、
、が
格の近リ熱が船2資
いの地、か
発取し噴ス
と実ドのが掘島
化調海ッ水就﹁月源
い切球水ら
のりてしと
期証レ冬進削の
し査にチ鉱航白にの
でり温素ス
ポ出経な異
待をーに行の南
っがてリ件らのた油時知
て、重ンのれ間。製にらあ
いそ油、うたに震品必さの
まれで灯ち物内災の要れ大
すをあ油、資閣後重とた震
。如っ、3要府1要さの災
軽割
ヶ
実
が
にた油が望に月性れ、で
事
寄
5
る
で
そガ
程
物
非思
語実しソ千せ度し石常い
しいれがででま
れを供れらの代時
不れ
足だ国て想給ばれ経の対現まろま楽あすし
すけ内い定が、て験オ策在しなせでれ。た
緊
海
る円のるし不外おをイはのた検んあば急が
、
。
、
り
。
の
、
討震っも車、
地滑災
そ
対足か、踏ル1石
で
課災たっ両れ
しら言まシ9油
域に害
す策
題はかとがは
にそ時。がたのいえョ7の
をいも調軽危
石れに
作場原換てッ0緊
今年2月に就航した海洋鉱物探査船「白嶺」
残ろし達油険
ら合油え作ク年急
油がど
燃
料
輸
入
の
増
大
が
、
日
円
高
メ
リ
ッ
ト
を
活
か
せ
!
源 拡
・ 張
燃 に
料 も
部 つ
の な
森 が
政 る
策 と
課 同
長 省
に で
話 は
を み
伺 て
っ い
た る
。
。
資
源
・
燃
料
の
安
︵ 定
聞 供
き 給
手 確
保
本 に
紙 取
代 り
表 組
・ ん
高 で
橋 い
常 る
郎 資
︶
清資
源
氏
に
聞
く
・
燃
料
部
経 産 新 報
[石油産業]
2
0
1
2年
(平成2
4年)
4月3
0日 (2)
0
1
1年3月1
1日、マグニチュード90
2
. と観測史上最大の東日
本大震災が発生し、その後の津波によって岩手、宮城、福島県 等の太平洋沿岸部は壊滅的な被害を受けた。東京電力福島第一
原子力発電所では、チェルノブイリ原発事故を超えるレベル7
(IEA基準)の事故が発生した。電気やガスといった「系統
エネルギー」が途絶した瞬間から、石油は持ち運びや貯蔵が容
易という分散型エネルギーの強みを発揮。「ラストリゾート(最 」として緊急時対応能力のあるエネルギーであることを
後の砦)
改めて証明して見せた。この石油を再評価し、基幹エネルギー
としての位置づけを明確にしてほしいと、石油業界は国に強く 要望している。石油連盟を訪ね、松井専務理事に話を伺った。
(聞き手本紙代表・高橋常郎)
リゾート(最後の砦)
チェーンの維持・強化に
で
き
る
よ
う
に
な
り
ま
関
︶
で
も
言
わ
れ
て
お
り
A
︵
国
際
エ
ネ
ル
ギ
ー
機
1は
5拡
0大
年し
以、
可
上採
と年
I数
Eは
発
な
ど
に
よ
り
資
源
量
開
発
、
オ
イ
ル
サ
ン
ド
開
ル
革
命
﹂
、
深
海
油
田
の
こ
ろ
か
近
年
は
﹁
シ
ェ
ー
せ
ん
︵
笑
い
︶
。
そ
れ
ど
ま
だ
に
枯
渇
し
て
い
ま
わ年生
れ数ま
てはれ
いあた
まと
頃
5か
し4
た年ら
が﹂﹁
、と可
い言採
向
しに
かあ
しり
、ま
石し
油た
は。
私
が
を
減
ら
そ
う
と
い
う
方
問
題
か
ら
、
石
油
依
存
度
た
近
年
は
C
O
存
を
避
け
る
た
め
2
に
排、
出ま
方
か向
つで
てし
はた
石が
。
油
の
枯
の
、
マ
ク
ロ
的
に
は
供
給
的き
な、
問2
週
題間
は後
あに
るは
も極
の地
し
エ石
ネ油石た
ルや油。
ギJ業
ーX界
の日も
製鉱コ
油日ス
所石モ
す
ル
ギはね
ーい。
の。
こ
安れ
定ま
供で
給エ
とネ
きし
しでて
かし整
しょ備
今うを
後。進
も
め
石
る
油
べ
の
精
製
能
力
を
日
量
3
バ
ー
レ
ル
あ
る
製
油
所
課
題
は
、
日
量
4
5
0
万
で
の
石
油
業
界
最
大
の
こ
東と
日な
本ど
大に
震よ
り
災ま
前す
ま。
方
面
か
ら
供
給
要
請
が
輸
送
用
燃
料
と
し
て
各
油
﹂
は
、
暖
房
・
給
湯
・
散
型
エ
ネ
ル
ギ
ー
﹁
石
ル
ギ
ー
密
度
の
高
い
分
﹁
シ
ェ
ー
ル
革
命
﹂
な
ど
で
枯
渇
の
不
安
は
払
拭
ち
運
び
が
容
易
で
、
エ
ネ
緊
急
時
で
も
安
定
供
給
の
役
割
果
た
す
設油︱
がし09
低て09石備業︱
下い5年油処界3
・ し ま 年 を の 理 の1
1
で
す
ピ
需
た
課
頃
し題ま
ー
要
こ。
経か
で
た
と済らクは。はは
に1
に成減、
過、
加長少29
剰石
し備基供とう3
とネガが
なルス起そて処づ給で需0
っギときこい理き構し要万
たーいまへまを各造たにバ
直がっしあし進社高。合ー
後供たたのためは度エわ
レ
ネ
。
。
か
よ過化ルせル
ら給系電大
う剰法ギると
、不統気震
と設にーこい
持能エ・災
し供1間ル盟給
はた物ど
供が流イ道ま給5体ーにを
給、にン路し要0制ムオ行
震
の災はフやた請0でをペう
べ
手1苦ラ港。に件、
官創レ
対近邸っーく
当週労が湾
、
、
応 い か て シ 石
て間し被電
い 緊 ら2
が後ま災気
4ョ 油
た急の時ン連
つにししな
が
社
会
的
に
広
が
っ
た
使
わ
な
い
と
い
う
風
潮
観
点
な
ど
か
ら
石
油
は
え
、
地
球
温
暖
化
防
止
の
必
要
な
石
油
燃
料
の
供
割
を
果
た
せ
た
わ
け
で
時
で
も
安
定
供
給
の
役
︱
︱
石
油
業
界
は
緊
急
の
で
す
。
い
た
か
ら
供
給
で
き
た
イ
チ
ェ
ー
ン
が
残
っ
て
力
が
あ
り
、
ま
た
サ
プ
ラ
あ
っ
た
た
め
に
供
給
余
ず
、
国
内
に
過
剰
設
備
が
な
っ
た
に
も
か
か
わ
ら
が
被
災
し
、
出
荷
停
止
に
担
を
平
時
か
ら
体
制
と
定
し
た
官
民
の
役
割
分
れ
ま
し
た
。
緊
急
時
を
想
る
こ
と
が
強
く
認
識
さ
両
輪
と
し
て
重
要
で
あ
で
届
け
る
こ
と
も
、
車
の
国
内
の
最
終
消
費
者
ま
し
た
が
、
今
回
の
震
災
で
と
い
う
こ
と
が
主
眼
で
益
を
確
保
し
、
備
蓄
す
る
い
う
と
、
海
外
鉱
区
の
権
だ
ラと
スい
トう
リこ
ゾと
で
ーす
ト。
の
力
し
て
、
少
し
で
も
早
く
列
を
超
え
て
全
社
で
協
に
石取
油り
元組
売み
各ま
し
社た
が。
系
界
挙
げ
て
石
油
の
供
給
所
の
共
同
利
用
な
ど
、
業
ロ
ー
リ
ー
の
投
入
、
油
槽
被
災
地
へ
の
タ
ン
ク
輸
入
・
軽
油
輸
出
停
止
、
政︱と供が晩ると所には2ン軒
リルの本とェ場需
い策Tをす自応イでン油役
と需強ラ
策︱に給崩、に減か、30ス以ピい要化イしたを管リる家強チあのの割
ゾギ教大はー合要
油
タ上ーうのにチかだ補理ア、発化ェり維サを
は国なに壊サ任少ら
ーー訓震言ン、が
万
1
﹁
り支しプせし1槽81ンあクこ確はェしい助すル出電﹂ー、持プ果
ト供は災えが今減
の
所
脱
ラ
﹁
︵
と
の
国
・
て
、
ま
ド
ま
た
荷
、
ー
な
て
と
石エす障石イてい4は千年︵っ時で保石ンがお金るタ・設いンも強ラす
最給石でせ維サ少
油ネ。を油チいま0673Sたにすが油のらりでなイ在備うの﹁化イに
後の油得ん持プし
来のェてすカ00月Sガは。重の維、ま進どム庫をこ災サがチは
﹂ル
のラはた。でラ続
なギ
す安ーは。所00末︶ソ6
要一持サすめので状設と害プ必ェ、
砦スエ最東きイけ
は
ど
定ン早減へカ軒に、リ万
ー
こ
ネ大日るチた
石
ラ
︶
要
ー
で
対
況
置
I
対
定
プ
て
だ
・
。
、
﹂ト
拭ま
備せにさまだ鎖んれり去問とム
蓄てはれすとす。たとの題かズ最さす
が2国た。専る長こも紛視、海近れ。
あ0とと仮門こ期と海争さ同峡、て枯
り0民しに家と間は峡等れ海をイい渇
ラ
の
峡
軍
短
ま
間て期はは事あがでまは封ンる不
の
す日
す
も
か以で、間見不的り封一が何鎖がで安
ら上合日封て可にま鎖度、かすホすは
、のわ本鎖い能封せさた過とるル。払
心
まるバ生なを石やル安
けきな事
れちので地せのッ可の守油ガギ定石配
ばんはす球んもク能でれはスー供油あ
、とエが環。石アエする国がな給はり
国
ま
の
、
油ッネ。
原エ民止で可緊せ
民供ネも境
急
問
能
ま
の
ネ
ル
プ
し
ル
給
子
っ
の
ん
す
かをギ力ル暮っ。な時。
生さギと題
あ出ーやギらて電エに
活れー大も
り来の再ーしも気ネも
がなが事大
に震か万設し火32ギら%にが
老し原
か体保︱き策よ8要ギ
と識石てギ供す成
朽て発と低災し備た力00ーれで占、ませ的す︱たにう億︵ーそおし油﹁ー給。り
脱
石おはこ迷前なほは。を年年見たしめ震ずくなる一い転な2とし願ての石政﹂そ立
石
災
0していい重
油りほろしにがど現油なにに通政たる前石だお石定の換エ︶
策をのた
さ考油のでしネが2て、した要油の国意な
割
油
火まとがては
ら あ 在 火 く 2 5 し 府 。
﹂
維
震
の
基
7稼 り 4 力 す % % で の 災 合 電 火 い え 業 需 す て ル 持 0 一 幹 た だ 性 を 第 の 味 い
力 す ん 現 い1
ま
ま6
。
は
。
。
で
い
年
は
、
をそど時し%働す
いギで
を界要
定エ。きを見一エ﹁こ
の方と
源力
、エ前
急こ停点たほ率。0発向石22ネに約構で
たーきでのネ
おのを
た再直とネ安と
1
し
きで止で。どはし0電で油00ル作7成す
だ政る・需ル
聞具確
い認、しル定で
い約必
調力舶い航し
1と
整とをまタてさで2要
0約
し石転しンもらし5に
03発0は油の
で経は
に
ょ
な
用
た
倍
カそ
合油
0
万
が万年焚時発す済、
、
う
り
す
か
ーれ重
っと
の全間きの電。な実
0
て関るらもを油。万ま
の年部。約も重量
状は
す
な、
何係ど外減運を
重間止仮1含油が
。
況大
と者、航っぶ生
油約まに3む︵7
ぐ今
な変
らは
が4る原5︶原%
かが電船て内産
の不
図へは︱聞るに試のまはい貯S排
使のスの月ガ
き燃れ的い電に電し
てレタン新回
と硫必性る重
く、ま蔵︵出石思を要のの油ロいーンフ増避国ま料ばなま力し源て
秋
い産のた以ス今らの石︱い︶C験
︵
、
の業自め上の回れ転油産てをO地にい新す︶二に油い装にあではーまスクラ設す民す供、稼す業て構2
潟
技酸つ火ま
苫
被
要
い
て
る、コサすでな︵でべ負。給緊働。界ほ成
2中 本 っ
。
復の
換か業
方用家
応
備
0
で
術化
小
平
急
発
き
土
々ボ発災し旧震いがら用ま牧を3格たのNに炭い力すすじC電スル。、
の時を時にしの
2
とど地なで担
の
ま
地
て
す
ま
重
。
E期素
の
閉0的
に災
50
政天や
はイ電
増 に し か 要 い1
トフ
れて
お︶・くすの
で研
でし
は
。で
す
油用
悲ラやはたはでが策然業
量円てら望と%年
ば排にはがァ
行じ0な、究D待の、C
願の桟既か増
鳴をガ、。1都。的ガ務
が滑下安し国程に
い煙し汎か︱
う込0実今がOし地CO
いリ橋存ら加
とめm証年うでて中C 2
にス用
をおスガこか市
しプ・イ、は
でにさ定てと度は
い脱、用かの
ギ
ー
の
過
度
の
中
東
依
渇
の
心
配
や
エ
ネ
ル
石
油
の
消
費
を
減
ら
す
石油火力は供給安定電源の「要」
電源構成の15%程度に
の
増
産
、
ガ
ソ
リ
ン
緊
急
な
そさ
のれ
たま
めし
西た
。
日
本
で
く
供
給
す
る
こ
と
か
ら
、
重
油
を
多
と
っ
て
き
ま
し
た
ア
ッ
プ
可
能
な
電
源
﹂
と
電
源
の
﹁
要
﹂
、
﹁
バ
ッ
ク
石
油
火
力
は
供
給
安
定
石
松油
井
連
盟 英
生専
氏 務
に理
聞事
く
すリ
るン
設を
備多
構く
成生
を産
う
石。
油
業
界
と
し
て
は
、
を
減
ら
し
て
ガ
ソ
は
こ
れ
ま
で
重
油
ま
す
。
石
油
会
社
っ は 成
0に
て2
い%占
る近め
とくる
思に割
いな合
し
て
お
く
べ
き
で
し
ょ
カ
バ
ー
で
き
る
構
成
に
っ
て
も
他
の
ソ
ー
ス
で
ソ
ー
ス
が
お
か
し
く
な
分
散
を
第
一
に
、
あ
る
ギ
ー
ソ
ー
ス
の
リ
ス
ク
安
定
供
給
が
エ
ネ
ル
ギ
ー
産
業
の
使
命
り
現ま
在す
、。
電
源
構
し
て
供
給
し
て
お
急
に
重
油
を
増
産
電
源
構
成
は
、
エ
ネ
ル
い
う
と
き
大
変
だ
と
い
に
依
存
す
る
と
、
い
ざ
と
基幹エネルギーとして「脱石油」政策の見直しを
う
こ
と
が
わ
か
り
ま
す
。
そり
れ、
に石
対油
し業
て界
緊は
状
特況
定で
のす
電。
源
に
過
度
ょ
稼
働
さ
せ
て
お
頑
張
っ
て
運
ん
で
い
る
経 産 新 報
(3) 20
12年(平成24年)
4月3
0日
[石油産業]
石油はラスト
東日本大震災で証明
一定需要の確保がサプライ
の
で
し
た
。
て
も
容
量
が
小
さ
い
も
が
今進
脚め
光ら
をれ
浴て
い
びま
てす
い。
排
煙
脱
硫
脱
硝
設
備
エ
ネ
ル
ギ
ー
が
不
可
欠
まり
太すと
陽。果
光
た
発
し
電
て
、
ま
風
い
力
り
、
も
﹁石
水油
素業
﹂界
は
夢に
のと
あっ
るて
J
X
日
鉱
日
石
エ
ネ
ル
ギ
ー
の
﹁
エ
ネ
フ
ァ
ー
ム
﹂
化
法
に
基
づ
き
、
E
T
B
の
供
給
使
命
も
し
っ
か
を
享
受
し
て
い
く
に
は
、
ま
す
。
そ
ち
ら
の
分
野
へ
ま
国せ
民ん
がね
豊。
か
な
生
活
活
を
豊
か
に
し
て
く
れ
料
と
し
て
も
我
々
の
生
う
が
い
い
の
か
も
知
れ
ス
チ
ッ
ク
な
ど
化
学
原
の
生
活
も
重
視
し
た
ほ
ギ
ー
だ
け
で
な
く
、
プ
ラ
ル
ギ
ー
の
リ
ス
ク
分
散
﹂
す
。
石
油
は
燃
料
エ
ネ
ル
の
多
い
日
本
で
は
﹁
エ
ネ
は
な
い
と
思
っ
て
い
ま
活
も
大
切
で
す
が
、
災
害
は
決
し
て
減
ず
る
こ
と
︱ま車もンをフ車
︱すを静で提ァは
﹁。販かす供ー、
石
エ
売なししフ油
コ
、
しデ自大リ業
重
始ィ動変ー界
視
めー車クのが
﹂
てゼ会リ軽サ
の
生
いル社ー油ル
一
の
使
命
で
あ
る
こ
と
給
し
て
い
く
こ
と
が
第
ンお
に願
はい
税し
金た
がい
。
かガ
かソ
るリ
し
最い
新と
の言
デえ
ィま
す
ー。
ゼ
ル
「エコフィール」
く像後だを︱良
石だににと守︱い
油さつ、われ石と
をいい石かる油思
油
安。て産りエはい
定
お業まネ国ま
す
し
的
聞のたル民。
に
か将。ギ生
供
せ来最ー活
に
つ
い
て
も
公
平
性
を
が
輸出
送さ
用れ
燃て
料い
ま
のす
課。
税
こ
と
で
多
額
の
補
助
金
E
V
に
は
エ
コ
と
い
う
で
す
。
に
も
か
か
わ
ら
ず
ィ
ー
ゼ
ル
車
が
ふ
さ
わ
両
は
軽
油
が
燃
料
の
デ
走
行
が
必
要
な
緊
急
車
の
S
S
が
被
災
し
て
も
が
で
き
ま
す
か
ら
、
近
く
の
地
下
タ
ン
ク
に
貯
蔵
構
築
し
て
お
い
た
方
が
の
ベ
ス
ト
ミ
ッ
ク
ス
を
点
か
ら
の
エ
ネ
ル
ギ
ー
風
に
、
リ
ス
ク
分
散
の
観
や
照
明
は
電
気
と
い
う
暖
房
は
灯
油
、
ク
ー
ラ
ー
煮
炊
き
は
ガ
ス
、
給
湯
・
緊
急
車
両
は
軽
油
が
燃
料
の
デ
ィ
ー
ゼ
ル
が
ふ
さ
わ
し
い
す
ご。
家
庭
で
も
、
例
え
ば
エ
ネ
ル
ギ
ー
供
給
高
度
て
バい
イる
オと
燃こ
料ろ
でで
すす
が。
、
緩
和
も
国
に
お
願
い
し
ぬ
水
素
充
填
所
の
規
制
い
水ま
素す
社。
会
に
欠
か
せ
え
る
水
素
社
会
は
近
未
動
車
と
し
て
登
場
し
て
リ
ー
ン
エ
ネ
ル
ギ
ー
自
F
C
V
が
究
極
の
ク
い
ま
す
し
、
自
動
車
で
も
広
く
認
知
さ
れ
始
め
て
が
、
国
の
補
助
金
も
あ
り
レ
ー
シ
ョ
ン
シ
ス
テ
ム
う
家
庭
用
コ
ー
ジ
ェ
ネ
﹁
エ
ネ
フ
ァ
ー
ム
﹂
と
い
期
待
さ
れ
て
い
ま
す
。
e
l
l
、
燃
料
電
池
︶
が
水業エ
素界ネ
のはル
取製ギ
り油ー
扱所で
す
いで。
に元石
つ々油
い来
C熱反
発で応水まに
電給で素す実
︵
電と。現
F湯気
酸
可
も
u
を
能
eで生素
だ
l き み の
と
る、化
思
CF排学
り
進オな
ま夢め燃い
すのて料原
があいの料
、るま技由
今
す
す話。術来
で
開の
ぐ
発バ
結は
論あ
をイ
ネ
ル
ギ
ー
革
命
﹂
と
も
言
あ
り
ま
す
。
﹁
ク
ー
ル
エ
避
難
所
に
石
油
の
自
家
発
、
灯
油
タ
ン
ク
、
灯
油
ス
ト
ー
ブ
を
まギり企はエ
すー組業、ネ
。のみ戦各ル
社
芽、
新略がギ
をしにそー
育い基れに
てエづぞつ
てネきれい
いル取のて
地
熱
な
ど
の
再
生
可
能
る
こ
と
も
認
識
し
て
い
の
安
定
供
給
に
つ
な
が
ン
の
維
持
、
エ
ネ
ル
ギ
ー
燃
料
と
し
て
い
る
と
こ
は
国
の
支
援
で
ガ
ス
を
ェ
ネ
レ
ー
シ
ョ
ン
設
備
自
家
発
設
備
や
コ
ー
ジ
が
あ
り
ま
し
た
。
病
院
の
油
に
多
く
の
緊
急
要
請
散
型
エ
ネ
ル
ギ
ー
の
石
り
ま
し
た
。
官
邸
に
は
分
ま
り
大
変
な
事
態
と
な
院
は
、
電
気
も
ガ
ス
も
止
特
に
人
命
を
預
か
る
病
エ
ネ
ル
ギ
ー
へ
と
転
換
ソ
リ
ン
か
ら
ク
リ
ー
ン
︱
︱
輸
送
用
燃
料
も
ガ
だ
き
た
い
。
と
も
ご
理
解
し
て
い
た
そ
れ
ほ
ど
遜
色
な
い
こ
は
天
然
ガ
ス
の
そ
れ
と
ェ
ネ
設
備
の
省
エ
ネ
性
効
率
ボ
イ
ラ
や
コ
ー
ジ
も
最
新
の
石
油
系
の
高
べ
き
で
す
し
、
環
境
問
題
ガ
ス
シ
フ
ト
は
見
直
す
弱
性
か
ら
、
過
度
な
天
然
度
業に
務よ
用る
のも
分の
で
野す
で。
も
い
緊と
急思
時い
対ま
応す
。
力
の
脆
少
の
約
2
割
が
こ
の
制
間金か設
ででら置
A出2費
重ま分用
油すのの
の。
こ13
需 の が 分
要1
0補 の
減年助1
を
与
え
る
の
は
良
く
な
い
ま
す
。
消
費
者
に
予
断
そ
っ
ち
へ
流
れ
て
し
ま
が
あ
れ
ば
、
ど
う
し
て
も
出れ気まししば発はる
量ばをっ仮い、の、E
は、充てに乗確電CV
か
︵
最E電火原りに気O
2電
V
物
す力発
新
環をフ
の
のCる発がで境充リ気
す
自
ガOの電全。に電ー動
ソ 2で の 部 し や す の 車
リ排あ電止かされ原︶
よ
てよ量やょはか車の
う軽いりはCうどかのに
に油る道重Nかうら電E
、はは路くG。いな気V
し
自
、
ず
治灯でをガ車かういや車
体油す損ソのもことガや
やと。傷リ車EといスC
さン体VでうにN
病同
院じ
せ車重車しのはG
命エ石のし動で
タし避
ンよ難東でネ油活でにす
クう所日すルを動ははし
がとに本。ギはをあエ、
産
なし灯大
ーじ支りネ業
ま
いて油震
ル社
産めえ
せ
災
、
業とるんギ会
灯もをで
のすの。ーの
油灯供は
使るがそな活
の油給、
し灯電てまえ糧しうス
かて油機、って・た場ト
ついスと石た、水。面ー
一たト灯油時電・避がブ
に
難多も
定だー油よの気薬
・・
き
量
ブタる備ガ毛所々な
に
た
常いをン自えス布はあい
時。常ク家とがに、りと
ご
備と発し止加食まい
利
用
し
て
い
た
だ
く
こ
た
だ
き
た
い
と
思
い
ま
ろ
が
多
か
っ
た
。
石
油
の
ン
車
と
ほ
ぼ
同
じ
な
の
と
が
サ
プ
ラ
イ
チ
ェ
ー
「クールエネルギー革命」
水素社会は近未来に実現可能
消
費
者
も
リ
ス
ク
分
散
の
た
め
石
油
の
活
用
を
自
家
発
は
少
な
く
、
あ
っ
い
て
の
知
見
が
豊
富
に
3ど国
月を際
よ経協
りて力
、銀
石2
油0行
連1理
盟0事
専年な
長
、
商
務
流
通
審
議
官
、
立
っ
て
、
セ
ル
ロ
ー
ス
や
す
現べ
在き
、で
長す
期。
的
視
点
に
ら
﹁
国
産
国
消
﹂
を
目
指
リ
テ
ィ
確
保
の
観
点
か
業
課
長
、
中
小
企
業
庁
次
庁
長
官
官
房
原
子
力
産
事
官
、
資
源
エ
ネ
ル
ギ
ー
在
連
合
王
国
大
使
館
参
業
省
︶
に
入
省
。
外
務
省
産
業
省
︵
現
在
の
経
済
産
エで
ネは
ル脆
ギ弱
ーと
は言
え
セま
キす
ュ。
1ま
9つ
7い
5・
ひ
年で
にお
通
商
点
か
ら
安
定
供
給
の
面
︻
略
歴
︼
料
と
の
競
合
な
ど
の
観
務
理
事
に
就
任
。
藻
な
ど
食
物
と
競
合
し
昨
年
は
輸
入
を
す
る
な
す
が
、
そ
の
ブ
ラ
ジ
ル
も
ルは
す
か、バ。
ら現イ
在
輸約オ
入9
7エ
し%タ
てブノ
いラー
まジル
し︱りと
た︱まし
。有すて
難。貢
う
献
ご
し
ざ
て
い
ま
ま
い
社
会
を
支
え
る
企
業
群
と
し
て
、
日
本
の
経
済
・
不
安
で
す
し
、
天
候
や
食
定
的
に
供
給
さ
れ
る
か
ど
、
将
来
に
わ
た
っ
て
安
総
合
エ
ネ
ル
ギ
ー
産
業
ギ
ー
に
幅
広
く
取
組
み
、
い
ろ
い
ろ
な
エ
ネ
ル
う5
07 E
目万年方
標度式
をににに
進増原よ
めや油り
てす換2
いと算0
まいで1
業
せが
界いん出
はず。る
話
石れ
で
油に
は
をし
ろ
あ
中、
り
核石
ま 東京・杉並 水素ステーション
に油
持ち運びや貯蔵が容易 分散エネルギーとして強み
す
。
し
か
し
補
助
金
制
度
へ
の
転
換
に
は
設
備
の
す
。
石
油
燃
料
か
ら
ガ
ス
が
選
択
す
べ
き
も
の
で
リ
ス
ク
分
散
は
消
費
者
あ
げ
た
と
聞
い
て
い
ま
緊
急
時
を
踏
ま
え
た
地
推
進
事
業
費
補
助
金
供
給
業
の
事
業
者
を
対
業
、
電
気
業
、
ガ
ス
業
、
熱
用
地
を
取
得
し
た
製
造
1 成 を
3建
2
0年設
0︵す
01る
㎡∼
1
2目
以月的
上︶で
のに平
経
済
産
業
省
は
、
工
場
56は%4数県
%61減2は。
︶
減h5︶
、件1で
︶a6工、3の
で、h
前0
あ前a場年件工
っ年︵立比︵場
前地8前立
た比
。5
7年 面 ・ 年 地
・3積51件
城
県
、
栃
木
県
及
び
千
葉
県
、
宮
城
県
、
福
島
県
、
茨
す
る
。
提
出
先
は
国
内
立
金
﹂
に
関
し
、
6
月
1
日
立
地
推
進
事
業
費
補
助
以局あ
上をた
で含っ
説むて
明全、
各
会国
経
を3
0済
開箇産
催所業
要
い
件以る
を下。
満の
たい
すず
生れ
産か
拠の
た
、
二
次
公
募
の
開
始
に
募
を
実
施
し
て
い
る
。
ま
︵
金
︶
正
午
ま
で
二
次
公
ち査
89
テつ
ーの
マテ
にー
つマ
いの
てう
平成2
3年 工場立地動向
869 件、1,021ha
過去4番目に低い水準
%1場年地
っ番は去し地
をり
受災東た目上最た件平減h立比
件
け害日。に回低昭数成
0数
︶ a 地 1
た救本
は 2
3で ︵ 面 ・ は
低っで和
、
あ前積68
4
2
た
7助大
年
い
あ
がっ年調のっ年は%6
県法震
水
︵
以査
た比1増9
、
準過た降を工。
東の災
4︶件
で去前、開場
京適に
・0、︵
82工前
都用よ
あ4年過始立
府臣産融政 算2
3
・ 会 業 担 策2
0
で年経
金合大当担日
措度済 費 平
融が臣大当、
置第産 補 成
庁行に臣大古
さ3業 助2
3
・わ
れ次省
、臣川
中れよ枝、経
は 金 年
た
小、る野自済
﹁補、
度
企内3経見財
国正平 ﹂
の ﹁
業閣大済金政
内予成
国
を
除
く
、
青
森
県
、
岩
手
二
次
公
募
を
実
施
お2
3 ︵
け年そ速
る1れ報
全月に︶
。
国かよ
る
の ら と
工1
2、
場月平
立に成
め
の
政
策
パ
ッ
ケ
ー
ジ
﹂
を
策
定
は
、
特
許
の
出
願
動
向
調
ト
フ
ォ
ン
等
︶
に
関
し
て
子
情
報
端
末
機
︵
ス
マ
ー
携
帯
電
話
機
・
携
帯
型
電
急
速
に
拡
大
し
て
い
る
︵匠
1出
︶願
燃動
料向
電
池
︵い
2て
︶い
炭る
素。
材
料
日及
米び
欧そ
国
、
米
国
、
欧
州
勢
が
続
数出と
を願し
占がた
め約
日
、5
8本
次%勢
いとか
で過ら
韓半の
は
、
自
動
車
会
社
を
中
心
欧
中
韓
へ
の
出
願
件
数
他最日
国も本
勢多勢
をくか
大︵ら
き 約 の
2出
く4
上%願
︶
回、が
中
韓
へ
の
出
願
件
数
は
、
︵め
4て
︶い
携る
帯。
高
速
日通
米信
欧技
企
業
の
み
が
上
位
を
占
メ
ジ
ャ
ー
と
呼
ば
れ
る
の
応
用
技
術
﹁
中
小
企
業
の
経
営
支
援
の
た
意
匠
の
出
願
動
向
調
査
術
︵
L
T
E
︶
た
。
ま
た
、
世
界
市
場
が
日
米
方
、
欧
米
企
業
で
は
、
水
業
が
上
位
を
占
め
る
一
のす
調る
査特
結許
果の
を出
発願
表動
し向
し
各て
テい
ーる
マ。
の
特
許
・
意
ポ
テ
ン
シ
ャ
ル
を
評
価
に
お
い
て
各
国
の
成
長
し
、
日
米
欧
中
韓
の
各
地
の
技
術
テ
ー
マ
を
選
定
つ
将
来
性
の
高
い
9
つ
術
と
い
っ
た
先
進
的
か
康
︶
関
連
分
野
、
I
T
技
ベ
ー
シ
ョ
ン
︵
医
療
・
健
関
連
分
野
、
ラ
イ
フ
イ
ノ
が
明
ら
か
と
な
っ
た
と
を
伸
ば
し
て
い
る
こ
と
れ
、
急
速
に
技
術
開
発
力
地
域
の
新
興
企
業
が
現
願
上
位
者
に
、
東
ア
ジ
ア
の
テ
ー
マ
に
お
け
る
出
き
た
と
す
る
一
方
、
個
々
有
す
る
こ
と
が
確
認
で
が
高
い
技
術
開
発
力
を
グ
ま
で
幅
広
い
日
本
企
膜
メ
ー
カ
ー
か
ら
プ
ラ
上
位
ラ
ン
キ
ン
グ
で
は
、
︵て
3い
︶る
水。
処
理
膜
か
ら
の
出
願
が
急
増
し
く
︶
の
企
業
・
研
究
機
関
東
ア
ジ
ア
︵
日
本
を
除
ュ
ー
ブ
等
に
関
し
て
は
、
年
カ
ー
ボ
ン
ナ
ノ
チ
ン
ト
エ
ン
ジ
ニ
ア
リ
ン
:
た
オ。
リ
ン
パ
ス
や
大
王
件
数2
0
、1
負1
債年
と度
の
も全
3国
年企
業
連倒
続産
減
少
象
に
﹁
工
場
立
地
動
向
調
2
0
1
2年
(平成2
4年)
4月3
0日 (4)
:
安
東
日
本
大
震
災
関
連
倒
産
は
高
止
ま
り
査
﹂
を
実
施
し
、
結
果
を
を
今実
回施
のし
調た
査。
結
果
で
:
コ
﹁
厚ン
生プ
年ラ
金イ
基
金ア
﹂ン
解ス
散
に違
伴反
う関
連連
鎖
倒が
産急
不増
取
り
ま
と
め
、
公
表
し
た
:
来 ︵ 減 減 2 7 る 額 企 ︵ が
2
01 少 ︶ ・ 0 と 1 業 平 発 東
年1でと77、千倒成
表 京
ぶ 、 、 % 件 倒 万 産2
3し 商
り513減︵産円状︶た工
に59年、前件以況年2リ
179度3年数上︵度0サ
は︶負の
3件1連5
1
︶年続8度1に債全1ー
0以度の件比2よ総国
チ
56 債 0
倒
兆 し 万 2 1 億1
産東円て円794・億総0
5
は 日 を は 減 5 9 4
%4額件
3 本 下2
1︶ 3 0 0 減 0 は を
月大回年以億年0
、03下
が
震 っ ぶ 来 1 度 万 7 0 兆 回
5
3災 た り 、 4
円
万9っ
。に年0︵減3円9た
件
関
3
3
度
︵
で
。
4と0兆︶
。9同0負
、連
気立年1は予化
まし震倒
対 っ 度 % 、 利 法 中 り て 災 産
2 増 前 用 に 小 し も か 累
応 た7
緊 。 件 の 年 後 基 企 て5
0ら 計
急同︶1度のづ業い件1は
保年と7比倒く金る台年6
証度増01
。
でを9
制の加件3産返融
7
円
件
済
高経件
度﹁が︵6
止過。
﹂景目前・数猶滑
加
た件建件で倍度産一ス
︵
入多。、設とはに︵
は 因
卸 業 最 、 急 9
すく
51 と 法
令
売3
るの
0も サ 増 件 5
業 件 多 ー し ︶ 3 な 遵
企中
5、 く ビ た よ 件 っ 守
業小 1
件
製、ス。りとた︶
年
違
で造次業産1、企反
金企
あ 業 い が 業 ・ 前 業 ﹂
で業
6で4
っ2
6別 6 年 倒 が
、が
経 産 新 報
出
願
い3
4く ︵ 出
る % 、 約 願
。 ︶ 次3
7件
近がい%数
年多で︶は
、数日が、
韓を本
国占勢最欧
勢め︵も州
のて約多勢
ン
︵
エ
ネ
ル
ギ
ー
・
環
境
︶
い
分
野
に
お
い
て
日
本
リ
ー特
ン許
イ庁
ノ は ベ2
5
ー日
シ、
ョグ
数
は
最
大
を
占
め
、
幅
広
日
本
勢
の
特
許
出
願
件
%日中
を本韓
占勢へ
めがの
て全出
い体願
件
る
がの数
約
、 は
9、
近3
か9
0パ い
ら年ーた
の代開。
集後発一
中半初方
的に期、
電
な米で子
出国あペ
願勢るー
東
ア
ジ
ア
の
新
興
企
業
急
速
に
技
術
開
発
力
を
伸
ば
す
日
本
が
高
い
技
術
開
発
力
を
有
す
る
と
確
認
企
業
の
特
許
・
意
匠
の
出
願
動
向
調
査
重
要
技
術
分
野
に
お
け
る
日
本
・
外
国
5度利
件 比 用
3後
と4
、・の
業6
績%倒
不増産
振のは
か1前
ら2年
一
部
が
補
助
さ
れ
る
。
点
に
対
し
、
設
備
費
等
の
:
抜
け
出
せ
な
い
企
業
の
:
多
さ
を
浮
き
彫
り
に
し
:
製
紙
な
ど
で
注
目
を
集
:
内
料︵が
がへは日及︵願た占かの技︵出
か理過出日︵る
定政のを円庁
2件一に部コ合事
立
︶
、
次
確のも本び8が、めら出術7願
し策経踏滑は
6確
採。ン研務
らの半願米5。
3補
が
日︶認
認出と企そ︶増近るの願
たパ営ま化、
︶
地
特特数件欧︶
億助公択なサ究局
機さ
電
で願よ業のイ加年︵出件日医急
。ッ支え法﹁
米
許許を数中子
円金募先おル所
推
︵
中
︵
能れ
占は韓
き も り か 応 オ し 、 約 願 数 米 用 増
ケ援たの
欧
も
出
を総でを、
進
性
ペ
テ経株
は
、 多 米 ら 用 ン て 中3
ーの中最小
8が は 欧 画 し
中皮た
へー
願日め、
採額、決2
︶
企
発
像
国
日
日
、
は
い
て
。
、
ジ
事
%
韓膚
さ本基本のパ
択約2定月ィ営野
米い欧、技生るへ︶最日中のい
﹂た小終業
業
へ化
れ企本勢特ー
し24し3ン革村
欧こ中日術装。の。多本韓利る
をめ企延金
の粧
置
出まを勢へ用。
て05た日グ新総
中と韓本
策の業長融
て業原が許
配るさす務で負産業は負割けに厚が金﹁損年国
を外企末帯ォた状積企端携︵
し組連援及揮ンにを善
定向心ルイデ太
グ業C点分るB生品るチA
企以内以
い 欧 で 多 勢 へ テ ︵ る と い 韓
さたらるが連担しが事担れれ伴生、﹂総︵金か
てを携協び、グよ図・中
。 調 に ギ オ ィ 陽 な 確 で 業 機 型 ン 。 況 極 業 末 帯1
0る 州 米 く か の レ 9 。 過 て へ
外補ルを
業内。
野高産・代ェ
中
︵
A
の
れめに企課帯分た続業と部ばい年積が合代のら
い強の議中企機るる事小
ー
は
査特ーンシ電お保積以に電等まが的に機型︶。勢国︵ら出ビ︶
に付将拠素替ー供
半、の
小企助プ行及
来点材
イ
日
︵ 勢 約 の 願
て、穴業せ責は企出をな分な、金立続型行代預
る力強会小業能コた業企
ョ池、し極外関子がた明なよ︵電携
ン給
2グ
を
う
許
お
関
加
電
数本出
が
率
ル企業
平て
び
の
分
再
ン
帯
再
約
い連埋がら任残業し停りのら国基不出厚割行か
し
。
、
件
ナ
、
︶
網
め
意
3
6
︵
日
/
業
に化の企生のン
実出連池
中B
け価雇
を勢願
ー業はは
野効の︵
パ成
生
い 的 の て 情 含 ス ら 意 る 匠 子 電 1
9 約 % 出 数 米 タ
る鎖め増れをっのて止、穴なに金足し生
3プは1中
進な機業支一サ、
施願技等、
小分
る値用
願
占は件
れ部っ
倒
返
を
にか中サ
ー
4る に 企 は 報 ま マ か 匠 他 ︶ 情 話
リ ワ2
金のの
%2
。倒
る
い
は
5︶
以化1/小
めど能再援層ル融促経
す技術のチー年。意業、通れーと権国
企野
生のを
報機
め 約 数
産がえ。負た未るす産埋い上の抱て年︶分た
おな核プ
︶%、が、欧ネ
内中/3企
匠も韓信るトな獲へ韓通及
るの及生機のテ機進営
る術をエウコ度
業で
産成支
て5
が増る倒う企払。るまめ代し解えい金しが厚
けいとラ
8に
が︶次最日中ッ
︶小2以業
心えと産義業い倒企たが行な散たる基た毀生
権海国端携フっ得の国信び
と取び支構発ィ関等改
予動中ネムンは
等事
拠長え
い%お
る部なイ
、いも本韓ト
続
。
月 ∼ ガ 真 の の 震 に 会 及 ギ は
と財が5本にを度を財﹁
再生可能エネ買取制度についての委員長案
回産中9企よ取に実産中経
第6回「中国における知的財産権侵害実態調査」
2
9﹂ ス に 在 液 災 お 液 び ー 、 原
「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」
(再生
の
総
子
答権国社業るりお施権国済
日
の災り化をい化火調
︵
5日、経済産
可能エネ買取制度)が7月からの施行に向け議論が進んでいる。2
原
し侵に︵
報検確害方石踏て石薬査合力 確 ﹁
1 と ま け し 侵 に 産
業省別館で調達価格等算定委員会(委員長・植田和弘京都大学大学院経済学研究
子
討
、害お業
安
て 害 お6
、
20 、 と る 2
告を立にに油ま﹁油類会資
6め
科教授)が開催され、再生可能エネルギー特措法に基づく、買取区分・価格価
実け省
全 立 真 力
おをい・
源
高
書
調
保
ガ
え
ガ
つ
強
に
東
0態
行
・
り
は
に 安
格・買取期間についての委員長案がまとめられた。
90割た
をい向いいスた日ス安圧エ保 に
6
、 受 て % 社 超 。 査 1 調 る2
災 全
向
ネ
知
ガ
取
結
知
分
け
部
今
保
て
L
け
/のそ
本
0査
安
依
、
日
︶
り3てP∼安後大会科スル院 け 害 ・
然た的︶1日れ果年﹂的、
電 源
太陽光
風 力
地 熱
中小水力
て に 保
買取区分
件 た 加 事 正 8
75
1み る 件 タ 害
手 ︵ 割 て り 害 と
ま
てる政企切国知十だの事施00害る
れ的ルく大のえやLて東
安
︵ す 例 に ・ ・ ら な 数 ー 件 特 段 5
9 ︵ い 、 は し
い取府業と当さ分し効部︶
た早ギ、きのい地P、日同と ﹂
の 強
90
1
00
院
︶11特摘一︶
。
い
8
4
津
ま
安
9る
く組にも感局れ﹂、果門に10別発方
こいー
8 れ ど ﹂ ネ 数 に を ・5
本報め 報
深て
な、等震ガ
年年る﹂商
年
﹁
﹁
が
%
波
L
L
利0社企た
がを
との対依じのな
と復に全二
大告公
はにス
度度傾に標︶%た著約ッの、
年 年 摘 強 、
全用%/業、刻日
度
︵
つ 登 。 ︵ し
に次P発よ容に震書表 告 P
発化中
い 強 し 然 て 対 い 処 処 み 中 つ 61
う
0
本
ト
向
な
比
旧
9
体
よ
ガ
書 ガ
、
2
活︵国
の被
て化て多い応﹂罰罰ら心い
9い 割 上 ち の し ︶
00
2 1 が い 録 ま1
がべ他災ス生る器り災でし
︶1う害状企
て月月動﹁政
買取 税込
2
て
な結内れ
︶
て
は
た
、く
い
公 ス
、
か
03みもさた年年増をの﹁権いが0ちを況業
価格 (*3)
知府
い達ての害分し微の多に、
。 表 の
るをさ、るがど果容たにはまら﹂
7
︵
、
1kWh
度
度
︵
33ら、れ﹁
加占侵イ利る救0、受にの
財に
わ成比エは野た少流数お1
。求ら中日不、がが。一、で2
当り 税抜
5件件れ増た不
2侵よ
ゆさ較ネなでも漏出のい
がめ害ン侵。済社6けあ被
めな国本適中通不た定刑実
︶
買取期間
ュ
ル
に
る
電
マ
ン
側
ネ
補
三
日
階
た
質
し
域を果にっ
は
地
関
を
ス﹁所特分住る
日
解
訓
の
お
方
け
啓
め
応
備
な
収
て
ニギ
た3つマ
記 5
︵
テ
経
ュ
力採とマ、よと月
ト
︶
で
助
毎
次
り
て
、
東
域
指
﹂災等長散宅﹁
を
け
、
、
、
経
の
ス
ル
1
4
す
本
決
活
向
る
発
ロ
集
いス
﹁
ー済ニ
東 る こ1
念
が害でを型等軒
ィ
に
金
、択しス
を
金
年
補
、
い
を
摘
掘
る
知
設
被
済
月
9
日
て
北
ス
・
タ
大
動るギ
性に
活
の対
ビ
タ
導庁産テ
水事てタ
イ ﹁1
実に
実︶おー産動的を地ー防地﹂5
る
採ー
す
り
様
備
0
災
発
ー北厳ろ日、ー正︵
地
マ
震
向
と
応
対
の生エで下
は
採
質。月
地正、ま2プ予平入
産業
まい
ベ地日
証
在
・
ィ
施
災
。
択
る
起
々
基
業
業
プ
後
信
、
強
﹁
方
プ
災
とけ
応な機
活かネの庫
加者択ラ方な外で月
で て ︵ 省 の 盤 紹 質 対 、 の 経1
成 促 ス 省 構 ー
ン質は
さ
ラ
使
し
算
一
こ
な
0
正
ラ
の
介情策
一
策ど器の体もた
工でし
3進 マ 資 築 ト 8
トの
れい用しル
﹂
て展、面・
資日済日
の
4ン ︶2
た ン 8 審 部 公1
復制に対し課対方たLなたギ用に
日
ン
な
報
す
具
環
を
ー
コ
地
産
﹂
本
事
5
業あ。策自査有募日策﹂
示
年
を
面
継
い
源
で
、
題
普
は
に
源
提体に旧の情応そ・応、こPど避ー続よ
定治の識をか定お度業ト
ミ
者る
開﹂
電 源
バイオマス
域 策
る イ 月 玄 館 と 及 る 整 ど ・ に 業 ﹁
コエ
等新
1関 1 し ・ た 備 に エ 当 省 地
催
地体結者行ら者け第費ミネ
定
示的お対整報のの教に東とガ、難の、る
。 ベ1
買取区分
︵
マ
ル
メ
ス
の
る築
わ費トテ末期ン議
策
証に
入ル
予 導 請2
5 万 円 せ S I イ 般 本 を 購 し ︵ 補 シ 庭 正 ︵
ギ予成
促 ギ ル
事
平
ス
6
マ
ー
マ
ム
に
ギ
。が
れ用
ま間
等よカ地
会
ー 算2
ニ 社 件1
9入 、
促ギ経をの進H
助ス用予
3進 ー ギ 経 が 情 エ 算 入 の 年 円 。 て 導 ︶
タ定今
ネ及
ー済採補事E
る
期ー
合度。補、入。シ団の日者公事対テの算成
で基でー業ー者後
のるー元
事
採
︶
額
補
管
済
利
報
ネ
ー
︵にジびで
年
ト
﹂
予
ム
2
3進 管 産 択
に
待コ成、、企
認・Ⅰプは、
事つメ機導あづ
用に度業理庁産択管ルに助計末事助合補算ア法執かか募業象︵エ︶
助業M
事
社︶ラ
﹂
国
き
年
い
る
通
さミ果
業額計
達事額
9マ
費シは業
ら ら 説 者 機 H ネ に 度 業 理 業
業てン器入平、定会、
廃棄物系
チ
お
情
行
第
対費S
理
ギ
人
業
助
ま
買取 区分 メタン化発酵ガス 未利用木材 一般木材
ス
内
額
れュを
信
リサイクル木材
期は3
す業︵
(含むパーム椰子殻) (木質以外)
シ省
お
Ⅱ補ト、さ成復さシ次ン月タ
開の明、器Eル
け三補ス、省
ニ
価格
、
報
団
費
環
事
象補導
運
ー
で
ブ
る
は
第
4
ギ
事
相
会
B
を
に
テ
間
定
﹁
る
ス
活
1
1
は
助
含
れ
資
プ
世
末ー
け
︶
1kWh 税込
とテ
管る次金ムエ
機助入
営利まむE又は額0業B︵境体始談・製をMーる三補テ、
7興 た ス
地業自
。 助 必 ロ れ2
策
ィ
用
テ
当り 税抜
源
﹁
ま
エ
代
S
プ
る年集
しの
S共はし受一
動
0
理
補
助
採
は
と
管
域
E
が要ジ
導
者
次
︵
器
者
用
M
平
ネ
ム
で
で
ム
定
金
促
エ
エ
し
ネ
で
︶
エ
プ
ラ
、
て
︶
ェシ
買取期間
行なクス度中ラ協ネしにン
運ル正平入ルネ
付般品択の理家補金導ネ
0億 併 M I 創 一 た
。 が S 申 成1
い構た実等車
。
︶
︵
︵
省ンュ﹁売種デム最機用自
1第 お ゲ 営
術﹁
進化平
定 の 以 行 の ギ S 環 団 録 ア2
請アるM集グさ施IMは置
を事正審ら日
2
L と最
採決業な査外ま
事 対 成 経
エアープすをルエ上﹁ヒ然株
普地採平がグたSがリれにIS、申B。実降状実ーI境体しグ事一いー者
最 コ
JL
E
4済
定 者 審 委 部 で 月 業 策 2
施、況施管I共はたリ業次て
択
ネットレる6チコ位エー冷式 省
及球択成
必 リ め 補 開 ゲ 次 伴 と ア 今 請 E
タ ︵
高NE
2
9﹂
、
第に状理
﹁
に
︶B
コ
ゲ
︶
の
回
の
グ
始
要
ロ
し
会
。
ェ
キ
機
﹂
プ
X
第
上
査
ー
案
年
員
産
創 一 。 ゲ 者 採5
事
を
ト媒
性
う
M
月
及
技
助
2
4
等
、
9
エ
︶
受
ミ
温
二応況支。イ
のE
は
キポ
本ー
発
社 ネ 位 ナ
U JラCX
を 会 有3
件年とーは金さタ、契間リ決
1日 の 術 度 業 ︵ 推
業
検
と中、ア
般
かンュ種
S
を
件
び
C
択
暖を
か公
登M
﹁ュ
﹁省1
次じや援今ニ
タ、
でゲ定付
タ
識
事
B
に
表
な
ン
れ
コ
ジ
ー
、
S
経
件
に
エ
U
・
の
A
者し採て
ンO
快最同ム
討採て予
ら
後シ社業とB分
進化決度る経BをるおE約、ーしに機
録S
者のら募普地は
ロ 節 機 コ
しトプー
は Nク
お
サ
PS
適も社エ
及 た 択 、 い に 応 3 を 及 球 次 事 対 定 の
順 、 ﹂ レ ト プ 2ナ
受。いMが事タたつ器
す択、算ー、ア団のしEと申申ア
E
由
。
C
、
種
エ
6公
の
﹁新、
キ
性高ラコ
次2をミ﹂給家は 電
る公今のビネチ法執てMし請請グ
び 。 案 採 て よ 募 月 行 等 温 2
C
策
でM給BてS締業とBいの
・
中
募業
発機モアの湯庭、 節 を ュ
をいイキ
T Aフ・C
1い 推 暖 日
﹂
S
採
件 択 厳 る か2
技
実
結
E
募
E
設
予
募
秋
執
申
S
す
ア
て
スルブ人行登Sて、にリ
、︶
安
モ
P
ァ
ー
T
獲フ新ら5にト度験動2
7ュ プ エ 種 り 誇 水 デ ト
安が
全2
円 施 に リ プ ッ 需 需 次 I 創 の を 者 補 金 促 ウ3
0
言調冷株るエえ術熱研るたシ海プレ効設タ人択
4ク
3 温 に3
イ
大
︵
に
・
・
のす係チ対ト要給補︶イ執開の正︵進ム日経申費入イ定な機媒式提ネたの回株提諸ス洋ラー率石ー石案
更
得
ァ
お
0
0容価を効あAーレネは、る
車
対
自
全
れ
★
性
ル
ブ
以
予 る る ウ 策 、 側 状 正 。 ニ 行 始 申 予 平 対 イ か 済 請 補 促 オ 置 ど の を 会 言 ル イ 導 収 式 言 制 テ 深 ン ス ・ 炭 の 炭 件
量格達率たWトミ大﹁今最 役
性象にしイ安るのい下動評の0 賞
能0
︵る1︵
チ
回
全
平
価
ス
イエは
︵
算 た 導 ム ︶ 停 対 況 に 平 シ 団 し 請 算 成 策 オ ら 産 開 助 進 ン 用 1
0
、
た
ブ
賞
て
5普 用 社 、 ギ ン 入 型 会 、 度 ム 層 ト ︶
成
立
、環
03
﹁ク
上
車す安h ﹂
能車C
総
成
J
の
、
テ株境火ンネ、
ード
電
ア
発
ェ
性
成
C
ア
ン
2
3
イ
み
税
、
め
タ
措
︵
ダ
と
ス
。︶
﹂
、
て
件
と
業
始
︶
お
つ
し
い
︵
策
h
07
J
J
検
入
及
体
アる全
がのT
ル最
金対蓄リ
石社ず導普水ク式
のイ政に
力ドル一
I
3チ
能
の H ム を2
3売 位 新 ン
オ し 時 ︵ を い2
い予の年事蓄定省
置、
写 をー合が
。とた
00込てS年
高う2発タ総Nマ高Nセ平性真
Hキ策お討炭のほ入及多ノ会改発ネギ般
の策電チ
2補ンてバピ踏て年ブはる約一度業電置は
す機
後
年
間
受
P
評
︶
ジ
を
省
表
ー
獲
善
い
賞
機
円
エ
ッ
政エFンにけを乾低情にに段ロ社︵電シー財
いち0し賞合CにラCス成
︶
一事池ウ
る 種
能 ︶
価
講1助蓄定クーま、度︵環。申般第費池用、
ジ
。がはるは給継−コ賞度
をが 得﹂
ク 最 0 た ﹂ 評 A 与 ン A メ2
境
を
補
S
2で 能
第
タ。3湯機H
3
し
電
本
え
電
導
0
3
置
般
業
導
ム
購
三
リ
策 ネ C 工 対 る 踏 燥 温 報 関 向 利 ー 日 リ 所 ア セ 団
じ
アク
P
請
8ン
ルもh。を価Pえク︶ン年試自
提空
業す省ま技廃総すけ用の立プの既ン法
て億実池用ッカた力三I共件︶入次助入チ月
・保種Xキた省機あ
︵
︵
い
とて整グ業旧等
集助プ﹁
とはに新年たCマ
なフAエニRッしギE受日R経
額で間
合財学田業者結者続ムギ証ギ成
0
0①h決か認のけI認い技基スオ象リ請
際 3
法
なC基・度とAと
工 団 園 大 者 を 果 に ︶ ・ 標 ー 事 ー2
3標 日 経 事 国 ス に 又 は 人 万 住 以 定 ら 証 カ た I 証 る 術 準 テ ン は ー 者 補 た
どォ︶ネッIトてーFけ、I済東をルE
な、備ルで・の被期事施中
整
補
制
マ
、がスも
るTづ安か発P評
・
助。
学法神学は決をよに
機こ基︵ム蓄定
済業際マ達は平︶円宅上︶
のーやルトAを、フ︵て日A研ア立ギR
る助補ーあ備施災間業設小
つ御準ネ業社年準、
。後困タのに関と準安費電置スは率
国ギは・立エァ東 本 究ジち
全
ス
る
す
、
が
。
ラ
表
大
の
、
定
経
用
研
化
﹂
補
度
価
奈
。
人
し
企
交
ー
﹁金助プる
I
も
産
2
化
い
1
等
創
ら
既
く
標
ー
成
よ
、
ム︵
容日
︵
マ
を
用池用
﹁に設
際
エちネンア 政エセア上
性
︵
る
究エ川学学して厳て技にジ
個は
復交事施中係・た決5復業
存ムエー、
5億 ② 個 補 量 別 難 品 た る が 指 ︶ 全
0同能導し賞さ
メ 助 会 次 研 ー 業 採 準 ト ま 付2
。及リ可
ネ上ルドジ設府リン・げユA
術
校
校
今
性
ネ
た
、
正
認
業
定
︵
機
た
﹂
で
択
所
究
を
シ
、
金
世
助
工
れ
︶
円
だ
ン
興付
に
ト
人1
等
事
確
お
設小る設中
旧
し
入
の
賞
額
年
省
ニ
が
0
化ハで
次
ネ関後ルげギ︶ア のアタア
も、
総
ル科法法。採な外研
人上は途あつし
ス代事ハ
証定満等補びチ。、/
﹂
I
。
。
ト
。
事にに等企補備小
エEル︵、ギたーをエた支︶ーセ ッエ
認し第たに助付ウ補
hの合さ平獲﹁
研ウ。が度事業︶
1要るい
︶整グ
ギ大人人採択審部究けシエテエ業ウは
3
、
業必つ復業助の企
ネ F ギ I 国 ー 。 ユ 活 ネ E 援 は ︵ ア ト ネ
が受評れ成
の備ル
究 ス 予 末 業 所 1 限 k 件 こ て 大 を 、 三 し 係 対 帯 ム 助 法 。
ー学幾早択事査有事るスネムネ︵ス先
得 J
は
計要い旧等事復業
募補ー
初 賞 価 た2
3E ン
3し N
ル ︶ ー E 際 ユ E ニ 用 ル A を2
徳稲事業の識業接テル実ル平国月
算ま期用0
総
型受S者てる象シイ対人申
、Wをとは 、
助/整にら募∼お県岩画
%他本東に47
%さ最余東中中
提いの年万見
論電も力も
て限ニRリのを創エのくィネジ向ネつギ
7%北なか西るて夏のの会が検 す2備、認集5い、手﹂
3
を 力 の を 各 同 と の で 北 。 % 一 と る 経 の 込 9 は れ 低 剰 北 部 国 一 % 、 海 る な 電 と 議 の 試 今 に 開 証2
い支ッIテエ含設ネE。のルアけル、ー
て茨県の
る、に施定が月
す需をさ電委な西は、予不0方し節済猛。は社5て減を電電電方と九道こり力今論電算夏は催委日
る援トAィネむのルA日強ギ地てギ東機
。県対設
る給もら力員っ日3東備足9、て電状暑こ1全社い確見力力力でな種電とのが夏し力がの電さ員、
。しの・強ル東みギE本化ー域取ーア関
15 城 、 認
・ を 行3
が
ジ
エ
県
宮
定
わ
予 に と に 会 会 て 本 ・ 京 率 す 1 供 い の 況 、 れ 億 体 が る 保 込 は は は 、 る 電 力 が 電 ▲ の た 需 提 需 力 れ 会 政
り
な
ー
F
政
日
月
をセに 連アと
て活ネ化ギア
1し設受れ︵1、城に
︵
6需 。 要 出 給 9 た ﹂ 府
定 つ に 精 社 で い は 7 電 は る 万 給 る 効 、 2 は 7 で 下 予 が ん 2 5 4 東 見 力 が わ 力1
い動ルのージらフ東府図キお組携地連
力。
/て備ける木日千県つ
京通が▲か
%力、
定02
・
・
▲
で
は
る
。のの
さ
、
給そ
だ
み
ず
ァ
は
回
・
・
北
の
果着100のっ備必い9
い今査の、。3、の
くをギたセア、ンア、っュけ、強域携
見では
4国復た。︶︵葉、い
電し▲3っ不3はれにれ見社同初﹁
。
2
5
海
をし212需た率要る%%%力だ3・た足%、につ、通か委会需
場県ま火県福て
て夏し供今
と最ーめキ地日ドジ今てリる東化のし
、1
をが
・そ東道通0
6
に
島
補1旧
で
の
億
か
後
日
し
前て年05給。3と。の、、と。・1。とと関よい今しら員合給
合
給
の
た
エ
つ
議
ア
に
エ
テ
本
ア
回
い
域
ュ
ユ
E
大
し
・
・
、
︶
︶
、
得 あ ハ で ル
が術花 た発し産術の術次ムサ型代7新パ電ポス型料てイ
す る イ18産 特 イ 産 ポ
開当もがて官立乏計世ーンプ、0素ー気ンタ電電いン現
日業許ウ 庁 ル
、
る国ウ
夢でか時の進強学国し画代ンシロ通年材コ自プー池池るパ在
ェか財庁ェ と ト
で
こ
で批せはだめ力がにいな産ラャジ産 なン 、ビ︶、太ク、
●体の中で狙った機能性分子をつくる技術 光と熱のエネルギーで遺伝子の発現制御を目指す と特イら産はイ 特 ガ
経
省代どピ動水ン、蓄陽
終 判 る 21
イイ
ど
す
。
︵
、
試
許
ル
健康工学研究部門は、産総研ナノチューブ応用研究センターおよび国立大学法人京都大学と協力して、光によって容易に発熱できる
ェ
業
日
らに一
か
が許 特庁ポ
素、高電電ト済
P
行 審 産 カーボンナノホーン (CNH) の特性 ( 光発熱特性 ) を利用して、生体内で標的とする生理活性物質を生み出す新しい遺伝子発現制御技術
わ も 世 れ 研 致 る 本 で 基 ト ン ク 時 ら は ュ 車
を
可権 許と 開 査 業
社
あ夢
代
ー、利ヒ効池池
計計
、
べ
ら
能をP審のル
て 究 団 く を 資 盤 画 画 ト の9
01 タ ス 用 ー 率 ︵ 、 与 会
ト 始 ハ 財 を開発した。今回開発した技術によって、ナノ材料の光発熱特性を利用した、これまでにない概念の細胞療法 ( 細胞を用いる治療法 )
せっの紀
ずた技に き開結、技源技、、や大年9、ー、トガ新燃えに
と取H
を実現できる。この技術は、分子・細胞レベルでの病態の解明につながる研究の強力なツールとしても期待される。4 月 24 日発表
、査間ガ
国 が た 制 請 手 よ い 判 ●ダイヤモンド LED で光子を 1 個ずつ室温で電気的に発生させることに世界で初めて成功
もち待なの
りプを保安いタ年プ代ト研産
付技用立世技せ
っ
・ と 度 す 続 り て 断 JST 課題達成型基礎研究の一環として、大阪大学と産総研は、人工ダイヤモンドを用いて室温で電気的に単一光子を発生させること
て何の未さイ経2だロ見し定。ーでロ同さ究業今か術化場界術ず
ほ 来
機P
P発︶るで、、さ
が
ン済0。ジ据、的多ゲ事ジ様せ制省年れはでにをはに
れ
し 何 夢 パ 社 3 ェ え 10 に 年 ッ 業 ェ 、 る 度 は 度 る す き あ リ 、 開 関 H 表 の こ 早 別 出 れ に世界で初めて成功した。高度な製造技術によって高品質ダイヤモンドの薄い発光層を n 層と p 層で挟み、発光層に電気が流せる LED
素子を作製。さらに、光子相関法などの精密な測定法により、単一光子源として世界で初めて室温で電気的に動作していることを実証
る
今
そ。﹂﹁
度
年
は
る
の
いで、
を し 試 と 期 の 願 た
クた予にト化クれ通を未かだぐる。ーや花 2
若。ク会0
国人
行
した。極低温やレーザーを使用する際の問題を克服し、量子暗号通信の省エネルギー・低コスト化への道が開かれた。今後、素子の集
の
2
た
。
︵も い日トに年 ト骨 算 ででト
締 をが審での出
た
2
0 わ
ぞ産ス来ら。によすド日さ
。
に
積化によって、システムの高速化や効率化が進み、実証実験を経た近い将来には、国家機密の通信や個人情報に関わる秘匿通信などへ
恒
頑め人本が大以
ば太年をたはきはれ省タ開経
追うぐす本せ
。 結 わ 開 で 査 簡 申 願 の利用が期待される。さらに量子暗号通信にとどまらず、将来的には室温で電気的にスピンや光を操作して演算や記録を行う量子コン
しが始きを易請に
心張にたの期き降 かの先確りなる数の時ー拓済 いな実るがた
︶
た 国 し る 申 な に つ ピューターや量子計測などで必要な素子の実現にも貢献する可能性を示す。4 月 16 日発表
め
た
﹁
コ
ン
プ
ラ
イ
ア
ン
:
:
「インターネット上の侵害」
「不正な商標登録」
が増加
→
→
→
:
:
:
:
:
今夏の需給見通し
関電は 16.3%の不足、
東電は 4.5%の余剰に
編
集
後
記
産総研 プレスリリース
ダウンロード

2012.04.30号