第2章・補足
ソシュールの言語学
構造主義と記号論
記号の恣意性
ソシュールの言語学
・「もの」がありそれに名前を付けただけたものが言語であるという
言語観を「名称目録的言語観」「カタログ言語観」という。ソシュー
ルはこれを否定した。
・「ことばとは「ものの名前」ではない。」
・フランス語の mouton は英語の sheep とほぼ同じだが、料理して
卓上に供されたものを英語では mouton と言うように、意味の幅
が違う。
・言語活動はちょうど星座を見るように、もともとは切れ目の入って
いない世界に人為的に切れ目を入れて、まとまりをつけることであ
る。(分節と呼ぶ)
・言葉が与えられることによって、はじめて(意識の上での)認識が
可能になる。
2
象徴
(symbole)
違う
記号=(シニフィアン、シニフィエ)
意味されるものSignife シ
ニフィエ、
実体
実体
物理的必然性
がある
意味するものSignifian
シニフィアン、
Man
Ferfi
男性
Hommes
Woman
..
No
女性
Damen
対応は恣意的で、物理的必然性がない。それぞれの言語、
社会の構造の中でのみ意味を持つ。「言語」こそ、
記号論で言う記号の代表例である。
3
記号(言語)の恣意性
「ある言葉が指すものは、世界にある実物ではない。
その言葉が世界から勝手に切り取ったものである(分
節)。言葉が何を指すかは社会的・文化的に決まって
いるだけである。自然自身の中にそれを必然とする
根拠があるわけではない。こういう特徴をソシュール
は言語の「恣意性」と呼んだ。」
Desk
外来語が入ってくる前には、
日本にはデスクもテーブルも
存在しなかった!
机
Table
4
構造主義:
私たちはつねにある時代、ある地域、ある社会集団に属して
おり、その条件が私たちのものの見方、感じ方、考え方を基
本的なところで決定している。だから、私たちは自分が思っ
ているほど自由に、主体的にものを見ているわけではない。
むしろ私たちは、ほとんどの場合、自分の社会集団が受け
容れたものだけを選択的に「見せられ」「感じさせられ」「考え
させられている」。自分の属する社会集団が無意識的に排
除してしまったものは、そもそも私たちの視界に入ることがな
く、私たちの思索の主題になることもない。
(内田樹「寝ながら学べる構造主義」文春新書)
5
参考文献:ソシュールの言語学と構造主義
田中克彦「言語学とは何か」岩波新書 (1993) ☆☆☆
田中克彦「ことばと国家」岩波新書 (1981)
内田樹「寝ながら学べる構造主義」 文春新書(H14) ☆☆☆
橋爪大三郎「はじめての構造主義」講談社現代新書 (1988)
池上嘉彦「記号論への招待」岩波新書 (1984) (面白くない本)
贈り物は孤立している。
恩恵も感謝も贈り物にかかわりをもたない。
魂は贈り物に感染しない。
(ロラン・バルト「表徴の帝国」ちくま学芸文庫 p.103.)
(表徴の帝国=記号の王国=日本)
6
ダウンロード

PPT