http://www.gfd-dennou.org
地球流体科学における
データとその流通にまつわる諸問題
および様々な試み
林 祥介(神戸大・理)、堀之内 武(北大・地球環境)
前座
林祥介
[email protected]
神戸大学 大学院理学研究科
地球惑星科学専攻・惑星科学研究センター
地球流体電脳倶楽部
2009年1月16日 国立天文台データ科学WS
http://www.gfd-dennou.org
背景
背景:地球流体のはじまり
 物理帝国主義の一つのあらわれ
 第二次大戦後の計算機の応用問題としての気象・
気候予測への機運
 物理学として天気予報する・きっとできる、という確信
 さて、何を計算すればよいか
 ナビエストークスを積分することは不可能
 流体力学を基盤に、個別的な気象海洋現象論を再検討
統合し、大気海洋の運動を統一して記述する一般理論へ
 回転と密度成層が働く世界の流体力学=地球流体力学
► 現象の数理物理的定式化(特に力学的定式化)
» 低気圧・高気圧とは何であるか?そのサイズは?
 数学的に記述された流れ場の特色が表現できれば
計算できる
http://www.gfd-dennou.org
背景:理解(追跡)の困難
 ある程度天気予報気候予測できるようになった
が、高度化・細分化
 物理の終焉=理解の困難
 数式変形(高い普遍性)から数値計算へ
 概略の理解から精緻な予言へ
 現場では業務化
 専門組織による気象業務
 高度大規模な観測網
 数値計算モデルの複雑化
 モデルと結合したデータ生成(同化)、解析
 研究・教育でも同じレベルを維持する必要
http://www.gfd-dennou.org
例:APE(水惑星実験) 赤道降水
数値計算結果を「理解」することはたやすくない
 問題
 膨大な知識とデータ,複雑化するモデルへの対応
 そもそも作るのが大変
 動かすのも大変
 相互に参照するのはもっと大変
 伝統的作戦は人海戦術
 確保できる予算とマンパワーで勝負が決まる
 いずれ限界が?
(でも以外と?長持ちした:計算技術の進歩)
http://www.gfd-dennou.org
背景:理解(追跡)の困難
 専門分化・細分化
 知の爆発=膨大な知識の集積
 多すぎて理解困難(頭に入らない)
 さらなる進歩を得るためには細分化して対応
 でも無限に細分化するわけにはいかない
► 全体の掌握が困難に
► 個々の継承が困難に
► マンパワーとコミュニケーション能力にはかぎりがある
http://www.gfd-dennou.org
野望
 知の爆発への対応
 V. Bush(1945)
 「人類にとっての真の挑戦は原子をさらに細かく調べたり
生命の複雑さを探求することではなく、科学技術が氾濫さ
せる情報のよりよい管理方法を発見することだ」
 研究者にとって情報のよりよい管理方法とは?
 これを地球流体(気象海洋…)な世界ぐらいを対象
に何とかしてみようじゃないの
 気象海洋現象を統一的に記述するべく生まれた地球流
体力学の伝統を「継承」
 数理物理的な構造を基盤に情報学的構造(整理の仕方)
の探究
http://www.gfd-dennou.org
http://www.gfd-dennou.org
そこで
野望
 誰もが参照できて使える情報基盤としての資源
の整備提供共有
 相互検証されるべき詳細な知識の共有空間として
の数値モデル=情報基盤
 論文に載ってる情報じゃあ全然足らない
 そもそも細かい設定は載せられない
 数値モデル自体がデータ(情報)
 数値モデル構築とデータ処理のための技術的基盤
としての情報基盤
 構築維持管理運用レベルの全体としての底上げ
 一人あるいは小さなグループで全部やってたら大変
http://www.gfd-dennou.org
地球流体電脳倶楽部
 ネットワーク上に分散活動する、主に気象(海
洋)分野の研究者と学生の(小)集団
 計算機の発達と情報化への対応:情報化時代
の学問展開の基礎
 理論からシミュレーションへ
 情報の集積が紙媒体から電磁気的媒体へ
 従来の紙媒体の教科書を超えた、新しい形の「教科書」
の必要
http://www.gfd-dennou.org
メンバー
 コア(1988:初期立ち上げ)
 林 祥介(神戸大・理)
 塩谷雅人(京大・生存圏研)
 余田成男(京大・理)
 酒井敏(京大・総合人間)
 メンバー
 北大、京大、神戸大、九大など全国に分散
 Active member は10から20人程度
http://www.gfd-dennou.org
めざすもの
 理論・観測データ・数値モデルを統合した、情報
化時代にふさわしい、新しい「教科書」の模索
 「紙と鉛筆」で行われてきた知見の集積と伝承を、
「計算機とネットワーク」を用いて行う
 情報の種類を区別する必要はなかろう=マルチメディア
 ネットワーク越しに計算機に聞くと答えてくれる
 そのような「教科書」作る「場」の提供
 その時々で利用可能な情報技術を利用しつつ、
知見の集積・管理のよりよい方法を考える
http://www.gfd-dennou.org
歴史
 1985年
 気象庁から東大に大気大循環モデル(FORTRAN77)が「輸入」
 1987年

SGKS = DCLの初期バージョン(京大)
 1988年(頃):地球流体電脳倶楽部立ち上げ
 1990年
 DCL( 電脳倶楽部ライブラリFORTRAN77の描画用ライブラリ) ver. 3 公開
 AGCM5(気象庁の大気大循環モデルを再構成したもの)
 GTOOL3(データ構造、FORTRAN77のデータ入出力・描画ツール)
 1997年:地球流体基礎実験集オンライン化
 1998年:理論ノート集積
 1999年: Davis (Data analysis and visualization)プロジェクト
 Gtool4 tools/library (FORTRAN90のデータ入出力・描画ツール)
 Gtool4 規約 (netCDF データの規約)
 2002年
 ISPACK(FORTRAN77の高性能数値計算ライブラリ)
 SPMODEL (FORTRAN90の可読性を考慮した地球流体力学スペクトル数値モデル群)
 Ruby 製品
 2003年
 Gt4f90io (FORTRAN90のデータ入出力ライブラリ)
 2005年
 Deepconv/arare,Dcpam(FORTRAN90の数値モデル)
http://www.gfd-dennou.org
電脳倶楽部の目指すもの模式図
情報の爆発への対応
「理解」の集積と伝承
理論
数値モデル群
セミナー資源アーカイブ
可視化・解析ツール
観測データ
数値計算結果
あらま欲しき知識の集積方法の模索
http://www.gfd-dennou.org
あらま欲しき知識の提供方法の模索
新しい教科書の姿は?
具体的な活動内容
 「場」の提供
 電脳サーバの運営(全国3箇所に展開)

http://www.gfd-dennou.org
 種々のセミナーの運営
 いわゆる「教科書」の電子化
 地球流体基礎実験集

http://www.gfd-dennou.org/library/gfdexp/
 地球流体力学に関するノート(「理論ノート」)
 ソフトウェア開発
 データ構造、可視化・解析ツール
 数値計算モデル群
 「暗黙知」や「口伝的による知見」の情報化と集積
 講義、セミナー映像の保存と配信
http://www.gfd-dennou.org
http://www.gfd-dennou.org
「場」の提供
電脳サーバ
 本家は京大
 北大、九大にミラーサイト
 全国の研究者からなる
サーバ運営スタッフによる
ボランティア的運営
 WWW, mail, DNS
 gfd-dennou.org ドメイン
を取得
http://www.gfd-dennou.org
セミナー・研究会運営
 合宿形式セミナー
 GFDセミナー
 FDEPS
 森羅万象学校
 オンラインセミナー
 惑星大気研究会

気象学会「惑星大気研究連絡
会」活動の一環
 詳細は
 http://www.gfddennou.org/seminars/
http://www.gfd-dennou.org
http://www.gfd-dennou.org
「教科書」の電子化
「教科書」の電子化
 地球流体基礎実験集
 京大で行われた地球流体
実験の記録映像
http://www.gfd-dennou.org/library/gfd_exp
 理論マニュアル
 さまざまなノートを電子化
(整備中)
http://www.gfd-dennou.org
http://www.gfd-dennou.org/library/riron
http://www.gfd-dennou.org
ソフトウェア開発
ソフトウェア開発
 2本立て
 惑星流体科学のための階層的数値モデル開発:
dcmodel プロジェクト(2002~)
 惑星大気の循環、地球のコアやマントルの運動を考察す
るための数値モデルを自前で開発するプロジェクト
 データ構造、可視化・解析ツールの開発:
davis プロジェクト(1998~)
 地球流体現象に関連する多次元データを想定
 キャッチフレーズは「クリック一発で絵が描ける」
► いろいろなデータが同じツールを使って解析できる
http://www.gfd-dennou.org
dcmodel プロジェクト:背景
 シミュレーションモデルの高度化
 シミュレーションのためのモデルから知見の集合体としてのモデルへ
大気大循環モデルは気象学・気候学の知見の集大成
 知見をためこむ「装置」(新しい形の「教科書」)

 モデル自主開発の必要性
 理解の枠組み、知見の集合体
 他人のモデルは使えない
馴染んだものが必要=「他人」じゃない
 開発グループの知見の範囲内でしか仕事ができない
 新たな世界を切り開くことが難しい

 誰もが使える数値モデル
 特定の組織の排他的持ち物でない

自由に利用・改編・再配布=教育現場用教科書ポリシー
 ソースが公開され追試計算が可能でなければ科学じゃない(石岡哲学)
http://www.gfd-dennou.org
dcmodel プロジェクト:階層モデル群
鉛直1次元放射対流平衡モデル
南北1次元エネルギーバランスモデル
仮想惑星
系外惑星
木星型惑星
雲解像モデル
金星
Z
地球
球面2次元浅水モデル
火星
過去の地球
多様な惑星
球殻3次元静水圧モデル
http://www.gfd-dennou.org
球殻3次元ブシネスクモデル
仮想気候サーベイヤー
(Virtual Climate Surveyer, VCS) の開発
太陽系惑星との比較
仮想的惑星気候
のシミュレーション
更なるサブシステム(海洋・氷・陸面・固体地球)との階層的結合
http://www.gfd-dennou.org
davis プロジェクト:背景
 地球惑星流体科学データの特徴
 大規模(サイズ大、種類も多い)
 多様(生産元によって異なるデータ構造)
 観測と数値計算の融合・数値モデル相互の参照
 手軽なやりとり(比較)
 数値計算間のやりとり
 バイナリデータから「クリック一発」で絵を描く
 オブジェクト指向的な考え方を導入

データ自身がデータの処理方法を語ってくれる
 自己記述的標準データ構造の利用

netCDF
http://www.gfd-dennou.org
davis プロジェクト前夜の製品たち
 1988ごろ DCL:地球流体電脳倶楽部ライブラリ
 Fortran77 で記述された可視化ツール
 1990ごろ GTOOL3
 データ構造およびDCL 基盤の可視化ツールの総称
 大気大循環モデル AGCM5 と平行して開発
 GTOOL3 形式と呼ばれるバイナリデータフォーマット(まだM
Tの時代だった)を考案
 Fortran を用いたことによる限界
 言語仕様上の機能の制限
 対話的利用ができない
http://www.gfd-dennou.org
davis プロジェクト:目標と製品
 「クリック一発」で絵を描くための、データ構造、
可視化ツールの開発
 データ構造
netCDF 規約をベースに, 規定されていない規
約を追加し、gtool4/netCDF 規約として整備
 その後提案された CF(Climate and Forecast) 規約との
互換性を検討中
 COARDS
 ツール開発
による実装:gt4f90io
 Ruby による実装:dennou-ruby ツール群
 Fortran90
► DCL
http://www.gfd-dennou.org
の Ruby ラッパ、対話的利用
http://www.gfd-dennou.org
知の情報化と集積
講義・セミナーアーカイブ
 当初は OHP や手書きノートをスキャンしただけのもの
 かなり面倒
 資料媒体の電子化
 プレゼンテーションソフトウェアの普及

PowerPoint, MagicPoint, KeyNote
 映像との融合
 慶応大学 SFC 「School Of Internet」を模範
 知見の生まれる場の様子を映像情報として集積
 北大を中心とした mosir プロジェクトと連携
http://www.gfd-dennou.org
講義・セミナーアーカイブ
http://www.gfd-dennou.org
現状の総括
 個々の活動や製品のなかには形になりつつあるもの
もある(なってないものもある)
 deepconv (数値モデル)
 Gfdnavi (可視化・知見集積ツール)

単なる解析ツールから知見の集積、共有、切り出しツールへ
 講義・セミナーアーカイブ
 当初めざしたものはどこまで形となったか?
 「新しい形の教科書」を作る「場」は提供できたように思える
 「新しい形の教科書」の模索はまだ続いている状態


個々の活動、製品を束ねると「新しい形の教科書」になるだろうか?
どう束ねると我々にとって望ましい形となるのか?
 業績競争時代に生き残れるか? 片手間じゃ無理だ
 マンパワーの供給・テニアトラック
 資金
http://www.gfd-dennou.org
世間の動き
 地球流体電脳倶楽部を始めたころになかったも
の
 Wikipedia


利用者の利用者による利用者のためのオンライン百科事典
幅広い分野の知見を網羅
►
►
ゴシップからサイエンスまで
ハイパーリンクによる相互参照
 Google


何でも知っている Google 先生
「ネットワーク越しに計算機に聞くと答えてくれる」の一つの形
 米国産数値モデル・可視化ツールの流通

誰かが作ってくれたソフトウェア(理解の枠組み)を使うだけの方が、
短期的な業績効率は向上する
►
►
►
http://www.gfd-dennou.org
MM5, RAMS, ARPS, MOM(流体数値モデル)
Grads(可視化ツール), VIS5D
…
今後の道は?
 我々にとって望ましい形で知見を集積、共有、切り出したいと思
う限り、なんらかの「箱」を用意する必要があるだろう
 それが「新しい形の教科書」かもしれない
 (実は破滅の罠かもしれない)
 世間(他人)の枠組みには安易に乗れない
 Wikipedia では満足できない、他人のモデルはいやだ
 オタクは自分の世界を作りたい・持ちたい
 どこまでが「他人」なのかは検討の余地あり
 積極的に欧米の理解の枠組みに乗る選択もある
 しかしそれだと日本で知的生産活動を行う意味がない
必要なのは翻訳者だけになってしまう(蛮書取調所に戻る?)
 何らかの意味あるいは部分で対等あるいは売りがないと

 では誰となら手を取り合えるのか?
GFDL/Princeton?
 UCAR/UNIDATA?

http://www.gfd-dennou.org
愚痴
 「まっとうな組織」を持っていない片手間仕事なので…
 業績評価と予算厳しき昨今やりにくくなってきた
 日本はソフトウェア研究には優しくない?
 別に米国でもたいして優しくはないが…

GFDL/Princeton
►
►
►
►

気候モデル発祥のセンター
旧世代のリタイアの後、研究者付けだった技術スタッフを集積して、FMS(フレキシブルモデ
リングシステム)を開発提唱
技術職員と研究職員の数は同じくらい
給料も同じか良いぐらい
UCAR/UNIDATA
►
►
►
►
►
大学共同のサイバーインフラ提供・コーディネーション組織
衛星時代幕開けを受け1984発足
20人規模
netCDFの家元
さまざまなソフトウェア開発活動
 日本では
ソフトウェア的研究は理論的研究なので基盤研究で人員確保することは困難
 大学では旧技官システム崩壊の後、これを申請復活する手順が見いだせて
いない
 計算機の能力に比して、ソフトウェア集団の蓄積があまりに貧弱
 まして情報科学的展開に関しては、俊が過ぎちゃったのでますます厳しい

http://www.gfd-dennou.org
ダウンロード

データ構造、可視化ツールの開発