2007年度 長岡オープンハウス
クロマキー合成
小山高専 電子制御工学科4年
針谷 尚裕
実験目的

MATLABの基本操作を理解する。

画像・動画のクロマキー合成を行う。
実験概要

クロマキーとは
画像から特定の領域を抽出する手法の一つ
特定の色情報をキーとして抽出
今回は、人物を抜き出して背景と合成する
実験方法

クロマキー合成の手順
①合成する画像を選択
②閾値設定
③マスク作成
④マスク処理
⑤合成処理
①合成画像の選択
人物画像
背景画像
ここで、人物画像は背景を青で撮影する。
RGB色空間
②閾値設定

YCbCr変換をし、Cb成分を使用する。
160
50
150
100
140
150
200
130
250
120
300
110
350
400
100
450
100
200
300
400
500
600
今回はCb成分の平均を求め、その値を閾値とする
90
③マスク作成
人物 マスク
背景 マスク
閾値を用いてマスクを作成する
④マスク処理
人物 マスク処理後画像
背景 マスク処理後画像
元の画像を作成したマスクを用いて処理する
⑤合成処理
合成処理した画像
マスク処理した2枚の画像を足し合わる
実験結果
2枚の画像の合成

動画の合成
3枚の画像で合成
モザイク処理した合成画像
モザイク処理後画像
モザイク処理前画像
工夫した点

閾値を平均で求めた
画像が変わっても、処理可能

写真撮影時に、画像合成を考慮した
1.影の影響を少なくした
2.手ブレがないようにした
考察

人物の輪郭がギザギザになるときがある
LPFをかければ、画像の平滑化ができる

服が青系だと人物の体が消えてしまう
閾値を厳密に設定する
背景の色を変更する

動画に合成処理を施すと、処理が遅くなる
プログラムをできるだけ高速化する

静止画、動画のクロマキー合成ができた
まとめ

MATLABの基本操作を習得できた

クロマキー合成の基本を理解し、合成画像・動画の
作成ができた

今回のオープンハウスは、自分の今後の研究に役
立つものでとても有意義なものだった
ダウンロード

発表資料(PPTファイル)