商大で知る・触れる商学分野
商学部・商学科
流通専攻・ビジネス情報専攻
教授 田中 潔
商大 3つの「建学の精神」
• 中正な思想を涵養し、広い視野をもって社会
に貢献しうる人物の養成
– 大学生は専門ばかりではダメ!
– 将来、社会に貢献できることをめざそう
– そのためには、広い視野で考えられる人物にな
ろう
建学の精神 2つめ
• 学問と真理とに対して謙虚な情熱と不屈の
ファイトをもつ人物の養成
– 学ぶこととホントのことに一生懸命になれる人に
なろう
– 謙虚であり情熱を持ち続けよう
建学の精神 その3
• 産業の現実に関心を持ち、文化的知性をそ
なえ、創造的に社会の発展を指向する人物
の養成
– 身の回りの社会に関心を持つ
– 未来に社会の発展を目指そう
– 文化的であり知性をもとに考えよう
大学はなぜ4年間も必要?
• よき社会人として活躍するための2つの視点
• (1)商業や経営など商学を専門的に学ぶ
• (2)心身ともに充実した社会人としての教養
この両面の成長をバランスよく
• 社会事象を的確に捉え、分析し、解決する能力を備
えた心豊かな人材の育成
• 幅広い学習機会の提供
– 「社会事象を的確に捉える」ための独自のスタンド・ポイン
トを築くことができるように、幅広い学習の機会を提供す
る
• 専門学術の振興
• 「社会事象を分析し、解決できる能力を備え
る」ための専門学術を振興し、豊かな知識に
裏付けられた鋭い洞察力と問題解決能力を
身につけることができるようにする
• 社会的人材の育成
• 「心豊かな人材」でありうるために、社会での
役割を認識し、これに積極的に取り組むこと
の意識を理解できるようにする
岡山商科大学のかたち
• 3学部 商学部、法学部、経済学部
• 4学科 商学科、会計学科、法学科、経済学科
• 7専攻
• 流通専攻 ビジネス情報
• 経営専攻 観光ビジネス
• ビジネスデザイン専攻
• アジアビジネス専攻 ファイナンシャルプラニング専攻
1年生から4年までの演習科目
• 1年 教養演習(主に教養を高める)
– 2年生に上がる時に「専攻」を決定する
• 2年 基礎演習(資料調べやレポートが)
– 3年生に上がる時「ゼミ」を決定する
• 3年 研究演習3年(専門ゼミ1年目)
• 4年 研究演習4年(専門ゼミ2年目)
– 卒業時、商学部では「卒業論文」執筆
• 観光や観光ビジネスに関する専攻
• 観光の新しい流れに対応する人材作り
• 観光ビジネス、地域観光、文化観光などの観
光に関する専門学習
• 観光サービス実習などの実践も
•
•
•
•
情報処理や通信を学ぶ専攻
プログラミング、情報ネットワーク
動画などのマルチメディア
各種情報処理関係の資格をはじめ高校「情
報」免許や社会調査士資格も
•
•
•
•
•
企業経営を研究
企業経営の全体像→企業経営論
問題発見能力→経営史や経営戦略論
情報分析能力→情報科学系の科目
課題解決能力→研究演習などの演習(フィー
ルドワークやビジネスゲームなど)
• ビジネス界で各種事業構想など「ビジネスデ
ザイン」が可能な人材を育成
• 店舗計画やPOP計画など「売場デザイン」
• Webデザインなど「情報デザイン」
• キャラクターやロゴなど「広告デザイン」
• その他「環境デザイン」や「ユニバーサルデザ
イン」なども
•
•
•
•
•
商品流通の幅広い基礎知識
実践的科目 岡山財界トップによる講義
起業のための仕組みや基礎知識
「創造価値」能力の開発
国際化を視野においた科目 ビジネス英会話
や国際企業論
要点の整理 その1
• 品物やサービスを「あきなう」産業、それが商
業です
• 商業は、さまざまな企業から消費者まで多く
の分野から成り立っています
• 商業を学ぶための学問を総称して、商学と呼
びます
• 商学部商学科では、商学全般を取り扱い、7
つの専攻に渡り、研究や養成を行っています
要点の整理 その2
• 本学では、AO入試から推薦、一般入試など
多彩な方法で入試選抜を行っています
• 本学の「建学の精神」には
– 専門と教養のバランスのとれた良い人材
– 積極的でファイトある人材
– 社会に関心を持つ人材 を養成しようとしていま
す
• この機会に商大の「姿」と「心」に触れて下さ
い
ダウンロード

こちら - 岡山商科大学