メディア論
第9回 日常生活における情報操作
&
データの罠
2014年12月1日
担当:野原仁
小課題2




戦後の日本で放送中止となったテレビ番組を
一つ取り上げて、その番組名と中止に至った
経緯をまとめてください。
字数は自由
提出期限:1月12日(月)17時まで
提出場所:講義時or研究室前ボックス
日常生活における情報操作①広告


広告=情報の受け手に対して、商品や情
報の送り手である企業に関して、認知し
てもらうと同時に、商品を購入したいと
思ってもらったり、企業に好感を抱いて
もらうことを目的とした説得コミュニケ
ーション
当然のことながら、商品や企業に関する
マイナス要素はメッセージの中には含ま
れない=情報操作
日常生活における情報操作②流行
・ブランド



流行=①目新しい②一時的なもの③多くの人
に支持されるもの
流行は、模倣と差異化という相矛盾した行為
の統一によって成り立っている
流行は、もともと自然に発生するものであっ
たが、現代社会においては、マスメディアが
「仕掛けて作り出す」ものも多数存在してい
る→具体例:ファッションやメイクなど
 ブランド=他者との差異化へ
の欲求に基づいて生み出され
るが、現代社会においてはマ
スメディアが「ブランド」と
して取り上げたものがブラン
ドになりやすい=情報操作の
一種
日常生活における情報操作③タレ
ント
当然のことながら、メデ
ィアで描かれるイメージ
と実際の人物は異なって
いる=情報操作
日常生活における情報操作④政治
家
 当然のことながら、メディアで描
かれるイメージと実際の人物は異
なっている=情報操作
 特に、民主主義社会においては、
好印象を与えて、有権者に支持さ
れようと、メディアを積極的に用
いる必要がある
データの罠




データ:科学的で価値中立的=信頼できる、
という印象を与える
しかし、データの中には、ねつ造されたもの
や、歪曲されたものも多い
さらには、用語の定義・質問内容・調査対象
などによって、意図的な特定の結果に誘導す
ることも可能である
またデータそのものは正確でも、見出しの付
け方などで正反対の印象を与えることも可能
である
具体例①都合の悪い部分だけカット
1966年3月20日NHK『日本の未来
像』で、政府に都合の悪い調査結果
の部分だけがカットされて放送され
た
 1988年3月にNHKが実施した「くら
しと政治」に関する世論調査のうち
、「大型間接税反対48%、賛成18%
」という部分を意図的に放送しなか
った

具体例②データそのものをねつ造
 2005年8月日銀が世論調査を委
託した外郭団体「新情報セン
ター」が、データをねつ造。
同センターは9月にも内閣府委
託の調査でも有効回答数を偽
るなどのねつ造を行った
具体例③誘導質問ほか


読売新聞97年5月2日掲載
「4月1日、消費税の税率が3%から5%に引き
上げられました。高齢化が急速に進む中で、
いま消費税の引き上げを行わないと、財政状
態がさらに悪化して、次の世代の負担が重く
なったり、福祉の財源が不足するなどの影響
が出ると言われています。あなたは、今回の
消費税の引き上げを、当然だと思いますか、
やむを得ないと思いますか、それとも納得で
きないと思いますか」
 結果:「当然だ」5.4%「やむを
得ない」50.0%「納得できない」
42.6%「答えない」1.2%
 「やむを得ない」という曖昧な
回答をわざと設定することで誘導
を図っている
 この世論調査結果の一面見出し
→「消費税上げ56%が容認」
具体例④調査対象による相違
 村上ファンドによる阪神買収に伴
うタイガース上場に関するアンケ
ート調査
 ライブドアによる自社HPでのア
ンケート→賛成73%・反対25%
 デイリースポーツによる投票→賛
成7%・反対93%
具体例⑤調査主体による相違
同じ質問でも、調査主体によって、「
意図的に」異なる結果が「生み出され
る」可能性がある
 具体例)2008年9月2日の内閣支持率
→朝日24%・毎日25%・読売41.3%
 2日の読売の調査方法=電話調査
→9&10日に行った面接調査では28.3%

具体例⑥用語の定義
 就職率:本来は【就職決定者数÷
卒業者数】で算出
 多くの大学では、就職内定率(
【就職決定者数÷就職希望者数】
で算出)を「就職率」として発表
→こちらの方がデータの値が高く
なるため
具体例⑦外国人犯罪は増えている


警察庁の公表している「来日外国人」犯
罪データは「検挙件数」と「検挙人員」
の増加を根拠とするもの=実際の犯罪発
生数の実体を表しているものではなく、
警察の取り締まり活動の結果を表してい
るに過ぎない
それにもかかわらず、「検挙件数」「検
挙人員」の増加が、あたかも実際の犯罪
発生数の増加をあらわしているかのよう
に宣伝・報道されるケースがある

「来日外国人」による犯罪は、警察庁の統計
データからも、一般刑法犯検挙人員で、1993
年から2003年の最近 11年間で、日本全体の
刑法犯検挙人員に占める構成比は、1993年2
・4%、1998年1・7%、2003年2・3%とほと
んど変化しておらず、この 10年ほどで「来
日外国人」人口が3割~4割程度増大してい
ることを考慮すると、相対的には減少してい
ると判断できる
具体例⑧インターネットによる世
論調査
 統計学にもとづく標本抽出を行っ
ていない
 インターネット・ユーザーの属性
が男性・若者に偏っている
 したがって、そのデータは信頼性
に欠けている
具体例⑨RDD方式
 RDD(Random
Digit Dialing)方
式:コンピュータによる乱数計算
をもとに電話番号を発生させて、
応答した相手に電話で質問を行う
方式
 現在の日本のテレビ局や新聞社の
ほとんどが採用




問題点①:対象となる電話は固定電話のみで
携帯電話だけ利用する人は母集団の対象外
問題点②:そもそも回答数の分母となる調査
対象者の数が恣意的に決められる
問題点③:具体的な運用方法についても恣意
的に決められるため、電話番号の発生方法や
サンプルの割り当て方法はバラバラ
問題点④:固定電話に応答した人のみが対象
となるため、在宅率の高い人(高齢者や専業
主婦など)の割合が高くなりがちである
次回のテーマ
戦争時におけるプロパガ
ンダ
ダウンロード

第9回日常生活における情報操作