片桐 継(かたぎり つぐ)はどこでも怪しい
• 片桐を知るためのキーワード(ググってBingって1ページめ)
–
–
–
–
SandCastle日本語版
マルチスレッドやまたのおろち
わんくまハムスター
創世のカタギリオン
• 一万件と二千件あっても動いてる~♪
• わんくま同盟 会員番号95
怪しいブログ: http://blogs.wankuma.com/esten/
着物専用: http://d.hatena.ne.jp/ktugu/
わんくま同盟 東京勉強会 #39
知ってると自慢?
着物ムダ知識
~絵柄・模様編~
わんくま同盟 東京勉強会 #39
和服、とは
• 日本古来の服。立体裁断しない一枚の布か
ら作り上げられたもの。
• 現在では絶対的なカースト制により格付され
ている
わんくま同盟 東京勉強会 #39
着物はこうやってできている
• 糸を作る(できたものを生糸と呼ぶ)→布にす
る(この布を反物と呼ぶ)→着物にする(着物
を仕立てる)
• 着物は昔から完全オーダーメイドの衣服で一
人一点この一着、が基本。
• 最近はプレタと呼ばれる既製品がユニク□化。
わんくま同盟 東京勉強会 #39
前回までのあらすじ
• 糸のお話
– 糸にはいろんな種類がありますよ
• 布のお話
– 布にはいろんな種類がありますよ
今回は絵柄・模様のお話です
わんくま同盟 東京勉強会 #39
絵柄と模様の種類
•
•
•
•
•
•
吉祥文様
有職文様
幾何学模様
江戸文様
小紋柄
友禅柄
わんくま同盟 東京勉強会 #39
吉祥文様(きっしょうもんよう)
• 縁起が良いとされるものを絵柄にしている
– 松竹梅
– 鶴亀
– 瑞雲
– 蝶々
– 鳳凰
これらの模様・絵柄は冠婚祭用の着物や帯に使用され
カースト上位の絵柄模様
わんくま同盟 東京勉強会 #39
有職文様(ゆうそくもんよう)
• 平安時代の朝廷儀式に使われていた模様
• シルクロードを経て伝わった絵柄・模様
–葵
–菱
– 唐草
– 立涌
– 亀甲
– 七宝
幾何学的でデザインとしても優れており、愛好者が多い
わんくま同盟 東京勉強会 #39
幾何学模様
• 有職文様から国内で独自に発展した模様
– ド派手な絵柄模様を好んだ豊臣秀吉による染め
職人・織職人の手厚い保護
• 金糸銀糸を使った幾何学デザインの発展
– 戦国時代から始まる武家社会において、家紋に
始まる一族・領内の結束の意味から図柄が発展
• 縞柄
• 格子柄
• 絣柄
わんくま同盟 東京勉強会 #39
江戸文様
• 浮世絵から生まれた模様
• 役者や美人画作家など、時代のファッション
リーダー達が作りだした
– 市松
– 雪輪
– 宝尽くし
– 謎かけ絵文字
わんくま同盟 東京勉強会 #39
小紋柄
• 今までのものに当てはまらない抽象的な図
柄・絵柄
– 植物
– 動物
– 風景
– 人物
– 小物
– 文字
わんくま同盟 東京勉強会 #39
友禅柄
• 写実絵画を絵柄にしたもの
– 江戸時代に活躍した染め師、宮崎友禅斎が着物
をキャンバスにして写実的な絵柄を描いたのが
始まり
• 静物画
• 自然画
• 人物は描かれず、抽象化した絵柄・図柄を用
いないのが特徴
プリント技術の向上で
友禅の大量生産が最近出回るようになった
わんくま同盟 東京勉強会 #39
ダウンロード

知ってると自慢?着物ムダ知識~絵柄模様編~