伊万里市財政健全化計画
(平成16年度~20年度)
~市民との協働による財政危機の回避と、
豊かな地域を支える財政基盤の確立~
伊万里市の厳しい台所事情
一般家庭に例えると・・・
(1億円を1万円に置き換え、伊万里市の財政状況を見てみると・・)
200万円の自動車ローンを抱えた月収12万円の家庭が、
毎月2万円のローン返済と、同額の新しい借金をしながら
家計をやりくりしている状態
加えて
不景気が続くなか、会社(国)の経営も悪化
給料(税収)もボーナス(地方交付税、補助金)も減る一方
収入が毎年減るなかで、
これまでどおりの
生活続けると・・・!
借金だけが膨らみ
生活そのものができなくなる
(市で言うなら、市民サービスができなくなる)
伊万里市の家計簿(財政の現状)
単純な収支は黒字をキープ
H15はなんとか
一般会計歳入・歳出の推移(平成11年度~15年度) 1億4千万円の
黒字
(百万円)
28,000
26,000
24,000
22,000
20,000
18,000
16,000
14,000
12,000
10,000
(歳入総額)
25,645 25,173
24,832 24,344
22,837
11年度
23,187
22,231
12年度
(歳出総額)
23,439
23,302
22,207
13年度
14年度
15年度 (年度)
しかし
貯金を使わなかったら⇒
H11
H12
H13
18
128
223
H14
H15
▲257 ▲258
【収入の主なもの】
不景気や国の改革が原因
地方交付税
⇒極端な減少
市税・地方交付税・市債の推移
市税 ⇒右肩下がり
(百万円)
9,000
地方交付税
8,000
7,000
7,673
6,822
市税
6,000
5,000
7,811
7,472
5,843
6,321
5,475
5,568
5,515
5,322
4,000
3,000
2,000
市債
2,980
2,495
1,000
1,393
1,647
2,635
市債(借金)は増加
0
11年度
12年度
13年度
14年度
15年度
(年度)
【支出の主なもの】
市役所の給料(人件費)が
少しずつ減ってる
人件費・扶助費・公債費・投資的経費の推移
一方、福祉に使うお金
(扶助費)は年々増えている
(百万円)
7,000
6,000
投資的経費
6,362
人件費
5,393
5,001
5,000
4,000
3,000
5,415
5,276
5,113
5,154
4,506
扶助費
4,024
4,051
3,541
3,198
3,260
2,451
2,410
3,404
3,681
公債費
2,000
2,353
2,319
2,217
ローン返済は毎年20億円以上
1,000
11年度
12年度
13年度
14年度
15年度 (年度)
このまま何もしないでいると・・(財政収支見通し)
一般会計歳入・歳出総額の見込み
歳入総額
歳出総額
45億7千万円の
(平成16年度~20年度)
(百万円)
平成20年度までの累計で
23,000
22,500
大赤字
22,340
22,000
21,354
21,500
21,170
21,138
21,135
21,000
20,401
20,500
19,914
20,000
20,166
19,742
19,500
19,000
18,500
18,000
16年度
17年度
18年度
19年度
20年度
このままでは
内 容
収支不足額
「財政再建準用団体」への転落も心配
16年度
17年度
18年度
19年度
20年度
0
△ 769
△ 1,221
△ 1,188
(単位:百万円)
△ 1,396
合 計
△ 4,574
しかし、行政の責任として
やらなければならないことがある!(健全化の必要性)
障害者、高齢者、子育て支援など
福祉施策の充実
学校教育や社会教育の充実
環境センター
の施設維持
更新期の学校、公民館の建替
新給食センター建設
農林水産業・商工業の振興
伊万里湾開発事業の推進
子どもたちに託す将来の伊万里市発展の礎となる財政基盤の建て直しが必要
中期的な展望に立った「財政健全化計画」を策定
財政健全化計画で具体的に実施すること
(平成16年度~20年度)
市役所(職員)の自助努力による健全化の方策
⇒ (6億5千万円)
人件費の削減
・H17から職員数を抑制
原則として退職者不補充(H17~H20)
・H17から給与・報酬を対象に削減を検討、実施
市税・保育料の収納率アップ
⇒ (7億6千万円)
・市税の収納率を5年間で1%アップ(97.3%⇒98.3%)
・保育料収納率の向上
H15実績(98.2%)⇒
収納率99%を目標
⇒ (6千7百万円)
その他の方策
・H17から県内出張に係る日当を廃止
・市庁舎冷暖房費の節減
H16
前年度の80%
H17~
H15実績の50%
・H17から職員駐車場を有料化
①月 額
②対象者
1,000円
市施設に通勤している全ての職員
(特別職、嘱託職員、臨時職員を含む)
市民の皆さんに、ご負担・ご協力をお願いする健全化の方策
市税の見直し
⇒
(5億4百万円)
・地方税法の改正による個人住民税の見直し
・H17から入湯税を新設(宿泊150円・日帰り50円/回/人)
・H18から新地積課税を実施
分担金の見直し
⇒
(8百万円)
・県単さが農業農村整備事業(H17から補助残の半分を分担)
・ため池災害防止事業(H17から事業費の15%(現行10%))
使用料の見直し
⇒
(9千3百万円)
・H17から道路、公有水面等占用使用料を国並み単価へ
・H17から公共施設(公民館、体育施設等)使用料の引上げ
・公立幼稚園保育料、預かり保育料の段階的な引上げ
保育料
預かり
H16:6,000円/月 ⇒ H18:8,000円/月 ⇒ H20:10,000円/月
H16: 200円/日 ⇒ H18: 300円/日 ⇒ H20:
400円/日
・留守家庭児童クラブ使用料の段階的な引上げ
現 行:2,500円/月 ⇒ H18:3,500円/月 ⇒ H21:4,000円/月
⇒
手数料の見直し
(2千8百万円)
・H17から一般廃棄物処理手数料を有料化
家庭系ごみ
事業系ごみ
無料 ⇒ 100kgまで250円(以降50㎏毎125円)
200kgまでごとに800円 ⇒ 100kgまで500円(以降50㎏毎250円)
⇒
補助金等の見直し
(3億9百万円)
・H17から市税全期前納報奨金の率を半分に縮減
現行:28/100
⇒
28/200
・補助金の縮減 ①「補助金交付の見直し指針」に基づき廃止妥当な補助金は原則廃止
② 既設の補助金で廃止できないものは段階的に縮減
⇒
福祉経費の見直し
(1億2千万円)
・H16から母子家庭等医療費助成で本人負担(500円/月)を徴収
・市立の保育園(6園)の段階的な民営化・統廃合を検討・推進
⇒
下水道料金の見直し
現 行
H17~見直し
(1億8千万円)
見直し後
5㎥まで
800円
10㎥
10㎥まで
950円
1,140円
10~20㎥
10~20㎥
120円
140円
20~50㎥
20~50㎥
180円
190円
50㎥
50㎥~
230円
230円
960円
健全化を実施した後の姿
平成20年度まで
健全化計画実施後の一般会計歳入・歳出総額の見込み
(平成16年度~20年度)
(百万円)
23,000
22,500
歳入総額
黒字(健全)経営
歳出総額
をキープ
22,426 22,300
22,000
21,500
20,812
21,000
20,771
20,925
20,719
20,647
20,500
20,000
19,500
19,000
18,500
18,000
16年度
17年度
18年度
19年度
20年度
(単位:百万円)
内 容
差引収支額
16年度
126
17年度
18年度
0
19年度
52
20年度
0
合 計
0
178
健全化計画の実施に向けて
次世代を担う子どもたちに、
将来の伊万里を受け継いでいくため
将来にわたり発展し、
豊かな地域を支えていくため
大切なこと
結果
市民と行政が協力し、一丸となって
強い信念のもと計画的に
かつ着実に実行する
これからも
伊万里市は大丈夫
ダウンロード

(概要説明版) (Microsoft PowerPoint:497KB)