張家山『脈書』の診脈
日本内経医学会発表会
平成21年1月11日
張家山『脈書』とは
• 1983年12月から翌年1月にかけて、湖北省江陵県
で、前漢初期の墳墓の発掘された。数々の副葬品
が出土したが、その中に8種の簡書があった。江陵
県は、湖北省の省都武漢市の西方約 270km、長江
北岸の町である。
• 墳墓は、張家山M 247西漢(前漢)墓という。張家山
遺跡は、煉瓦工場の敷地内にあり、煉瓦の材料とな
る粘土の層に棺があったために、竹簡が2000年を
経ても腐敗することなく保存されていた。
• 墓の主人は、低級の官吏であり、法律に詳しく、算
術がたち、医術がすきな人物、と推定される。
出土した簡書8種
『暦譜』・『二年律令』・『奏けん書』・『脈書』・
『算数書』・『蓋廬』・『引書』・『遺策』
• 『暦譜』は、前202年から前186年までの、毎
月朔日の干支が記してあるので、埋葬年代
の下限は前186年である。
• 『脈書』は、馬王堆医書と近似している。
• 『引書』は、馬王堆『導引図』と近似している。
脈
書
馬
王
堆
『
導
引
図
』
引
書
折
陰
者
、
前
一
足
、
昔
(
錯
)
手
、
(
俛
)
而
反
鉤
之
馬王堆帛書
第1帛書
① ?
② 『足臂十一脈灸経』
③ 『陰陽十一脈灸経』(甲本)
④ 『脈法』
⑤ 『陰陽脈死候』
⑥ 『五十二病方』
第2帛書
⑥ 『五十二病方』(つづき)
第3帛書
⑦ 『却穀食気』
⑧ 『陰陽十一脈灸経』(乙本)
⑨ 『導引図』
第4帛書
⑩ 『養生方』
⑪ 『雑療方』
⑫ 『胎産書』
『脈書』の構成
第一段落 60余種病名(第1簡~第16簡)
第二段落 「陰陽十一脈灸経」(丙本) (第17簡~第48簡)
第三段落 「陰陽脈死候」(乙本) (第49簡~第53簡)
第四段落 「脈法」(乙本)(第54簡~第66簡)
今回取り上げる診脈の部分(第63簡~第65簡)
①它脈盈、此独虚、則主病。它脈滑、此独渋、則主病。它脈静、
此独動、則主病。
②夫脈固有動者、骭之少陰、臂之鉅陰、少陰、是主動。疾則
病。
③此所以論有過之脈殹、其餘謹当視脈之過。
①它脈盈、此独虚、則主病。
它脈滑、此独渋、則主病。
它脈静、此独動、則主病。
• 察九候、獨小者病、獨大者病、獨疾者病、獨
遅者病、獨熱者病、獨寒者病、獨陥下者病。
(『素問』三部九候論篇)
• 上下左右之脉、相應如參舂者、病甚。(『素問』三
部九候論篇)
①脈状診が行われていた。
②盈・虚、滑・渋、動・静、3組の脈状があった。
(動・静の組は、現在は、残らない。)
③比較脈診が行われていた。
④左右も比較していた可能性がある。
(素問から逆算すれば)
⑤「主病」とあるので、脈状診によって、病気を
診断していたと考えられる。
②夫脈固有動者、骭之少陰、臂之鉅
陰、少陰。是主動。疾則病。
• 經脉十二、而手太陰、足少陰・陽明、獨動不
休。(『霊枢』動輸篇)
• 陽明者常動、巨陽少陽不動。不動而動、大
疾。( 『素問』病能論篇)
• (脈書)手の太陰、手の少陰、足の少陰
• (動輸篇)手の太陰、足の少陰、足の陽明
• (傷寒論)寸口脈(手の太陰)、趺陽脈(足の陽明)、
少陰脈(足の少陰)
• (三部九候論篇)頭部3カ所、手部3カ所(合谷・大
淵・神門)、足部3カ所(太谿・衝陽・太衝)
*これらの拍動部で、①動、②病、をみていた可能性
が高い。①異常な拍動で経脈の乱れを診ていた。
②比較脈診・脈状診で病気を診断していた。
*これら以外で臨時に拍動をみるのは、大きな病気の
ときである。
①『脈書』に「主動」と「主病」ということばがあり、
「是動」と「所生病」と対応している可能性あり。
② 「是動」は、異常な脈拍から診察できる「経脈
の症状群」、および切経で診察できる「経脈の
症状群」。
③「所生病」は脈状診・比較脈診で診察できる
病気。(病気とは、病気と認定する基準に達し
たもの。認定する基準は、四診にあるが、主
に脈診。)
③此所以論有過之脈殹。
其餘謹当視脈之過。
① 論有過之脈:「有過の脈」を論ぜよ=脈診
過=禍(わざわい、さいがい)のある脈状をよく
考えなさい。
② 其餘謹視脈之過:「脈の過」を視よ⇒切経
それ以外は、慎重に(謹)、経脈の経過(流注)
を観察しなさい。
◎脈の診察には、脈状の診察と、経脈(流注)の
診察の、2種がある。
①脉之卒然動者、皆邪氣居之、留于本末。
②不動則熱、不堅則陷且空、不與衆同。
③是以知其何脉之動也。(『霊枢』経脈篇)
①の診察:拍動が突然に乱れる(動)のは、邪気が客
していて、本末(経脈)に留まっているから。=脈診
②の診察:拍動しなければ熱をおび、(脈が)硬くなけ
れば陥没か空虚していて、他の経脈と異なっている
はず。=切経
③以上の2点(脈診と切経)から、経脈の「変動」を知
ることができる。
1 按其所過之經以調之。(『霊枢』四時気篇)
*その経過の経脈を切按して、調整しなさい。
2 氣有餘則當脉所過者熱腫。(『霊枢』経脈篇)
*気有余であれば、脈の経過部分が熱腫するだろう。
3 審切循捫按、視其寒温盛衰而調之。(『霊枢』経水篇)
*詳細に切循・捫按して、寒温盛衰を観察せよ。
4 熱則疾之、寒則留之、陷下則灸之。(『霊枢』経脈篇)
*(切経して)熱感があれば、冷えていれば、陥下し
ていれば・・・
◎以上、切経によって、経脈(流注)の寒熱虚実を診
察する。
◎診脈(脈を診る)は=脈診+切経である。
①脈診:
a)脈状からは、病気をよく考察し、
b)拍動の乱れから、病経を判断する。
②切経:経脈(流注)の寒熱虚実をよく観察する
こと。
◎『脈法』の診脈は、『素問』三部九候診に近い。
◎是動病は、①のbと、②とで判断する。
◎所生病は、①のaで、診断する。
ダウンロード

張家山『脈書』の診脈