電子メールの送受信経路
送信: 自分のパソコン → メール送信サーバー(SMTPサーバー)
→ インターネット(WWW) →
相手のメール受信サーバー(POPサーバー)→ 相手のパソコン
受信: 相手のパソコン → メール送信サーバー(SMTPサーバー)
→ インターネット(WWW) →
自分のメール受信サーバー(POPサーバー)→ 自分のパソコン
1
メールの種類
◎POPメール: メールソフト(メーラー)を使う。インターネットへの接続を切っても
メールを読める。パソコンごとに設定が必要。代表的メーラーは、「Outlook
Express」または「Windows メール」。社会人が使うメーラーは殆ど全部これな
ので、使えることが必要。
◎Webメール: インターネットに接続しているどのパソコンでも読める。 「山口大学
WebMail」もその一つ。
◎フリーメール: 無料の Webメールサービス。「Yahooメール」で説明。
○フリーメールの長所
① ネットワークに接続しているどのパソコンででも使える。
② 簡単な登録をするだけで、無料で使える。
③ 添付ファイルのウィルススキャンや迷惑メールの除去をしてもらえる。
○フリーメールの短所
① インターネットに接続した状態でないと、メールが読めない。
② 安定性に欠ける。
③ メールボックスの容量に上限がある。
④ 添付ファイルのサイズに制限がある。
⑤ パスワードが破られやすい等、セキュリティ上の問題がある。
2
パスワード等の作成方針例
◎自分独自の方法で作るべき
※パスワードやログイン名は解読されると危険だし、忘れると面倒。
※解読されにくいものは覚えにくい。覚えやすいものは解読されやすい。
※メールアドレス取得: ログイン名とパスワードが必要。これらは他人と重複できないので、
独自性が高いことが必要。
◎パスワード、ログイン名(アカウント名、ユーザー名)の作成法の1例
①確実に思い出せる長めの固有名詞(人名等)、名称、住所、語句、文章等を半角英数(直接入力)の小文
字でローマ字表示する。
②それからから母音(a, e, i, o, u)を外す。番地等で数字が入ってもかまわない。
※アルファベットには、母音は5文字しかないが、その使用頻度が高い。子音は21文字もあるので、
母音を抜くだけも破られにくいパスワードになる。
③意味等での区切り位置には、忘れにくい1種類の記号を入れ、その前後のアルファベットを大文字にする。
※これは、必ずしも必要ではない。
※記号が使えない場合や特定の記号が使えない場合もある。
◎パスワード チェッカーで調べた強度が「強」であることが望ましい。
http://www.microsoft.com/japan/athome/security/privacy/password_checker.mspx
3
「MaiYU」 の使い方(1)
① http://aqua.math.sci.yamaguchi-u.ac.jp/~mai/index.html
にアクセスし、「MaiYU」をダウンロードし、デスクトップ等に保存す
る。
②保存したもの(mai09981.EXE等)ダブルクリックし、指示に従ってイン
ストールする。
③「スタート」→「すべてのプログラム」→「MaiYU」→「MaiYU」の順
にクリックする。
④インターネットにつながった状態(インターネットのユーザ認証を受けた
状態)で、大学から与えられた「ユーザー名」と「パスワード」を入力す
る。(次のスライド参照)
⑤「OK」ボタンをクリックすると、送受信が行われる。
4
「MaiYU」 の使い方(2)
◎送信法
①メニューバーの「実行」→「送信メールを作成する」とクリックする。
②表示されるウィンドウに必要事項を記入し、「OK」ボタンをクリックする。
③本文を書き終えたら、「実行」→「メールを送信」とクリックする。
受信と送信
※保存の問い合わせに答える。
※上記の操作は、アイコン使ってもできる。
※まず、自分宛のメールを送受信してみよう。
5
「山口大学 WebMail」の使い方
① 山口大学のトップページ(http://www.yamaguchi-u.ac.jp/)→
「附属施設・センター等」(左)→「メディア基盤センター」(右中央)→
「WEBメール」(右中央)とリンクをたどる。
※サーバ証明書の警告が出たら「・・・続行する」を選択する。
※ログインページか https://webmail2.cc.yamaguchi-u.ac.jp/ を「お気に入り」に
登録すると便利。
② ログインページで、ログイン名とパスワードを入力し、「ログイン」ボタンをク
リックする(または「Enter」キーを押す)。
※「パスワードを保存するか否か」を問い合わせてくるが、対応は教員の指示に従う。
(保存すると便利だが、危険性も増す。)
③右側メインの領域に、受信箱が表示される。(太字は未読メール)
※ 「アドレス帳」も便利。
※ 作業中の状態を保存する機能もある。例へパソコンの電源が切れても、作成中の
6
メールは保存されている。
「Yahooメール」-- アカウントの作成(ユーザー登録)
●YahooのHP(トップページ)にアクセスする。
※「スタート」→「プログラム」→「iexplorer」とクリックし、アドレス欄に
http://www.yahoo.co.jp と入力する。
●画面の右側にある「ログイン」という文字列をクリックする。
●新しく表示されたページで、「Yahoo! JAPAN IDを登録」という文字列をクリックする。
●表示される登録画面で、指示通りに入力していく。
※ここで、ユーザー名とパスワードを決めるが、他人には分からないものにする。
※連絡用のメールアドレスには、使われているものを記入する。
(教員の指示に従う。)
●最後までいくと、「利用規約に同意して登録する」が表示されるので、利用規約の内容を
確認する。入力内容にミスがないことを確認してから、上記のボタンをクリックする。
以後、ページに書いてある指示通りに操作する。
※必要事項に未記入または不適切な記入があったら、赤字で注意が表示される。
7
「Yahooメール」の設定
●YahooのHP(トップページ: http://www.yahoo.co.jp )にアクセスし、画面の右上
にある文字列「ログイン」をクリックする。
●表示された画面で、ユーザー名とパスワード(自分で決める)を入力し、「ログイン」ボタ
ンをクリックする。 これで、ログインは完了。
●新たに表示される画面で、右側にある「個人ツール」欄の「メール」という文字列をクリッ
クする。
●初めて使う場合には、メールの設定画面が表示されるので、名前を入力して、メールア
ドレスを選択する。
[email protected]の形式で指定してきたものを、その
まま採用する方がよい。
●入力し終わったら、利用規約を読んで「利用規約に同意してYahoo!メールアドレスを作
成する」をクリックする。
8
その他のWebメール
◎Gmail
http://www.google.co.jp/
にアクセスし、「More」→ 「Googleのツー
ル」の「Gmail」→ 画面の右側にある「Gmail に申し込む」とクリックす
る。後は、必要事項を書いていけば、メールアドレスがもらえる。2.5GBの
大容量。
◎Hotmail
http://join.msn.com/?page=hotmail/plans&pgmarket=ja-jp
にアクセスし、「無料でサインアップ」ボタンをクリックする。記入欄に記入し、「同意
する」ボタンをクリックする。
◎Goo Mail
http://mail.goo.ne.jp/goomail/index.ghtml
「goo ID に登録してgoo メールを使う」をクリックし、登録をする。
以下、「Yahooメール」の場合を参考にして、操作を進める。
●重要: ユーザー名とパスワードは、必ず、何箇所かに記録しておく。例年、これら
を忘れて、取得を繰り返す人がいる。
9
メールについての注意
①半角カナ、機種依存文字(①など記号的なもの)を使わない。
※これらは、相手のパソコンによって見えなかったり文字化けすることもある。
②怪しいメールの添付ファイルは開かない。
知らない差出人、怪しいタイトルのメールの添付ファイルは開かずに削除する。知人から
のものでも、怪しいと思ったら(例えば、「この写真見てください」などと書いてある)、相手
に電話で確認してから開く。(ウイルスが、アドレス帳のアドレス宛にメールを送ることがあ
る。)
③信頼性が高くないことを自覚する。
メールサーバのトラブルなどのため、メールは届かないこともある。重要なことは、他の手
段でも連絡する。
④個人情報等は送らない。
メールの内容をメールサーバ上で読みとることも可能。
⑤本文の1行の長さは35文字程度。段落では1行空けると読みやすい。
⑥返事で引用するときは、元の文章を改変しない。必要な部分だけを引用する。
⑦ファイルサイズの大きい添付ファイル(サイズの大きい写真など)を送らない。
10
コンピュータ ウイルス被害報告件数
トレンドマイクロ社
11
メール送信の概要
① 「メッセージ作成」 (「メール作成」)をクリックする。
②宛先欄(TO)に 、e-mail アドレスを半角英数(直接入力)で入力するか、「アドレス帳」から
挿入する。
※ CC : カーボン コピー。「宛先」以外のアドレスにもメールを送る場合に記入。複数指定
の場合は 「,」(カンマ)で区切る。
※TOやCCでは、受信者全員に他の受信者のメールアドレスが分かる。
※BCC : ブラインド カーボン コピー。 「CC」と同じだが、受信者のアドレスを他の受信者
に知らせたくない場合に使う。 (自分のアドレスが許可なく知られることを嫌う人は多い。)
③メールの内容が分かる件名 を書く。 (「課題提出」など)。
④本文を書く。(本文の書き方は、次のスライド)
⑤ 添付ファイルがある場合には、 「添付」 (「ファイル添付」)→「参照」ボタン → ファイルの指
定→ 「追加」( 「終了」)ボタンと操作する。(添付法はメールソフトごとに異なる。)
⑥「送信」ボタンをクリックする。
12
電子メールの書き方例
① 相手の名前を書く(○○ 様、△△ 先生、
XX 御中など; 肩書きが必要なこともある)
②自分の名前を書く。(○○ です。)
サッカー部顧問
○○ 先生
①
③ 本文(用件が素早く、
明確にわかるものにする)
XX(姓)です。
④署名(必ず必要というわけ
ではないが、あった方がよい。)
(用件を書く) ・・・・・・・
(課題を提出します。」など)
Yahoo メールの場合:
メール画面右下の「メールオプション」→
「カスタマイズ」の「署名」から作成。
メール作成画面で、「署名を入れる」
にチェックを入れる。
署名(氏名、学籍番号、メールアドレスなど)
④
右にメールの1例を示す。
②
③
※ 署名の例
*******************************************
山口 太郎
電話: xxx-yyy-zzzz
電子メール: [email protected]
**************************************
13
圧縮と解凍
◎電子メールにサイズの大きなファイルや多数のファイルを添付するときは、圧
縮して添付することが多い。圧縮すると、サイズを小さくでき、多数のファイ
ルを一度に送れる。
◎圧縮法
ファイルやフォルダの上で右クリックし、「送る」→「圧縮(Zip形式)フォ
ルダ」とクリックする。
◎展開(解凍)法
① 圧縮フォルダをダブルクリックする。
②「フォルダの作業」 の「ファイルをすべて展開」 をクリックする。
③展開ウィザード] が表示されたら、「次へ」 をクリックする。
④「ファイルを下のディレクトリに展開する」 に表示された場所にファイル
が展開される。
場所を変更するには、「参照」ボタンをクリックし、展開するフォルダを指定
する。
14
課題
課題1 Webメールのアドレスを取得せよ。
(すでに持っている人は、それを使う。)
課題2 メール作成時に注意すべきこと、をワードに、箇条書きせよ。
課題3 添付ファイルを圧縮した形で送ることがあるのはなぜか。ワードに書
け。
課題4 課題2~3のワード文書を添付して、指定されたアドレス宛にメールを
送信せよ。
(書式はスライド13を参照: 相手名、自分名、本文、署名(学籍番号
等)を忘れないこと。)
15
(参考)接続料金例(東京、月額、円、2006/6)
16
17
ダウンロード

(3) 電子メール