平成16年1月16日e-シンポ
臭素化 (系)ダイオキシン類の化学
大阪府立公衆衛生研究所
渡辺 功
本日の話題の内容
•
•
•
•
•
はじめに:参考資料,我が国の取組み状況
基礎情報:化学構造,異性体数,物理化学特性等
生成:発生源,生成推定メカニズム,光分解
分析法:環境省暫定法概略,課題点,測定値の見方
廃プラスチック:レベル,組成,廃棄TV調査等(廃棄物研
究財団・環境省調査)
• 排出源調査:製造・リサイクル・焼却施設における調査
(環境省・旧厚生省調査)
• 環境調査:大気・土壌・水質・生物(環境省調査)
• 今後の検討課題点
はじめにー参考資料
• 環境省総務課ダイオキシン対策室:平成14年度臭素系ダイ
オキシン類排出実態等調査結果報告書(平成15年12月)
• 環境省環境リスク評価室:平成13年度臭素系ダイオキシン類
に関する調査結果について(平成14年12月)
• 財団法人廃棄物研究財団:平成13年度廃棄物処理等化学研
究報告書ー廃棄物処理過程におけるダイオキシン類縁化合
物の挙動と制御に関する研究(平成14年3月);(廃棄物処理
過程におけるダイオキシン類縁化合物の挙動と制御に関す
るセミナーテキスト(平成14年6月))
• 厚生省水道環境部:平成11年度ダイオキシン等緊急対策事
業ーその1.臭素化ダイオキシン類等の実態調査(平成12年
3月)
• 渡辺功:臭素系ダイオキシン類,食品安全性セミナー6,ダイ
オキシン類(細貝祐太朗,松本昌夫監修),p111-153,中央
法規出版,東京(2002)
• 社団法人環境情報科学センター:ポリ臭素化ジベンゾ-p-ダイ
オキシン類およびジベンゾフラン類(平成12年10月)
はじめにー我が国における臭素系ダイオキシン類への
取り組み状況
• ダイオキシン対策特別措置法附則第2条(平成11年7月):「政
府は臭素系ダイオキシン類につき、人の健康に対する影響の
程度、その発生過程等に関する調査研究を推進し、その結果
に基づき、必要な措置を講ずるものとする」
• 厚生省生活衛生局水道環境部(平成12年3月):焼却施設及び
最終処分場からの排出実態調査
• 廃棄物研究財団(平成12年度~) :廃棄物処理過程における
ダイオキシン類縁化合物の挙動と制御に関する研究
• 環境省環境保健部環境リスク評価室(平成12年~):臭素化ダ
イオキシンの人への健康影響調査研究
• 環境省環境管理局総務課ダイオキシン対策室(平成14年度
~):臭素系ダイオキシン等排出実態調査
• 国立環境研究所、摂南大学等における調査・研究
環境試料、人体試料
基礎情報ー臭素系ダイオキシン類の化学構造
O
O
Br 1-8
BrxCly
O
Cl1-8
x+y=2-8, X>1 ,y>1
PBDFs
PXDFs
O
O
O
O
O
O
Br 1-8
BrxCly
PBDDs
PCDFs
x+y=2-8, X>1 ,y>1
Cl 1-8
PCDDs
PXDDs
臭素化ダ イ オキ シ ン 類
臭素・ 塩素化ダ イ オキ シ ン 類
塩素化ダ イ オキ シ ン 類
臭素系ダ イ オキ シ ン 類
「 臭素系ダ イ オキ シ ン 類」 と は、 ポ リ 塩素化ジ ベン ゾ -p-ジ オキ シ ン ( PCDDs) 又はポ リ 塩素
化ジ ベン ゾ フ ラ ン( PCDFs) の塩素が1 つ以上臭素に置換し た も のを 指す。 こ のう ち 、 塩素が
1 つだけ 臭素に置換し た も のを「 モノ 臭素ポ リ 塩素化ダ イ オキ シ ン 類」 、 全て の塩素が臭素に
置換し た も のを 「 ポ リ 臭素化ダ イ オキ シ ン 類」 と いう ( 環境省)
基礎情報ーハロゲン化ジベンゾ-p-ジオキシンの理
論的同族体及び異性体数
PHD D s
0
1
臭
2
素
3
原
4
子
5
の
6
数
7
8
合計
0
ー
2
10
14
22(1)
14(1)
10(3)
2(1)
1(1)
75(7)
塩素原子の数
1
2
3
4
5
6
7
8
合計
2
10
14 22(1) 14(1) 10(3) 2(1) 1(1) 75(7)
14
42
70(1) 70(5) 42(9) 14(7) 2(2) ー 256(24)
42 114(3) 140(10) 114 42
10
472
70(1) 140(10) 140
70
14
448
70(5) 114
70
14
298
42
42
14
112
14
10
34
2
total:1550(337)
4
1
1700
P H D D s=P C D D s+P B D D S +P X D D S
( )内の数値は2,3,7,8-位置換体数を示す
基礎情報ー臭素系ダイオキシン類の物理化学特性
分子量
水溶解度
[ l og S ] ( mol /L)
( 予測)
蒸気圧
( Pa at 25℃)
( 予測)
2, 3, 7, 8-TeBDD
1, 2, 3, 7, 8-PeBDD
1, 2, 3, 4, 6, 7, 8-HpBDD
OcBDD
499. 8
578. 7
736. 5
815. 4
-8. 72
-9. 45
-10. 89
-11. 69
6. 4x10
2, 3, 7, 8-TeBDF
1, 2, 3, 7, 8-PeBDF
2, 3, 4, 7, 8-PeBDF
2, 3, 4, 6, 7, 8-HxBDF
1, 2, 3, 4, 6, 7, 8-HpBDF
483. 8
562. 7
562. 7
641. 6
720. 5
322. 0
366. 4
410. 9
410. 9
455. 3
455. 3
306. 0
350. 4
394. 9
348. 0
439. 3
-7. 99
2, 3, 7, 8-TeCDD
2-MoB-3, 7, 8-Tr CDD
2, 8-Di B-3, 7-Di CDD
2, 3-Di B-7, 8-Di CDD
1, 3, 7-Tr B-2-MoCDD
2, 7, 8-Tr B-3-MoCDD
2, 3, 7, 8-TeCDF
3-MoB-2, 7, 8-Tr CDF
2, 3-Di B-7, 8-Di CDF
3, 7-Di B-2, 8-Di CDF
2, 3, 7-Tr B-8-MoCDF
-7
-11
4. 1x10
9. 3x10-16
-8. 71
-9. 43
オクタノール/水分配係数
[ l og Kow ]
( 予測)
吸着係数[ l og Koc ]
( mol /L) ( 予測)
6. 5, 7. 74
8. 32
9. 5
10. 08
5. 54
5. 87
6. 5
6. 82
7. 14, 5. 98
7. 04, 7. 56
7. 73
8. 31
5. 22
7. 70
7. 85
8. 00
7. 72
8. 15
7. 87
7. 10
7. 25
7. 12
7. 4
7. 27
5. 52
5. 6
5. 69
5. 53
5. 57
5
5. 2
5. 28
5. 21
5. 36
5. 29
5. 54
5. 86
-11
-8. 67
-8. 86
-9. 04
-8. 70
-9. 23
-8. 88
-7. 94
-8. 13
-7. 97
-8. 31
-8. 15
9x10
2. 0x10-7
6. 2x10
-7
2. 0x10
-6
EHC 205, Tabl e 5( WHO, 1998)
TeCDD, TeXDD, TeCDF及びTeXDF: Fi edl er & Schr amm( 1990)
基礎情報ー臭素系ダイオキシン及びジベンゾフラ
ンの光分解性(太陽光)(Buser,1988)
化合物
溶
液
皮
膜
2,3,7,8-T eC D D
2,3,7,8-T eB D D
1-B rom o-2,3,7,8-T eC D D
D ibrom o-2,3,7,8-T eC D D
2,3,7,8-T eC D F
2,3,7,8-T eB D F
1-Brom o-2,3,7,8-T eC D F
4-B rom o-2,3,7,8-T eC D F
Dibrom o-2,3,7,8-T eC D F
2,3,7,8-T eC D D
2,3,7,8-T eB D D
1-B rom o-2,3,7,8-T eC D D
D ibrom o-2,3,7,8,-T eC D D
2,3,7,8-T eC D F
2,3,7,8-T eB D F
D ibrom o-2,3,7,8-T eC D F
推定半減期
単
位
(
分
)
単
位
(
時
間
)
14
0.8
4
2
220
0.7
0.5
0.5
0.5
300
32
30
12
120
35
10
PBDDs/DFS→(脱臭素)→低臭素化PBDDs/DFs
PBCDDs/DFS→(脱臭素)→低臭素化PBCDDs/DFs→PCDDs/DFs
基礎情報ー臭素系ダイオキシン類の微生物分解、
生物濃縮性および生体内蓄積性
• 微生物分解性:報告例少ないが低いと推定
• 生物学的濃縮係数:不明
• 生体蓄積性: あり
合成化学者、難燃化樹脂工場作業者
一般人:人体脂肪Choi et al. 2002)
母乳(太田他、2003 )
・ 人体内半減期:
2,3,7,8-TeBDD: 2.9-10.8 年 (平均: 5.9 年)
2,3,7,8-TeBDF: 1.1-1.9 年 (平均: 1.5 年)
(Zober et al., 1992)
基礎情報ー臭素系ダイオキシン類の毒性
(生体影響)EHC205(WHO,1998)
• 実験動物および in vitro 試験:胸腺萎縮、肝臓毒性、生殖
毒性、発生毒性、免疫毒性、ミクロソーム酵素の誘導、抗エ
ストロゲン作用など
• ヒトに対する影響:塩素座そう(クロルアクネ)
• 生物学的および毒性学的作用:PCDDs/DFsの作用と類似
• 毒性等価係数(TEF): 現在のところ国際的に同意が得ら
れたTEFはないが、ある種のPBDDs/DFs同族体とその対
応する塩素化物の間には毒性学的な類似性が存在するよ
うに考えられる。2,3,7,8-位置換PCDDs/DFsに用いられてい
るTEFを、対応する臭素系ダイオキシン類に暫定的に適用
してもよいと考えられる。
生成ー臭素系ダイオキシン類の発生源
1)臭素化合物(難燃剤など)の製造
ポリ臭化フェノール(PBPs),ポリ臭化ジフェニルエーテル
(PBFDEs),臭素化ビフェニル(PBBs),
テトラブロモビスフェノールA(TBBPA)等
2)難燃化ポリマー樹脂の製造過程
3)有機臭素系難燃化製品の加熱・燃焼・焼却
・難燃化製品使用時の温度上昇におけるガス化
・家屋やビル火災に伴う難燃化製品の燃焼
・都市ごみや産業廃棄物焼却炉における焼却過程
燃焼条件に大きく左右される。一般的に主生成物はPBDFs,
PBDDsは微量成分、
2,3,7,8-位置換体は微量、PXDDs/DFsも生成
4)有機臭素系難燃剤からの環境中光化学反応による生成
5)自動車排ガス
有鉛ガソリン:スキャベンジャ-としてジブロモエタン等を使用
現在、我が国では使用していない
生成ーデカブロモジフェニルエーテルからの
PBDFs及びPBDDsの生成機構例(Bieniek,D. et al.,1989)
O
O
O
Br 5
Br 5
DecaBDEs
Br x
O
Br y
+O
-n Br
-HBr
O
O
+(H)
Br x
+(H)
H Br
Br x
PBDFs
Br y
O H Br
O
Br H O
Br x
Br y
-2HBr
Br y
O
Br x
Br y
PBDDs
3
濃度(pm ol/m )
生成ー難燃剤添加燃料焼却実験により生成した
T4XDF濃度及び組成 (Soderstrom&Marklund,2000)
3000
4C D F
2500
1B r
3C D F
2B r
2C D F
2000
3B r
1C D F
1500
4B r
DF
1000
500
0
A -1
Fuel nam e
A -1
B
D
F
G
B
D
F
G
D escription
M S W M ix 0.75%C l, organic C l: Inorganic C l=1:1
Fuel A + 1.7%w /w B r(D ecaB D E)
Fuel A + 1.7%w /w B r(H B C D )
Fuel A + 0.87%w /w B r(T B B P A )
Fuel H (0%C l) + 0.87%W /W B r(T B B P A )
・生成するT4XDFの種類は燃料中に存在するClとBrの存在比に関係
・すべての臭素系難燃剤はBr供給源となりうる
生成ー臭素系ダイオキシン類の推定生成メカニズム
PBDFs
O
Uncontrolled
Combustion
Br 1-8
PXDFs
Cl
Br
PCDFs
Cl
O
Br
BrxCly
O
Cl1-8
x+y=2-8, x>1, y>1
Cl
Br
O
C
Controlled Incineration
Br 1-10
PBDEs
O
O
Br 1-8
Cl
Br
O
O
BrxCly
de novo
synthesis
MWI
Cl
Br
Cl
C
O
O
Cl 1-8
x+y=2-8, x>1, y>1
PBDDs
PXDDs
PCDDs
生成ーDecaBDEの光分解によるPBDFsの生成
• 有機溶媒相 (Hexane/Benzene/Acetone); UV and Sunlight
PBDEs生成(3~9臭素化体), PBDFs 生成 (1~5臭素化体)
(Watanabe et al., 1987)
• 有機溶媒相 (Methanol/Water):Fluorescent tube (>290nm)
PBDEs生成(7~9臭素化体), PBDFs 生成(2~5臭素化体)
(Eriksson et al., BFR 2001)
• 有機溶媒相(Hexane/Toluene/Acetone);
UV および人工太陽: PBDEs生成( 3~7臭素化体)
PBDFs生成( 4~6臭素化体)
(Ohta et al., 2002)
• 固相フィルム:Sunlight
PBDEs生成(6~9臭素化体), PBDFs 生成 (4~7臭素化体)
(渡辺, 2002)
分析法ー臭素化ダイオキシン類の分析法
・ポリブロモジベンゾ-パラ-ジオキシン及びポリブロモジベンゾフ
ランの暫定調査方法(環境省環境管理局総務課ダイオキシ
ン対策室、平成14年10月)
・対象試料:排ガス、工業用水・工場排水、環境大気、土壌、底質
及び水生生物
・クリーンアップ操作:硫酸処理、アルカリ分解、シリカゲルカラム、
積層カラム、アルミナカラム、フロリジルカラム、活性炭カラム
等
・測定:高分解能ガスクロマトグラフ質量分析計で同定・定量
(基本的に PCDDs/PCDFs 分析法に準じたもの)
分析法ー臭素化ダイオキシン類分析上の課題点
(1).標準物質(Native&Lable化体とも)が不足
(2).前処理
・光分解、熱分解 しやすい
・共存する難燃剤の影響(特に廃棄物分析)
(3). GC/MS測定
・異性体溶出及び2,3,7,8‐体分離が不明確
・検出感度が悪い(PCDDs/DFsの約1/10)
・GC注入温度、方法(Inj部での熱分解)
PBDEsはPBDFs及び低臭素化PBDEsを生成する
・妨害物質(臭素化ジベンゾフランと臭素化ジフェニルエーテル類は
測定イオンが同一)
分析法ー臭素化ダイオキシン類の測定値の見方
• 臭素化ダイオキシン類
測定対象同族体および異性体の種類を確認
4~6PBDDs/DFSが多い、近年4~8PBDDs/DFsの報告値
測定値は実測濃度値かTEQ推計値かを確認
ただしTEQ値表示の場合すべての2,3,7,8-位置換異性体からの
値ではない
2,3,7,8-位置換異性体測定値は測定条件によりプラスの誤差を
含む可能性あり
• 臭素・塩素化ダイオキシン類
通常MoBPCDDs/DFsの同族体の実測値
ただし、6~8ハロゲン化PXDFsの標準品は欠落(推計値)
TEQ推計値は誤差が大きい(標準品不足、分離不明)
2臭素化以上のPXDDs/DFSは殆ど測定不可能(存在する可能性)
廃プラスチックー難燃樹脂と廃電気電子機器の臭素化
ダイオキシン及び臭素化難燃剤濃度(廃棄物研究財団,2003)
P B D Es
[μg/g]
T B B P -A
[μg/g]
P B D D /D Fs
[ng/g]
P B D Es/P E
TB B PA /A B S
B P s/P S
ケーシング材
(n=2)
プリント基板
(n=2)
20000
ー
ー
2,100~6,300
4,100~11,000
ー
420
ー
2.4~1,300
500~520
3,100
0.62
45
3,000~66,000
38,000~
130,000
廃パソコン
ケーシング ケーシング 廃携帯電話
材
材+基板
P B D Es
[μg/g]
T B B P -A
[μg/g]
P B D D /D Fs
[ng/g]
7,600
2,900
12
2,900
3,400
28
160,000
30,000
370
廃プラスチックー破砕プラスチック(テレビ)中のPBDDs/DFs,
PCDDs/DFs, MoBPCDDs/DFs, PBDEsおよびTBBPAの分
析結果 [環境省報道資料(2003.12)より作成]
化合物
P B D D s(ng/g)
P B D Fs(ng/g)
P B D D s/P B D Fs(ng/g)
P C D D s/D Fs(ng/g)
濃度(ng/g)
11 - 220
(0 - 0)
760 - 3400
(6.8 - 30)
770 - 3400
(6.8 - 30)
0.07 - 0.74
(0.0000068 - 0.0012)
M oP C D D s/M oP C D Fs(
ND
ng/g)
P B D E s(μg/g)
40000 - 68000
T B B P A (μg/g)
1200 - 6200
( )内の値はT E Q 値(N D は毒性等量「
0」
として計算
PBDFs≫PBDDs
PBDDs/DFs≫PCDDs/DFs≫MoBPCDDs/DFs
廃プラスチックー破砕プラスチック中のPBDDs/DFs
同族体組成[環境省報道資料(2003.12)より作成]
50%
45%
40%
35%
30%
25%
20%
15%
10%
5%
・PBDFs≫PBDDs,PBDFs:高臭素化体主成分
O
BD
F%
%
Hp
BD
Fs
s%
Hx
B
DF
%
Fs
BD
Pe
Te
BD
Fs
%
D%
BD
O
Hp
BD
D
s%
B
Hx
D
BD
Pe
DD
s%
%
Ds
BD
Te
s%
0%
廃プラスチックーリサイクル施設に集荷されている
テレビ(廃棄物研究財団、2001)
60
2000 S urvey
N um b ers
50
2001 S urvey
40
30
20
10
0
'7
'7
0-
4
'7
'7
5-
9
'8
8
0-
4
'8
'8
5-
9
'9
'9
0-
4
'9
'9
5-
8
un
k
w
no
n
M nufactured Y ears
現在廃棄されているTVはPBDEsが最も多く使用された時代の
製品
廃プラスチックー臭素系難燃剤の需要量の経年変化
Amounts(tons)
Compounds
1986
1988
1990
1992
1994
1996
1998
2000
2001
12,000
18,000
23,000
23,000
24,000
29,000
29,500
32,300
27,300
DecaBDE
3,000
5,000
10,000
6,300
5,500
4,200
4,000
2,800
2,500
OctaBDE
500
1,100
1,100
1,100
500
280
75
-
-
1,000
1,000
1,000
-
-
-
-
-
-
HBCD
600
700
700
1,400
1,600
2,000
1,850
2,000
2,200
Others
2,900
1,810
4,850
14,100
19,850
24,450
27,400
30,150
25,550
20,000
27,610
40,650
45,900
51,450
59,930
62,825
67,250
57,550
0.23
0.26
0.30
0.16
0.12
0.07
0.06
0.04
0.04
TBBPA
TetraBDE
Total
PBDE/Total
Others: TBBPA polycarbonate oligomer, Brominated polystyrene, TBBPA epoxy oligomer,
Bis(pentabromophenyl)ethane, etc
* based on the investigation made by Kagaku Kogyo Nippo Co. Ltd.(Japan)
PBDEs使用は1990年をピークとし最近急激な減少傾向にある
排出源ー平成14年度臭素系ダイオキシン類排出実態等
調査結果(環境省環境保健部 環境リスク評価室)
(平成15年12月5日報道資料)
排出源ー平成14年度 臭素系ダイオキシン類に関する
調査結果(環境省環境保健部 環境リスク評価室)
(平成15年12月5日報道資料)
• 施設により差大
• 排出ガス・排出水・建家内濃度
PBDDs/DFs≫PCDDs/DFs;
PBDFsが主成分,TeBDDが主成分の試料も存在
PCDDs/DFs ≫ MoBPCDDs/DFs
• 施設近傍環境大気・降下ばいじん
PBDDs/DFs≧PCDDs/DFs; PBDFsが主成分
PCDDs/DFs ≫ MoBPCDDs/DFs
・ 公共用水域水質・底質:
PCDDs/DFs > PBDDs/DFs;PBDFsが主成分
PCDDs/DFs ≫MoBPCDDs/DFs
排出源ー廃棄物焼却施設及び最終処分場におけるハロゲン
化ダイオキシン類測定結果(厚生省生活衛生局水道環境部,2000)
PXDDs/DFs
PBDDs/DFs
PCDDs/DFs
(total:Monobromo
Compounds
(total: tetra- to
- polychlorinated
(total amount)
hexa-)
(tetra- to Octa-)
770 (12.5 TEQ )
4.0
90
Flue Gas
(0.048-15000)
(ND-270)
(ND-2300)
3
(ng/m N)
(74/75)
(26/75)
(72/75)
34 (0.9 TEQ )
0.59
2.9
Bottom Ash
(ND-1300)
(ND-20)
(ND-63)
(ng/g)
(74/75)
(39/75)
(57/75)
1100 (13.3 TEQ )
0.3
190
Fly Ash
(0.018-39000)
(ND-12)
(ND-7300)
(ng/g)
(74/74)
(41/74)
73/74)
5500 (73.5 TEQ )
10
950
Effuluent
(3.3-120000)
(ND-130)
(ND-21000)
(pg/L)
(23/23)
(3/23)
(6/23)
PCDDs/DFs≫MoBPCDDs/DFs≫PBDDs/DFs
排出源ー焼却施設試料中のPBDDs/DFsの同族体
分布(厚生省、2000)
100.0%
90.0%
80.0%
70.0%
60.0%
50.0%
40.0%
30.0%
20.0%
10.0%
0.0%
臭素化ダイオキシン類同族体分布(PBDDs/PBDFs) 焼却施設
PBDFs≫PBDDs
PBDFs:T4BDFが主成分
同族体組成はPCDDs/DFsと異なる
F%
BD
O
Fs
H
pB
D
D
xB
H
BD
Pe
%
%
Fs
%
Fs
%
Fs
Te
B
D
D
BD
O
pB
H
%
s%
D
D
s%
D
H
xB
D
D
BD
Pe
Te
B
D
D
s%
s%
1:排ガス
2:焼却灰
3:飛灰
5:排水
排出源ー焼却施設試料中のPCDDs/DFs及び
MoBPCDDs/DFsの同族体分布(厚生省、2000)
40.0%
35.0%
30.0%
25.0%
20.0%
15.0%
10.0%
5.0%
0.0%
%
M
oB
H
oB
H
xC
pC
D
Fs
D
Fs
%
%
M
M
M
oB
oB
T
Pe
eC
C
D
D
Fs
Fs
%
s%
D
rC
T
oB
M
M
M
oB
oB
H
H
pC
xC
D
D
D
F
s%
s%
D
s%
D
C
Pe
oB
M
M
M
oB
oB
T
T
eC
rC
D
D
D
D
D
s%
s%
1:排ガス
2:焼却灰
3:飛灰
5:排水
モノ臭素ポリ塩素化ダイオキ シン類同族体分布(Mo BPX DDs/ Mo BPX DFs)焼却施設
40.0%
35.0%
30.0%
25.0%
20.0%
15.0%
10.0%
5.0%
0.0%
F%
O
C
D
Fs
H
pC
D
D
H
xC
D
C
Pe
%
%
Fs
%
Fs
%
Fs
Te
C
D
D
O
C
D
D
D
pC
H
xC
H
%
s%
s%
D
D
D
D
C
Pe
Te
C
D
D
s%
s%
1:排ガス
2:焼却灰
3:飛灰
5:排水
塩素化ダイオキシン類同族体分布(PCDD/PCDFs) 焼却施設
PCDDs/DFsとMoBPCDDs/DFsの同族体組成類似
排出源ー焼却施設排ガス中の塩素化ダイオキシン類とモノ
臭素化ダイオキシン類濃度の相関関係 (厚生省、2000)
モノ臭素化(n g/ Nm 3 )
相関係数:0 .8 9 3
10000
1000
100
10
1
0 .1
0 .0 1
0 .0 1
0 .1
1
10
100
塩素化(n g/ Nm 3 )
1000
10000
100000
排出源ー焼却施設試料中のPCDDs/DFs,PBDDs/DFS,
MoBPCDDs/DFs濃度の相関関係 (厚生省、2000)
相関係数
PCDDs/DFs
PBDDs/DFs
MoBPCDDs/DFs MoBPCDDs/DFs
試料
PCDDs/DFs
PBDDs/DFs
排ガス
-0.039
0.893
0.174
焼却灰
-0.024
0.835
0.014
飛灰
-0.030
0.990
0.022
MoBPCDDs/DFsの生成:BrとCl競合の de Novo 合成由来と
推定
排出源ー溶融処理及び都市ゴミ焼却処理における
PBDDs/DFsの流入・流出量調査(廃棄物研究財団,2002)
流入量
流 出 量
合計
溶融処理
灰溶融炉
還元溶融
140,000
81
3.0
ー
37
41
99.94%
酸化溶融
130,000
8.4
5.4
ー
2.2
0.77
99.99%
2,300
19
0
19*
0
0
99.17%
550**
64
21
28
ー
15
ー
993-1,439
17
9521,197
ー
22-225
ー
3,935
129
269
ー
3,537
ー
12
2.8
0.53
ー
9.1
95-99%
ガス化溶
家庭ごみ中心
融炉
家庭ごみのみ
焼却
都市ごみ
焼却
施設A
粗大破砕ごみ
25%混焼
1,000**
家電破砕ごみ
50%混焼
1,700,000***
施設B
排ガス 主灰 スラグ 飛灰
系として
の分解率
家庭ごみ中心
240-850
単位は[μg/tonごみ](ただし灰溶融炉では焼却残渣発生量を180kg/tonごみとして計算)
*ガス化溶融炉での不燃物
**施設B のデータからの推定値
***家電破砕ごみのうち廃テレビケーシング材の混入割合を10%として推定
PBDDs/DFsは焼却炉内で流入量の殆どが分解される
排出源ー燃焼過程と排ガス処理過程におけるダイ
オキシン類の挙動の一例
(実験材料:廃PC試料,一次燃焼温度:650℃,二次燃焼温度: :900℃,
実験炉:ラボスケール炉の実験装置)(廃棄物研究財団,2003)
P C D D s/D F s
M oB P C D D /D F s
M oC P B D D /D F s
P B D D s/D F S
P B D Es
T B B P -A
100000000
10000000
ng/m 3N
1000000
100000
10000
1000
100
10
1
一
次
燃
焼
炉
出
口
二
次
燃
焼
炉
出
口
活
性
炭
吸
着
塔
入
口
活
性
炭
吸
着
塔
出
口
環境調査ー平成13年度 臭素系ダイオキシン類に関する調査結
果(環境省環境保健部 環境リスク評価室、平成14年12月24日報道資料)
環境調査ー平成13年度 臭素系ダイオキシン類に関する調査結
果(続き)(環境省環境保健部 環境リスク評価室、平成14年12月24日報道資料)
• 地域差あり(焼却施設周辺、一般都市地域、対照地域)
• 大気・降下物
PCDDs/DFs > PBDDs/DFs(PBDFsが主成分)
PCDDs/DFs >MoBPCDDs/DFs
(両者に相関関係有り、同族体組成類似)
• 土壌・底質
PCDDs/DFs ≫ PBDDs/DFS(PBDFsが主成分)
PCDDs/DFs ≫MoBPCDDs/DFs ;両者に相関関係なし
・ 水生・野生生物:
PCDDs/DFs ≫ PBDDs/DFS(PBDFsが主成分)
PCDDs/DFs ≫MoBPCDDs/DFs
さらにデータ収集必要
環境調査ー東京湾底質試料中のダイオキシン類濃度への起源寄
与率の推定(Masunaga,桜井より作図)
大気
CNP
PCP
未知成分
T B #8
T B #7
地点
T B #6
T B #5
T B #4
T B #2
T B #1
0%
20%
40%
60%
80%
100%
寄与率(%)
・PCDDs/DFsは大気を除く一般環境で焼却以外の由来大きい
・PBDDs/DFsおよびPXDDs/DFsは焼却由来が主ではないか
臭素系ダイオキシン類における今後の検討課題
• 情報収集:有機臭素系難燃剤の需要動向・使用・廃棄状況
• 分析法調査:不足標準品の入手(試薬メーカーの協力)
高感度および高精度(分離)分析法の開発
簡易分析法の開発
モニタリングにおける臭素系ダイオキシン類の測定項目
• 発生源調査:焼却炉内での有機臭素系難燃化製品からの
臭素系ダイオキシン類発生メカニズム及び挙動調査
難燃化製品の適切な廃棄処理方法調査
火災よる臭素系ダイオキシン類発生調査
• 環境調査:臭素系難燃化製品の製造・使用・解体・焼却廃棄施設内
および施設周辺の環境調査
一般環境モニタリング調査
他の臭素化合物測定
臭素系ダイオキシン類の環境中挙動(ヒトへの汚染経路の解明)
• 毒性調査:TEFの確定,リスク評価
ダウンロード

PPT 220KB