聖
徳
太
子
日
本
の
お
金
千
円
札
(1867-1916)明治・大正期の小説家。帝大英文
科卒。明治三三年文部省留学生として英国に留学。
独力で英文学の本質を究めようと苦闘。三六年帰国。
一高教授、東京帝大講師として英文学を教える。高
浜虚子の勧めにより、写生文を始め、『吾輩は猫で
ある』(明三八)を発表、明治の功利的社会を諷刺し、
あわせてそこに依存する知識人の内面を剔抉。三九
年『坊ちゃん』『草枕』など多彩な創作活動を展開。四
三年までに『虞美人草』『夢十夜』を経て、『三四郎』
『それから』『門』と大作を発表。
夏
目
漱
石
五
千
円
(1862-1933)明治ー昭和期の教育者。札幌農
学校教授、台湾総督府技師、京都帝大教授を経て、
三九年一高校長となる。次いで東京帝大教授として
植民地政策を講ずる。大正七年(1918)東京女子
大初代総長に就任。日本において一般教養という
教育精神の先覚者であり、人間の人格と普遍的な
人間的価値を重んずる教育を実践した。
新
渡
戸
稲
造
一
万
円
(1834-1901)幕末・明治期の啓蒙思想家、教育者。安政元年
(1845)長崎に行き蘭学を学ぶ。翌年大阪の緒方洪庵の適塾に
入門して蘭学の勉強を続け、のち塾長になる。同五年藩命で江戸
中屋敷に蘭学塾を開く。翌年横浜で蘭語の役立たないことを痛感
して英学に転ずる。万延元年(1860)咸臨丸により渡米。帰国後
幕府の外国方に雇われ外交文書の翻訳に従事する。文久二年(1
862)幕府の外交使節に随行して渡欧。仏、英、蘭、プロシア、露、
ポルトガルの諸国を回る。のち幕府の外国奉行翻訳方に出仕。慶
応二年(1866)『西洋実情』初編を刊行。同三年幕府の軍艦受取
りの一行に加わり渡米。同四年塾を芝新銭座に移し慶応義塾と名
づける。以後、義塾を本拠地に、教育と著作を中心とした多彩な啓
蒙活動を展開。明治五年『学問のすすめ』初編を刊行。十二年東
京学士会員初代会長に就任。十三年交詢社を設立。十五年「時
事新報」を創刊。以後同士に『脱亜論』等重要な論説を発表する。
晩年の著に『福翁百話』(明三〇)、『福翁自伝』(明三二)など。
福
沢
諭
吉
岩倉具視
昭和44年発行された五百円札
(1825-1883)幕末・明治期の公卿、政治家。明治政
府では参与、議定、副総裁兼海陸軍務・会計事務
総督、大納言を歴任。明治四年右大臣、次いで条
約改正交渉と米欧視察のため特命全権大使として
外国を巡回。
岩
倉
具
視
伊藤博文
昭和38年発行された千円札
(1841-1909)明治期の政治家。明治一八年内閣制
度を創設し首相。二一年枢密院議長となり、翌年明
治憲法を制定した。二三年貴族院議長。二五年第
二次内閣を組織、日清戦争に対処し下関条約に調
印。三一年第三次内閣を組織。三三年立憲政友会
総裁となり第四時内閣を組織。三八年初代韓国統
監となり韓国併合を推進したが、ハルビンで安重根
に暗殺された。
伊
藤
博
文
昭和33年発行された壱万円札
および32年発行された五千円札
聖
徳
太
子
用明天皇の皇子。推古元年(593)四月皇太子とな
り、推古天皇を補佐して摂政となった。同三(595)
年五月高句麗僧慧慈渡来に際し、これに師事し仏
法を学んだ。同一四(606)年七月勝鬘経を講じた
とあり、法華経、維摩経講経を合わせ三経義疏を
なしたという。国内政治の面では、同一一(603)年
一二月冠位一二階を制定、同一二(604)年四月
憲法十七条を作り、天皇中心の国家を建設しよう
とした。同一五、十六年、遣隋使を派遣した。
『新潮日本人名辞典』 から抜粋
聖
徳
太
子
推
古
天
皇
と
聖
徳
太
子
と
の
続
柄
ダウンロード

聖徳太子