OSSの利用技術
- 地域情報化のインフラとしてのOSS入門 -
特定非営利活動法人
オープンソースソフトウェア協会
鈴木重徳
(株式会社オープンテクノロジーズ)
http://www.ossaj.org
[email protected]
(C)2004 OSSAJ
目次
・OSSとは何か?
・OSSのメリット!
・OSSの現状
・OSSの利用技術
・OSSの課題
・OSSの将来
・OSS情報源
・参考文献
(C)2004 OSSAJ
OSSとは何か? (1)
OSS:オープンソースソフトウェアの意味
本来の意味
「プログラムのソースコードが公開されている
ソフトウェア」
ソフトウェア業界としての意味
オープンソースイニシアティブの定義による
http://www.opensource.jp/osd/osd-japanese.html
日本語
http://www.opensource.org/docs/definition.php
英語原本
(C)2004 OSSAJ
注釈付き
OSSとは何か? (2)
本質的には、
著作権は放棄されていません。
無償ではありません。
様々なライセンス(配付形態)があります。
オープンソースだから「安全」だとはいえません。
(C)2004 OSSAJ
OSSとは何か? (3)
コミュニティ活動による開発
--> 社会的活動
政府等の支援
米国の場合:軍、NSF、NASA
日本の場合:IPA、TAO
--> 税金による開発
社会的共有財
(C)2004 OSSAJ
OSSのメリット! (1)
開発者にとってのメリット
教育者にとってのメリット
経営者にとってのメリット
一般ユーザにとってのメリット
(C)2004 OSSAJ
OSSのメリット! (2)
開発者にとってのメリット
異なる環境に移植して利用できる。
機能を追加して利用できる。
再配布できる。
技術力が向上しやすい。
高性能、高機能の開発がしやすい。
セキリュティ上の問題に対処しやすい。
標準に準拠しやすい。
手持ちのハードウェア上で開発できる。
開発期間を短縮しやすい。
安くインテグレーションできる。
保守の負担がすくない。 (C)2004 OSSAJ
OSSのメリット! (3)
教育者にとってのメリット
ソースコードそのものを教材として利用できる。
その昔はAT&T等のUNIXの高額なライセンス料…
研究や教育の目的に応じて修正、改良できる。
再配布できる。
古いハードウェアでもある程度快適に動作する。
特定の会社に依存しない。
演習、実験等にも安く利用できる。
(C)2004 OSSAJ
OSSのメリット! (4)
経営者にとってのメリット
状況に応じた選択肢が得られる。
実績のあるソフトウェア。
先端的技術を用いたソフトウェア。
特定のベンダーに依存しないソフトウェア。
様々なハードウェア環境で動作するソフトウェア。
高額なライセンス料を要求されないソフトウェア。
OSSの技術は会社の規模に関係しない。
--> 地元の企業でもサポートできるところがある。
(C)2004 OSSAJ
OSSのメリット! (5)
一般ユーザにとってのメリット
無償または廉価で利用できる。
貸し借りやコピーが自由にできる。
技術的に新しいソフトウェアが利用できる。
ウィルスなどの被害は相対的に少ない。
(C)2004 OSSAJ
OSSのメリット! (6)
政府、公共団体などユーザにとってのメリット
無償または廉価で利用できる。
貸し借りやコピーが自由にできる。
技術的に新しいソフトウェアが利用できる。
ウィルスなどの被害は相対的に少ない。
(海外の)特定の会社にライセンス料を払わなくてもよい。
大手SI会社に法外なソフトサポート料を払わなくてよい。
(C)2004 OSSAJ
OSSの現状 (1)
すでに大抵のものはあります。
基本ソフト
開発環境
インターネット関連サーバー、ツール
データベース
マルチメディア、画像、音楽ツール
オフィスツール(ワープロ、表計算、作図ソフト等)
グループウェア
ERP、CRM
(C)2004 OSSAJ
OSSの現状 (2)
基本ソフト
OS
GNU/Linux
16bitから、メインフレーム、組込用まで
Javaが動作する環境よりもLinuxが移植されている
環境のほうが多い
*BSD
FreeBSD、NetBSD、OpenBSD、Darwin
NetBSDもJavaよりも色々な環境に移植されている
(C)2004 OSSAJ
OSSの現状 (3)
基本ソフト
OS:
E/OS LX (Win32、Win16、DOS互換)
ReactOS (Windows2000互換)
FreeDOS、FreeDOS32 (MS-DOS互換)
OpenBeOS
Toppers
(BeOS互換)
(TRON互換)
(C)2004 OSSAJ
OSSの現状 (4)
各種サーバー
Apache
Tomcat、Resin、Jetty
JBoss、JOnAS、Geroonimo
BIND、OpenLDAP、OpenSSH
電子メールサーバー
Postfix、exim、qmail、Sendmail
コンテンツ管理
Zope、XOOPS
(C)2004 OSSAJ
OSSの現状 (5)
データベース
PostgreSQL、MySQL、Firebird、SQLite、HSQLDB
Ozone (OODB)
First Object Oriented DataBase(fooDB)
The easy open object-oriented DataBase (EooDB)
eXist(XML DB)
(C)2004 OSSAJ
OSSの現状 (6)
グループウェア
eGroupWare
TUTOS
GroupSession
La!cooda WIZ
SkyBoard
ERP、CRM
Compiere ERP+CRM Business Solution
WEB-ERP
Evaristo
OhioedgeCRM
eCRM
(C)2004 OSSAJ
OSSの利用技術 (1)
OSSは単なるプログラムのソースコードではない
開発
サポート
ドキュメント
トレーニング
製品の使い方等
…を知る人々からなるコミュニティ活動。
一部のサービスは善意で行われている。
サポート、トレーニング、カスタマイズを専門にビジネスとする会社もある。
(C)2004 OSSAJ
OSSの利用技術 (2)
OSSはSI向き
ほとんどのITシステムにおいて、システム全体の性能や信頼性
は、個々のソフトウェアの質だけはなく、インテグレーション
力、コンサルテーション力の差が大きくあらわれる。
状況に応じて、OSSベースのSIを提案できないということは、
大規模なソースコードの管理や技術情報の共有に自信がないこ
との証拠?
(C)2004 OSSAJ
OSSの利用技術 (3)
OSSベースの開発手法とUNIX文化
計算機上の情報による情報共有
ソースコード
オンラインのドキュメンテーション
電子メール
すべてはプログラムのソースコードを読むことから
ソースコード優先主義
既存の良いコードをお手本とする
-->これらを理解したエンジニア、マネージャーのいる会社
(C)2004 OSSAJ
OSSの利用技術 (4)
IBMの戦略 Linux+Java+OSS
Linuxで自社の異なる4種のハードウェアに互換性を持たせる
Javaで自社と他者のプラットフォームを結びつける
自社ツールのオープンソース化で保守コストを節約する
オープンソースの開発者を味方につける
日本では古いメインフレームをそのまま使うユーザが多い
--> 世界で一番メインフレームが稼動している国
(C)2004 OSSAJ
OSSの利用技術 (5)
すでにあちこちで使われています:
金融機関、大企業
東京三菱銀行、UFJ銀行、東京スター銀行
ウォールストリートの各社、ドイツ銀行、ブラジル銀行
新日鉄、住友銀行、大韓航空、ニュージーランド航空
IBM
公共機関
(独)産業技術総合研究所
香川県庁
兵庫県洲本市
ブラジル政府
ドイツ ミュンヘン市 (C)2004
OSSAJ
OSSの利用技術 (6)
OpenTechの事例:ある公共システム
全国規模のシステム
eJapanよりも先行、Linux化後6年経過
メーカ製の商用UNIX-WSからPC+Linuxベースへ移行
開発生産性の向上
性能、品質の向上
ハードウェアのコスト低減
ライセンス料低減
(C)2004 OSSAJ
OSSの利用技術 (7)
OpenTechの事例:インターネットプロバイダ
インターネットから一般ユーザがアクセスするWebサイト
24時間稼動のシステム
顧客申し込み、サービス情報管理等のデータベース
ORACLE社への過大なライセンス料の支払い
--> データベースは PostgreSQL
数十万人の会員データを管理
Sun Solaris (64bitモード) との組み合わせ
(C)2004 OSSAJ
OSSの利用技術 (8)
OpenTechの事例:IIOSS
オープンソースによるオブジェクト指向設計開発支援ツール
http://www.iioss.org/index-j.html
UMLツールを中心にした6つのツール群
IPAのプロジェクトとして着手。その後のサポート、改良は会社からの持ち出し。
大学、大学院等での利用
東京大学、明治大学、慶応大学(SFC)、
東京国際大学、専修大学、
北陸先端大学院大学、山形大学、山梨大学、
南山大学、岐阜経済大学、同志社大学、神戸大学、
近畿大学(九州)、琉球大学等
バイナリーで60,000、ソースで13,000件以上のダウンロード
アスキーから解説書 2冊(約1万部)
(C)2004 OSSAJ
OSSの課題
1. 技術、マーケティングともに変化が激しい
# 最新の状況を ウオッチするのは大変
2. 日本語、日本語フォントの処理に制限があるものがある
3. 新しい情報、重要な情報は、英文である場合が多い
4. Note-PCや特徴のあるハードウェアへのインストールに問題が多い
# 日本で販売されるPC過半数はNote-PCである
5. 既存のオフィスソフトとの互換性は完全ではない
(C)2004 OSSAJ
OSSの将来
政府、公共機関
--> 地方自治体こそOSS
教育現場
産学共同
大企業、ミッションクリティカル領域
中小企業
(C)2004 OSSAJ
OSSの情報源
日本語のもの
http://opensource.jp/
http://www.fsij.org/
http://www.fsf.org/home.ja.html
http://sourceforge.jp/
http://osdn.jp/
http://slashdot.jp/
http://oss.mri.co.jp/
http://www.linux.or.jp/
http://www.freebsd.org/ja/index.html
http://www.jp.netbsd.org/ja/
http://www.postgresql.jp/
http://www.mysql.gr.jp/
http://tech.firebird.gr.jp/
http://httpd.apache.org/docs-2.0/ja/
http://www.ingrid.org/jajakarta/tomcat/
(C)2004 OSSAJ
参考文献(1)
オープンソースを理解する
秋本芳伸 岡田泰子 著
ディーアート
ISBN4-88648-619-X
オープンソース ソフトウェア
-彼らはいかにしてビジネススタンダードになったのか倉骨 彰 訳
オライリー・ジャパン/オーム社
ISBN4-900900-95-8
(C)2004 OSSAJ
参考文献(2)
フリーソフトウェアと自由な社会 -Richard M. Stallmanエッセイ集リチャード ストールマン 著
長尾 高弘 訳
アスキー
ISBN4-7561-4281-8
それがぼくには楽しかったから
リーナス トーバルズ 著
風見 潤 訳
小学館プロダクション
ISBN 4-7968-8001-1
伽藍とバザール—オ -プンソース・ソフトLinuxマニフェストエリック レイモンド 著
山形 浩生 訳
光芒社
ISBN 4-8954-2168-6
(C)2004 OSSAJ
参考文献(3)
なぜ、Linuxなのか? -フリーソフトウェアブーブメントの挑戦ピーター ウェイナー
著
星 睦 訳
アスキー
ISBN4-7561-3765-2
Linuxはいかにしてビジネスになったか -コミュニティ・アライアンス戦略
佐々木 裕一、北山 聡 著、国領 二郎 監修
NTT出版
SBN4-7571-2045-1
OS戦線異状あり -オープンソースのLINIX大作戦ロバート ヤング、ウェンディ ゴールドマン ローム 著
倉骨 彰 訳
日経BP社
ISBN4-8222-4170-X
(C)2004 OSSAJ
参考文献(4)
パソコンユーザのための Linux 超入門
ゆんファクトリー著
すばる舎
ISBN4-916157-78-8
図解でわかる Linux サーバーのすべて
多比羅 悟 著
日本実業出版社
ISBN4-534-02994-2
(C)2004 OSSAJ
参考文献(5)
Code Reading
- オープンソースから学ぶプログラミングテクニックトップスタジオ、まつもと ゆきひろ、平林 俊一、鵜飼 文敏
毎日コミュニケーションズ
ISBN4-8399-1265-3
(C)2004 OSSAJ
訳
Thank you
(C)2004 OSSAJ
講師略歴
鈴木重徳 Shigenori “Jason” Suzuki
http://www.opentech.co.jp/Members/ssuzuki/index-j.html
1985
工学院大学 大学院 修士課程 機械工学専攻(数値流体力学) 修了
1985 - 1989 (株)情報数理研究所において技術部 研究員
1989 - 1991 MIPS Computer Systems Japan(株)において
国際化プロジェクト・マネージャー兼システム・エンジニア
1991 - 1992 (株)AT&Tソフトウェア・ジャパンにおいてシステム・コンサルタント
1992
(株)オープンテクノロジーズの設立に参加
1995
(有)インフォ・ウエイブ、設立、取締役(兼任) 、現在顧問
1996
InfoWAVE, Inc. (IL, U.S.A.)、設立、Vice President (兼任)
1999
(株)オープンテクノロジーズ、取締役就任、開発全般を統括
2000 IPAの「ビジネスオブジェクト関連システム開発事業」に提案したオープン
ソースの設計開発ツール「IIOSS」プロジェクトが採択され開発責任者となる。
2003
オープンソースソフトウェア協事会 事務局 技術担当
2004
工学院大学 大学院 博士後期 機械工学専攻 満期退学
オープンテクノロジーズでは、コンサルテーション、インテグレーション事業全般を統括。
オープンソース・プロジェクトの統括や、オープンソース・ソフトウェアに関する調査、
コンサルティング等も行う。
Association for Computing Machinery (ACM)、IEEE Computer Society (IEEE/CS)、情報処理学会 、
ソフトウェア技術者協会、日本社会情報学会、日本機械学会、日本流体力学会、日本ガス
タービン学会、自動車技術会 、日本エネルギー学会、エネルギー・資源学会、環境社会学会、
オープンソースソフトウェア協会(OSSAJ)、フリーソフトウェアイニシアティブ(FSIJ)、
各会員。
(C)2004 OSSAJ
ダウンロード

MS PowerPoint 版 - オープンソースソフトウェア協会