九州大学大学院芸術工学府
先導的デジタルコンテンツ創成支援ユニット
新しいコンテンツの姿と求められる人材像
コンテンツ産業へのイノベーションの導入のために
5/29/2008
株式会社 シンク
代表取締役社長
森 祐治
日本政府は「コンテンツ大国」を宣言した
– 政府知的財産戦略本部は、毎年発表する『推進計画』において、
コンテンツ・ビジネスの育成に注力することを明記
– 2006年、経済産業省『経済成長戦略大綱』では、「今後10年間
でコンテンツ市場を約5兆円拡大する」ことを宣言
– 結果、大学・大学院など高等教育機関における人材育成が
活発化し、多くの「コンテンツ人材」が育ってきている
– しかしながら、古い体質を有するメディア・コンテンツ業界の変
化は遅く、依然として閉鎖的な状況にあるといってよい…
– そんな状況の中、インターネットの普及に加えて経済不況の進
行によって、メディア産業の低迷が深刻化しつつある
2015/11/18 2
コンテンツへの注目にもかかわらず市場は縮小?
日本コンテンツ産業の市場規模*
(億円)
132,736 132,187 135,263 138,350 137,909 138,994
– 全体としては微増、ほぼ横這い
– しかし、依然として多くが「アナログ」
な産業部分が占めている
図書
新聞
– 音楽音声のようにデジタル配信が
進んだ領域は減少傾向明確
ゲーム
– 映像図書、ゲームへのネット配信導
入で市場規模縮小は確実?
音楽
音声
– 直観的には、コンテンツの活躍
機会がより増えているという印象
があるが、なぜ?
映像
* デジタルコンテンツ協会「デジタルコンテンツ白書」より
2015/11/18 3
既存メディアの勢力は急速に低下しつつある
地上波テレビ局平均世帯視聴率
CAGR=▲1.7%
–全国型マスメディアの衰退は
徐々にだが確実に起っている
–フリーペーパーが都市部を中心
に勃興(2007:4,320億円)
ビデオリサーチ『テレビ視聴率年報』関東地区6~24時の週・年平均
フリーペーパーの市場規模(億円)
日刊紙の発行部数
CAGR=▲1.6%
CAGR=38.7%
メディア開発綜研「情報メディア白書2007」
日本新聞協会調査(毎年10月)を基に作成
Copyright © 2007 THINK Corporation All rights reserved.
2015/11/18
4
新興メディアでは「無料ビジネスモデル」が台頭
DVDビデオ売上金額*
インターネット利用人口*
* 億円: 社団法人日本映像ソフト協会発表
コミック・コミック誌販売金額*
* 万人: 総務省通信利用動向調査
– Googleをはじめ、ネット上の
サービスの多くが利用者に
経済的な負担を求めていない
コミック誌
– 携帯電話も「勝手サイト」と
呼ばれる会員制無料サービス
利用が急増中
コミック
* 億円: 社団法人全国出版協会 出版科学研究所発表
2015/11/18 5
クリス・アンダーソンは「無料ビジネス」を6つに分類した
*
– “Freemium”
無料となるもの:
利用可能なヒト:
ウェブのソフトウェアやサービス、一部のコンテンツ
基本バージョンの利用者
– Advertising
無料となるもの:
利用可能なヒト:
コンテンツやサービス、ソフトウェアなど
だれでも
– Cross-subsidies
無料となるもの:
利用可能なヒト:
有償のモノに付随するものであればなんでも
有償で購入するつもりがあればだれでも
– Zero marginal cost
無料となるもの:
利用可能なヒト:
流通コストが大きかったもの(音楽など)
だれでも
– Labor exchange
無料となるもの:
利用可能なヒト:
ウェブ・サイトやサービス
だれでも: 利用そのものが別の価値を形成する
– Gift economy
無料となるもの:
利用可能なヒト:
オープンソフトやユーザー生成コンテンツなど
だれでも
* クリス・アンダーソン: 「ウェブ2.0」や「ロングテール」といった造語で知られるWIREDの編集長で、現在「無料ビジネス」の著作を準備中
Anderson, Chris. (2008) “Free! Why $0.00 Is the Future of Business.” on WIRED MAGAZINE 16.03 (http://www.wired.com/techbiz/it/magazine/16-03/ff_free)
2015/11/18 6
無料ビジネスは、ただ「観る」「聴く」だけで成立しない
利用者の行動を取り込む「経験デザイン」によって無料を正当化
検索大手のグーグ
ルはクリックを反映
した「Page Rank」
によって、新たなリ
スト=コンテンツを
生成することで広
告商品を作った
映像投稿サイトの
ユーチューブはコ
ンテンツそのもの
である映像を利用
者から集め、ラン
キングによって広
告価格を決めた
セカンドライフは、
アバターを作ると
ころからユーザー
の参画を求め、日
常生活同様の参
画によるコミュニ
ケーションを求め
た
世界的大手SNS
フェースブックは、
ユーザーに書き込
みを求めるだけで
はなく、様々なアプ
リケーション開発・
公開を奨励した
2015/11/18 7
「無料で利用」の背後でカネが流れる仕組みが必要
• 提供者⇄利用者などの単
純な関係性では成立しな
い
• 我々にとってなじみの深い
テレビ放送も、多くのプ
レーヤーにより成立:
メディア
コンシューマ
クリエータ
クライアント
–
–
–
–
広告主
テレビ局
制作者
視聴者
• 柔軟にビジネス・モデルを
デザインするスキルをもっ
た人=プロデューサーが
求められている
2015/11/18 8
コンテンツではなくメディアを作り出す機会が溢れている
ケータイや個人情報などをリアルタイムで組み合わせる
ライブカメラ
地理情報
October 2005
accident in which
her Mercedes-Benz
collided with a van
建造物
情報
Tom’s Coffee Shop
7:00 to 22:00
Comments: MORE>
既存のカーナビと同様の出力を、
自動的にリアルタイムでネットワー
クでマッシュアップし、現実の画像
に各種情報を合成して提供:
オーグメンテッド・リアリティへ
交通情報
・
・
・
TO MUSIUM
5 more min.
to walk
利用者情報
9
2015/11/18 9
求められるコンテンツ人材像とは: プロデュース力
コンテンツだけではなく、利用シーンまで含んだデザイン力が必須
広義のプロデュース
メディア
ビジネス
狭義のプロデュース
プロデューサ
コンテンツ
クリエータ
クライアント
テクノロジー
2つのトライアングルを
ブリッジできる人材が不足
2015/11/18 10
世界のメディアコンテンツ経営者は変化を認識
Q: マルチプラットフォーム
配信でコンテンツ産業
は成長するか
Q: コンテンツ企業は
Q: 著作権管理技術導入
配信のオープン化を推
でコンテンツ配信は大
進しているか
きな成長が可能か
いいえ
はい
Q: HD品質映像のイン
ターネット配信は今後
も高コストである
*
Q: P2Pによるコンテンツ
配信が一般化するの
には時間がかかる
アクセンチュアが大手メディア・コンテンツ企業の経営者1000名を対象に実施した調査 “Accenture‘s Global Content Study 2008: The Challenge of Change:
Perspectives on the Future for Content Providers” より
2015/11/18 11
既存メディアの範疇から活動領域を拡大する
「モノを作らない」強みを転用するという発想を
コンテンツ産業のワーク・プロセス
既存メディア
周辺適応
領域
医療・金融などの
専門領域の教育領
域を対象化
直接応用
領域
プレゼンテーション制
作支援などホワイト
カラー生産性分業
間接応用
領域
製造業におけるプロ
トタイピングなどへの
スキル適用
企画
開発
制作
流通
回収
2015/11/18 12
まとめとして
– コンテンツへの国家的な注目がなされるようになったことは喜ぶ
べきことだが、その視線の多くは既存のメディアに依存したコン
テンツに注がれている
– 一方で、既存メディアはテクノロジーと密接につながった新興メ
ディアに押され、これまで勢いを失いつつある
– 新興メディアは固有のビジネスモデルを擁さず、コンテンツの提
供者にビジネスモデルのデザイン自体を求める傾向が強い
– 結果、利用者獲得が容易な無料ビジネスモデルが採用される
傾向が強いが、そのデザインを行えるプロデューサーは少ない
– これらの動向を十分に理解した上で、新たなコンテンツ/メディ
アのデザインを志すものには、可能性が大きく開かれている
2015/11/18 13
株式会社シンク
アニメーションおよびデジタル・コンテンツへの投資・プロデュースを
行う、日本ではユニークな業態をとる「コンテンツ・キャピタル・カンパ
ニー」。
独立アニメプロデューサーとして国内外で知られる竹内宏彰によっ
て1988年に創業。2005年から森祐治が代表に就任し、現在の事業
形態に移行。メディア/コンテンツ業界のイノベーターとして、国内
外で積極的な活動を行っている。
〒105-8085
東京都港区虎ノ門5-11-1
オランダヒルズ森タワーRoP 708
TEL: 03-5405-3771
FAX: 03-5405-2230
Web: http://www.think.ne.jp
eMail:contact@think.ne.jp
2015/11/18 14
ダウンロード

新しいコンテンツの姿と求められる人材像~コンテンツ産業への