第33課 桜の花
桜
☆日本で最も知られている花の一つである 。
☆種類
ソメイヨシノ(染井吉野⇒吉野樱)
【花弁の色】淡いピンク
【花弁の大きさと数】中輪一重
【開 花 期】4月上旬
日本を象徴する桜で北米や欧州
にも広まっているようです。
お花見といえば、このソメイヨシノです。
※山桜
八重桜(やえざくら)
現在において、警
察や自衛隊などの
紋章に使用されて
いる。また、百円硬
貨の表は桜のデザ
インである。
百円硬貨
学校でよく使われる「たい
へんよくできました」という
評価印。外枠はサクラの
花弁を模している。
桜の歌
1.さくら(日本民歌)
2.森山直太郎
桜
3.Funky monkey babys
桜
4. 河口恭吾
桜
咲かせる:
咲くようにする
楽しむ:
何かすることを楽しいと思う。
例: テニスを楽しむ
人々が花を楽しむ。
(人々を)楽しませる:
人々を楽しくさせる
一度に V と
一度:1.一次 一回 一遍
2.一旦
3.一下子 一块儿 同时 同じ時に、みんな一緒に
1.日本へは一度もない。
2.一度始めたらやめられない。
3.一度に冷たいものと生の物をたくさん食ベると、おな
かは必ずこわれる。
4.日本語も、英語も一度に上手に話せたくてたまらな
い。
たった:~だけ (しかない) 仅仅只~
例:· たったの一円で何ができると思いますか。
· たった二人が来てくれた。
· 初めて日本に行った時、たった発音だけ覚
えていた。
· こんなに大きい教室にはたったわたしたち
二十五人しかいない。
· 二時間もかかったのに、たった質問を一つ
だけ解けた。
· 寒い今でも、たったセ-タ-1枚しか着ている。
文法・文型
1.復習--動詞使役態
a. 咲く-咲かせる-咲す
動く-動かせる-動かす
輝く-輝かせる-輝かす
b.移る-移らせる-移す
返る-返らせる-返す
流れる-流れさせる-流す
倒れる-倒れさせる-倒す
2.復習--動詞の受身表現
施動者によって…….Vられる
a.機関、道具
b.人間の場合
新型のロポッ卜がA研究所によって開発され
た。 =から
機械によって作られた商品は質が良い。
卜ラックによって運ばれたりんご =で
先生たちによって出されたテスト =に
1.Aは(が)Bを自动词使役态
復習:父は弟を学校へ行かせた。
新しい文法:
①B是无行为能力的事物。
②A可是人或物。
③自动词是无意志性动词。
例如:
人々の工夫が生活を向上させてきた。
①科学は進歩して、雨を降らせるこ
ともできるようになった。
②あの人は長い間頑張って、研究を
完成させた。
③社員たちは会社を発展させるため
に、毎日一所懸命に働いている。
2.方位名词 + に:
☆动作、行为所涉及的方位或方向。
○強い海の風が吹く度に、船が上下
に揺れて沈みそうになった。
○横に一列に並んでください。
典型
3.体言+ らしい
☆人或事物具有作为该类人或事物应拥有的性质、
特征、特性等。常与副词“いかにも”呼应使用。
☆这种用法时经常用“名词1+らしい+名词2”的形式,
如果前后为同一名词,则表示“真正意义上的
……”“像样的……”。
如“男、女、子供、娘、若者、先生、学生、医者、科学
者、日本人、~さん、春、夏、秋、冬”等+「らしい」。
・子どもらしい子ども (像个孩子样的孩子)
・花子さんは男らしい人と結婚したいと言っている。
◆春らしくない寒さ
◆彼の態度はとても男らしかったです。
(他的态度的确是男子汉应有的态度。)
◆彼はとても学生らしい格好で学校に来た。
(他一身学生打扮来到学校。)
◆この絵はいかにも子供らしい夢を描いていますね。
(这幅画画出了孩子应有的梦想。)
◆あの人は本当に先生らしい先生ですね。
(那个人真有老师风范。)
◆どうしたんですか。元気、出してくださいよ。課長らしく
ないですよ。
翻訳
・今天真像春天的天气。
今日は春らしい天気です。
・ 这一阵子没下一场像样的雨。
最近、雨らしい雨も降っていない。
・ 那个人没有一点老师的样子。
あの先生はちっとも先生らしくない。
4.体言によって+ 动词未然形(ら)れる
☆常用于有关产生生产物、创造物的客观叙述中,
或新闻媒体等对较为重大的事件的报道等场合,
不含感情色彩,被动者可为人或无生命物,多为
无生物。
☆表示创造或者发现的动词(例えば:書く、発明する、
発見する、設計するなど)用被动形式时,行为者
不用「に」,而是用「によって」来表示。
・『源氏物語』は紫式部によって書かれました。
・電話はベルによって発明されました。
・ことわざはいつ、どこでだれによって作られたか、わ
からないのです。
ばんゆういんりょく
ほうそく
・「万有引力の法則」はニュートンによって発見されま
した。
一般说来,
动作主体是特定的
例∶
○政府によって新しい教育制度が作られた。
○科学者によって多くのものが発明された。
○桜は、人々の手によっていろいろな種類が作
られてきた。(人工培育出许多种类)
5.体言によって~(違う)
☆后项随着前项的变化而发生相应的变化。“根
据……(的不同)而异”“因……而……”。
· 郵便料金は荷物の重さによって値段が違う。
· 人によって考え方がいろいろだ。
6.~ば~ほど
動詞:五段—行けば行くほど~
一段— 見れば見るほど~
サ変— 利用すれば(利用)するほど~
カ変— 来れば来るほど~
形容詞: 寒ければ寒いほど~
形容動詞: 静かであればあるほど~
静かであれば静かなほど~
名詞(判断):金持ちほどもっとけちだ。
助詞:困難なところへほど進んでいく。
~ば~ほど~
☆后项程度随着前项程度的加深而加深。
“越……越……”。
· この石は磨けば磨くほどきれいになる。
· 奨学金は多ければ多いほどよい。
· 自由であればあるほど自分の責任も重く
なる。
· 北へ行けば行くほど桜の咲く時期が遅くなる。
7.~のは~(てから、時/~た後/途中)だ
☆强调前项内容发生的时间。
いい加減(かげん)
○中国で選挙ができるのは、十八歳になってからだ。
○母が財布を落したのは、デパートへ行く途中だった。
○北海道で春らしい季節を迎えるのは五月になって
からである。
8.体言にとって
☆ 「にとって」接在人物名词和表示机关、团体、机
构的名词后,“对……来说”。
· 桜の花は、日本人にとって春を象徴する
花なのである。
· 花見は昔から行われてきた行事だが、農
家にとってはもっと重要な意味もあった。
用言连体形
9. 体言+の
~ない
うちに、~
☆具体的接续形式:
状态动词的基本形、其他动词的シテイル形式或シ
ナイ形式、形容词基本形或形容动词的连体形后,
☆表示在前项状态持续的时间区间内做后项的事情,
常常有在前项状态变化之前尽早完成后项的急促感
和紧迫感。可译成“在……之内”、“趁……时
候”。
◆日本にいるうちに、ディズニーランドへ行って
みたい。
(我趁着在日本期间去一趟迪斯尼乐园。)
◆お金があるうちに、買っておいたほうがいいで
すよ。
(最好趁着有钱买下来。)
◆子供が寝ているうちに、手紙を書いてしまおう。
(趁着孩子睡觉把信写完吧。)
翻訳
・这个最好趁热吃。
これは熱いうちに食べたほうがいい。
・披萨趁热吃比较好(趁着还没凉)。
ピザは冷めないうちに食べるのがいいです。
・ 趁小孩子在睡觉的时候出去买了趟东西。
赤ちゃんが寝ている/起きないうちに、ちょっ
と買い物に行ってきた。
・趁着没下雨,咱们回去吧。
雨が降らないうちに、帰りましょう。
・趁着樱花正美,咱们去赏花吧。
桜がきれいなうちに、見に行こう。
桜
「花といえば桜」と言われるように、特に桜の
花は古くから日本人に愛されてきた。平安時代
(794-1191)には桜を題材とした歌が作られ、
歌集などに数多く残っている。寒い冬が終わると、
やがて暖かい春がやってくる。空気が和らぐこの
時期、冬の間枝ばかりだった桜の木は、一つ二
つと花をつけ、数日のうちに満開を迎える。人々
は、その様子に命の再生の喜びを感じてきた。
桜前線
地形が複雑で細長い日本列島は、桜の咲く日
がだいぶ違う。桜前線というのは、桜の花が咲
き始める日と、場所をつなげた線。ソメイヨシノは
九州や四国の南では三月の終わりにはもう咲く
そうだ。でも北海道では五月になってやっと咲き
始める。2ヶ月も違いがあるのには驚かされる。
桜の花を追いかけて日本を旅行するとちょうど
2ヶ月かかることになる。
ダウンロード

幻灯片 1